ドラマル

『ディア・ペイシェント』5話のネタバレ!座間と事務長の高峰は繋がっている?

2020年8月14日に放送されたドラマ『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、介護士の瀬戸翔太(笠松将)が、担当の認知症患者・西園寺とトラブルに!
そんな中、妹の万里から、母・佑子が施設からいなくなったとの連絡があり…。

関連記事

『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ディア・ペイシェント』5話のあらすじネタバレ

認知症患者の西園寺光隆(竜雷太)。担当介護士の瀬戸翔太(笠松将)と共に真野千晶(貫地谷しほり)と浜口陽子(内田有紀)は西園寺から俳句の指導を受けていました。俳句の心得がないと怒られる千晶たち。
脱走癖がある西園寺は、度々病院で騒ぎを起こしていました。その都度対応する瀬野の姿に、千晶と陽子も励まされます。
2週間以上、病院に現れない座間敦司(田中哲司)。座間の最新のブログには母親の介護日記が綴られており、真野祐子(朝加真由美)の介護を任せきりにしている千晶は、複雑な心境になります。

そんな中、瀬戸が西園寺に暴言を吐いたとのことで、院内裁判にかけられることに。驚く千晶たち。
高峰修治(弁毅)は、証拠として防犯カメラ映像を会場に流します。映像には、夕食を食べずに床に落として暴れる西園寺を、必死になだめる瀬戸の様子が映っていました。
瀬戸に向かって「腰抜け」と叫ぶ西園寺。家に帰ると言い張る西園寺に「もう、あんたには帰る所なんてないんだよ」と叫ぶ瀬戸。
高峰に理由を問われた瀬戸は、白金台に豪華な自宅がありながらも、家族が1度も面会に来ない西園寺を見ていたらやりきれない気持ちになり、思わず発言してしまったことを明かします。
どんな心情があろうと、患者様に対する言葉としてはアウトであると、高峰は瀬戸に懲戒処分を言い渡そうとしますが、佐々井宗一郎(石黒賢)は「もう結構です。これ以上、スタッフを追い詰めることはない」と伝え、院内裁判を中止とします。

心配した千晶は瀬戸の元へ。
瀬戸は、ビデオには映っていない所で「まともな就職も出来ずにこんな仕事をしている」と西園寺に笑われたことを明かします。西園寺の言う通りだと瀬戸は言います。瀬戸は終活に失敗して介護の仕事に就いたとのこと。このまま介護の仕事を続けることに迷いを感じ始めていました。

千晶と陽子は一緒に食事を摂りながら、瀬戸を心配します。認知症は本人だけでなく周囲の人達にも苦しみをもたらすことに触れ、陽子は認知症の母を抱える千晶のことも心配します。陽子の気遣いを受け、千晶は思い切って、陽子が抱えている訴訟についても尋ねてみることに。心配する千晶に陽子は「良い弁護士の力を借りて、和解に向かっているから大丈夫」だと微笑むのでした

「あいつはどこに行った?」と西園寺は瀬戸の行方を千晶に尋ねます。
高峰から介護の担当を外された瀬戸は、備品室で備品整理をしていました。
千晶は瀬戸に西園寺が探していることを伝えますが、瀬戸は西園寺とは接触禁止と言い渡されているとのこと。瀬戸は「介護の仕事を辞めようと思っています」と千晶に伝えるのでした。
そこに万里から電話が。祐子が施設からいなくなったとのこと。蓮見勇夫(平田満)の計らいで車を借り、瀬戸の運転で千晶は山梨に向かうことに。
途中のサービスエリアで、祐子が見つかったと連絡を受ける千晶。どうやら祐子は千晶に会いに行こうとして施設を抜け出し、道に迷ってしまったらしいとのことでした。
千晶は、車で待っているという瀬戸にお礼を伝え祐子の元へ。「お帰り、千晶ちゃん」と微笑む祐子の手を握りながら、自分が山梨に戻らないことが原因だと責任を痛感する千晶。そんな千晶の様子を見て、真野徹(伊武雅刀)は「医者として患者に向き合う方法は色々ある。その方法を探るためにも、今の病院で学ぶべきだ」と言葉を掛けるのでした。
車で送ってくれた瀬戸に、徹たちはお礼を伝えます。「いつも対等に接してくれる真野先生に、僕はいつも救われているので、その恩返しです」と伝える瀬戸。
千晶は帰りながら、介護の仕事を続けて欲しいと瀬戸に伝えますが、瀬戸は「色んなことを試してみようと思う。それでも介護の仕事をしたいと思ったら、また0から始めようと思う」と千晶に伝えるのでした。

