ドラマル

『偽装不倫』5話のネタバレ感想!富田望生が可愛い!菅田将暉連呼に3A思い出す?

2019年8月7日に放送されたドラマ『偽装不倫』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、謎だらけだった丈の心の内が明らかに!
葉子は不倫相手の風太と休日デートへ。妻・葉子への疑惑が膨らみ始めた賢治は…。

関連記事

『偽装不倫』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『偽装不倫』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『偽装不倫』5話のあらすじネタバレ

伴野丈(宮沢氷魚)は、濱鐘子(杏)と行くはずだった花巻旅行の待ち合わせの東京駅で、鐘子の夫だと思い込んでいる吉沢賢治(谷原章介)と鐘子が一緒にいるところを見かけて、彼女の幸せを壊してはいけないと考え一人で花巻に行きます。
そして鐘子は、丈が姿を消したのは賢治と遭遇して不倫の厄介事に巻き込まれたくないと思ったからだと考えていました。

鐘子のことを心配した親友の山田まさ子(田中道子)が鐘子の家を訪ねて来てくれて、あれこれふたりで思いを巡らせるのですが、鐘子はもう今日で綺麗さっぱり忘れると言い切り、まさ子も今日はとことん付き合うと宣言し、濱家のわんこそばを食べたり、いつもの居酒屋でやけ酒を飲んで周りにからむ鐘子を気遣いながら付き合います。

一方、吉沢葉子(仲間由紀恵)は、賢治が大阪出張ということもあって八神風太(瀬戸利樹)との休日デートへ出かけます。
風太に練習まで付き合って欲しいと言われ、賢治の帰りに探りを入れると「観光して遅くなる」という返信に安心するのですが、葉子の態度を不審に感じていた賢治は、急遽予定を変更して観光には行かずに家に帰ります。

葉子が家に帰ると、賢治はすでに先に帰っていて、賢治に指輪をしていないところを見られてしまいます。
そして、週末の土日に熱海に結婚記念日のリベンジ旅行に誘われますが、土曜日は風太の試合のチケットをもらっていて行くと約束していました。

花巻を散策中の丈は、現地旅行者に教えてもらいSL銀河の写真を撮ったり、立ち寄った喫茶店の娘・カナエ(富田望生)に案内され宮沢賢治記念館を訪れます。
そして『銀河鉄道の夜』の結末でジョバンニとカンパネルラが離ればなれになることを思い出し寂しげな表情を浮かべるのでした。
また、鐘子と出会った時のことも思い出していて、自分の命が長くないことがわかって、諦めていた恋も不倫であれば自分がいなくなっても寂しい思いをさせないからと思っているところに鐘子と鐘子の指輪が現れ、その指輪をはめる指が左手であることを願いながらどちらの手にはめるのかを聞いていたことを、宮沢賢治記念館で買った銀河鉄道の指輪を見ながら思い出していました。

そんな中、東京中央病院の外科医・一之瀬隆美(眞島秀和)は、丈の脳腫瘍の状態が急速に悪くなっていることなどが気になり丈の住所を訪ね、丈の身体のことを心配していた姉の伴野灯里(MEGUMI)がやっているスペイン料理店に入ります。

まさ子と別れて帰る途中で、東京の綺麗な夕陽を見ながら丈のことを思い出している時、丈も花巻でカナエと別れた後、いつもの目眩に襲われて休んでいる時に同じ夕陽を見ていました。
そして丈がSNSにSL銀河や花巻の夕陽の写真をアップしているのを見た鐘子は、丈が花巻にいることを知り、行くことを決めます。

翌朝、会社を休んで花巻に行くために東京駅に向かっていると、予約していた新幹線の運休を知らせるメッセージが入ってきて、自分の不運な運命に涙しているところに突然丈が現れます。
鐘子は高鳴る胸の鼓動を感じながら、花巻で鐘子のことばかり考えていたと話す丈に本当のことを言おうとしている時に、丈が意識を失って倒れ込んでしまいます。

スポンサーリンク

『偽装不倫』5話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

夢を実現するには、明確なゴールのイメージと期限が必要になります。
それを決めることで、目の前のやるべきことが見えてくるものです。
もし、夢が見えてこなければ、期限から先に決めてみるのもひとつの手段ですね。

人間や自然界の存在には誰にも必ず命の期限があります。
しかし、人間の場合多くはそのことを意識することなく過ごしていて、やるべきことを見出せずにいます。

本来夢の実現の期限は、ワクワクする期限を自分自身で決めることが大切なのですが、他人に与えられたものを受け入れて実現とはほど遠いアクションになっています。
また、病などのどうにもならない要因で期限を区切られて、初めて何かを見出すということも多いでしょう。

いずれにしても人間には期限があるのですから、その時間を有意義なものにするためにも、より高く遠くの夢を実現するためにも、自ら決めるポジティブな期限に向かって行きたいですね。

富田望生が可愛い!菅田将暉連呼に3A思い出す?

朝ドラ『なつぞら』のよっちゃんこと富田望生さんの登場に『可愛い!』という声が殺到!

「東京のカメラマンなら会ったことあんでしょ、菅田将暉!!」という前クール日テレで放送された『3年A組』を思い出させる発言が注目されました。

それにしても、富田望生さんの好感度の高さには、びっくりしました!
「可愛すぎる」「好き!」と好意的な声が番組放送中から多くつぶやかれました。今後、どんな活躍を見せてくれるのか楽しみですね。

『偽装不倫』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『偽装不倫』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

「結婚してるっていうのは嘘だ」と打ち明けようとした鐘子(しょうこ)(杏)の前で突然倒れてしまった丈(じょう)(宮沢氷魚)。病院で目を覚ました丈は、医師の一之瀬(眞島秀和)に病気のことを秘密にするよう頼み、鐘子と駆けつけた姉の灯里(あかり)(MEGUMI)には、「ただの貧血だ」と嘘をつく。この騒動でまたしても本当のことを言えなかった鐘子は、その夜丈に電話をかけ、ついに「ダンナさんはいないの」と告白するのだが…。

翌日、一之瀬に呼び出された丈は、病気の進行が早く、「次に倒れたら危険な状態になる」と聞かされる。主治医のいるスペインに戻って手術するよう勧める一之瀬に、丈は今まで誰にも明かすことのなかった本心を打ち明ける…。

一方葉子(仲間由紀恵)は、風太(瀬戸利樹)のボクシングの試合がある週末に、賢治(谷原章介)から熱海旅行に誘われる。「結婚記念日のリベンジ」と言われ、断る言い訳を見つけられない葉子。一度は試合に行くことを諦めるが、健気にトレーニングに臨む風太の姿に心動かされ、なんとかして旅行の出発ギリギリまで試合を観ようと心を決める。鐘子は、そんな葉子から「もしもの時は協力してほしい」と頼まれて……。

そして週末。鐘子は、「丈を助けたお礼がしたい」と灯里に招かれ、丈もいるスペイン料理屋へ。葉子は、旅行出発前に急な仕事を装って風太の試合へ向かう……。

出典:https://www.ntv.co.jp/gisouhurin/story/