ドラマル

ドラマ『遊戯みたいにいかない。』5話のネタバレ感想!つかさと富美樫が結婚する?

2019年5月15日に放送されたドラマ『遊戯みたいにいかない。』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、こじらせ女子・つかさ(島崎遥香)の説得に戸塚プロダクション一同が奮闘!
富美樫(山崎樹範)は、るみとの誤解をときよりを戻すことはできるのか?

関連記事

『遊戯(ゲーム)みたいにいかない。』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『遊戯みたいにいかない。』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「hulu」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『遊戯みたいにいかない。』5話のあらすじネタバレ

富美樫義男(山崎樹範)が高橋るみ(山本舞香)と抱き合っている姿を目撃して、浮気されたと勘違いしてしまった西条つかさ(島崎遥香)。
つかさはショックのあまり、その場から姿を消してしまいます。

戸塚オサム(角田晃広)たちは、自暴自棄となったつかさの安否を気にしますが、つかさがSNSを頻繁に更新していることから、とりあえず安心します。
けれどその内容が「もうイヤ」「死にたい」などネガティブな言葉の連続。富美樫は、つかさが変な気を起こす前になんとかしてほしいと、戸塚たちに縋ります。
そんな中、つかさは、敬愛するユーチューバーのアバキンこと荒巻弘彦(山下健二郎)と話がしたいと持ちかけてきました。富美樫は、荒巻に一縷の望みを託すのでした。

数分後。
荒巻は、皆とメッセージのやりとりをしながら、つかさとの交渉に臨みます。
荒巻は一言一句、都度、戸塚たちに助言を求めながら、無難な答えを返していきます。そんなあからさまに上辺だけを取り繕ったような優しい言葉に、つかさは次第にイライラを募らせます。
それを感じ取って焦る荒巻。
そんな荒巻に、戸塚は「好きだと言え」と送ってしまいます。これは「素敵だ」と打とうとした誤送信だったのですが、訂正したときには時すでに遅し。荒巻はもう、つかさへ「君が好き!」と言葉を投げかけてしまいました。

神と崇めるほどに敬愛する荒巻からの告白。
つかさはまんざらでもない顔をすると、荒巻となら付き合ってもいいと受け入れ、その代わり「裏切られたら死にます!」と脅しました。

青ざめる荒巻。
荒巻は、もう自分一人だければ手に負えないと、戸塚たちを交渉の場に呼び集めました。

いよいよ最終決戦!
西条つかさ vs 戸塚プロダクションwith富美樫。

戸塚たちは改めて、富美樫とるみとのことは誤解だと説得にあたるも、つかさは全く聞く耳を持ってくれません。
それどころか、つかさは「富美樫は勝手にるみと付き合えばいい。わたしには荒巻がいる」と言い出します。
これに荒巻は「さっきの『好き』は恋愛の『好き』じゃなく、人としての一般論だ」と弁明しました。
するとつかさは、もてあそばれた!と発狂し、奇声を上げ始めます。
あまりの恐ろしさに一同震え、荒巻に「どうにかしろ!」とせっつきますが、荒巻もまた、つかさの面倒臭さに堪忍袋の緒が切れ、本音をぶちまけてしまいます。

「上手くいかないと嘆くけれど、人がやることは大抵上手くいかない。それを分かってるから、みんなは上手くいくように協力し合う。でも君は違う。君が上手くいかないのは、君自身が上手くいくように協力しないからだ!」と。

荒巻のあまりの剣幕に、騒いでいたつかさは奇声を止めると、無の表情へと変わりました。
いろんな感情がめまぐるしく湧き上がってキャパオーバーしてしまったのではと、鳥飼昭雄(飯塚悟志)は分析。そして、つかさに付け入るのなら、放心状態の今しかない!と富美樫を焚き付けました。

富美樫は、頭が真っ白になって固まるつかさにありったけの愛をぶつけて、勢いでプロポーズまでしました。
すると、つかさは次第に笑顔を見せ、それを受け入れたのでした。

翌日。
つかさがモヤモヤしていたそもそもの原因が、全然プロポーズしてこない富美樫に痺れを切らしていたからだと判明。それが今回のことで、問題解決となり、二人の仲は元通りに。
戸塚たちは人騒がせなカップルに呆れつつ、嵐が過ぎ去ったことに一安心しました。

一方、未だストーカー疑惑の一件で、賭けに負けた5万円について根に持つ戸塚。
るみはストーカーはいると言い張り、足立徹(豊本明長)も見たという。
長身で顔が濃くて地味な服着た男…その男(谷中敦)がまさに今、窓の外から戸塚たちを睨んでいました。

その男は、戸塚が通うガールズバーの店員で、女性スタッフにしつこく付き纏う戸塚にクレームを入れにきたのだという。

男は戸塚を見て不敵に笑います。
戸塚は身の危険を感じ、そそくさと部屋を退出してしまうのでした。

スポンサーリンク

『遊戯みたいにいかない。』5話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

荒巻を助けるべく、戸塚プロダクションの面々が肩寄せ合ってメッセージ送る姿が微笑ましかったです。とくに戸塚の誤変換、めっちゃ笑えました!ナイス珍プレー!

つかさちゃんのキレ芸、迫力がありましたねぇ。あの奇声、ほんっとに鳥肌立った…!
荒巻のキレ芸も、スカッとするものがありました。
「君が上手くいかないのは、君自身が上手くいくように協力しないからだ!」名言だと思います。

そして最後のスペシャルゲスト。スカパラの谷中さん!
すごくシブくてかっこよかったわぁ~。いい味出してましね。
また特別出演で出てほしいです!

つかさと富美樫が結婚する?

2話に渡り散々に戸塚プロダクション一同を振り回したつかさと富美樫でしたが、最後は結婚するということで幕を閉じました。
こじらせ女子を安心させるには、やっぱり最終的にはそういうことになるんでしょう。つかさが待っていたのはプロポーズだったんですね。

今回は、ちょいちょい挟むるみと戸塚の無の表情対決が面白かった!

『遊戯みたいにいかない。』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『遊戯みたいにいかない。』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

戸塚プロダクションを辞め独り立ちしようかと悩んでる荒巻(山下健二郎)のために、戸塚(角田晃広)は荒巻を見送るオリジナルソングを作るが、歌詞が酷すぎると皆んなにボロクソに言われてしまう。
そんな戸塚をよそに荒巻がYouTuberで儲けていると聞いたるみ(山本舞香)は、自分もYouTuberになろうとゲーム実況を始めるが、どうにも口が悪すぎて…。
そんな時、荒巻がまた鳥飼(飯塚悟志)らに、一緒にダンスをして動画を撮らせて欲しいと頼んでくるが…。

出典:https://www.ntv.co.jp/gamemitaini/story/