ドラマル

『ディア・ペイシェント』3話のネタバレ!医療ドラマかホラードラマかわからなくなる!

2020年7月31日に放送されたドラマ『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、トランスジェンダーの香織(戸塚純貴)が、胃潰瘍を患い千晶の病院に!
知り合いの千晶は、香織に寄り添い、力になろうとするが…。

関連記事

『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ディア・ペイシェント』3話のあらすじネタバレ

出勤した真野千晶(貫地谷しほり)は、保険証を拾います。保険証には朝比奈哲男(戸塚純貴)と名前が。それはかつて、千晶が憧れを抱いていた研修先の病院の食堂で働いていた男性でした。
千晶が事務局に保険証を届けに行くと、ちょうど保険証を受け取りに来た哲男。振り向いた千晶の目に飛び込んできたのは女性になった哲男の姿。千晶は驚きます。

長谷川仁(松澤一之)が妻の長谷川聖子(阿知波悟美)を伴って診察に来ました。甲状腺機能障害で20年通院している仁ですが、1ヵ月前の検査で特発性肺線維症を発症していることが判明。もともと金田直樹(浅香航大)が主治医でしたが、聖子の申し出で、先月千晶に主治医を変更したばかり。
千晶は仁に入院を勧めますが、聖子は20年も通院していたのに病気を見逃したとクレームをつけ「訴えられたくなければ、これからの治療費をタダにしてほしい」と言い放ちます。何とか聖子をなだめる千晶。
千晶をはじめ、金田や浜口陽子(内田有紀)も患者からのクレームの多さに手を焼いていました。

千晶は哲男のことを思い出しカルテを調べますが、診察を受けずに帰った様子。9年前は女性的な感じはなく、柔道の有段者だったこともあり、むしろ男らしい感じだった哲男。千晶は自分と出くわしたから、哲男は診察を受けずに帰ってしまったのではないかと心配します。

千晶が当直の夜、座間敦司(田中哲司)が病院に侵入し、汚れたオムツを大量にトイレに押し込み、緊急ボタンを押します。更に外から器具で個室の鍵を掛ける座間。
当直で見回りをしていた千晶は座間と遭遇。座間は「今から診察をしてほしい。睡眠薬がないと眠れない」と訴えます。
千晶は明日の診察を勧めますが「診察を希望する患者を、医師は拒否できないと法律で決められている」と座間は主張。仕方なく診察をすることに。
診察室には、なぜか看護婦が1人もいません。不審に思う千晶。
座間はカメラを千晶に向けて「これまでの治療の経緯を説明してください」と強引に迫りながら動画を撮影します。そこへ看護師が戻って来ました。診察室を出て行く座間。
1階のトイレの全個室から緊急ボタンが押され、内側からは鍵がかけられていた上に、床は水浸しになっていたとのこと。千晶は座間の仕業ではないかと疑います。
救急で腹痛の患者が来院したとのことで、千晶が向かうとそこには哲男の姿が。
診察後「てっちゃん」と呼びかける千晶に、哲男は「いまは香織。かおでいいわ」と答えます。
「じゃあ、かおちゃん、検査が必要だけど、たぶん胃潰瘍」と伝え、千晶はこのまま入院になることを説明します。
千晶は金田や陽子と共に、哲男の病室を男部屋にするか女部屋にするか話し合います。哲男に付き添っていた杉野俊彦(松本大志)は個室を希望しますが、個室料金のことを考えた哲男は「男部屋でいい」と言います。
男扱いされるのは慣れていると言う哲男。「病院で今までどんなことが嫌だった?」と千晶が聞くと、カルテに本名や男と記載されることや、受付で大きな声で名前を呼ばれること、トイレ等を挙げる哲男。
杉野は哲男との結婚を考えているとのこと。しかし杉野の両親には反対されていて、そのストレスで胃潰瘍になったのではないかと杉野は心配します。
哲男自身も女性として生きていくことを父親に反対され、実家とも疎遠になっているとのこと。千晶は研修時代に、精神的に追い詰められていた自分を、親身に励ましてくれた哲男のことを思い出していました。

