ドラマル

『ドクターX』1話のネタバレ感想!海老名敬が降格!さらに裏口入学が判明する

2019年10月17日に放送されたドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、「今世紀最大のコストカッター」と呼ばれるニコラス丹下が東帝大学病院に!
丹下は業務の合理化に伴い新たな人材を招集するが、そこには大門未知子の姿も…。

関連記事

『ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『ドクターX 第6シリーズ』1話のあらすじネタバレ

「神原名医紹介所」の所長、神原晶(岸部一徳)と一緒に山中の岩風呂に向かっていて、それで神原と逸(はぐ)れて道に迷ったフリーランスの天才外科医(ドクターX)、大門未知子(米倉涼子)が、人里離れた山奥の館になんとか辿り着きます。そこで日系二世のブラジル人、ニコラス丹下(市村正親)と出会います。で、丹下の使用人・鮫島有(武田真治)が岩に腕を挟まれ、その腕が壊死して毒が全身に回るのを食い止めるべく、近くにあった斧で鮫島の腕を断ち落とし、そして再縫合するという荒業で鮫島の腕を見事に復活させます。
その時、救急車でやって来たのが、左遷されて地方の分院に飛ばされていた加地秀樹(勝村政信)。

その二ヶ月後、東帝大学病院長の蛭間重勝(西田敏行)が財政危機を脱すべく呼び寄せていた丹下が病院前に降り立ちます。東帝大学病院が誇る最新医療への投資を呼び込む為のファンドマネージャーとして丹下は招聘されました。
医師免許を持つ丹下は、海外医療ファンドから300億円の出資を目論むコストカッターであり、鮫島が新事務長に就任。病院の金庫番、広報マン、危機管理担当の役割を担うことになります。

副院長に就任した丹下に代わって、鮫島が大会議室で「リバースプラン2020(選択と集中)」を提示します。
附属病院(分院)の統廃合、医師スタッフのリストラ断行に加え、業務の合理化を推進する新部門が設立されます。
次世代インテリジェンス手術担当外科部長として潮一摩(ユースケ・サンタマリア)、次世代癌ゲノム腫瘍内科部長として浜地真理(清水ミチコ)を呼び寄せます。次世代超低侵襲外科治療担当部長には分院にいた加地秀樹(勝村政信)を昇格させます。更に、丹下がドイツの病院から引き抜いた外科医の村崎公彦(藤森慎吾)は、患者の回転率を上げる為にAIシステムの活用を推進します。
統廃合の余波をモロに被った分院長の海老名敬(遠藤憲一)は、ヒラの医師として大学病院への復帰を許されます。――そこに、丹下に請われた大門未知子、それに神原が現れます。

丹下のターゲットは食堂にも向かっていましたが、そんな中、食堂のおばちゃん(給仕職員)の岩田一子(松坂慶子)が突然胸の痛みを訴え倒れます。
新規導入された村崎のAI診断によれば、肺塞栓症(はいそくせんしょう)と深部静脈血栓症ということです。大門は、造影CT検査をやろうとしていましたが、そういう見解は無視されます。AIシステムの指示に従い一子は速やかに手術台に運ばれます。
手術後、一子は右腕の痛みを訴え、血を吐いて再び倒れます。どうやら、鎖骨の陰に隠れていた肺癌(パンコースト型)をAIが見落としていました。大門が再手術を申し出ますと、ゲノム内科の浜地真理は、「切った貼った」ではない科学療法、局所放射線治療を主張します。が、それらの意見を全て退ける大門。最終的に丹下副院長が、AIナビゲーションに従うという条件下での手術を認めます。麻酔科医は、同じ紹介所の城之内博美(内田有紀)。

AIの指示は、「右肺上葉胸壁合併切除」のみ。が、大門は、これに「右肺中葉切除」を追加手術します。これを、AIや丹下ほか周囲の医師の制止を振り切って断行します。患者を死なせたら、賠償金やらプロジェクトに掛けて来た資金など、20億ドルの損失だと丹下が叫びますが、無事、手術成功。――丹下の指示を無視した大門をクビにしましょうかと打診する鮫島に、「いや、真っ先にカットすべき者は他にいる」と丹下。

