ドラマル

『デジタル・タトゥー』3話のネタバレ感想!徳永えりの地味女の演技が上手すぎ!

2019年6月1日に放送されたドラマ『デジタル・タトゥー』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、岩井が偽装キラキラ女子の依頼を受けて奮闘!
一方、兄の死の真相を探るタイガの元に怪文書が!そこに書かれていたのは…。

関連記事

『デジタル・タトゥー』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『デジタル・タトゥー』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『デジタル・タトゥー』3話のあらすじネタバレ

大物政治家・伊藤 秀光(伊武 雅刀)の政治資金パーティーの最中、第一秘書・高嶋 弘一(飯田 基祐)が、ユーチューバー・タイガ(秀光の次男・大輔:瀬戸 康史)の拉致について警察の見解を報告。
警察は、事件性はなくタイガの狂言と見ていました。
美人経営コンサルタント・中西 あや子(矢田 亜希子)の来賓スピーチが、パーティー会場を出る頃にはネットで炎上します。
独身者を揶揄する発言が物議を醸しました。
そして、次期衆院選の伊藤の秘蔵っ子としてニュースになります。
ヤメ検・岩井 堅太郎(高橋 克己)は、無料相談会に来た山田 加代(徳永 えり)を担当する羽目になります。
加代は、あや子をブログで誹謗中傷し、名誉毀損で3百万円の慰謝料を請求されました。

加代の『キラキラ港区女子 カオリンのキラキラ日記』は、セレブな日常を綴る人気のブログでした。
しかし、現実の加代は板橋区に住み、眼鏡をかけた地味な女性でキラキラとは程遠い生活を送ります。
岩井は、あや子のもとに赴きブログ記事の削除で示談に持ち込もうとします。
ところが、加代は当該記事を削除するも、今度はツイッターで誹謗中傷を始めます。
加代と連絡がつかず岩井が勤務先に行くと、加代は素直にツイートの削除を了承します。

タイガは腹違いの兄・壮輔(竹財 輝之助)の死の真相を調べていました。
事務所に戻った岩井に、壮輔の死の理由を尋ねます。
当時、壮輔はカジノ法案を巡り業界の取りまとめをしており金の運び役でした。
岩井には、伊藤が壮輔を運び役にした理由は分かりませんが、命と引き換えに秘密を守り、伊藤の期待通りの仕事をしたと考えていました。
突然、加代のツイートを検知するアラート音が鳴り、あや子から岩井に連絡が来ます。
加代は、あや子の学歴詐称を暴露しました。
交際中の加代の上司が、留学当時あや子と交際しており、米ペンシルバニア大学を卒業していないことを知りました。
あや子は慰謝料の請求額を5百万円に引き上げる一方、今晩中にツイートを削除する条件に慰謝料の請求を取り下げると岩井に告げます。

岩井は、タイガにあや子の学歴の事実確認を依頼、事務所でタイガが作業していると、窓に人影が映り扉の下に1枚の文書が置かれます。
文書には切り抜かれた文字で「タイガくんお帰り」と書いていました。

岩井は、あや子の意向を伝えツイートの削除を説得するも、加代は応じませんでした。
やむを得ず学歴詐称を盾にあや子の請求を取り下げさせます。

タイガは壮輔の母・吉川 美枝子(朝加 真由美)と会います。
伊藤に生きていることを知られた原因が美枝子だと考えていましたが、暮らし振りから誤解だと気づきます。
美枝子は家を出て以来、伊藤とは会っておらず、支援も受けていませんでした。

タイガは、母親の月命日で事務所に訪れた岩井の娘・早紀(唐田 えりか)に出くわします。
忘れて帰ったスマホの通知を見て早紀が炎上していることを知ります。
事務所に戻った岩井にタイガは自身を付け狙う犯人の炙り出しを宣言します。

あや子は学歴詐称でマスコミに追われ、加代は身元が晒されキラキラの偽装が知れ渡り炎上、退職に追い込まれます。
岩井は加代のもとを訪れ、あや子の謝罪会見に連れ出します。
会見場にいる加代に気づいたあや子は、謝罪会見であるにも拘わらず加代に謝罪を要求、加代は頭を下げます。

オケケ(アイクぬわら)の何か言いた気な態度にスマホを取り上げた岩井は、早紀と彼氏・小西 達也(荒井 敦史)のツーショット画像の流出を知ります。

スポンサーリンク

『デジタル・タトゥー』3話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

あや子の経歴詐称や右寄りの発言など、現実に起こった事件をもとにしたものが多くパロディーぽく見えて若干面白味に欠ける感じがしました。

最近、某議員の北方四島に関する失言があまりにセンセーショナルだっため、やむを得ないのですが、旬的に間が悪く政治ネタとして弱くなってしまいました。
「事実は小説より奇なり」とは、まさにこのことだなと痛感しました。

そんな温い感じを覚えていたところに、謝罪を要求する謝罪会見で思わず笑い泣き。
会見場で加代を見つけた途端、目つきが変わった矢田 亜希子の目の演技も最高でした。

徳永えりの地味女の演技が上手すぎ!

https://twitter.com/XXyriaXX/status/1134795283630477313

人気ブロガー山田加代を演じた徳永えりさんの演技の上手さ、ふり幅に驚嘆する声が集まりましたね。

「誰?」と分からない程の見事な地味女化が凄い!
中西あや子(矢田亜希子 )とのバトルは壮絶で見応えがありました。

偽装キラキラ女子を闇を描いた回、面白かった!

『デジタル・タトゥー』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『デジタル・タトゥー』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

早紀(唐田えりか)が男と一緒にベッドで撮った写真が流出し、早紀に対する誹謗(ひぼう)中傷がネットを席巻する。真相を問いただそうとする岩井だが、娘との連絡がつかなくなり動揺は深まるばかり。リベンジポルノを疑った岩井は相手の男を捜し始める…。一方、早紀をおとしめようとする明確な意志に引っかかりを覚えたタイガは、自分の正体がバレる危険を冒して早紀を訪ね、悪意の正体を探ろうとする。タイガにも強気な姿勢を崩さない早紀だったが、テレビ局から内定辞退を迫られ絶望。自殺未遂騒ぎに巻き込まれる。その頃、ネットには“タイガ発見”の報が駆け巡っていた。

出典:https://www.nhk.or.jp/drama/dodra/tatoo/html_tatoo_story04.html