ドラマル

2019年2月8日

『トクサツガガガ』4話のネタバレ感想!ドルヲタ×特ヲタ×アニヲタの夢コラボ!帰りたいのナカムラから名言発信

2019年2月8日に放送されたドラマ『トクサツガガガ』4話のネタバレ感想とTwitterでの反応をお伝えします。

4話では、帰りたいのナカムラ~(風の谷のナウシカ~)からの仲村さんの残業美徳を風刺する名言が見どころ。

関連記事

『トクサツガガガ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『トクサツガガガ』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『トクサツガガガ』4話の感想※ネタバレあり

40代男性

あんこ

今回も気が付くとコタツから身を乗り出して見入ってしまいました。
冒頭は徹頭徹尾、その鉄面皮に少々ほころびが見えた北代さん(木南晴夏)の目線で、前回までの彼女の内面を一気に噴出させるのは定番でありながら見ている側に人物への親近感をぐっと持たせる手法だと思います。
まるで彼女が物語をジャックしたかのようにOPタイトルまで違うのもあまりにも自然で、録画を見返すまで気付かないくらいでした。
で、その北代さんがわずか半年で人格崩壊を起こす流れは、木南さんが同じ役者とは思えないくらいのキャラの差を演じ分けているので非常にインパクトが強く残ります。
ここまででわずか4分。相変わらず原作の再構築がうまいなあと感じたところです。
喧嘩別れしたミヤビさん(吉田美佳子)は、仲村さん(小芝風花)にとっての吉田さん(倉科カナ)のような存在だったにも関わらず、うまくいかなくなってしまった。
現実でもありますよね、当事者だけだとどうやって歩み寄ったらいいかわからなくなること。
しかし、そういう時に助けてくれるのが第三者のフォロー、つまり共通の仲間の存在です。
かくして「追加戦士=仲間がほしい」仲村さんと利害がばっちり一致し、勢いのまま美女4人とヤクザ(っぽい人)でのカラオケ大会が始まります。
正直後半はほぼこのライブ描写なので語る事は少ないですが、「ラブキュート」の辺りでエンディングのスタッフロールに入ってしまうのは、もうまんま戦隊ものの視聴者投稿ダンス映像のそれで、苦笑いしながら来週も楽しみになりました。
その他、劇中のアイドル「ビーボーイズ」は、何か見た事あるなと思っていたら元仮面ライダー経験者の小林豊くんが!もっと見たかったなあ。
今後もゲストに色々な関係者が出てきてほしいですね。

30代男性

KATSUO

北代優子(木南晴夏)がドルヲタだとわかり仲間にできるんではないかと思っていたが、北代さんの地雷を踏んでしまって怒らせてしまった原因が半年前の空気を読めないヲタ友との出来事だと判明します。よくありがちですがとても共感できる出来事でした。

仕事のミスで全員で残業しなくてはいけなくなったシーンでの仲村叶(小芝風花)のセリフ「デートだって大事な用事じゃないですか」とその後に続くその後のセリフがとても響きました。その結果?思ったより早く帰れることになり、その後の北代が仲村と話してカラオケに誘って、北代がもめていた宮根奈津貴(吉田美佳子)と吉田久美(倉科カナ)を含めて5人でのカラオケのシーンはめちゃくちゃ盛り上がって暑くて最高でした。

最後のEDからのオチも含めてとてもよかったです。そのカラオケの中での北代のセリフ「やめようと思ってドルヲタ辞められるなら、とっくの昔にやめてるから」はヲタの心にとても響きました。

20代女性

りか

主人公仲村(小芝風花)と職場の同僚北代(木南晴夏)には、隠れオタという共通点がありました。しかし、北代(木南晴夏)は、アイドルファン友達みやび(吉田美佳子)に自分の趣味を職場の人達にバラされたことから、喧嘩離れをした過去がありました。職場の人達は悪気もなく、自分の趣味について仕事中も触れてきます。北代(木南晴夏)にとって、それは自分の大切な好きなものに土足で踏み込まれているようなものでした。
そんな北代(木南晴夏)に対して、仲村(小芝風花)が優しいなと思ったところは、共通点があったとしても、無理に歩み寄らなくていいと相手の気持ちを考えていたところです。土足で踏み込んでこなかった彼女の言葉は、実は北代(木南晴夏)が仲村(小芝風花)を信頼し始める大きな一歩だったと思います。
4話は、原作のいろいろなネタを拾っているので、あまり重要なシーンとしては扱われていません。しかし、私は、このやり取りは大事だと思うので、ドラマでも省かずに描いてくれて嬉しかったです。

