ドラマル

『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ドラマ『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』の1話から最終回までのあらすじを、原作ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

貫地谷しほりさん主演の連続ドラマ『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

『ディア・ペイシェント~絆のカルテ』は、新型コロナウイルスの影響で放送が延期されます。正式な放送開始日が決まり次第、本ページを修正してお届けします。

※最新話のネタバレは、リアタイ(視聴)後に追加します。

見逃し配信をチェック

当記事には、『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「U-NEXT」で第1話から最新話までの放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。
※放送前のため、今までのNHK総合ドラマの見逃し動画配信状況から予測して記載しています。放送開始後、変更が必要な場合は正しい情報に更新します。

スポンサーリンク

『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』の基本情報

概要(見どころ)

ドラマ『ディア・ペイシェント〜絆のカルテ〜』は、南杏子による長編推理小説『ディア・ペイシェント』を原作とする、ヒューマンサスペンスドラマです。

主人公の真野千晶(貫地谷しほり)は、民間の総合病院に勤務する内科医です。この病院の医師たちは、経営者が掲げる“患者様第一主義”という概念に締め付けられながら、激務をこなす日々を送っていました。千晶自身も、クレームや嫌がらせを繰り返す“モンスター・ペイシェント”に苦しめられます。他にも、尊敬する先輩医師が抱える医療訴訟や、病院の経営課題など、問題は山積していました。
厳しい状況の中、様々な患者や同僚、また同じく医師である父・真野徹(伊武雅刀)をはじめとする家族との関わりを通して、千晶が医師として成長していく姿を描きます。また、“サービス業”としての病院経営の背景に存在する、医師の過重労働、患者と医師のパワーバランスの変化など、昨今の医療現場が抱える闇についても考えさせられる作品です。

キャスト一覧

  • 真野千晶(まの・ちあき):貫地谷しほり
    医療法人社団医向会・佐々井記念病院の内科医
  • 浜口陽子(はまぐち・ようこ):内田有紀
    千晶の先輩内科医、佐々井記念病院では勤続4年目
  • 座間敦司(ざま・あつし):田中哲司
    千晶の前に現れたモンスター患者
  • 金田直樹(かねだ・なおき):浅香航大
    千晶の同僚の内科医、通称・カネゴン
  • 真野万里(まの・まり):高梨臨
    千晶の妹、父の診療所で手伝いをしている
  • 沼田晋也(ぬまた・しんや):浜野謙太
    事務局主任
  • 吉良大輔(きら・だいすけ):永井大
    千晶が通うロシアの格闘技・システマの講師
  • 浅沼知恵子(あさぬま・ちえこ):鷲尾真知子
    千晶の診察を受ける常連のモンスター患者
  • 高峰修治(たかみね・しょうじ):升毅
    佐々井記念病院の事務長
  • 西園寺光隆(さいおんじ・みつたか):竜雷太
    白金台の豪邸に暮らす資産家、認知症患者
  • 佐々井宗一郎(ささい・そういちろう):石黒賢
    佐々井記念病院の三代目医院長
  • 真野佑子(まの・ゆうこ):朝加真由美
    千晶の母、専業主婦、若年性認知症を患う
  • 蓮見勇夫(はすみ・いさお):平田満
    佐々井記念病院の警備員、元神奈川県警・マル暴の刑事
  • 真野徹(まの・とおる):伊武雅刀
    千晶の父、真野診療所を営む開業医

スタッフ一覧

  • 原作:ディア・ペイシェント
    作者:南杏子
    出版社:幻冬舎
    雑誌・レーベル:幻冬舎文庫
  • 脚本:荒井修子
  • 音楽:兼松衆
  • 主題歌:-
  • 演出:西谷真一、福井充広、武田祐輔
  • 制作統括:真鍋斎(NHKエンタープライズ)、髙橋練(NHK)

各話の視聴率

『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※視聴率はビデオリサーチ調べ

各話放送日視聴率
1話4月17日
2話4月24日
3話5月1日
4話5月8日
5話5月15日
6話5月22日
7話5月29日
8話6月5日
9話6月12日
10話・最終回6月19日

スポンサーリンク

『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』の最終回ネタバレ(予想)

真野千晶(貫地谷しほり)は、佐々井記念病院の内科医として多忙な毎日を送っていました。患者と向き合って治療したい、という思いを胸に、半年前に大学病院から移ってきたのですが、多すぎる外来患者に対応する為、患者1人あたり3分という短時間診療を余儀無くされ、疲弊していく毎日です。

ある日、そんな千晶の前に座間敦司(田中哲司)という患者が現れます。彼は、執拗に千晶に付きまとう“モンスター患者”であり、身勝手な要求を繰り返して千晶を追い詰めていきます。

そんな千晶にとって頼りになる存在が、先輩医師の浜口陽子(内田有紀)でした。いつも千晶に的確なアドバイスをくれ、院内の同僚や患者からも慕われている陽子でしたが、実は彼女は医療訴訟という大きな悩みを抱えていました。

そうこうしているうちに、座間の行動はどんどんエスカレートしていき、ついには深夜の病院に潜入して夜勤中の千晶を襲うという事件が発生します。
その事件を機に、座間がなぜ千晶に付きまとうモンスター患者となったのか、その謎が徐々に明らかになっていきます。その背景には、ライバル病院との熾烈な生存争いが関係していました。

また、陽子は医療訴訟で勝てる見込がなくなり、ついに自ら命を絶ってしまいます。尊敬する先輩医師の死を前にして、千晶は医師としてのあり方、自分が目指す理想の医療とは何なのか、改めて考えさせられます。

数々の出来事に直面し、その度に理想と現実のギャップに苦しむ千晶ですが、同じ医師である父・徹(伊武雅刀)の支えなどもあり、未来に向かって前向きに進む決心をします。
最終回では、その一歩として、自分の理想の医療を行える診療所を設立し、患者と向き合う医療の実現を心に誓います。

『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』各話のあらすじ

2020年4月17日からNHK総合にて放送開始される貫地谷しほりさん主演の連続ドラマ『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話のあらすじネタバレ

『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』1話のあらすじネタバレは、2020年4月17日(金)22:00の放送後こちらに追加します。今しばらくお待ちくださいませ。