ドラマル

『ディア・ペイシェント』2話のネタバレ!笠原の自殺未遂を止めた美和ちゃんが天使すぎる!

2020年7月24日に放送されたドラマ『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』2話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

2話では、リストカットをした若い女性・笠原祥子(小島藤子)が、病院へ運ばれてくる!
自殺未遂を繰り返す祥子だが、脳腫瘍の幼い患者・美和(新津ちせ)と出会い…。

関連記事

『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』2話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ディア・ペイシェント』2話のあらすじネタバレ

小児病棟で、ボランティアによる読み聞かせが行われています。浜口陽子(内田有紀)が担当する上垣美和(新津ちせ)も参加。笑顔で近寄ってきた美和を、陽子は真野千晶(貫地谷しほり)に紹介します。
美和は悪性脳腫瘍を患っており、治る見込みはなく、現在は症状を抑える治療のみを行っていました。
美和の両親は美和を助けたい一心で、担当医の陽子のポケットに5万円を入れてきたとのこと。病院では「心付け」をもらってはいけない規則になっており、陽子は後で事務局を通じて返してもらおうとしていました。
千晶も、座間敦司(田中哲司)に無理やり払われてしまった昼食のピラフ代のことが気になっていました。その後診察に現れた座間は、依存性の高い睡眠薬を2か月分出して欲しいと希望し、千晶は強く拒絶できずに処方。ピラフ代が負い目となっていたのかもしれないと、千晶は自分自身を分析します。

千晶の当直の日、睡眠薬を大量摂取した笠原祥子(小島藤子)が救急搬送されます。祥子は自殺未遂の常連で、これまでも何度も搬送歴がありました。胃洗浄が行われ、入院する祥子。付き添って来た同居人の男は心配せずに帰ってしまいます。
その夜の病院内で、千晶は座間と遭遇。驚く千晶に座間は、ウォーキング途中に自販機に寄ったと嘘をつき、拾ったペンライトを千晶に渡します。座間の不気味な様子に動揺する千晶。
そこへ、救急のぜんそく患者が来たと知らせが。千晶は処置に向かいます。座間はぜんそく患者を担架に乗せようとする千晶を、警備員と共に手伝うのでした。

一方、祥子は病院の屋上から飛び降りようとしますが、飛び降りれず。千晶に「人ってなんで生きているの?」と訴えます。
ベンチに1人座る祥子。そこへ美和が。
「お姉ちゃんの髪きれい。触らせてもらってもいい?」と美和。「一緒に探検しよう」とも誘いますが、祥子は無愛想に「やだ」と答えます。
その後祥子は、同居する男の借金を返すために強引に退院してしまうのでした。

院長の佐々井宗一郎(石黒賢)が美和の回診に来ました。美和の両親は、陽子の時と同じように「心付け」を佐々井に渡します。
「これを頂かなくても、私たちは美和ちゃんの治療に最善を尽くします。一緒に信じましょう。美和ちゃんの生きる力を」と伝え、心付けを返す佐々井。
一緒に外で食事をしながら、千晶と陽子は院長の対応を賞賛します。そこへ当直の金田直樹(浅香航大)から電話が。祥子が再びリストカットをして運ばれて来たとのこと。千晶は病院へ向かいます。
同居していた男に金を巻き上げられて逃げられたという祥子は、親にも愛されずに育ち、死にたいのに死にきれず人の顔色ばかりを伺う人生を送ってきたと嘆きます。
両親に愛されている美和と比べて「誰からも愛されずに生きているより、誰かに愛されて死ぬ方がよっぽどいい」と訴える祥子。千晶は「あなたの価値観で、美和ちゃんの幸せを決めつけないで下さい」と思わず叫びます。
その後、生きるために手首を切っている祥子の気持ちに気づき、思わず感情をぶつけてしまった自分の未熟さを千晶は反省します。

