ドラマル

『偽装不倫』6話のネタバレ感想!鐘子と丈そっちのけ!視聴者は賢治の反撃にワクワク?

2019年8月14日に放送されたドラマ『偽装不倫』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、突然倒れた丈が鐘子にただの貧血だと嘘をつく!鐘子は、「ダンナさんはいないの」と告白するが…。
一方、葉子を不審に思った賢治がついに動き出す。

関連記事

『偽装不倫』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『偽装不倫』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『偽装不倫』6話のあらすじネタバレ

結婚してるっていうのは嘘だと本当のことを言おうとした濱鐘子(杏)の前で、突然倒れてしまって意識不明になった伴野丈(宮沢氷魚)に驚いた鐘子は救急車を呼んで、丈の日本の主治医がいる東京中央病院に運び込まれます。

丈が帰って来ず連絡がないことを心配した、丈に想いを寄せる高野恵梨香(夏子)が、伴野灯里(MEGUMI)に連絡するように頼み丈に電話をすると、丈の荷物を受け取っていた鐘子が出て驚きますが、事情を聞いて灯里は急ぎ病院に駆けつけます。
病院で意識を取り戻した丈は、主治医の一之瀬隆美(眞島秀和)に病気のことを鐘子にも灯里にも秘密にするよう頼み、ふたりには「ただの貧血だ」と嘘をつきます。

丈が倒れる騒動で、またしても本当のことを言えなかった鐘子は、その夜に丈に電話をかけ
「旦那さんはいないの」
とついに告白するのですが、今家にいないのだと丈は勘違いします。
「僕との遊びのせいで鐘子さんの幸せを壊すわけにはいかない」
「鐘子さんも旦那さんと別れる気なんてないでしょ」
と丈に言われてしまって、本当のことを言ってしまってはこの関係は終わってしまうと考えた鐘子は、思わずまた偽装不倫を装ってしまいます。

無遅刻無欠席が取り柄だった鐘子が会社を休んだことを心配していた親友の山田まさ子(田中道子)には、丈とのことを正直に話し自分の苦しい状況を思い知らされて打ちのめされる鐘子でした。

翌日一之瀬に呼び出された丈は、病気の進行が早く、次に倒れたら危険な状態になると聞かされ、スペインに戻って手術するよう勧める一之瀬に、これまでは病気で死ぬことは怖くなかったのが、鐘子に会って怖くなってしまったと話します。

一方、吉沢葉子(仲間由紀恵)は八神風太(瀬戸利樹)のボクシングの試合がある週末に、夫の吉沢賢治(谷原章介)に熱海旅行に誘われたことで、諦めて試合には行けないとメッセージを送ります。

しかし、風太からの電話に心動かされた葉子は、旅行の出発ギリギリまで試合を観ようと決めます。
もしもの時は協力してくれるように鐘子に頼むと、どうして幸せなのにそんなことをするのかと言われ、今まで感じてきたものが幸せではないことに気づいたことを話す葉子でした。

そこに丈の携帯で灯里が電話をしてきて、丈を助けてくれたお礼がしたいから週末に店に来て欲しいと言われます。

そして土曜日、葉子は急な仕事を装って風太の試合へ向かいます。
風太はダウンを奪われながらも何とか勝利を収めるのですが、突然倒れてしまいます。
控え室に駆けつけた葉子は、賢治との約束を反故にして熱海に行かないことを決めます。
仕事で行けなくなったとメッセージが入ったので、賢治は葉子の職場に訪ねていくのですが誰も来ていないことがわかります。
風太に指輪をもらって喜んでいると、普通はどこで買ったのかとかブランドを気にするのに、そうじゃない葉子が好きだと言う風太に、葉子は風太がそう変えてくれたのだと話します。
そこに賢治から電話がかかってきたので、葉子は会議中で出られないとメッセージを送ると、会社の前にいること、本当は誰といるのかを聞くメッセージが届き、葉子は鐘子といると返信してしまい、賢治は葉子の嘘を確信します。

灯里のスペイン料理屋に行った鐘子は、灯里にふたりの関係を突っ込まれます。
なんとか灯里のツッコミをかわして、たくさんの料理を食べた鐘子は混んできた店を手伝います。
懸命に働く鐘子を見ていて灯里は、丈も明るくなるし鐘子が独身なら良かったと話します。

2階の丈の部屋に行った鐘子は、丈が花巻で買ってきた銀河鉄道の指輪を左手の薬指にはめられてしまいます。
病気の頭痛に襲われる丈は、今度倒れたら危ないと言われていたことを思い出し、鐘子に、
「今だけは僕のものになって」
と告げます。

スポンサーリンク

『偽装不倫』6話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

ひとつのことが長続きしない大きな要因は、マンネリ化することにあります。
マンネリ化する要因は、進化を求めていないことが大きな原因です。
これは、人間関係に限らず、何事にも言えることですね。

自分自身の進化、やることの進化を追求していけばマンネリ化することはありません。
マンネリ化したことを、他のことをやることで解消しようとしても、じきにその他の新しいことにもマンネリを感じてしまうでしょう。
全ての要因は自分自身の中にあることに気づけば、自然界ではとても充実した人生が送れることを実感していきたいですね。

鐘子と丈そっちのけ!視聴者は賢治の反撃にワクワク?

葉子が「本当は鐘子といるの」と返事をした時のニンマリした賢治の顔が怖すぎましたね。

賢治は被害者なんだけど、なんだか葉子が風太に走るわけもわかるような気がしてきました。賢治ちょっとヤバいかも…。

さて、葉子の浮気を完全ノックオンした賢治。次はどういった行動に出るのかワクワクしますね。
ドラマ『あなそれ』のような結末へと進んでいくのか?
実は、葉子と賢治は、『偽装結婚(仮初夫婦)』であり、『偽装不倫』というタイトルを次回から変えちゃうのか(笑)。衝撃的な展開は視聴者は楽しみにしています。

『偽装不倫』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『偽装不倫』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

丈(じょう)(宮沢氷魚)から「大好きだ」と言われて指輪をもらった鐘子(しょうこ)(杏)。「これは、丈が私のことを好きだという“絶対的な確信”なのでは!?」と思いながらも、丈が、人妻だと思っている自分に指輪をくれた本当の気持ちがわからずに悩んでしまう……。そして丈も、夫のいる鐘子に指輪をプレゼントしてしまったことを後悔していた……。

一方、風太(瀬戸利樹)のボクシングの試合を観に行き、賢治(谷原章介)との熱海旅行をドタキャンした葉子(仲間由紀恵)は、鐘子にアリバイ作りへの協力をお願いする。濱家では、葉子の嘘を疑う賢治が、表面上は平静を装いながら二人を待っていた。不気味な空気が漂う中、葉子は思いつきの嘘で修羅場を切り抜けるようとするが……。

翌日、鐘子は賢治に呼び出される。鐘子の相談に乗るふりをしつつ、葉子について探りを入れてくる賢治に焦る鐘子。なんとか誤魔化すものの、そこにバイト中の風太が偶然通りかかり、姉の夫と不倫相手が鉢合わせする大ピンチに陥ってしまう……!

そんな中、まさ子(田中道子)に連れられて灯里(MEGUMI)の店を訪れた鐘子は、丈と話したいと思うものの、現れた丈にどこか冷たい態度をされてしまい……。

出典:https://www.ntv.co.jp/gisouhurin/story/