ドラマル

『わたし旦那をシェアしてた』7話のネタバレ感想!黒木啓司の演技が上手い!無痛症の表現が絶妙?

2019年8月15日に放送されたドラマ『わたし旦那をシェアしてた』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、意識を取り戻した秀明が償いをすると言い残して姿を消す!
一方、晴美たちは文江から新たに出された2つの課題の答えを模索するが…。

関連記事

『わたし旦那をシェアしてた』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『わたし旦那をシェアしてた』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『わたし旦那をシェアしてた』7話のあらすじネタバレ

晴美(小池栄子)は目を覚ました秀明(赤楚衛二)に、「天谷恭平(平山浩行)を殺した森(黒木啓司)と、見捨てた自分は同罪。ちゃんと償う」と言われます。そのすぐ後に、秀明は病院から抜け出します。

晴美、加奈子(りょう)、茜(岡本玲)は文江(夏木マリ)に呼び出され、課題を与えられます。
「なぜ3億円を3人に残したのか?」
恭平はいろんなことを計算して死んでいったため、何か目的があるはず、と文江は考えます。
森を逮捕するためのお金だと話す晴美に、加奈子は反論。
自分の余命を知っていた恭平が誰かと結婚するとは思えない、と訴える晴美に反応し、さらにもう一つ「恭平が指輪を買った理由は何か?」と課題が与えられます。

秀明は姉の遺体が見つかった現場を訪れ、待ちかまえていた塚本(渡辺真起子)に、森と出会う経緯を明かします。
ある日、自分のSNSに森から「お姉さんを殺した男に興味はありませんか?」とメッセージを受けた秀明は、記載されていた裏サイトを閲覧していました。森と連絡をとっていた秀明は、恭平が自分の姉を殺した犯人だと思いこんでいたのです。
「森を殺す」と塚本に言い残して、秀明は逃亡します。

加奈子は ひょんなことから昔、恭平が自分で稼いだお金をどうしたいか話していたことを思い出します。「お金を残すなら大切な誰かを助けるために使いたい」と言っていた恭平の言葉から、3億円を残した理由を「誰かを助けるため」とします。冷静になった晴美も加奈子の意見に賛同し、文江もその答えを正解にしました。3億円を使って助けたい相手と、恭平が指輪を購入した理由はまだ分かりません。

秀明を捕り逃がした塚本がシェアハウスを訪ね、秀明が森を殺そうとしていることを話します。
塚本の話を聞き、複雑な気持ちになる晴美達。
ふと外を見た晴美は、すぐそばで佇む秀明を見つけます。皆に一目会いたくて来てしまったと話す秀明に、晴美は自分に何かできることはないかと聞きます。秀明は晴美の顔をしっかりと見つめながら「僕を信じてください」と答えました。
「秀明くんは一人じゃない、私達がついている」と励ます晴美に微笑みかけて、秀明はまたシェアハウスのそばを離れて行きました。

秀明は森と連絡をとり、指定された待ち合わせ場所へ向かいました。
北神谷町殺人事件の犯人は自分だと認める森は、殺害理由を聞かれ、「正義感をもっている人間を殺すのが趣味だった」と話しました。

馬鹿げた理由で殺されたことに怒りが沸く秀明は、森に襲いかかります。森にナイフを向けながら、秀明は今の行動の全てが天谷恭平の計画のうちであることを話しました。
「天谷恭平は悪魔だ!俺と出会って恭平はすぐに思い付いたんだ、森を殺せるのは俺だと」
森が晴美達を殺さないように…秀明に、晴美達を絶対に守らないといけない存在だと思わせるために…恭平は秀明をシェアハウスに向かわせた…
そして、秀明が森を殺すように仕向けた…
つまり、全ては天谷恭平の思い通りになったのだと話しました。
秀明は倒れている森に何度もナイフを突き立てました。

その後、秀明は街中をさまよいます。心配でいてもたってもいられず、外へ出ていた晴美は、倒れていた秀明を発見。無意識のうちに、秀明はシェアハウスの近くまで歩いて来ていたのです。
晴美は憔悴している秀明を抱き締めます。

高熱で弱っている秀明を連れて、晴美はシェアハウスへ帰って来ました。
「恭平は森の殺害計画を練っていて、俺に殺させようとしていた」と秀明から聞かされた晴美は、加奈子達にも伝えます。全員が言葉をなくすほどの衝撃を受け、文江は悲しみにうちひしがれます。

晴美は眠っている秀明の看病をし続けました。やがて目を覚ました秀明は、晴美を引き寄せ、突然キスをしました。

『わたし旦那をシェアしてた』7話のネタバレ感想

20代女性

sao30

秀明が森を刺すシーンは迫力がありました。悲しみや怒り等、いろんな感情が入り交じった難しいシーンを見事に表現していたので、秀明役の赤楚衛二さんの演技力の高さは素晴らしいと思います。

晴美達は恭平に出会って心を救われたけれど、秀明は恭平に出会ったせいで人生を狂わされてしまったようなので、秀明がただただ可哀想です。彼には幸せになってもらいたいです。

晴美と秀明がお互いに惹かれあっているようなので、次回からは二人の恋の行方にも注目したいです。

黒木啓司の演技が上手い!無痛症の表現が絶妙?

黒木啓司さんが演じたサイコパス・森雄作が凶悪すぎましたが、何だか存在に魅了されました。あまりの存在感に森雄作のスピンオフ企画を求む声まで出ています。森の生い立ち気になりますよね?

今回は、無痛症・森雄作の死を演じる黒木啓司さんの演技が見どころだったといえるでしょう。

松田秀明との死闘で、薬品(塩酸?)をかけられても、刺されても、痛みの絶叫はもちろん、痛さを感じさせる表情も全くせず。只々、「あともう一人殺しときゃよかった」と悔しがる表情を見せるサイコパス・森雄作の最後は見応えありましたね。

『わたし旦那をシェアしてた』8話のあらすじ

公式サイトが発表している『わたし旦那をシェアしてた』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

熱にうなされる秀明(赤楚衛二)の看病を続ける晴美(小池栄子)。彼女は、加奈子(りょう)、茜(岡本玲)、文江(夏木マリ)に、秀明を匿いたいと頼む。しかし、加奈子と茜は、森(黒木啓司)を殺した殺人犯である秀明を匿うことに同意できない。文江は晴美に、なぜ匿いたいのかと尋ねる。晴美は、北神谷町未解決殺人事件の真相と、恭平(平山浩行)が指輪を買った理由を知る手がかりを秀明が知っているかもしれないと主張する。文江は、秀明に惹かれる晴美の思いを見透かすように「本当に恭平のため? あなたのためじゃないの?」と疑いの目を向ける。
秀明から真実を聞くためなら、と加奈子と茜は彼を匿う覚悟を決める。文江も、次の課題を“今日1日、警察から秀明を隠し通すことができるか”にすると宣言する。

晴美たちは仕事を休んで、傷ついた秀明を温かく迎える。まるで家族のような団らんに秀明の心は慰められ、思わず涙してしまう。晴美たちの思いを受け止めた秀明は、知っていることを全部話すと言い、自分の生い立ちから話し始める。北神谷町未解決殺人事件が秀明と彼の家族の運命を狂わせ、恭平殺害に関わるきっかけになってしまったのだった。
一方、美保(渡辺真起子)は、晴美たちが秀明を匿っていると疑いつつ、秀明の過去を探っていた。彼女は、秀明の父・敏朗を訪ねる。敏朗は美保から、秀明に殺人容疑がかかっていると聞かされ…。

出典:https://www.ytv.co.jp/danshare/story/