ドラマル

『ドクターX 第6シリーズ』7話のネタバレ感想!元締はボビー?海老名が副業バイトを始めた!

2019年11月28日に放送されたドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、世界的銀行家のセブン・ゴールドバーグが最先端の植毛をしに東帝大学病院に!
そんな中、海老名(遠藤憲一)が鏡獅子姿に!まさかの転職?

関連記事

『ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『ドクターX 第6シリーズ』7話のあらすじネタバレ

世界的銀行家(ゴールドバーグバンクCEO)のセブン・ゴールドバーグ(アラン・ロワ)とその妻のナタリー(アナンダ・ジェイコブス)が、副院長のニコラス丹下(市村正親)から「ゴッドハンド」の医師がいると聞いて「東帝大学病院」にやって来ます。
海外セレブの頭部「毛包移植」という極秘オペの依頼です。ところが、「ゴッドハンド」の医師・大門未知子(米倉涼子)が、「たかが(ハゲの)植毛。フサフサにして退院させれば文句ないんでしょう」と失礼な言葉を浴びせ、それを聞いたセブンが激怒。しかし、それは女性蔑視の「大和撫子(なでしこ)なら三歩下がって優しく」という言葉を投げかけられた大門が、皮肉を込めてセブンに投げ返した言葉。どちらが悪いにせよ、執刀医の大門とは信頼関係を結べないということで病院を去ろうとした時、セブンが、腹部を抑えて倒れ込みます。
診断の結果は胃癌のステージIB。こちらの手術に対しても、即、執刀を名乗り出る大門でしたが、怒りが収まっていないセブンは、それを拒否。結局、加地秀樹(勝村政信)による腹腔鏡下手術という運びになります。

セブンの問診に向かった加地と原守(鈴木浩介)。妻のナタリーは日本アニメ、コスプレ、歌舞伎に興味があって、ある程度の日本語が分かりますが、セブンは日本語を知りません。
胃の全摘出は拒否し、そして、「アレルギーはありませんね?」という問いに「イエス」と答えたセブン。加地と原は、英語のヒヤリングが苦手です。

一方、英語力を生かせるバイトを始めていた海老名敬(遠藤憲一)。ヒラに格下げされて給料が半分以下。子供の塾代の捻出さえ困難なので、浅草で外国人観光客相手の「鏡獅子撮影」のバイトです。
歌舞伎が好きなナタリーに頼まれて、大門と神原晶(岸部一徳)は、浅草に同行。ナタリーに写真を撮らせて五千円を吹っ掛ける「鏡獅子」の海老名。アクション付き動画は一万円で、それをディスカウントして六千円。その後、お好み焼き屋へ。夫のセブンはもともと大食いであり、日本のB級グルメが大好きということです。それに、セブンの父親が、盲腸の手術後に高熱を出して亡くなっているという話も聞き及びます。

その後日、ナタリーが神原名医紹介所にやって来ます。
「生きるか死ぬかの患者は絶対に救う」と言った大門を信じ、セブンの手術をして欲しいと頼むナタリー。だが、当のセブンは未知子の手術だけは絶対に受けたくないの一点張り。セブンは、「ハゲタカ商法」の丹下のことも良く承知していて、それで必ずしも丹下を信用しておらず、アメリカへの帰国を急ぎます。アメリカ病院での執刀医も決定していますが、その前に、大門に再度、手術を懇願するナタリー。

院長の蛭間重勝(西田敏行)から、丹下の情報収集を求められていた海老名。「鏡獅子」バイトの元締(ボビー・オロゴン)から、丹下に関する有力情報が入ります。
元締の上の、もうひとつ上のポジションの人物が丹下と顔見知りで、その人物は、ボラボラ島で丹下と会っているとのこと。

問診のやり直しを加地と原が試みようという矢先、吐血するセブン。
直接説得しようと病室に入った大門の前で、セブンが吐血して昏倒。問診での行き違い、判断ミスが解消できないまま、加地と原による手術が始まります。
雀野義人(西沢仁太)が麻酔担当。手術の途中で、心拍上昇、血圧低下という異常事態が発生。どうやら、アレルギーがあった模様でショック症状が現れます。問診での「イエス」は、「アレルギーがある」という意味だったのかということになります。
現に、「血ガス・アシドーシス(血液中の酸素と二酸化炭素量の異常)」が進行していて、これは明らかにアレルギー症状。
そこに大門が登場して、アレルギーでは無く、「悪性高熱症」と断定します。体温は、42.5度。吸入麻酔を中止して静脈麻酔のみに変更。氷嚢(ひょうのう)で体温を下げることと併行して、手術継続。胃の半分を摘出し、再建も完了。

