ドラマル

『ドクターX 第6シリーズ』8話のネタバレ感想!松本まりかの「テクマクマヤコン」に男はメロメロ?

2019年12月5日に放送されたドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ』8話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

8話では、失敗しないプリンセスこと外科医・中山麻里亜(松本まりか)が現れる!
そんな中、次期総理候補とされる政界のプリンス・八村(竹財輝之助)が入院してきて…。

関連記事

『ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『ドクターX 第6シリーズ』8話のあらすじネタバレ

東帝大学病院・院長の蛭間重勝(西田敏行)の策略により、副院長のニコラス丹下(市村正親)が東京地検特捜部に逮捕され、拘置所に収監されます。海老名敬(遠藤憲一)が得た丹下の「金融商品取引法違反」情報を、そのまま東京地検に通告したのが蛭間です。
東帝大学病院に「粛清の嵐」が吹き荒れるという噂が流れて、丹下派だった潮一摩(ユースケ・サンタマリア)と浜地真理(清水ミチコ)らの部長職は戦々恐々。
そんな中、蛭間の誘いで、外科医局に中山麻里亜(松本まりか)が入局。ボストンハーバード医科大学で「失敗しないプリンセス」と称されていた優秀な外科医の麻里亜は、かつて学生時代には、蛭間の力添えもあってか、「元ミス東帝大」にも輝いていました。

早速、大門未知子(米倉涼子)は、執刀しようとしていた手術を麻里亜に横取りされ憤慨。そして、華麗な経歴を持つ麻里亜の手術の腕に疑問を抱きます。メスを二度引きしていたりして、とにかく麻里亜は手術が下手。

そんな折、東帝大学病院に、次期総理大臣候補とされる八村正義(竹財輝之助)が入院。潮主導の特別カンファレンスが開かれて、「虚血性心筋症」を患う八村に対する治療方針は、心拍動下冠動脈バイパス術ということになります。AIも、この心臓が動いた状態で血管のバイパスを繋ぐ術式を提示しますが、大門は、「そんな難しい術式はアンタたちには無理」と異を唱えます。で、それに代えて、人工心肺を使った術式を提案する大門に、麻里亜は「令和の時代に大門先生の術式は古い」と反対。

当初、麻里亜は、潮一摩(ユースケ・サンタマリア)の助手として、八村の手術に参加することになります。
麻里亜は、研修医時代に潮に世話になっていて、その間、付き合いもありました。で、その潮に会いたくて東帝病院に戻ったということにしています。潮には、そう思い込ませています。

入院し手術を控えている八村は、なにより国民優先です。「僕の命は僕だけのものではなく国民のもの。安易に手術を公表して、国民に無用な心配をかけたくない」と言う八村に対して、「公表することこそが真の政治家の姿。公表して、世間に戦っている姿を見せるのがベスト。それで同じように病と闘っている患者に勇気と希望を与えられる」と麻里亜が説得。「目から鱗です」と八村。
麻里亜の意を汲んで記者会見が開かれます。そこで、なんと、執刀医は潮ではなく、麻里亜と蛭間が発表します。記者会見後、病院の廊下ですれ違う大門と麻里亜。「貴方は下手くそなんだから、オペしない方が好い」と言う大門に、「下手ですが、失敗しない呪文を知っている」と麻里亜が応じます。何でも、大門には決して使えないが、とても良く効く呪文のようです。どうやら、「テクマクマヤコン」以上の効き目がありそうなのです。

八村の手術の助手に回るよう蛭間に命じられた潮は、それをプライドにかけて頑なに断ります。執刀医という立場を奪われた潮の最後の抵抗です。
その一方、丹下派の浜地も名医紹介所を訪れて、丹下という上司を失ったことと、小娘(麻里亜)がチヤホヤされる職場をボヤきます。そして、「テクマクマヤコン」の呪文を大門と城之内博美(内田有紀)に交互に投げ掛けられては、ユーミン、桃井かおり、井上陽水、黒柳徹子に成り切って見せます。呪文によって何にでもなれるところを見せてから、自分も名医紹介所に入ってフリーランスの天才医者になりたいと言う浜地でしたが、神原晶(岸部一徳)は、これをキッパリとお断り。

