ドラマル

『偽装不倫』1話のネタバレ感想!宮沢氷魚がカッコいい!父・宮沢和史(島唄)とそっくり?

2019年7月10日に放送されたドラマ『偽装不倫』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、鐘子(杏)が、旅先で年下のイケメン・伴野丈(宮沢氷魚)と恋に落ちる!
しかし、なぜか鐘子は丈に、「既婚者」だと嘘をついてしまいこじれた関係に…。

関連記事

『偽装不倫』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『偽装不倫』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『偽装不倫』1話のあらすじネタバレ

32歳で独身の派遣社員・濱鐘子(杏)は、3年に渡り報われない婚活に励んできたが、勤務先での派遣契約が満了した日に婚活をやめる決意を固めます。

鐘子は二世帯住宅の実家で、両親と姉夫婦と同居するパラサイトシングルです。
何も勝てるものがないと感じていた姉の葉子(仲間由紀恵)は一見地味で堅物なので、結婚だけは勝てると思っていた鐘子でしたが、3年前に素敵な夫の吉沢賢治(谷原章介)を連れて来て、半年後に結婚してしまいました。
葉子はキャリアウーマンとしても活躍しながら、鐘子とは正反対の幸せな結婚生活を送っていました。
そんな葉子から非難されながらも鐘子は、婚活サヨナラパーティーとして博多への一人旅の準備を進めていました。

翌日、博多旅行へ向かう空港で鐘子は、葉子に借りたワンピースのポケットに結婚指輪が入っていることに気づき、どこにしまっておけばなくさないか考えながら手に持ったまま機内に乗り込みます。
そして、スーツケースを荷物棚に入れた途端、落ちてきた荷物が頭を直撃して指輪を落としてしまいます。
慌てて指輪を探す鐘子に、指輪を拾って差し出してくれたのは、落ちてきた荷物の持ち主の伴野丈(宮沢氷魚)でした。
丈のイケメンぶりに動揺した鐘子は、とっさに自分の結婚指輪だと既婚者のふりをしてしまうのです。

荷物を落としてたんこぶを作ってしまったお詫びとして、丈から博多での食事に誘われた鐘子は、人妻という嘘をついたまま丈について行くことになります。
スペインでカメラマンをしているという7歳年下の丈との、楽しいひと時に心踊ってしまうのです。
その夜、丈から突然「僕と不倫しませんか?」と誘われてしまい、ホテルで一緒に一夜を過ごすことになるのですが、丈に姉の灯里(MEGUMI)から電話がかかってきている間に、緊張が解れない鐘子はお酒を飲み過ぎてしまい、気がつくと朝になっていました。

次の日も、鐘子と丈の偽装不倫旅行は続きます。
途中で鐘子は出身地の岩手のことを聞かれ、有名なもので宮沢賢治と応えると、丈は『銀河鉄道の夜』を思い出しスマホで検索して、主人公の『ジョバンニ』と自分の名前が一文字違いだと発見します。
この丈の発見に動揺する鐘子でしたが、実は鐘子の名前はジョバンニと一緒に本当の幸せを探すために旅をする『カンパネルラ』の名前から付けられたものでした。
最後の夜、ふたりは思いっきり博多の味を堪能し、鐘子は恋に落ちている自分を感じながら、丈の願いを聞き指輪を外して結ばれました。

翌朝東京に戻る鐘子は、丈と素っ気なく別れたことを後悔しながら、寝坊して飛行機の時間が迫っていたので慌てていて、昨晩グラスの中に入れた指輪を忘れてしまったことに気づき機上の人になりました。

一方、円満そうに見えている葉子と賢治夫婦にも、ギクシャクした空気が流れてきました。
その一因は、ふたりだけの夕食をすっぽかして会いに行った、八神風太(瀬戸利樹)にあるのかもしれません。
そして、結婚記念日の食事の予約が取れたメッセージを賢治から受け取った時、初めて葉子は結婚指輪がないことに気づきます。

スポンサーリンク

『偽装不倫』1話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

鐘子の偽装不倫からの恋への発展は、凝り固まった自分を少し変えてみることで、現状をブレイクスルーできる可能性を教えてくれているかもしれません。

懸命にチャレンジしている時には、思うように成果が出て来ず、少し目先を変えた瞬間に結果が出てくるということなども良くあるのですが、行き詰まった時には大いに発想を転換することが大切ですね。

偽装不倫からスタートした鐘子の恋が、今後どんな展開を見せるのか本当に楽しみです。

宮沢氷魚がカッコいい!父・宮沢和史(島唄)とそっくり?

宮沢氷魚(みやざわ ひお)さん演じる伴野丈がカッコいいと話題を集めました。

宮沢氷魚さんの役は、原作ではジョバンヒという韓国人でしたが、ドラマでは伴野丈という日本人に変わりました。
宮沢氷魚さんは、髪を染め韓国人っぽくしてましたが、ジョバンヒは「韓国人じゃなきゃダメ」という声も上がりました。かなり韓国人ぽかったですが…ファンは厳しい!?

それにしても、宮沢氷魚さんお父さんに激似ですよね?

知っている人も多いとは思いますが、宮沢氷魚さんのお父さんはTHE BOOMのボーカル・宮沢和史!
そうあの『島唄』のカッコいいボーカリストがお父上なんです。

父のカッコいいルックスを受け継ぎながら、さらにスタイルが抜群に!
伴野丈役もハマってそうだし、杏さんとのバランスもいいので、『偽装不倫』でブレイクするかもしれませんね。

『偽装不倫』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『偽装不倫』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

つい「既婚者のふり」をしてしまったことから、思いがけず旅先の博多で丈(じょう)(宮沢氷魚)と一夜を共にした鐘子(しょうこ)(杏)。心の整理がつかないまま東京への帰路についた鐘子だったが、”偽装不倫”のきっかけとなった姉・葉子(ようこ)(仲間由紀恵)の結婚指輪をなくしたことに気付く。慌ててホテルに問い合わせても、指輪は見つからず……。

東京に戻ってからも丈のことを忘れられない鐘子は、「丈にとっては後腐れのない人妻との遊びだったのだ」と自分に言い聞かせ、必死に自分の気持ちを押さえつける。

そんな中、鐘子は名古屋出張に出かけたはずの葉子を街で見かける。いつもの地味な風貌とは違い、女らしく着飾った葉子の姿に思わず尾行した鐘子が見たのは、ピンク頭の可愛い年下イケメン・風太(瀬戸利樹)とデートする姉の姿だった。そう、賢治(谷原章介)という理想的な夫がいるはずの葉子が、本物の不倫をしていたのだ!さらに、尾行に気付いた葉子から口止めメールが届いて……。

同じころ、博多から東京にやってきた丈が向かったのは、姉の灯里(あかり)(MEGUMI)が営むスペイン料理屋だった。しばらく東京にいるのか、という灯里の問いに丈は曖昧に答える……。

その夜、葉子から電話で「離婚するつもりはない」「来週の結婚記念日までに結婚指輪を返して欲しい」とプレッシャーをかけられる鐘子。「姉の家庭を壊さないため」「自分が会いたいわけではない」と言い訳しながら、指輪のことを知っているかも知れない丈の行方を探すことに。すると、SNSで丈のアカウントを見つける。そして、そこにアップされている写真に見とれていたちょうどその時、まるで丈からのメッセージのように鐘子が忘れた指輪の写真が新しくアップされる!……!!

出典:https://www.ntv.co.jp/gisouhurin/story/