蛭間と海老名が高級飲食店でワインを飲んでいます。
海老名が、丹下のインサイダー取引の証拠と、そして、巨額の利益で手に入れた無人島のボラボラ島での写真、それに、海外送金(仮想通貨)データを蛭間に提出します。「鏡獅子撮影」の元締めからの情報を得て、丹下の弱みをつかんだ海老名。今度の昇進を楽しみにと、蛭間が海老名を労(ねぎら)います。

とりあえず、セブンの手術成功で、五億ドルの融資計画(メディカル・リゾート計画)が前に進みそうな様子。そういう連絡を得て、サンバを踊る丹下と鮫島有(武田真治)。その前に、神原がメロンと誓約書をもって現れます。請求書を見ずに、請求書記載額の支払いをOKする丹下。

名医紹介所で「たこ焼き」パーティー。
胃が半分残ったので美味しいものを食べられるし、髪もフサフサに蘇っているセブン、それに、ナタリーと、大門、神原のパーティです。セブンが、大門に「アメリカで主張オペ」をやらないかと打診。手術代はいくらでも払うし、プライベートジェットも用意すると言われますが、「(日本に)オペしたい患者がいるの」と、これを拒否。おそらく、「オペしたい」相手は、大門との食事中に胸を抑えていた丹下。大門の動物的カンが、丹下の重篤な病を見抜いているものと思われます。

その丹下の元に東京地検特捜部が大挙して押し寄せます。金融商品取引法違反容疑で逮捕です。山間の家宅捜査も行われて、多数の美術品が押収されます。八億円相当のバイオリン、「ストラディバリウス」もあります。

丹下が特捜に連行されてロビーを歩き、その歩みを止めて、階上の大門に言います。「日本人同士で潰し合っていると、日本の弱い魚はみな食われてしまう」、と。それを受けて、「ブラックバスが捕まっちゃった」と大門。そんな大門に、同じ階上にいた蛭間が、「これ以上、外来種をのさばらせるわけにはいかんからねえ」と言います。

スポンサーリンク

『ドクターX 第6シリーズ』7話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

民主主義の精神に則った合議制ではなく「神の独裁」がベストであるとは、良く聞く言葉。カンファレンス等での会議で導き出される方法が良いのではなく、大門の独裁(独断)が「最善」の道を射抜きます。

今日的なケースにあてはめますと、まさに、アメリカ大統領の権限集中と中国総書記の一党独裁。軍事、外交、通商での「大統領令」が、特に非常度に威力を発揮します。中国共産党のトップも同様です。民主主義的議論で最終決定までに時間を使っていては、戦いの場では後手に回ります。競争に勝てないという事態が生じます。

そんな意味からも、もう暫く、世界はアメリカと中国の強さが際立つことになりそうなのかな、という感じになりますね。

元締はボビー?海老名が副業バイトを始めた!

給料が半分以下になってしまい、海老名先生がまさかの副業開始!
元締ボビー・オロゴンで、縁日で鏡獅子姿に扮して記念撮影し5千円を請求するバイト。

海老名先生の鏡獅子姿、似合ってましたね。(顔、怖くなかったです!)

そしてラスト、ボビーといえば「株」。
ニコ丹がインサイダー取引の容疑で逮捕という流れに!
インサイダーの証拠見つけた海老名先生。これは復活もありうるか?

『ドクターX 第6シリーズ』8話のあらすじ

公式サイトが発表している『ドクターX 第6シリーズ』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 蛭間重勝病院長(西田敏行)の策略により、副院長のニコラス丹下(市村正親)が東京地検特捜部に逮捕される。
 『「東帝大学病院」には粛清の嵐が吹き荒れる』という噂に、丹下派だった潮一摩(ユースケ・サンタマリア)と浜地真理(清水ミチコ)は戦々恐々…。そんな中、「東帝大学病院」の外科医局に中山麻里亜(松本まりか)という女性の医師が現れる。
 ボストンハーバード医科大学では“失敗しないプリンセス”と称された優秀な外科医である上に、“元ミス東帝大”という肩書きまで持つ麻里亜に、男性医師たちはすっかり骨抜き状態。大門未知子(米倉涼子)は、執刀しようとしていた手術を麻里亜に横取りされ憤慨するが、その一方で、華麗な経歴を持つはずの麻里亜の手術の腕に早くも疑問を抱いていた。

 時を同じくして、「東帝大学病院」に“次期総理大臣候補”と言われる政界のプリンス・八村正義(竹財輝之助)が入院してくる。虚血性心筋症を患う八村に対する治療方針は、心拍動下冠動脈バイパス術。AIも、心臓が動いた状態で血管のバイパスを繋ぐ術式を提示するが、未知子は「そんな難しい術式はあんたたちには無理!」と異議を唱える。人工心肺を使った術式を提案する未知子に、麻里亜は「令和の時代に大門先生の術式は古すぎる」とまさかの反対意見を…!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/story/0008/