麻里亜が手術助手を加地秀樹(勝村政信)に頼んでいると、その横合いから、一度は拒んでいた潮が自分が助手をやると言い出します。

手術が開始されて、それを見下ろせる階上に大門が来ます。そこには、加地と海老名もいます。「分からないことがあるので来た」ということで、その分からないこととは麻里亜の放つ呪文。

右室梗塞への対応の際、突如、麻里亜は助手に付いていた潮に執刀チェンジ。「潮先生、お願い助けて」という言葉に応じた潮でしたが、そこから助手に回った麻里亜がスタビライザー装着に失敗して出血。心電図モニターが異常発生を警告。圧迫止血、ガーゼと接着シートが準備されます。
そんな中で、「しっかりしてください、潮先生」と麻里亜が出血の責任を潮に転嫁して叱責。が、潮は、「ふざけるな、君がやったことじゃないか」と反撃。失敗しない教授に執刀させて、それで美味しいところだけを持ってゆくのが麻里亜のやり方だと、潮が皆に聞こえるように言います。
すると、今度は、「分かりました、もう結構です。村崎先生、お願いします。助けて」と村崎公彦(藤森慎吾)に執刀を懇願。実は、村崎も、アメリカで一年間、麻里亜と付き合っていました。が、村崎も執刀を拒否。アメリカの医師を食い散らかして、もう誰も助手をしてくれる人がいなくなったので日本に戻ることになったのだと、恩師のマッカーサー教授から聞いていた村崎も、麻里亜の申し出を断ります。――「僕は十ヶ月の付き合いだ」と潮。「おいおい、ブラザーかよ」と階上で手術を見下ろしていた海老名。

潮と村崎が助手を降りてその場を立ち去ります。心電図アラームのモニター音が高くなります。そこに大門登場。人工心肺を用意させて、術式変更。多古幸平(戸塚純貴)が助手に回って血液吸引。で、手術成功。
術後の経過も良好。ここに、「政界のプリンスを東帝大病院のプリンセスが救う」という国民が求めるドラマが成立します。

術後の病室では、八村が「彼女(麻里亜)を信じて良かった」と言い、蛭間院長が、「いや本当にね」と応じます。それを横で聞いていた潮が、たまりかねて、語気を強めて言い放ちます。「違います。オペしたのはバイトの先生(大門)です」、と。

八村は、それを百も承知していました。「この東帝大には卓越した腕を持つアルバイトの女医がいる」ということは、事前に、麻里亜本人から聞かされていました。最終的に大門という天才ドクターが何とかしてくれるという前提で手術に臨んでいた八村。

病院屋上での大門と麻里亜。
「助けてくれてありがとうございます」と握手を求める麻里亜。「致しません」と大門。「あんたは、そもそも医者じゃない。患者の命を人任せにする呪文を切り札にしている医師を医者とは言わない」と大門。「患者に迷惑だから医者を辞めたら」と言う大門に、「辞めます。大門先生に言われなくても辞めます」と麻里亜。医者を辞めて、八村の妻になるのだと大門に告げる麻里亜。これからは、八村と一緒に政治の世界で沢山の人々を救う決意です。そう言って立ち去る麻里亜を、「なんだ、アイツ!」と見送る大門。

海老名が、「八村正義議員が結婚/命を救われ芽生えた愛/東帝大学病院の蛭間病院長が繋いだ命と運命の赤い糸」という記事が記載された週刊誌を蛭間に見せます。
蛭間院長は「縁結びの神」ということで、外来にはカップルでの受診者が急増。八村議員には、補助金をたくさん出すことを約束して貰っている蛭間院長には二重の喜び。
そこに、名医紹介所の神原晶が登場。メロンと請求書を蛭間に提出。今回も高額請求です。「お願いします、助けて」という蛭間の呪文は、神原には効きません。それどころか、皮肉を込めて、「昔の彼女を嫁がせる蛭間院長の心意気、院長の度量の広さに感服します」と神原が言いますと、「彼女とは一線を越えていない」と蛭間院長が弁明。堀辰雄の「風立ちぬ」のようなプラトニックラブなのだと言い訳します。

