ドラマル

ドラマ『左ききのエレン』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ドラマ『左ききのエレン』の1話から最終回までのあらすじを、ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

神尾楓珠・池田エライザさん主演の連続ドラマ『左ききのエレン』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※最新話のネタバレは、リアタイ(視聴)後に追加します。

見逃し配信をチェック

当記事には、『左ききのエレン』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、2019年10月22日から「U-NEXT」で第1話から最新話までの放送をご覧になれます。また、「U-NEXT」ではオリジナルエピソードも配信されます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『左ききのエレン』の基本情報

概要(見どころ)

『左ききのエレン』は、かっぴーによる日本の漫画を原作とするドラマです。

大手広告代理店に勤める駆け出しのデザイナー・朝倉光一(神尾楓珠)と、類い稀な絵の才能を持ちながら描くことを止めてしまった少女・山岸エレン(池田エレイザ)のW主演で描く、クリエーターたちの群像劇を描いた物語です。
彼らの生き方を通して視聴者に生き方を問いかけてきます。

キャスト一覧

  • 朝倉光一:神尾楓珠
    広告代理店に勤務するデザイナー
  • 山岸エレン:池田エライザ
    左きき(ザ・サウスポー)と呼ばれる新進気鋭のアーティスト
  • 加藤さゆり:中村ゆりか
    光一の同級生、エレンの幼馴染
  • 古谷真治:堀部圭亮
    クリエイティブ局・局長
  • 沢村考:村杉蝉之介
    クリエイティブ局・部長
  • 柳一:丸山智己
    クリエイティブディレクター、光一の上司
  • 神谷雄介:石崎ひゅーい
    目黒広告社のクリエイター、光一憧れの上司
  • 三橋由利奈:今泉佑唯
    光一の会社の後輩
  • 冬月慎太郎:阪田マサノブ
    営業局・部長
  • 流川俊:吉村界人
    光一の会社の先輩、営業部所属
  • 朱音優子:田中真琴
    光一の会社の同期、流川の部下
  • 園宮千晶:久保田紗友
    園宮製薬のご令嬢、宣伝部長
  • 岸あかり: 八木アリサ
    有名ファッションモデル
  • 海堂:般若
    馬車道美術学院学長
  • 佐久間威風:板橋駿谷

スタッフ一覧

  • 原作:左ききのエレン
    作者:かっぴー/nifuni
    出版社:集英社
    雑誌・Webマンガ誌:「少年ジャンプ+」で連載中
  • 監 督:後藤庸介、深迫康之、本間利幸
  • 脚本:根本ノンジ、守口悠介、本田隆朗
  • 主題歌
    曲名:女神
    歌手:ポルカドットスティングレイ
    レーベル:ユニバーサル シグマ
  • エンディング・テーマ
    曲名:あとさき
    歌手:GOOD ON THE REEL
    レーベル:lawl Records
  • 制作協力:共同テレビジョン
  • 製作:ドラマ「左ききのエレン」製作委員会・MBS

各話の視聴率

『左ききのエレン』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※視聴率はビデオリサーチ調べ

各話放送日視聴率
1話10月22日
2話10月29日
3話11月5日
4話11月12日
5話11月19日
6話11月26日
7話12月3日
8話・最終回(仮)12月10日

スポンサーリンク

『左ききのエレン』の最終回ネタバレ(予想)

大手広告代理店に就職した朝倉光一は、トップデザイナーを夢見て日々奮闘しています。
なかなか芽が出ない中、もがき苦しむ毎日ですが、同級生の山岸エレンを思い出します。

同じ頃エレンは、アーティストとしての片鱗を見せ始めていました。

高校時代、普通ではない人生を歩みたかった光一と、普通の人生を歩みたかったエレンでしたが、光一には才能が与えられず、エレンには才能が与えられました。
二つの人生が同時進行で進みます。

光一の人生では、リアルな広告業界が描かれます。広告業界には光一のようなデザイナーだけではなく、営業やコピーライター、経営陣など多くの役職、職種が登場します。
彼らのそれぞれ仕事に対する考え方は異なるものの、先輩に反発しながら、後輩に教えながら自分の仕事を行っていきます。それらを中心にストーリーは進みます。

一方、エレンの人生では、天才や天才にかかわる人々が描かれ、彼らが天才たる所以や、どういった点で異なるのかを描きながら、ストーリーは進みます。
エレンは、アーティストとして成功し、それを遠い世界での出来事としてしかとらえられない光一は、普通の広告代理店の社員として行き詰まった人生を過ごし、天才になれなかった普通の人ととして苦しみもがくシーンで物語は幕をとじるという最終回を予想します。

『左ききのエレン』各話のあらすじ

2019年10月22日からMBS・TBS系にて放送開始される神尾楓珠さん・池田エライザさんW主演の連続ドラマ『左ききのエレン』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話のあらすじネタバレ

広告代理店で働く駆け出しのデザイナー・朝倉光一(神尾楓珠)は、いつか“何者か”になることを夢見て、がむしゃらに働く毎日を過ごしていた。そんな中、予算3億のキャンペーンをめぐる競合の案件で、上司である神谷雄介(石崎ひゅーい)からロゴのデザインという大役を任される。しかし、光一を待っていたのは、思いもよらない展開だったー。
そんな中、光一はニューヨークで活動する天才画家で高校の同級生・山岸エレン(池田エライザ)との思い出の地を訪れ、ある事件を思い出す…。

出典:https://www.mbs.jp/eren_drama/#story

『左ききのエレン』1話のあらすじネタバレは、2019年10月22日(火)深夜1:28の放送後こちらに追加します。今しばらくお待ちくださいませ。