東京地検特捜部が、蛭間院長を「入札談合等関与行為防止法違反」で逮捕します。東京拘置所に移送。高額医療器具購入時の入札で不正を働いていた蛭間院長は、再び、検察庁に引っ張られてしまいます。

丹下が院長に就任。――神原が高額メロンを手土産に請求書(大門の外科手術代金1千万円)を丹下に渡します。と、AIの指示に従わなかった違約金の他に手術に要した費用を加算されて、1千2百万円を逆請求されます。
神原は、メロンを丹下の机に置いて退散します。が、病院を去る際に、一子から重箱弁当を貰った神原。紹介所に戻った神原は、丹下の強(したた)かさを大門に告げて、今回は収入無しを報告。ラットコインも大暴落して、まさに踏んだり蹴ったり。
ところが、一子に貰った弁当箱を神原が開けると、その中に、食堂の給仕職員として働いて来て、それで貯め込んだ札束がいっぱい。それを冷蔵庫に隠して、折角だから自分が料理を作ると言う神原。重箱の札束は、大門に内緒にして独り占めという算段の神原。

後日。丹下が、手術中の大門に対する暴言を詫びつつ、一子の快気祝いの出席を要請しますが、大門は、それをきっぱりと拒否します。

スポンサーリンク

『ドクターX 第6シリーズ』1話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

派遣した大門未知子(米倉涼子)の手術が終わる毎に、名医紹介所所長の神原晶(岸部一徳)が高級メロンを持参。そして、高額な請求書を病院長の蛭間重勝(西田敏行)に手渡すというお馴染みシーンが、丹下院長(市村正親)に変わってからも再現されます。が、蛭間院長を追い落としたコストカッターの丹下新院長は、逆請求で神原を追い返します。

丹下がいる限り、この定番の名物シーンは消えてしまうのでしょうかね。または、今後、神原の逆襲が開始されるのでしょうかね。

海老名敬が降格!さらに裏口入学が判明する

海老名敬が部長(教授)から平社員に降格!
半袖の露わな姿に同情の声もあがっていますね(笑)。

「チェンジ&チャレンジ!」と叫ぶ可愛い姿が痛々しい。

昨今、ニュースでも話題の菓子折りの下に札束(束じゃなかったかな?)を実行する海老名。
まさか裏口入学をしていたとは…
加地秀樹と立場は逆転するし、可哀想になってきましたね。

それにしても、加地先生「6回目だから俺はいいわ」の発言には、歴史を感じます。
今シーズンもレギュラー陣が名シリーズを感じさせるいい空気を作ってくれそうですね。

『ドクターX 第6シリーズ』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『ドクターX 第6シリーズ』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 ニシキグループのCEO・二色寿郎(モロ師岡)が「東帝大学病院」に入院。肝移植を望んでおり、手術が成功した暁にはファンドに10億円の出資を約束してくれていることもあって、院長代理のニコラス丹下(市村正親)は特患として丁重に迎える。しかし二色には移植のための肝臓提供に同意してくれる家族がおらず、次世代インテリジェンス手術担当外科部長の潮一摩(ユースケ・サンタマリア)と次世代がんゲノム・腫瘍内科部長の浜地真理(清水ミチコ)はカンファレンスで、「ドナーが見つかるまで内科的治療で症状の軽減を図る」と発表。大門未知子(米倉涼子)は内科的治療に疑問を呈しつつ、「ドナーがいなきゃオペできないじゃん」と、不満を口にする。
 一方、未知子は病棟で、退院しようとしてたドミノ師の古沢研二(清原翔)を発見。肝がんステージⅢを患い、生体肝移植を待ちながらも治療費の滞納で退院を余儀なくされていた古沢を、未知子は強引に病室に連れ戻す。
 古沢の恋人・二色由理(上白石萌歌)は、新たに担当医になった未知子に「私の肝臓を研ちゃんにあげてください」と懇願。だが未知子には、「日本では他人同士の生体肝移植は認められていない」とすげなく断られてしまう!

 やがて由理が、行方不明だった二色の末娘だということが判明。移植プロジェクトチームは、由理にドナーになってくれるよう説得を開始する。しかし由理は、「あんな人、親じゃない」と聞く耳を持たない。そんな由理に、古沢を救う策を思いついた未知子はある交渉を…。

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/story/0002/