ドラマル

『ドクターX 第6シリーズ』2話のネタバレ感想!未知子の切らせてアピールが可愛すぎた

2019年10月24日に放送されたドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ』2話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

2話では、ニシキグループCEO・二色寿郎が肝移植を望み「東帝大学病院」に入院する。
そんな中、寿郎の末娘・由理は、恋人で生体肝移植を待つ患者・古沢の肝臓提供を望むが…。

関連記事

『ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ』2話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『ドクターX 第6シリーズ』2話のあらすじネタバレ

東京地検特捜部に東帝大学病院長・蛭間重勝(西田敏行)を告発(高額医療機器購入時の談合)して、蛭間を追い落としたニコラス丹下(市村正親)が院長代理に就任。丹下の次の狙いは、十億円出資の獲得。――ニシキグループのCEO・二色寿郎(モロ師岡)が東帝大学病院に入院。肝移植手術が成功すれば、ファンドへの十億円出資が約束されています。しかし、原守(鈴木浩介)の呼び掛けで集まった親族は、妻も子供らも二色への肝臓提供を拒否。

ドナーがいなければ移植手術は不可能。次世代インテリジェンス手術担当外科部長の潮一摩(ユースケ・サンタマリア)と次世代癌ゲノム腫瘍内科部長の浜地真理(清水ミチコ)は、カンファレンスにて内科的治療を提案。

そんな折り、退院して行くドミノ師の古沢研二(清原翔)と大門未知子(米倉涼子)が遭遇。子供らのドミノが二色らに倒されて、それで別の場所に移動してドミノ遊びを再開していた入院患者の子供たち。それを優しく手伝っていた古沢が倒れ、急遽、病室に連れ戻す大門。
古沢とは幼馴染の多古幸平(戸塚純貴)が彼の担当医。肝癌ステージⅢということで生体肝移植が必要なのですが、治療費を滞納。事務局の指示で通院治療に切り替えということになり、担当医の多古も仕方なくそれに同意、サインしています。

古沢の恋人・由理が病室にやって来て、自分の肝臓を古沢に提供したいと懇願します。
結婚して親族ということになればそれが可能なので、是非、早く結婚をと勧める大門に、由理は父に結婚を猛反対されているので、それは無理だと返答します。――その後、由理が二色寿郎の一番下の娘と判明。父を嫌って家出している由理は、父への臓器提供は拒否したうえで、恋人に対しては積極的に肝臓提供を望んでいます。が、他人の生体肝移植は現行法では認められていませんので、由理の希望は叶いません。――古沢が再び病院内で倒れます。

原守、潮一摩、海老名敬(遠藤憲一)らは、由理に父親へのドナー提供を説得しますが、やはり親子の確執で断固拒否。そんな時、大門かドミノ式移植(生体ドミノ肝移植)という奇策を思い付きます。その方法での肝移植手術を提案し、由理を翻意させます。

二色の肝移植手術が決行されます。ドナー(由理)側の摘出手術は加地秀樹(勝村政信)、移植(二色)するのは潮と丹下が指名します。――由理の肝臓摘出が完了している中、AIが潮に手術の中止を指示。止血のガーゼ、針と糸ということになります。
大門と同じ紹介所から派遣されている麻酔科医、城之内博美(内田有紀)は、由理からは既に「肝臓が摘出されているのに」と潮を責めます。そこに大門が飛び込み、AI指示を断って、鮮やかに肝移植成功。

――冷凍保存されている二色寿郎から取り出された肝臓を持ち去る大門。
別のオペ室には、多古と、雀野義人(西沢仁太)がいます。オペ台上には、古沢が麻酔で眠っています。雀野は本来、脳外科医で麻酔科医ではないのですが、麻酔管理ができる医者。――大門は、緊急措置として、二色の肝臓を古沢に使います。緊急使用ということですと、第三者の臓器移植が法的に可能。二色の肝臓はかなり弱っていたのですが、とりあえず、急場の古沢を救うものとしては合格品。

二色から十億円の出資を受けられることになった丹下は、更に、分院閉鎖に向かいます。分院跡地は、外人向けのリゾートマンションになる予定です。採算が合ってていない分院を処理して、分院のドミノ倒しを避けようというのが丹下の趣旨です。

「神原名医紹介所」の所長、神原晶(岸部一徳)が、メロンと請求書(大門外科医と城之内麻酔科医の手術代、その他)を丹下院長手代理に持参。請求通り二千万円の支払いはOKになります。AIによる生体肝移植手術成功の手柄は潮に譲るという前提での二千万円請求です。――ただ、メロンは食事後のデザートとして食べたばかりだと丹下の右腕の鮫島有(武田真治)が言います。では、拘置所の蛭間院長の差し入れにしてくれと神原。

