ドラマル

『ディア・ペイシェント』9話のネタバレ!座間の千晶への執着の理由は?沼田が黒幕?

2020年9月11日に放送されたドラマ『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』9話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

9話では、同僚医師の金田が、モンスター患者に包丁で刺され重傷を負ってしまう!
そんな中、座間の行動が気になった千晶は、座間の家を訪れる…。

関連記事

『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』9話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ディア・ペイシェント』9話のあらすじネタバレ

座間敦司(田中哲司)が来院。
真野千晶(貫地谷しほり)は、座間がブログにアップしていた「患者様対応マニュアル」について、「あれは当直室から持ち出したものですね?」と尋ねます。頷く座間に「それは窃盗行為です」と伝える千晶。
千晶の言葉を聞いた座間は逆切れし、大声で叫びまくります。
マニュアルに書かれていた落書きは、金田直樹(浅香航大)が書いたものだと判明。千晶は呆れますが、「千晶ちゃんは運が悪いんだよ」とからかう金田。

そんな中、病院の評判が落ちたことにより患者数が激減していることを、高峰修治(弁毅)は佐々井宗一郎(石黒賢)に報告。対応策を考える高峰に、佐々井は目先の利益ばかりを優先する高峰のやり方に異議を唱えます。
そんな中、金田が患者にナイフで刺される事件が発生。直ちに金田の手術が行われます。傷は心臓にまで達していましたが、何とか命を取り留める金田。
千晶は金田の担当患者の診察も担当することに。すべての患者が帰宅したのは、午後6時をまわっていました。
警察の対応や金田の家族への説明を済ませた佐々井が駆けつけ、千晶と共に病棟回診に向かおうとすると、高峰と沼田晋也(浜野謙太)がやってきました。
高峰は医師会の会合に出席するよう、佐々井に促します。
千晶には「浜口先生と、金田先生は戦力外になってしまったので、真野先生、頑張ってください」と告げる高峰。高峰の「戦力外」と言う言葉に怒りを募らせた佐々井は、今後の経営の在り方と、高峰の処遇についても議論する必要があると伝え、医師会の会合への出席は拒否して回診に向かうのでした。

千晶は金田の病室へ。
事件の原因は、肥満改善指導とのこと。金田に恋愛感情を持っていた患者が、金田に「痩せろ」と言われたことにショックを受け、行動に及んだらしいとのこと。
金田の娘は「パパはどうして刺されたの?悪い人だから?」と不安そうに尋ねます。千晶は「違うよ。パパは正義の味方で悪者と戦って怪我をしたんだよ」と、優しく伝えるのでした。
その後、千晶は裏庭で、座間と沼田が立ち話をしている姿を目撃します。千晶に気づいて慌てた様子で去っていく座間。
沼田は座間の態度が目に余るので、注意をしていたと千晶に伝えます。座間が千晶の顔を見て逃げ出したのは、今回が初めてでした。

座間は母を連れてドライブへ。
母の好きなマグロを食べさせてあげる座間。笑顔の母を見つめます。その後、崖の近くで車を停め、母を乗せた車椅子を、座間は泣きながら崖の端まで押していきます。目を閉じる母。母を崖から落とそうとした座間ですが、あと一歩のところで踏みとどまり、母親を抱きしめて涙を流すのでした。

週刊誌に佐々井記念病院の記事が掲載され、動揺する病院関係者たち。内部の人間しか知りえないことも書かれており、高峰は病院内部の誰かが関与していると考えます。記事に書かれた金田の退職を、佐々井に提案する高峰。佐々井は、「今後は非常勤の相談役になって欲しい」と高峰に告げます。
父の代から病院経営に携わってきた高峰に敬意を払いながらも、「あなたが考えを変えてくれない限り、この病院は変わらない」と言い切る佐々井。
高峰は「私にも自分なりにこの病院を守ってきた自負がある。身の処し方は自分で考えさせていただく」と伝え、部屋を出て行きます。その後、退職を決める高峰。

そんな中、千晶に真野万里(高梨臨)から連絡が。真野祐子(朝加真由美)が食事を喉に詰まらせて、病院に搬送されたとのこと。2人の医師が不在の今、すぐにここを離れるわけにはいかない千晶は、診察が終わってから駆けつけると万里に伝えます。
座間が来院。座間は、母とのドライブで買って来たお土産を千晶に渡そうとしますが、病院で禁止されている為に断る千晶。逆上した座間は、診察を受けずに出て行きます。座間が落としていったレシートを拾う千晶。レシートには、練炭、ロープ等自殺を連想させる項目がありました。
千晶は座間の後を追おうとしますが、他の患者が待っていると看護師に止められます。

