ドラマル

『ドクターX 第6シリーズ』10話(最終回)のネタバレ感想!ベンケーシーのサンタコス姿が可愛すぎた!

2019年12月19日に放送されたドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ』10話(最終回)のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

遂に最終回、大門が幼き天才ピアニスト・吉行和十(城桧吏)の手術を行う!
さらに、蛭間院長の静止を振り切りニコラス丹下のオペも実行し…。

関連記事

『ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ』10話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「AbemaTV」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『ドクターX 第6シリーズ』最終回のあらすじネタバレ

ニコラス丹下(市村正親)が集めた三百億円をそのまま引き継ぐ形の「蛭間ファンド」の立ち上げを鮫島有(武田真治)に打診されて、あっさりその計画に乗る東帝大学病院長の蛭間重勝(西田敏行)。

その東帝大学病院に天才少年ピアニスト・吉行和十(城桧吏)が入院。
ニコラス丹下(市村正親)の支援を受けジュリアード音楽院に進んだ和十は右肺尖部に腫瘍があり、それで腕神経叢(わんしんけいそう)を発症。これは手指の動きを阻害する病で、つまり、ピアノが弾けなくなる可能性もあります。
和十は、大門未知子(米倉涼子)の「私、失敗しないので」という言葉を信じ、手術を承諾。が、大門は手術途中で術式変更。一旦、神経を切断する方法を採用して手術を継続。助手を務めた原守(鈴木浩介)は、術後の経過が思わしくない和十を見て、手術は失敗だったのではないかと大門を責めます。和十の右手の指が上手く動かず、ピアニストとしては致命的。

一方、「修正大血管転位症」という先天性心疾患が判明した丹下ですが、彼は一貫して手術を拒否。そんな時、以前に未知子に命を救われた食堂のおばさん・岩田一子(松坂慶子)が世界一周旅行から帰国して、「神原名医紹介所」を訪れます。で、そのまま拘置所の丹下に会いに行きます。
大門が手術するよう求めていることを伝えると、丹下は、「もう歳だし、手術すべき理由が無い」と言って、頑(かたく)なに手術を拒否。一子は、「私があなたに生きていて欲しいと願っているということが理由ではダメか」と迫ります。と、そんな会話を続けていた面会室で突然に丹下が倒れ込みます。東帝大病院に搬送され、大門が丹下を蘇生、目覚めさせます。

蛭間は丹下の手術は不可能と判断。「ダブルスイッチ」法に可能性を見出している大門ですが、蛭間は潮一摩(ユースケ・サンタマリア)、海老名敬(遠藤憲一)に大門のオペを阻止するよう厳命。蛭間の意を汲んで、大門の動きを阻んだ方が、丹下に代わる新たな副院長になれそうなので、この二人としては、「御意」ということになります。

鮫島の掲げる「新リバースプラン2020」での、東帝大学病院プレゼンツ、「吉行和十くんチャリティーコンサート」。これは、国内外企業の代表(CEO)を招待しての、投資資金集めの一環としてのコンサートです。
このコンサートは、はなからリハビリを頑張る和十を見せるという趣旨でもあり、最初は、右手を上手く使えませんでしたが、徐々に右手の感覚が蘇って、見事な演奏になります。
大門は、失敗していなかったことになります。

丹下の手術については、AIも治療法無しの判定です。が、大門は丹下の手術を決断します。
まず、丹下の病室の心電図モニターの警報アラームが鳴り響くよう仕掛けをして、その混乱に乗じて、そのまま緊急オペに突入。「心房内スイッチ」から手術開始。しかし、検察の許可が無い手術ですから、もし、手術が失敗して丹下が死亡するようなことにでもなったら、大門以下、それを手伝った医師は全員が犯罪者として刑務所行きです。
そういう難しい状況下と併行している和十のコンサート中、大門のオペ開始の連絡が入った加地秀樹(勝村政信)と浜地真理(清水ミチコ)が立ち上がり、オペの手伝いに向かいます。
それより先に、まず、海老名、多古幸平(戸塚純貴)が、手術室に入ります。それを追って、加地、原、村崎公彦(藤森慎吾)も大門のオペに加わります。心臓停止時間の関係で、手が足りていないオペ現場に心強い応援部隊の参入です。
そこで、冠動脈バイパス術の追加。「動脈スイッチ」をAIも促しています。潮がAIにディープラーニングさせていて、それで、最良の手法が提示されます。それこそが大門が求めていた最終プラン。
最後に、潮がオペに加わって、「完全ダブルスイッチ」という手術が継続されます。これは天才の大門だけが可能な術式(技法)。大動脈基部切除からの基部再建、その他残りの部位(右室流出路再建など)の手術も完結して、手術成功。心拍再開。「みんなありがとう」と大門。

