ドラマル

ドラマ『遊戯みたいにいかない。』8話(最終回)のネタバレ感想!戸塚が再婚!

2019年6月6日に放送されたドラマ『遊戯みたいにいかない。』8話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

いよいよ最終回、なんと、ついに戸塚が再婚!
戸塚プロダクションの面々は、るみの提案でお祝いのパーティーを開こうとするが…。

関連記事

『遊戯(ゲーム)みたいにいかない。』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『遊戯みたいにいかない。』8話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「hulu」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『遊戯みたいにいかない。』最終回のあらすじネタバレ

ガールズバーの店員・あいたんと再婚すると発表した戸塚オサム(角田晃広)。
プロダクションの皆が集まって再婚祝福パーティを開くことになりました。

しかし…

パーティの3日前。
戸塚は鳥飼昭雄(飯塚悟志)に、助けを求めていました。
再婚話はでっちあげだ、どうしよう…と。
というのも、あいたんへ10万円ものコートを貢いだことが、高橋るみ(山本舞香)にバレて怒りを買い、その怒りから逃れる為に「再婚相手なんだからいいだろう!」と嘘をついてしまったという。
今更、嘘だと言えず、どうにか話を合わせてほしいと懇願する戸塚でした。

パーティの2日前。
るみは鳥飼に、戸塚を懲らしめるため、協力を仰いでいました。
というのも、戸塚の「再婚する」発言は苦し紛れの嘘だということが、るみにはバレていたのです。
あいたんに入れ込んだ戸塚にお灸を据える為にも、パーティーで赤っ恥をかかせてやると意気込むるみでした。

パーティの1日前。
荒巻弘彦(山下健二郎)は鳥飼に、プロダクションからの独立を打ち明けていました。
というのも、先日の皆の動画を漫画ミックスしたものがバズり、それを見た製作会社から、ミュージックビデオを作成してほしいと打診されたという。
そこで、戸塚が再婚するという転機もあり、プロダクションから独立して、その道で生きていこうと決意した荒巻。
パーティー当日に、独立のことを皆に告白することにしました。

同日。
足立徹(豊本明長)は鳥飼に、戸塚の連載漫画『中間管理大帝ツトム』が打ち切りになると明かしていました。
戸塚には言いにくいこの事実、めでたい席ならば少しはショックも柔らぐだろうと、パーティー当日に発表することにしました。

そんな各人思惑を秘めたまま開かれた戸塚の再婚パーティ。

戸塚は苦し紛れに馴れ初めを話したり、るみはそれを鋭くツッコんだり、荒巻は突然独立を宣言したり、鳥飼はそれらの間に入ってしきりに狼狽えたり。

事態は混乱を極めます。
そこに、戸塚の息の根を止めるように足立から連載打ち切りの発表が。

戸塚は口では「大丈夫、大丈夫…」と繰り返したものの、『中間管理大帝ツトム』は10年も描き続け、自身の人生を投影してきたとても思い入れ深い作品。それが打ち切られるとは、まるで人生まで終わってしまうような錯覚に陥り、ついに発狂してしまいます。

心の拠り所である連載と、相棒の新巻を失った戸塚は、なんとかるみだけは失いたくはないと、嘘を真実にすべく、あいたんにプロポーズするため家を飛び出しました。

一方、部屋に残された荒巻と足立は、るみの口から戸塚の再婚話はウソだったと聞いて、衝撃を受けたのでした。

数分後。
足立はこっそり鳥飼に、連載打ち切りの話がなくなったと明かします。
つい先程、上からその決定が知らされたと。
鳥飼は、早く戸塚に言ってやりなよと勧めますが、一度口にしてしまったことをすぐ取り消すのも…と戸惑う足立でした。

その数分後。
荒巻はこっそり鳥飼に、独立はやっぱりやめたと明かします。
というのも、ミュージックビデオの話を持ちかけた製作会社がブラック企業で、つい先程倒産してしまったとのこと。
鳥飼は、早く戸塚に言ってやりなよと勧めますが、今更辞めるのやめたなんて言えない、とごねる荒巻でした。

その数分後。
戸塚はこっそり鳥飼に、プロポーズは失敗…いや、プロポーズすら出来なかったと白状しました。
あいたんは、あの怖い店長の彼女だったらしく、鬼のような形相の店長の前でとてもプロポーズなど出来ず、何もしないまま帰ってきたのだという。
こんな不甲斐ない自分を、るみに晒したくないと嘆く戸塚でした。

その数分後。
るみはこっそり鳥飼に、戸塚に調子を合わせてあげて、と頼みました。
プロポーズが成功するはずがないと見透かしていたるみは、全てを失いあまりに憐れな戸塚を、これ以上痛めつけたくはないと、せめて虚勢に付き合ってあげようという優しさをみせたのでした。

そうして、また各人思惑を秘めたまま、戸塚のプロポーズ成功報告(ウソ)がされ、あらためて再婚祝賀パーティが開かれることになりました。

そんなめでたい席でありながら、戸塚はまるで人生の終わりのような暗く沈んだ歌を歌います。
乾杯のときも、暗く沈む戸塚と荒巻と足立。そんな3人を見かねた鳥飼は、口を閉ざす3人の代わりに、全て本当のことを暴露しました。

戸塚の再婚もなく、荒巻が独立することもなく、連載は今のまま続行。
結局はもとの状態に収まった戸塚プロダクション。
皆それぞれに様子を窺いながら秘密を抱えていたのがバカらしく感じながらも、そんな無駄な時間も楽しかったと、あらためて乾杯する一同でした。

スポンサーリンク

『遊戯みたいにいかない。』最終回のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

先週の予告編を見て、本当に戸塚が再婚するのかと思っちゃいましたが、まさかのハッタリだったとは…!
すべての事情を知った鳥飼が、みんなの板挟みになってワタワタするのがすごく面白かった!
みんな鳥飼には本音を打ち明けられるようですね。トリさん、人望ある~!
そんなトリさんのイチオシ「もちカツオ」、みんな食べてあげようよ。笑

最終的には、再婚はウソ、連載打ち切りもナシ、新巻が独立してどっか行っちゃうこともナシ。
と、今まで通りということで、よかったよかった。
これはまた続編が出るよ…という布石でしょうか?!

最高に面白いエンターテイメントドラマ。是非、続編出してほしいです!

8話で話題になった出来事

8話で最終回は早いですね。結局、再婚相手(予定)のガールズバーのあいたんはどんな子なんでしょうかね?
続編での登場を期待!

まとめ

「ほとんどの大人は何か言いづらい事を抱え生きている」というタイトルの最終回でしたが、確かに、日常の中で言いづらい事というのは多々ありますよね。
それぞれがうちに秘めたものをいつ吐き出そうと思惑する姿が面白かった!

『遊戯みたいにいかない。』は、日常のあるあるを戸塚プロ一同が身をもって教えてくれるちょっとタイプの違うドラマ。
視聴はじめは、テンポに慣れず違和感を感じましたが、回を追う毎に楽しみ方がわかり、今では出演者に対する愛着が湧いてきて、終わってしまうことが惜しくなりました。