診察終了後、千晶は祐子の元へ。
事故発生時の状況を施設関係者が説明します。真野徹(伊武雅刀)は「誤嚥は気を付けていても防ぐことが難しい」と納得しますが、万里は怒りをぶつけます。
大声をあげて怒る万里をなだめながらも、施設関係者を前にして、万里と同じ気持ちになっていた自分に気づいた千晶。自分自身もクレームを言う患者と同じだと、あらためて気が付くのでした。
千晶は病院を辞めて、実家の診療所を継ぐことを心に決めます。祐子のことで後悔はしたくないと考える千晶。
浜口陽子(内田有紀)に託された思いをうけ継ぐことと、娘として果たさなければいけないことの狭間で、千晶は思い迷います。

貯まった仕事の処理のために、休日出勤する千晶。廊下で金田とバッタリ会い、コンビニまで付き添う中、病院を去る高峰に遭遇します。「ここに来るのも今日で最後」と高峰。
高峰に頭を下げる千晶と金田。高峰は「あなた方が考えているほど、病院の経営は簡単じゃないことをお忘れなく」と言い残して去っていきました。

座間のことが気になっていた千晶は、座間の自宅へ向かいます。家の中から叫び声が聞こえたため、千晶は鍵がかかっていなかった玄関から、家の中へ。
部屋の中は荒れ果てており、奥の部屋で、座間の母親が水を要求していました。座間の姿はありません。
千晶は母親に水を飲ませます。足元には、練炭、着火剤、ロープが。
そこに座間が帰って来ました。「何であんたがここにいるんだ。帰ってくれ」と座間。
「何かできることはありませんか。1人で抱え込まないで下さい」と千晶は訴えますが、「貧乏人だって誇りはある。高い所にいるヤツには分からないだろう。同情や哀れみで傷つく人間がいるってことを」と涙を流しながら叫ぶ座間。
社会からこぼれ落ちそうになっていた座間の状況を、千晶は初めて知ったのでした。

スポンサーリンク

『ディア・ペイシェント』9話のネタバレ感想

50代女性

sun

患者に刺されてしまった金田。死んでいてもおかしくなかった状況に、命を救う現場でなぜこのようなことが起こってしまうのかと、悲しい思いでいっぱいになりました。
陽子や金田のことを「戦力外」と例えた高峰。佐々井はついに怒りを爆発させます。父の代から病院の経営に携わって来たということですが、現在の時代にそぐわない考え方の高峰。もっと早く佐々井には動いて欲しかったと思いました。
祐子のことで、患者側の立場に立った千晶。患者の気持ちを理解しているつもりでも、実際には理解できていなかったことに気づきます。人と人とが理解し合うことの難しさをあらためて感じました。

座間の追い詰められた様子も描かれていました。介護の問題は、一言では片付けられない程に複雑ですが、周囲の助けを素直に受け入れる気持ちを持つことも大切だと、座間を見て思いました。
座間は、病院の情報を沼田から得ていたのでは?沼田にも何か闇があるような気がしますね。
次回は最終回。それぞれの問題は解決に向かうのでしょうか。しっかりと見届けたいと思います。

座間の千晶への執着の理由は?沼田が黒幕?

事務局主任の沼田晋也(浜野謙太)が情報をリークしている黒幕の可能性が高くなりましたね。

千昌になにか恨みがあって座間さんと結託しているのでしょうか?
だが、未だに沼田も座間も、千晶とどんな繋がりがあるのか全く分かりません。

最終回、どんな真実が待っているのか楽しみですね。

『ディア・ペイシェント』10話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』10話(最終回)のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

高峰(升毅)が去り、佐々井院長(石黒賢)のもとで改革が進む病院内で、千晶(貫地谷しほり)は今日も診療を続けている。そこへ、また座間(田中哲司)が現れた。なぜか座間はロビーで歌っている。そして、「やっと終わる」と呟いて去っていこうとした。追いかける千晶。そこへ、認知症の患者・浅沼知恵子(鷲尾真知子)が運転する車が暴走して突っ込んできた。千晶は難を逃れるが、座間は意識不明の重体となる。一方、千晶は、実家の診療所を継ぐかどうかで迷っている。家族との話の中で、父の徹(伊武雅刀)は、まだ都会に残って医学の勉強をしろと千晶の背中を押す。佐々井記念病院に戻った千晶は、意識を取り戻した座間と対面する。そこで千晶は、座間が今まで千晶につきまとっていた本当の理由と、座間の抱えていた苦悩を知ることになる。

出典:https://www.nhk.or.jp/drama/drama10/dearpatient/html_dp_story.html