ドラマル

『デジタル・タトゥー』1話のネタバレ感想!面白いと高評価!題材・テンポと全てが良い!

2019年5月18日に放送されたドラマ『デジタル・タトゥー』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、人気ユーチューバー・タイガと弁護士・岩井堅太郎がタッグを組む。
タイガの依頼は殺害予告を出した者の特定!岩井が捜査を始めると…

関連記事

『デジタル・タトゥー』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『デジタル・タトゥー』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『デジタル・タトゥー』1話のあらすじネタバレ

東京地検特捜部は、カジノ法案に絡む収賄容疑で保守党幹事長・伊藤 秀光(伊武 雅刀)の事務所など数カ所の家宅捜索を行います。
ところが、捜索中に伊藤の長男で秘書・壮輔(竹財 輝之助)が自殺します。
担当検事・岩井 堅太郎(高橋 克己)は責任を取り辞職します。

1年後、岩井はヤメ検(元検事の弁護士)として国選弁護の日々を過ごします。

ユーチューバー・タイガ(瀬戸 康史)は、動画の炎上をきっかけに個人情報が晒され、ついには命を狙われ地下鉄のホームで背中を押されます。
匿名掲示板『@ちゃんねる』で殺害予告をした月食仮面ことVチューバー・ともちんを23条照会で特定するため、岩井の事務所を訪れます。
岩井は、警察に被害届を出さないタイガが信用出来ず依頼を断りました。

国選弁護の抽選のため、岩井は弁護士会館内の法テラスに赴きます。
待ち時間に『@ちゃんねる』を閲覧し、タイガが因縁のある伊藤の次男・大輔と知ります。
馴染みの雑誌記者・小宮山 貴士(今野 浩喜)からタイガ襲われた駅の防犯カメラ映像を入手します。

タイガの依頼を受け、岩井は、ともちんこと緒方 智紀(近藤 公園)のライブ配信中に自宅を訪れます。
誹謗中傷、プライバシーの侵害にあたる投稿の削除を要請するも、全て事実だと拒否され追い返されます。

事務所に、ひとり娘・早紀(唐田 えりか)が、ミスキャンパスで使う幼い頃の写真を探しに来ていました。
ミスコンを良く思わない岩井は、早紀と喧嘩別れします。

タイガに伊藤の第一秘書・高嶋 弘一(飯田 基祐)から連絡があり、選挙が近いためネット活動の自粛を要求されます。
『オケケのカレー屋』で店主・オケケ(アイクぬわら)が見ていたライブ配信で、岩井は、早紀がミスキャンパスで優勝したことを知ります。
タイガが現れ『@ちゃんねる』の投稿が全て削除されたことを岩井に感謝します。
しかし、岩井は削除されたことが腑に落ちません。
岩井は、タイガが本当に消したかったのは、傷害事件や伊藤の息子であることではないかと問い質します。
タイガは、『デジタル・タトゥー』と比喩される何十年経っても消せないネットの拡散を恐れていました。
落ちこぼれだったタイガは彫刻の授業中、教師に伊藤家のお荷物、親の脛を齧って生きていくと罵られます。
逆上し彫刻刀で教師を刺しました。
その後、学校では孤立し、家には居場所がありませんでした。
唯一の理解者は、亡くなった腹違いの兄・壮輔でした。
17歳で家を出て、誰も大物政治家・伊藤 秀光の息子と知らない生活は、初めて知る自由でした。
ある日、電車で女子高生に絡む男を注意し逆ギレされた不満を、自撮りし初めて投稿します。
発信したことが多くの人から認められ、この時、ネットが生きる場所だと気づきます。

『オケケのカレー屋』からの帰り、再び襲われ事務所で防犯カメラ映像を再検証します。
私立千歳学園高校の女生徒が、犯人をスマホで撮影していることに気づきます。
犯人の腕のタトゥーから、杉野 健吾を割り出します。
杉野は、タイガを脅すことを闇サイトで100万円で請け負いました。
事務所でタイガが、杉野が消した依頼メールを復元すると、依頼元のドメインは伊藤の事務所でした。

岩井は、法テラスで弁護士・田村 正義(八嶋 智人)のスマホでタイガの拉致を速報で知ります。
事務所に戻ると、タイガを想い涙が溢れます。
突如タイガが現れ、拉致が狂言と知ります。
ネットで復活するには、一度死ぬ必要がありました。
そして、再び命を狙われないため、身を隠さなければなりません。
岩井は、タイガに匿うよう頼まれます。

『デジタル・タトゥー』1話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

たった5話しかないのかと、すごく残念に思うほど面白かった。

高橋 克己演じる岩井 堅太郎がヤメ検ということで、知的な感じなのかと思っていましたが、随分と体を張ってて意外でした。

デジタル・タトゥーは、刺青どころの騒ぎではない。
数年前に、一昔前に匿名サイトで話題になった一般人のプライベート画像を見ました。
えっ、まだ出回ってるのかと呆れました。
一旦、ネットに晒されてしまうと誰が保存するか、いつまで保有するかも分からない。

リンクするような話題があれば、その都度湧いて出てしまいます。
車の事故などと同じで、自分さえ気をつけていれば良いといった問題ではないので、正直、手に負えない。

面白いと高評価!題材・テンポと全てが良い!

1話放送後、ネットでは面白い「さすが浅野妙子脚本!」という声が殺到していますね。
題材も現代社会で問題になっていることが満載で興味深いし、何よりテンポ良く展開するストーリーが心地良くて引き込まれていきます。
それと、高橋克実さんと伊武雅刀さんが似ていて区別がつかないという声がちらほらあがっていましたね(笑)。

『デジタル・タトゥー』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『デジタル・タトゥー』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

自分の命を狙う者の正体を突き止めたいと転がり込んできたタイガが、岩井法律事務所のホームページを立ち上げる。すると、それを見た大野(中村靖日)が岩井の元を訪ねて来た。大野は岩井が地方検事だった時に担当した痴漢事件の被告人で、その後新潟に移り住み、小さな塾を営んでいた。だが、最近になって過去の事件がネットで蒸し返され、生徒が皆やめてしまったという。書き込みを削除してほしいと迫る大野は、その時の被害女性が「痴漢された」と騒いでは示談金をせしめる詐欺の常習者だったと岩井に告げる。

出典:https://www.nhk.or.jp/drama/dodra/tatoo/html_tatoo_story02.html