40代女性

ごろう

無事に北代優子(木南晴夏)がツイカセンシになって、そこに至るまでのエピソードが面白かった。
カラオケシーンがとても楽しそうだった!初めの北代とみやび(吉田美佳子)のアイドルオタク2人のなりきりカラオケには驚いたけど。
戦隊ヒーローたちもカラオケに登場してみんなで一緒に歌って踊っていて、一体感が凄かったです。実際のカラオケでもみんな知ってるアニメソングは盛り上がるので、中村叶(小芝風花)たちの気持ちがとってもよく分かりました。

40代女性

かなこ

第4回を観ました。北代さん(木南晴夏)の過去のシーンが、考えさせられました。
ドルオタであることが、ドルオタ仲間からの暴露によって、会社に人に知られてしまったのです。
オタク趣味を、周りの人に知られる事は、恥ずかしくて辛いと思いました。北代さん(木南晴夏)とドルオタ仲間は、仲直りできたので、良かったです。
叶(小芝風花)が、「かけがえのないじかん」について、語るシーンが笑えた!
かえがえのないじかんが、あるから仕事を頑張ろうと思えるところに共感しました。
「ツゴーアウジャン」の特撮シーンが面白かった!
カラオケシーンが、面白かったです!
特に任侠さん(竹内まなぶ)の歌が面白かったです!

スポンサーリンク

『トクサツガガガ』4話のTwitterrでの反応まとめ

北代さんのオンとオフの切り替え凄いですよね。木南晴夏さんの演技すごいな~。名言も出ましたね。

今期のNHKは違います!

今回はもう、ほとんどカラオケでしたね。わたしも何か夢中になれるものみつけたいな~。あっ!ドラマヲタだった。

ドルヲタ×特ヲタ×アニヲタの夢コラボ実現ですね。任侠さん相方見つかって良かったですね。

ありがとう。覚えます。

ちょいちょいこういうのぶっこんでくるNHKやるね。

デートは帰っていいよね。家帰ってDVD見るこれはこの状況でいえたらすごいな。

以上、話題のツイートをまとめてみました。今回も盛りだくさん。トクサツガガガの話題が爆発していました。

最後に、吉田さんの鋭さと潤滑油のような雰囲気がなければ、北代さんは仲間になってなかったのでは?仲村さんとも常に敬語という、大人な距離感も地味に心地よくて好だな~。

『トクサツガガガ』4話のあらすじとキャスト

公式サイトが発表している『トクサツガガガ』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

仲村叶(小芝風花)は北代(木南晴夏)に嫌われたとしょげていた。だが北代は、自分のオタク趣味をばらされて会社を辞めた過去があリ、叶を不必要に敵視していたのだ。やがて特撮番組に登場する追加戦士のように、誤解が解けた北代と仲間になる。北代はオタク趣味をばらした当人でけんか別れしたみやび(吉田美佳子)と仲直りしたいと思っていた。そこで叶は、吉田(倉科カナ)や任侠(竹内まなぶ)を巻き込んで一肌脱ぐことに。

出典:https://www.nhk.or.jp/nagoya/gagaga/story/

『トクサツガガガ』に出演する主要キャスト

  • 仲村 叶(小芝風花)
  • 吉田 久美(倉科カナ)
  • 北代 優子(木南晴夏)
  • チャラ彦:川島 直太朗(森永悠希)
  • 小野田くん:小野田 隆(本田剛文)
  • ユキちゃん:白濱 幸(武田玲奈)
  • マイちゃん:白石 マイ(内山命)
  • ダミアン:田宮 拓(寺田心)
  • 任侠さん:松本 昌明(竹内まなぶ)
  • 仲村 志(松下 由樹)
  • みやびさん(吉田美佳子)
  • 仲村 望(渡部豪太)