当直の日。
廊下を歩く千晶の前に、突然座間が現われました。脳梗塞で倒れた母親の体調が悪く、しばらく病院に来れなかったが、千晶が当直の日なので会いに来たとのこと。
自分の当直の日を知っている座間に恐怖を感じまる千晶。母親の診察も頼みたいと訴える座間に、千晶は「脳梗塞は専門ではないので」と説明します。途端に怒り出し千晶に掴みかかる座間。2人が揉みあっていると、警備員が駆け付けてきました。今日は研修で蓮見は不在。座間は蓮見の不在のことも知っており、試用期間の警備員を脅して帰って行きます。
本採用前のトラブルを恐れる警備員のために、千晶は今夜のことは上に報告しないことに決めるのでした。

瀬戸は病院を今週いっぱいで辞めることに。
瀬戸は千晶に俳句を預け、西園寺に渡して欲しいと頼みます。家族が見舞いに来ないことを悲しんでいた西園寺のことを心配する瀬戸。文句も言われたけれど、瀬戸は西園寺のことが好きでした。あの日、西園寺に言った言葉は、西園寺を思ってこその言葉だったと瀬戸は千晶に伝えます。
瀬戸が病院を去った後、千晶は瀬戸を探す西園寺に遭遇します。「あいつがいなければ、ここにいる意味がない」と言う西園寺。千晶は瀬戸から預かっていた俳句を西園寺に渡します。
「ありがとう。怒鳴り声にも見える愛」俳句を詠んだ西園寺は、「会いたい」と涙を流します。
千晶は瀬戸に手紙を書くことを西園寺に提案。西園寺は心を込めて、達筆な字で瀬戸に手紙を書き始めるのでした。

その頃、施設で寛ぐ祐子のもとに近づく座間の姿が…。

スポンサーリンク

『ディア・ペイシェント』5話のネタバレ感想

50代女性

sun

認知症の入院患者の西園寺に寄り添ってきた、介護士の瀬戸。家族が面会に来ない西園寺の寂しさに気づきながら、西園寺を思うが故に言ってしまった言葉が暴言として受け取られ、瀬戸は高峰によって院内裁判にかけられてしまいます。
あまりにも機械的な高峰の行動に怒りがこみ上げてきました。懲戒処分になりそうなところを、院長・佐々井の言葉によって何とか救われた瀬戸。病院の経営を任す中で、いつも高峰に頭が上がらない様子の佐々井が気になっていましたが、今日は少し安心しました。
西園寺自身も、暴言を吐きながらも瀬戸のことが好きで、甘えていたのでしょう。瀬戸も西園寺のことが好きだったのに。瀬戸を探す西園寺の姿に胸が痛みました。
しかし、このことがきっかけで、瀬戸は色んなことを試してみることを決意。就活の失敗を抱えていた瀬戸にとっても、自分を見つめ直す良いきっかけになることでしょう。

今回は、座間の登場が少なめでしたが、その分怖すぎる行動が目立ちました。祐子にまで接近する座間は異常です。千晶の身が心配でたまりません。

座間と事務長の高峰は繋がっている?

病院の内部情報に詳しすぎる!
明らかに院内に座間と繋がっているものがいそうです。

普通に考えれば、事務長の高峰が一番に怪しいのですが、それではつまらない。
意表をついて優しい警備員・蓮見勇夫(平田満)の裏切りがありそうな予感がしますね。

犯罪行為までし始めた座間。
千晶の母・佑子の元にまで現れて何をする気なのでしょう。
次回が気になります。

『ディア・ペイシェント』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

ある日、千晶(貫地谷しほり)のもとに、乳児を抱えた母親・岩見春菜(朝倉あき)が、ワクチン接種のために訪れる。ちょっとした行き違いから、千晶が誤ったワクチンを打とうとしたとクレームをつける春菜。その様子から、千晶は、春菜が育児ノイローゼに陥っているのではないかと疑う。数日後、千晶は春菜に呼び出される。ファミレスで働くある女性を殴ってくれと言うのだ。その場は事なきを得るが、どうやら、春菜の夫はその女性と浮気をしているらしい。幼い子を抱えて夫は浮気。千晶は春菜が追い詰められていることを知る。「そんな時は、立ち止まって自分の気持ちを確かめてみるの」千晶は、自分の母親・祐子(朝加真由美)から教えられた言葉を、春菜に伝える。

出典:https://www.nhk.or.jp/drama/drama10/dearpatient/html_dp_story.html