そんな中、高峰修治(弁毅)は医師たちを集め、情報提供を受けたとして、美和の両親から5万円を受け取ったことについて陽子を追求します。陽子はそのお金は事務局に返したと返答。佐々井は再度確認するよう高峰に指示します。
医局に戻った千晶は、自分もピラフを患者におごられたことを陽子に相談します。「すぐに事務局に届けた方がいい」と陽子は助言。自分が届けた5万円の確認も兼ねて、千晶と共に事務局へ向かいます。
預けた5万円は、女性事務員が金庫に入れ忘れていたとのことで謝罪を受ける陽子。千晶もピラフ代を返却し、ひとまず安心するのでした。

1人ベンチに座る祥子に再び美和が話しかけます。頭を痛がりながらも祥子を探検に誘う美和。
病室からいなくなった美和を探していた千晶は、池のメダカを見つめる美和と祥子を見つけます。
自分の看病で両親や妹が何処にも行くことができないことを嘆く美和。特に妹に対しては、誕生日会も自分のせいで我慢させてしまったと美和は悔やみます。
「だからもういいの。一旦天国に行って、またパパとママの子供に生まれ変わるの。そしてお姉ちゃんみたいに髪を伸ばして三つ編みをしてもらうんだ」と話す美和。千晶は思わず美和を抱きしめます。
美和の言葉を聞き、祥子は幼い頃、一緒に行こうと誘う母親に「もう、いいの」と伝えたことを思い出していました。
数日後、美和は天国に旅立ちます。楽しみにしていた院内ピアノコンサートを見ることは叶いませんでした。
祥子の退院の日、千晶は美和から渡して欲しいと頼まれていた封筒を祥子に渡します。その中には「かみの長いおねえちゃんだいすき」と書かれた折り紙のメダルが。声を上げて泣き出す祥子。
その後、祥子が自殺未遂で運ばれることはありませんでした。

そんな矢先、座間がひったくりにあったと再度薬をもらうために来院します。事務局からピラフ代が返却されていないことを知った千晶は、その場でお金を返却。すると「俺の行為を無駄にするのか。俺は患者様だぞ。馬鹿にするな」と座間は大声で叫び出すのでした。

スポンサーリンク

『ディア・ペイシェント』2話のネタバレ感想

50代女性

sun

何度も自殺未遂を繰り返して運び込まれる祥子。親から愛されずに育ったとのことで、現在同居している男さえも祥子のお金だけが目当ての様子に、見ていて胸が痛くなりました。
一方、脳腫瘍を患いながらも明るくふるまう美和。祥子の綺麗な髪にあこがれる美和の様子にも、涙が止まりませんでした。
美和との触れ合いの中で、祥子もかつての母親との会話を思い出し、再び自殺未遂を犯すことはなくなります。命についてあらためて考えさせられた回でした。

それにしても、座間の不気味さがますます増してきましたね。真夜中に病院に勝手に忍び込んでいるなんて、警備はどうなっているのでしょう。
患者様という考え方の病院の様ですが、座間のような行動をする患者に対しては、千晶も早めに病院に相談するべきだと思います。これからもエスカレートしていくであろう座間の行動が不安でたまりません。

笠原の自殺未遂を止めた美和ちゃんが天使すぎる!

自殺未遂を繰り返すことに対して、千晶(貫地谷しほり)らが何度苦言を呈しても聞かなかった笠原祥子(小島藤子)。
だが、病院で知り合った7歳の入院患者・美和(新津ちせ)ちゃんが死んでしまったことを知り、命の重さを知ったようです。

可愛すぎた美和ちゃん。
天使のような子でしたね。

『ディア・ペイシェント』3話のあらすじ

公式サイトが発表している『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』3話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

ある日、千晶(貫地谷しほり)は、落し物の保険証を拾う。それは、知り合いの男性の物だったが、受け取りに現れたのは、女性!?トランスジェンダーの香織(戸塚純貴)は、胃潰瘍を患い千晶の病院に入院する。心と見た目は女性の香織の入院生活は何かと不自由だったが、千晶は、そんな香織に寄り添う。やがて香織と恋人の間に亀裂があることを知る。香織は、恋人に、いわゆる「普通の」結婚をして欲しいと身を引いたのだった。

出典:https://www.nhk.or.jp/drama/drama10/dearpatient/html_dp_story.html