とにもかくにも、結婚を勝ち取った麻里亜。――銭湯に漬かりながら、大門と博美に、女としての勝利者はどちらなのかと問う神崎。

スポンサーリンク

『ドクターX 第6シリーズ』8話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

「失敗しない」という、自分と同類のキャラの出現は困ります。同属嫌悪という精神状態になります。が、そういう真っ向勝負での話ではなく、実は、女の武器を使ってノシ上がり、そして、名声を得ていただけの女医の未熟さを見抜いていた大門。手術が下手だということを知っていた大門が、それに警鐘を鳴らしたというのが今回の話。

で、そういう魔性を秘めた女医の手練手管に一発で騙された政治家がいて、それが次期総理大臣候補だということですと、これはもう、日本の将来が危なすぎることになりましょうが、そのあたりは横に置いて、とりあえず、政治家と結婚ということで、手術下手女医の着地としては見事でしたね。

松本まりかの「テクマクマヤコン」に男はメロメロ?

ドラマにゲスト出演する度に、演技の上手さと存在感で話題をさらう松本まりかさん。
当然のようにトレンド入りも果たして、注目を集めましたね。

今回、『ドクターX』では、元ミス東帝大であり、ボストンハーバード医科大学で、「失敗しないプリンセス」と称され、数々の手術を(他力で)成功させてきた中山麻里亜というお色気医師を演じました。

松本まりか様の色気の呪文(テクマクマヤコン)に、東帝大学病院の男たちはメロメロに!
まあ致し方ないでしょう…笑。

失敗しないプリンセスの呪文の秘密が、優秀な医師を助手にして、代わりに手術をさせるからと言うオチには、「結局、色仕掛けかよ!」と少しがっかり。
が、ラストの次期総理大臣候補の八村との結婚により、「さすが、松本まりか様」と思わされる展開が面白かったですね。

『ドクターX 第6シリーズ』9話のあらすじ

公式サイトが発表している『ドクターX 第6シリーズ』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 日本が誇るロックスター“勇チャン”こと、九藤勇次(宇崎竜童)が「東帝大学病院」に入院する。九藤の大ファンである原守(鈴木浩介)は、主治医を任され有頂天に!
 同じ頃、デビュー曲の再生回数9億回を誇る若きシンガーソングライター・新津多九也(川谷絵音)も「東帝大学病院」に極秘入院。九藤に用意されていたのは一般の病室であるにもかかわらず、VIP患者用の特別室は新津のために使われており、それをたまたま九藤が知ってしまったことで、気まずい空気が流れる。
 それならば、と派手でロックなことを好む九藤は、ひと目見て気に入った大門未知子(米倉涼子)を登壇させ記者会見を開くことを提案。しかし会見に出るだけで手術の執刀はさせてもらえないと知った未知子は、あっさり「いたしません」と却下する。

 そんな未知子だったが、九藤が時折見せる“ある症状”が気になっていた。「すぐ検査しよう。急がないと手遅れになる」と説得を試みる未知子の言葉にも、まったく耳を貸さない九藤。案の定、会見中に昏倒し、検査の結果、後腹膜肉腫ステージⅢが判明する!
会見の場で「年末までに全快させます」と宣言してしまった手前、なんとか手術できないのかと、原や未知子に詰め寄る蛭間重勝病院長(西田敏行)。だが過去に同じ病に侵された未知子は、その手術のリスクを誰よりも理解した上で、「自分のときよりも腫瘍が大きく、厳しいオペになる…」と逡巡する。その矢先、九藤が病室から姿を消してしまう!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/story/0009/