蛭間は、大変危険な手術を無許可でやったことに大激怒。即刻、オペに関わった医師全員にクビを言い渡しますが、丹下の病室では、丹下の手を握り、手術成功を喜ぶ一子の姿。

蛭間の部屋にメロンと請求書を持った神原晶(岸部一徳)。反乱分子を全員クビにして手柄を独り占めしている蛭間。神原持参の「週刊経芸」には、蛭間の美談としての「勇気ある決断」記事。医者として患者の罪など関係なく、命を救うのは当然とする院長談話が掲載されています。これで、蛭間ファンドへの新たな出資額は百億円超え。
しかし、この丹下の手術については、反乱を起こした大門のオペそのものが検察にも無許可だったことを理由に支払い拒否。が、別の請求書があって、こちらは和十の手術代(五千万円)。丹下の分が上乗せされているのかと問う蛭間に、「ウチは、そんなあくどい商売はしていない」と神原。そんな遣り取りの中、鮫島が登場。
鮫島は、大勢の病院スタッフを解雇処分にして人手が全く足りなくなってしまった東帝病院に、大勢の外国人スタッフ(医局員)を招聘。病院長も新たに招聘していて、蛭間はクビ。
結局、外来種に食い殺される形になってしまった蛭間。

神原が一階ロビーに降りると、そこに、村崎と院長秘書の伊倉瑠璃(河北麻友子)。二人はシアトルに飛んで、結婚する模様。次いで、多古と看護師の大間正子(今田美桜)は、こちらも青森に帰り、医療現場に入るとのこと。

海老名、潮、原、加地が「名医紹介所」で麻雀。
みんなで、「ポン」、「ポン」の「鳴き(泣き)麻雀」。そんな四人に、インスタントの焼きそばを振舞う神原。解雇された医師たちの行く末が定まっていません。
ただ、何でも出来てしまう浜地は、医者を辞めて別の道に進むとのこと。女性ロッカーとして芸能界デビューかとも思われます。が、医者のほか何も出来ない四人は、「名医紹介所」に入ることを希望。そんな四人に、「マネジメント料、かなりいただきますが、よろしいですか?」と神原。その余りに法外なマネジメント料に呆れて、四人は揃って「名医紹介所」入りを拒否。

丹下と食堂のおばちゃんたちの集合写真がある部屋。一子と野村幸子(青木和代)に挟まれて、にこやかに微笑む丹下の写真。そんな樹木に囲まれた島の一軒家で、患者の幸子を診る大門。
「治るの、私」と問う幸子に、「大丈夫、私、失敗しないので」と大門。一子も幸子の傍(そば)にいます。で、幸子に、茣蓙(ござ)の下に診療の御礼があると言われて床板を剥がすと、そこに現れたのは、「ぬか漬け」ではなく、山のような金塊と中東北部の石油採掘権証書なのでした。

スポンサーリンク

『ドクターX 第6シリーズ』最終回のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

最後の島の一軒家が良く分かりませんでした。第一話の山奥の一軒家なら丹下の家ということになりますが、最終話の一軒家は、床下の金塊を御礼に差し出せる幸子の家ということになりましょうかね。

一子と同僚だった食堂のおばちゃんが、金塊と石油採掘権を持っているという驚愕のエンディングになりましたが、その背景とか、前後関係が全く不明で、ただ「絶対に失敗しない」という言葉だけが、揺るがずに、次のステップに持ち越されました。

訳の分からない着地点ということで、それで、次シリーズへの期待が繋がるということになります。
ちゃんと納まっちゃったら、それで完結しちゃって、次への期待が薄まりますからね。

ベンケーシーのサンタコス姿が可愛すぎた!

最終回、サンタコスのベンケーシーが超絶可愛すぎて、思わず声が出ちゃった人が続出しましたね。

わたしもあまりの可愛さに、普段は我が家の愛猫以外には見向きもしないのですが、「可愛い!」とベンケーシーに釘付けになってしまいました。

サンタコスはもちろん、あの幸せそうな寝顔と右手だけ出しているのが可愛いんですよね。
家の猫もそうなんですが、猫って片手だけを前に出す習性があるのかな?

まとめ

最強の医療チームによる最高のオペからの「お金があるよ~」での締め(はじまりはお金がないよ~)。
『ドクターX』らしい笑いと感動、カッコ良さを絶妙に織り交ぜたいい最終回でした。

MVPはベンケーシーですが、未知子&博美+東帝大医師がワンチームとなったニコ丹オペも泣ける名シーンでした。やっぱり、このメンバーいいですね。

ともあれ毎話、安定の面白さで楽しませてくれた『ドクターX』は、やっぱり外れない(失敗しない)ドラマ。次シーズンの放送も楽しみです。