ドラマル

『ディア・ペイシェント』8話のネタバレ!陽子先生の旦那(高橋一也)いい人すぎる!

2020年9月4日に放送されたドラマ『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』8話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

8話では、陽子が自らの保険金を患者遺族に渡すつもりでいたことが分かる!
陽子の遺志を継ぐと誓った千晶だったが、座間の魔の手が迫ろうとしていた…。

関連記事

『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ディア・ペイシェント』8話のあらすじネタバレ

自ら死を選んだ浜口陽子(内田有紀)。
陽子の搬送に立ち会った千晶に、佐々井宗一郎(石黒賢)は「辛い役目をさせてしまいましたね」と声を掛けます。
陽子が抱えていた訴訟のことを千晶に伝える佐々井。
以前は青森の病院で勤務していたという陽子。スポット勤務で行った津軽の病院で、その医療事故は起きたとのこと。
心筋梗塞で運ばれた35歳の男性に、陽子は心臓カテーテル検査等の処置を行いましたが、患者は年齢相当以上のプラーク(脂肪などの動脈硬化で厚くなった動脈壁)を伴っており、結果的に処置の途中で血管破裂を起こし、その後死亡。
陽子はプラークに気づいており、慎重に処置を進めた上での不可抗力の事案であり、和解が成立するかと思われていたとのこと。どうして、陽子は死を選んだのか。

陽子の担当患者は、千晶と金田直樹(浅香航大)に分担され、高峰修治(弁毅)の方針で、陽子のことを患者に問われた場合は不在と伝えるように指示されます。
そんな中。座間敦司(田中哲司)が来院。
「浜口陽子先生、亡くなったそうですね」と言う座間。自殺のことまで知っている座間に千晶は茫然とします。陽子のことを激しく侮辱する座間。千晶はこらえきれなくなり、強い言葉で反論します。

仕事を終え、千晶は駆けつけた陽子の両親の元を訪れます。海外勤務の陽子の夫の帰国を待って、家族葬を行うとのこと。陽子の遺体に手を合わせる千晶。医師としてあるべき姿を見せてくれた、陽子の人となりを両親に伝える千晶。
陽子は関係者に手紙を残していたとのこと。千晶は、千晶宛てに書かれた手紙を両親から受け取ります。
封筒の中には、手紙と以前千晶が病院の階段で拾った心筋梗塞のメモが入っていました。
メモには訴訟相手の治療に関する経過が細かく記載されており、上部には詫言と文字が。
手紙には、千晶の野生の感を称え、「ずっと空から見守っている」と優しい言葉が書かれていました。
遺書とは思えない明るい内容の手紙に、千晶はあらためて陽子の自殺に疑問を感じます。

翌日、高峰に呼び出される千晶。座間のブログに千晶と口論になった様子が書かれているとのことでした。
座間への対応に限界を感じると訴える千晶に、高峰は担当医を変えることを提案しますが、沼田晋也(浜野謙太)は座間からの更なる苦情を予想し、「自分が相談にのるので、もう少し頑張って欲しい」と千晶に伝えます。
一方、蓮見勇夫(平田満)は、座間について調べて分かったことを千晶に報告。
座間は長年、地元の金属加工会社で熟練工として勤務していたとのこと。数年前、母親が脳梗塞となり、介護のために退職。現在、生活保護は受けていないとのことでした。
その後、蓮見は佐々井の元へ。度重なる密告は、病院の内部の人間の仕業ではないかと伝える蓮見。
佐々井は「この病院も、生まれ変わらなければならない時が来ているのかもしれません」と伝えるのでした。

医局に遅くまで残っていた千晶の顔を見て、金田は顔色が悪いと心配します。
金田も訴訟を3つ抱えているとのこと。陽子の助言で更なる医療ミスを防げたことを伝え、「あんなにいい医者はいないよ」と。
そんな陽子が、訴訟のことだけで担当患者をおいて死を選ぶだろうか。千晶と金田には陽子の真意が未だに分からないままでした。