元警察官だった警備員の蓮見勇夫(平田満)が、医師たちに暴力を振るう患者への対処の仕方をレクチャーします。
「暴力を振るう人間は弱い」と蓮見は言います。暴力を振るわれた時は、相手は弱い人間なのだと冷静になることが危険回避の第1歩とのこと。千晶も胸に刻みます。

病室で哲男と杉野が話していると、同室に入院する仁の面会に来た聖子が、間違って哲男のベッドのカーテンを開けてしまいました。哲男の姿を見た聖子は、部屋を変えてもらおうと騒ぎ出します。
「男の部屋に女みたいな人がいる」と騒ぎ立てる聖子に詰め寄る杉野。事務局に駆け込もうとした聖子を陽子が止めます。
「あんな患者がいたら、お見舞いに来る子供の教育にも良くない」と騒ぐ聖子に陽子は「教育上よくないのは、多様性を認めようとしない大人がいることではないでしょうか」と反論します。
騒ぎを聞きつけた千晶は哲男に謝罪します。哲男を守ろうとする杉野の態度に「戦うとか、守るとかもううんざり。別れよう」と告げる哲男。杉野の両親は跡継ぎを望んでおり、杉野を思っての愛情を含めた別れの言葉でした。
哲男の退院の日。千晶から連絡を受けた杉野が駆けつけていました。
「もう、家族の事はいい。2人で生きて行こう」と哲男を抱きしめる杉野を、哲男は投げ飛ばします。
「俊彦の家族思いなところも好きだった」と哲男。「バイバイ」と手を振って去っていきます。
蓮見が駆けつけて「院内暴力ですか?」と千晶に聞きますが、千晶は「暴力に見えますが、これは愛です」と答えます。
千晶は哲男を追いかけます。「女になりたいと言い出して私の家族はバラバラになってしまった。そんな私が、俊彦の家族までバラバラにしてしまうのが怖かった」と哲男は泣きながら叫びます。千晶は「好きな人には幸せになってもらいたい」と言う哲男の思いを受け、強く哲男を抱きしめるのでした。

医局にて、千晶は金田に座間のブログを見せられます。そのブログには、「魔の千晶」と称され、千晶の写真と共に、様々な悪口が座間によって書かれていました。

スポンサーリンク

『ディア・ペイシェント』3話のネタバレ感想

50代女性

sun

多様性が徐々に認められてきた現代ですが、まだまだ当事者の苦しみは計り知れないほどあるのだと感じました。病院においても、まだまだ配慮が行き届いていないのが現実で、哲男のような思いをしている人達がいるのだと思うと、切ない気持ちでいっぱいになりました。
哲男が言っていた、病院で嫌だと思った事の数々は、改良されていくべき問題だとあらためて感じます。
俊彦を愛しているからこそ、身を引こうとする哲男の思いにも心を打たれました。

一方、今話の座間も怖かったです。やることが常軌を逸していると思われ、挙句の果てにはブログに写真付きで悪口を投稿されてしまう千晶。心配ですね。
むやみに警察に通報しないようにと高峰は言いますが、医師を守ることも考えて欲しいと強く思いました。せめて警備員の蓮見には、座間のことは伝えておくべきだと思います。

医療ドラマかホラードラマかわからなくなる!

このドラマは前半は医療ドラマで、後半はホラードラマというパターンでいくのかな?

前半、戸塚純貴さんの好演もあり、病院でのトランスジェンダー問題にしんみりさせられるも、後半(ラスト)の座間が本当にやばすぎて、医療ドラマかホラードラマか分からなくなります。

次回、更に座間の暴走が加速するようで、金曜10時のホラードラマが楽しみですね。

『ディア・ペイシェント』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

その日、千晶(貫地谷しほり)の元を訪れたのは、便秘に悩む女性・広瀬真弓(中島ひろ子)であった。彼女は常にイライラし、いわゆるモンスターペイシェントであった。挙句、座間(田中哲司)と結託して、千晶を困らせる。ある日、真弓が救急車で運ばれ、入院をするという事態が起きる。便意が高じて、イレウスを発症していていたのだった。心を開かない真弓に、愚直に寄り添う千晶だったが…。

出典:https://www.nhk.or.jp/drama/drama10/dearpatient/html_dp_story.html