ドラマル

『腐女子、うっかりゲイに告る。』7話のネタバレ感想!純くんと三浦さんはなぜキスをした?

2019年6月1日に放送されたドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、表彰式で全校生徒を前に、三浦さんが突然のBL大好き宣言!
そして、雄介が純をステージに呼び、紗枝と純はステージ上で…。

関連記事

『腐女子、うっかりゲイに告る。』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『腐女子、うっかりゲイに告る。』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『腐女子、うっかりゲイに告る。』7話のあらすじネタバレ

退院した最初の日曜日に安藤 純(金子 大地)は、恋人・佐々木 誠(谷原 章介)に会います。
その後、カフェバー『39』に赴きケイト(サラ・オレイン)から助言をもらいます。
「逃げても良い。でもね自分からは絶対に逃げ切れないよ。」
三浦 紗枝(藤野 涼子)の終業式だけでもと言った言葉を純は思い出していました。

終業式の日、登校中、紗枝は中学時代の同級生に遭遇し、腐女子とであることをイジられます。
母・陽子(安藤 玉恵)の心配をよそに、純は登校します。
教室にいたクラスメイトは、現れた純に動揺を隠せませんでした。
紗枝は純を美術部の部室に連れ出し、2人きりになります。
純の事件後、クラスでは同性愛についてディスカッションがあり、同性愛を異常だと言う人は居ませんでした。
そして、紗枝は、どうすれば純に近づけるのか尋ねましたが、答えは返って来ませんでした。
チャイムが鳴り、2人が部室を出ると小野 雄介(内藤 秀一郎)が待っていました。
純は、何か言いた気な雄介に突っかかります。

絵画コンクールで最優秀賞を受賞した紗枝が表彰され、受賞スピーチで事件が起こります。
紗枝は、全校生徒の前で腐女子であることをカミングアウトします。
衝撃内容を含み、教師はスピーチを止めさせようとします。
高岡 亮平(小越 勇輝)が、スピーチを続けさせようと教師に歯向かいます。
クラスメイトが亮平に続き、ステージ上は大混乱になります。
紗枝は混乱の中、スピーチを続けます。
純との馴れ初めから幸せの絶頂だった付き合い出した頃。
純と誠のキスを目撃し、ゲイでありながら普通になりたい純の想いと紗枝自身の想いでどうしようもなくなってしまったこと。
涙ながらに全てを語りました。
雄介は、ゲイであることを隠し紗枝を騙して付き合った責任を取らせるため、純をステージに呼びます。
紗枝は、ステージに上った純と抱き合いキスをします。

その後、教室にいた純のところに1人の生徒が訪ねて来ます。
以前、校舎の屋上で純のこととは知らずに目の前でゲイの噂話をしていた生徒でした。
その生徒は、自身もゲイであると純にカミングアウトします。
校長室に呼び出されていた紗枝が戻って来てます。
2人は出かける約束をし、純はミスター・ファーレンハイト(声・小野賢章)に会うため海を要望します。

スポンサーリンク

『腐女子、うっかりゲイに告る。』7話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

全校生徒に向けての紗枝のカミングアウトは必要だろうか。
正直、当事者同士で解決してれば良い問題じゃないのと冷めた目で見てしまいましたが、自殺でことが大きくなってしまっていたので必要だったのかもしれません。

批判的な意味ではないのですが、紗枝の受賞スピーチの中、ステージ上に呼び出された純とのキスの意味がよく理解できませんでした。
こういう時は流れ的にキスでしょといった意味だったのでしょうか。

今回で充分満足してしまったので、最終回でも良いのですが、影の主役でもあるファーレンハイトに純と紗枝が会いに行くのは必然ですね。

純くんと三浦さんはなぜキスをした?

ネットでも今回の放送内容には賛否がありましたが、純くんと三浦さんがなぜ全校生徒の前でキスをしたのかに、疑問を呈す声が多いです。

そもそも、なぜ全校生徒の前で三浦さんがBL告白をはじめたのか?
また、純くんとの恋のアレコレを、なぜ関係ない人達の前で暴露してしまうのかが全く理解できませんでした。

まあ三浦さんは、テンションが上がって暴走したとわりきったとしても、最後キスの後、なぜ拍手喝采が起こったのかが理解できない。

ドラマ(小説)だし、盛り上げる演出と言ってしまえばそれまででえすが…
BL告白は、終業式が終わった後に、クラスでやればよかったのでは?
そして、純くんとの恋の歩みは二人で話せばよかったのでは?
と感じてしまいました。

『腐女子、うっかりゲイに告る。』8話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『腐女子、うっかりゲイに告る。』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

純(金子大地)は、亡くなったネット上の友人・ファーレンハイト(声・小野賢章)との約束を果たすため、紗枝(藤野涼子)と、彼の家を訪ねる。心の支えだった親友の素性を知ることにためらう純だが、遺影に写る彼の姿に衝撃を受ける。その帰り、純は紗枝に二人のこれからについて、思いを伝える。さらに、純はマコト(谷原章介)と会う。「奥さんと僕が溺れたら、どちらを助ける?」純の質問に、マコトは静かに答え始める…。

出典:https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/fujoshi/html_fujoshi_story08.html