海外から帰国した、陽子の夫・浜口秋之(高橋和也)が、佐々井記念病院を訪れます。
千晶にも直接お礼を言う秋之。陽子から送られてくるメッセージには、いつも千晶のことが書かれていたと言います。
千晶は、陽子が亡くなる数日前、弁護士と思われる人と電話を交わした後から、陽子の様子が変わったと感じていたことを秋之に伝えます。
秋之は、その電話は一緒に処置にあたっていた看護師が証言を翻したため、訴訟が不利な状況になったという知らせだったと伝えます。看護師の息子が、原告側の親族の会社に就職が決まったことが原因だったようだとのこと。
陽子が訴えられたのは佐々井記念病院に移る頃で、賠償責任保険の空白期間。
陽子は、生命保険金を遺族への賠償に宛てて欲しいと手紙を残していたとのことでした。
訴訟に勝つより和解を目指していたという陽子。秋之は、「陽子は自分の命を持って償い、患者への責任を果たしたのだと思う」と千晶に伝えます。
その後、千晶は秋之を医局の陽子のデスクに案内します。職員全員で、陽子の供養のために折った千羽鶴を渡された秋之は、みんなに感謝の気持ちを伝えて頭を下げます。陽子は千晶を同士と呼んでいたとのことで、秋之は「千晶先生、どうか陽子の意志を継いでやってください」と涙を浮かべながら千晶に伝えるのでした。

その夜、千晶は陽子主催の勉強会の映像を見ます。陽子の意志を確認し、涙を流す千晶。陽子の思いを心に灯して、前を向くことを決意します。
その頃、座間は自宅で、以前無理やり撮った千晶の映像を見ていました。千晶に怒りをぶつける座間。

その後、陽子の自殺の噂が広まり、外来の患者数が減少します。座間が書いているブログの内容も引き金となっていました。陽子の訴訟は原告の申し出により取り下げられたことを、佐々井が委員会で報告します。
委員会が開かれている間に、座間のブログが更新されたと高峰が指摘。映し出されたブログには、千晶の患者対応マニュアルに書き込まれていた、マニュアルへの反抗メモが。その追求を受ける千晶…

スポンサーリンク

『ディア・ペイシェント』8話のネタバレ感想

50代女性

sun

自ら命を絶ってしまった陽子。あんなにも患者のことを大切にしていた陽子が、訴訟のことだけで死を選ぶとは考えられないと疑問を持ち続けていた千晶。
陽子は、たまたま賠償保険の空白期間に訴えられてしまっていたんですね。自分の生命保険金を遺族への賠償に宛てて欲しいと考えていたとは。涙が止まりませんでした。
陽子の死後、訴訟は取り下げられたとのこと。原告側にも思いがあるとは思いますが、両者にとって、他に何か方法はなかったのでしょうか。陽子の死が残念でなりません。

座間の素性も明らかになって来ました。病院内のことが座間に筒抜けになっていることが不思議すぎます。蓮見が言うように、病院内の誰かが関わっているのでしょうか。沼田?まさか高峰?
これからの展開に注目ですね。

陽子先生の旦那(高橋一也)いい人すぎる!

陽子先生にこの旦那さんありといえるいい旦那(高橋一也)でしたね。
もし旦那が傍にいて、フォローできたら、陽子先生も死ぬことはなかったかもしれません。

でも、陽子は優しくいい人であるが故に、自分の内なる思いを家族や友に被せたり、他人にぶつけることができない・しようとはしないので、やはり死を選んでしまったのかな…。

自分の苦しみを他人にぶつける座間とは正反対。
陽子のような医師が、訴えられたり、死ぬことになってしまうのは本当に辛いことですし、大きな損失だと思います。

『ディア・ペイシェント』9話のあらすじ

公式サイトが発表している『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

陽子(内田有紀)の死は、佐々井記念病院に様々な混乱を生み出した。院長の佐々井(石黒賢)と事務長の高峰(升毅)は経営方針の違いを巡って対立を深めていた。そのような中、同僚医師の金田(浅香航大)がモンスター患者に包丁で刺され重傷を負うという事件が起きる。次から次へと降りかかる院内の問題は、高峰の更迭という結果を招くことに。一方、座間敦司(田中哲司)の行動が気になった千晶(貫地谷しほり)は、座間の家を訪れる。そこには、貧困の中寝たきりの母を介護し、心中をしようとする座間の姿があった。座間の抱えている問題を直視した千晶は、助けになりたいと申し出るが、座間から断られる。

出典:https://www.nhk.or.jp/drama/drama10/dearpatient/html_dp_story.html