ドラマル

『腐女子、うっかりゲイに告る。』4話のネタバレ感想!ファーレンハイトの死に崩壊する純!

2019年5月11日に放送されたドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、純と紗枝は奈緒&隼人カップルと一緒に温泉旅行へ!
しかしそこにマコトさんが…。一体どうなる?

関連記事

『腐女子、うっかりゲイに告る。』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『腐女子、うっかりゲイに告る。』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『腐女子、うっかりゲイに告る。』4話のあらすじネタバレ

安藤 純(金子 大地)は、ネットの友人・ミスター・ファーレンハイト(声・小野賢章)の自殺を仄めかすメッセージが気がかりでした。
純の自宅で、三浦 紗枝(藤野 涼子)と勉強会をした日を最後に、ファーレンハイトがメッセンジャー(PCのメッセージアプリ)に現れることはありませんでした。

ファーレンハイトは、自身の誕生日にAIDSを発症した彼氏を亡くします。
彼氏は一回りほど歳の離れた従兄弟です。
AIDSを発症した時、ファーレンハイトの動揺する様子から、両親に同性愛がバレてしまいます。
両親は同性愛を理解せず、会うことを禁じられるも密かに会い続けました。
通夜の参列の許しを両親に請うも叶わず、強行します。
しかし、警戒する親族に阻まれました。
同性愛者は、何故この世に生まれるのかファーレンハイトは自問します。
そして、もし亡くなったら彼氏から貰ったQUEENのアルバム『QUEENⅡ』を彼の墓に供えて欲しいと頼まれます。
大好きなQUEENを教えたのは彼氏でした。

テストが終わり、紗枝は、純にファミレスでの打上げを持ちかけます。
純は、ファーレンハイトのこともあり、その気になれず断ります。
紗枝と別れた後、高岡 亮平(小越 勇輝)に校舎の屋上に誘われます。
小野 雄介(内藤 秀一郎)たちが、流行りのダンスを踊りスマートフォンで撮影していました。
クラスメイトの1人が、紗枝との自宅デートで2人の関係に進展があったか尋ねて来ました。
好きな紗枝を幼なじみの純に奪われたにも拘わらず、純と紗枝の関係を心配する亮平に、雄介は苛立ち帰ってしまいます。

帰宅した純を母・陽子(安藤 玉恵)が待ち構えていました。
紗枝が忘れて帰ったシュシュが陽子に見つかり、家に入れたことがバレます。
陽子は、純に彼女が出来たと思い燥いでいました。

翌日、純と紗枝は、佐倉 奈緒(望月 綾乃)とその彼氏・近藤 隼人(亀島 一徳)とダブルデートで日帰り温泉旅行に行きます。
いつも素っ気ない純が、紗枝の選ぶ浴衣を素直に褒めることに、紗枝は違和感を覚えます。
純が、隼人と温泉に入っている時、家族と訪れていた佐々木 誠(谷原 章介)に遭遇します。
施設内のレストランで4人で食事をしていると、奈緒が純と隼人に壁ドンを強要し、その姿をスマートフォンで撮影します。
悪のりする奈緒の要求はエスカレートし、耐えきれなくなった純は、隼人を突き飛ばします。

トイレに行くと言って外に出て足湯に浸かる純のもとに、紗枝が現れます。
近くに居た家族が流行りのダンスを踊り、スマートフォンで撮影しています。
純は、亮平たちが校舎の屋上で同じダンスを踊る動画を紗枝に見せます。
踊り出した紗枝を、純は滑稽と評します。
いつもの素っ気ない純に戻り紗枝は安心します。
紗枝に誘われ2人で楽しく踊っていると、紗枝が好きなことを実感します。
純が紗枝に何かを言いかけた時、ファーレンハイトから着信があります。
メールは純に宛てた遺書でした。
気が動転した純は、スマートフォンを落としたことにも気がつかず、紗枝を置いて立ち去ります。

施設内を泣きながら彷徨う純を見かけた誠が声をかけると、純は助けを求めます。
誠は、人目のつかない場所に移動し何があったか尋ねます。
純は、ファーレンハイトが自殺したことを誠に告げます。
誠に慰められ、キスをする中、改めてゲイであることを自覚します。
紗枝に誠とのキスを目撃され、問い質す紗枝に開き直るような態度を取ります。
紗枝は、純を平手で殴り泣きながら去って行きました。

『腐女子、うっかりゲイに告る。』4話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

純は最低。
この一言以外、思いつきません。
知らせるのと知られるのとでは、1字違いで大違いです。
ケイトに始めたショーは、身勝手に降りられないことを注意されていたはずです。
自分の感情をコントロール出来ず、紗枝にゲイであることがバレてしまいました。
世間的な普通でありたいという欲望から始めたのだから、相手の気持ちなんて思いも寄らないのかもしれません。

ファーレンハイトの遺書を読んだ時、何故、紗枝を頼らないのか。
ゲイであることを隠しても、紗枝を頼れたはずです。
誠を頼ったのは友人の死より、死に至らせた原因が理由とは思いますが同情は出来ません。
今のままでは、紗枝は浮気相手ですらなく、女性でも出来るかどうか試した単なる実験相手です。

ファーレンハイトの死に崩壊する純!

純のネットでのゲイ友・ファーレンハイトの悲劇&遺書を受けて、遂に純くん(金子大地)が崩壊してしまいましたね。
同じ境遇のファーレンハイトは、純にとってひょっとしたらマコトさん以上の支えだったと思われるので、彼の死を受けて完全に自分をコントロールすることができなくなってしまいました。

それが顕著に表れていたのが、三浦さんへの「ホモが好きなんでしょ」とう発言!
かなり三浦さんにとってひどい言葉とも思えますが、支えを失った純の立場ならば致しかたないとも思えます。マコトさんには家族がいるし、純の心を完全に支えてくれる存在とはなりえていないのでしょうね。

さて、次回もまた衝撃的な展開となりそうですが、純を支えてくれるのはひょっとしたらマコトさんでも、三浦さんでもなく、幼馴染の亮平になるのかな?っと思いました。

『腐女子、うっかりゲイに告る。』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『腐女子、うっかりゲイに告る。』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

純(金子大地)は、マコトさん(谷原章介)とキスをしているところを紗枝(藤野涼子)に目撃されてしまう。「私たち、キスしたよね。セックスもしようとしたよね。できなかったけど!」涙を流して激怒する紗枝に純は暴言を吐く。紗枝は純の前から走り去る。クラスの今宮麻衣(吉田まどか)たちは紗枝と純の距離にうすうす気づき始める。小野(内藤秀一郎)は紗枝との仲を純に問いただし、責める。亮平(小越勇輝)は純に声をかけ、幼かった頃の思い出を語る。さらに、麻衣から告白されたことまで亮平は純に話す。「いろんな好きがあって、ややこしいよね」という亮平は,落ち込む純に助言する。「今の純を丸ごと素直に三浦さんに伝えてみたら?」放課後、紗枝と純は美術室で二人きりで向き合う。純は、秘密をすべて打ち明けようと心に決め、紗枝に話し始める。

出典:https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/fujoshi/html_fujoshi_story.html