一ヶ月後。
古沢の退院。二色寿郎から貰った肝臓は、将来、「アミロイドーシス(蛋白が全身の臓器の細胞外に沈着する疾患)」を発症する可能性があるのですが、それでも、それを何とか大事に使ってくれと多古。退院後、古沢と由理は一緒に区役所に行き、婚姻届けを提出するようです。
由理のお陰で助かった父親も、彼らの結婚を認めたようです。婚姻届けの証人欄に「二色寿郎」と自筆記名があって、そして押印もされています。

「本当良かったね」と言う大門に、「大門先生にも人の幸せを喜ぶ心があったんですね」と多古。「結婚して家族(子)ができれば、それで、また肝臓移植が可能になる。サルベージュ再肝移植ができる。それを考えると萌える~」と言う大門。やっぱり手術したいだけ、切りたいだけの人かと、呆れる多古。

二色寿郎も多くの病院スタッフに見送られて退院。傷跡も綺麗だと潮の手術を褒める二色。これで潮がAIナビゲーション生体ドミノ肝移植の論文発表ができると喜ぶ丹下。潮の論文が病院の良い宣伝になるはずです。――丹下と潮が去った後、全て大門の手柄だと知っている加地、海老名らは潮を揶揄。加地がよろけて、二見の見送りで並んでいたスタッフがドミノ倒し。

入院している子供と一緒に古沢がドミノ遊び。由理もいます。大門が「いくよ~」と言ってドミノ倒しスタート。「X」マークを経て「ハート」マークを倒れたドミノが形作ります。

『ドクターX 第6シリーズ』2話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

全体を通じて、しつこいくらいにドミノに終始しますが、そもそも「ドミノ師」とは何者で、何が生活の糧になるのかが分かりませんね。また、なぜ、由理が「ドミノ師」を好きになったのかも分かりません。更には、結婚後の生活基盤など、経済的な面も見えて来ません。それなのに、臓器提供するにあたって、父に「金は要らない」と言っています。そのあたり、良く分かりません。が、当面、古沢は義父の会社で世話になって、経済(新婚生活)を支えることになるのでしょうかね。

もうひとつ、当初、ドナーになることを拒否していた由理が、後になって、「父の病気のことは知らなかった」と言うあたりも良く分かりませんね。父の病気を「知らなかった」からではなく、父を「嫌悪」していたから拒否していたはず。それならそれで、それほど父を嫌悪する理由を知りたかったですね。通り一遍の大雑把な理由ではなく、具体的な理由を示して欲しかったですね。何だか、脚本的に揺れています。撮影の途中、方向性の変更、修正があったのでしょうかね。

未知子の切らせてアピールが可愛すぎた

ニコタンことニコラス丹下(市村正親)への大門未知子(米倉涼子)の切らせてアピールが可愛すぎると話題です。

「致しません!」と冷たくニコタンをあしらっているのに、オペやりたいアピールの時の甘えようが可愛いし面白かった。

趣味のためなら手段を選ばない!
本当、「どんだけオペしたいんだよ!」とツッコミたくなりましたよね。

『ドクターX』は、米倉涼子さんの美脚が見どころの一つ。
ですが、今シーズンはいつもより可愛い未知子にも注目ですね。

『ドクターX 第6シリーズ』3話のあらすじ

公式サイトが発表している『ドクターX 第6シリーズ』3話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 失言を繰り返す現職の厚生労働大臣・梅沢三郎(角野卓造)が「東帝大学病院」に「マスコミが騒がしいので入院させてほしい」とやってくる。
 しかし病院長代理のニコラス丹下(市村正親)はそれを拒絶。梅沢の秘書・竹田邦子(西原亜希)は、東京地検に逮捕され拘置所にいる蛭間重勝(西田敏行)のもとを訪れ、不起訴に持ち込む代わりに、梅沢を病院で匿えるよう取り計らってほしいと打診する。

 見事不起訴になり、「東帝大学病院」の病院長に復帰した蛭間は、さっそく梅沢を特患として入院させることに成功。どこも悪くないはずの梅沢だったが、たまたま彼の口腔内を見た大門未知子(米倉涼子)は、舌縁部に腫瘍を発見する。
舌がんステージⅡと診断された梅沢。未知子は手術を含め、48時間での治療を提案する。しかし、丹下は梅沢を少しでも長く入院させるため、次世代がんゲノム・腫瘍内科部長の浜地真理(清水ミチコ)が提案する化学療法を選択。反抗した未知子は担当から外されてしまう!
「一度手術を頼んだのに、悪かった」と、神原名医紹介所にお詫びにやってきた梅沢だったが、未知子はそのとき、梅沢のある奇妙な点に気づく。ずっと疑念を抱き続けていた未知子は、ある出来事をきっかけに、その疑念を確信に変え…!?
一方、梅沢の入院を長引かせようとするニコラス丹下には、ある思惑があった…!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/story/0003/