ドラマル

『わたし旦那をシェアしてた』6話のネタバレ感想!天谷恭平は生きてる?

2019年8月8日に放送されたドラマ『わたし旦那をシェアしてた』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、妻3人と恭平のなれそめが明らかに!
そして、文江と秀明が入院する病院で、晴美たちは恭平の主治医だった笠浦の存在に気付き…。

関連記事

『わたし旦那をシェアしてた』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『わたし旦那をシェアしてた』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『わたし旦那をシェアしてた』6話のあらすじネタバレ

怪我をした文江(夏木マリ)と秀明(赤楚衛二)は入院し、晴美(小池栄子)と加奈子(りょう)が付き添っていました。逃亡している森(黒木啓司)は未だに見つかりません。

塚本(渡辺真起子)から「恭平(平山浩行)がなぜあなた達を選んだのか分からない」と言われた晴美は、恭平との出会いを語ります。

6年前、情緒不安定だった晴美が車道に飛び出そうとしていたところを助けたのが恭平でした。
「型にはめて完璧な人間なんていない。親も未熟な人間だ」
恭平に励まされ、晴美はどんどん惹かれていったのです。

続いて、加奈子が恭平との出会いを語ります。
5年前、スポーツジムのトレーナーとして勤務していた加奈子に、知りあったばかりの恭平が新たな仕事先を紹介してくれていました。知りあったばかりの自分になぜそこまで?と思う加奈子でしたが、「君を放っておけない」と言う恭平にすっかり惚れ込んでいたのでした。

加奈子の話を聞く中で、晴美は「恭平の主治医だった笠浦(升 毅)先生が、私達のことを全て知っている唯一の人物なのでは」と気づきます。

一方、シェアハウスで子供達と一緒にいる茜(岡本玲)は、子供達から恭平がどんな人だったのかと聞かれていました。

4年前、スーパーの駐輪場で自転車ごと倒れてしまった茜に、声をかけたのが恭平でした。恭平は茜が育児ノイローゼに陥っていることを見抜きます。
「逃げたら駄目といわれるけど、時には逃げることも必要だ」と話す恭平に、茜は胸をうたれます。

こうして、恭平と出会って人生が変わった3人は、恭平と共に生きていきたいと願うようになったのです。

そして半年前に、恭平はひそかに抱えていた難病により、倒れてしまいます。目を覚まし、医師の笠浦に「余命半年」と宣告されたことを機に、恭平は思い残していたあることを実行したい、と考えるようになります。

それは、北神谷町未解決事件の犯人を捕まえることでした。
恭平の中学時代の同級生が事件の被害者であり、その事件の弁護にあたったのが恭平の父親だったのです。弁護士であった恭平の父親は、「恭平の友人を救いたい」と話していた直後、犯人に殺されていました。

恭平は事件の犯人をおびき寄せるため、行動に出始めます。
2ヶ月前、恭平は自分の会社の顧客リストを改ざんして、事件の被害者達の名前を入力しました。そのリストを被害者の遺族達に見せて、犯人がリストに記載されている人物をターゲットにして殺害したかのように偽造しました。事件の被害者達の間に無理やり共通点を持たせて、犯人を揺さぶり、やがて恭平自身を狙うように仕向けました。

そして1ヶ月前、恭平が暴行を受けた日。犯行グループの首謀者の森が、事件の犯人であることが分かります。森を道連れに死ぬつもりの恭平でしたが、森から致命傷を受けてしまいます。
倒れている恭平のもとに戻ってきた秀明が、殺された同級生の弟であることにも気づいていた恭平は、秀明に指輪の鑑定書を手渡しました。

笠浦に話を聞きに行こうとした晴美でしたが、笠浦は既に殺されていました。秀明の病室で、晴美と文江は恭平について話をします。文江は恭平が自分を犠牲にして、北神谷町未解決事件の犯人を捕まえようとしていたことに気づいていました。
恭平の死を無駄にしたくない、無念を晴らしたいと感じる晴美は、「彼が選んだ妻としてふさわしいよう、戦いたい」と決意します。

晴美と文江が病室を出て行った後、秀明が目を覚ましました。秀明は、自分の姉を殺した森に復讐したいと考えていました。

『わたし旦那をシェアしてた』6話のネタバレ感想

20代女性

sao30

6話で初めて恭平視点で語られたので、彼がどんな人間だったのかようやく分かりました。恭平がなぜ北神谷町未解決事件に関与したのかずっとわからず、悶々としていたのですが、今回でようやく判明したので、スッキリとした気分です。

おそらく恭平は秀明のお姉さんのことが好きだったんだろうなと感じました。死ぬ間際、初恋の相手の弟に鑑定書を託した恭平の心情を思うと、なんだか切ないです。

秀明は姉の復讐に燃えているようなので、次回は秀明から目が離せなくなりそうです。

天谷恭平は生きてる?

今回、天谷恭平(平山浩行)の目的が明らかになりましたね。

でも、自分が死ぬことによって真相解決を3人の妻らに託すというのは少し微妙だな~っと思っていたら…
次回予告で、恭平が森雄作(黒木啓司)を殴っているし(回想?)、松田秀明(赤楚衛二)は恭平のことを悪魔呼ばわりするし、一体何が何だか分かりませんね。

恭平は笠浦(升毅)に頼んで死を偽装した?
その笠浦をも、恭平は殺してしまった…よって悪魔?

謎が多すぎます。次回ようやく大きく物語が進みそうなので展開が楽しみですね。

『わたし旦那をシェアしてた』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『わたし旦那をシェアしてた』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

晴美(小池栄子)は、意識を取り戻した秀明(赤楚衛二)と話をする。秀明は、森(黒木啓司)が恭平(平山浩行)を殺した犯人であり、まだ息のあった恭平を見殺しにした自分も同罪だと言う。そして彼は、その償いをすると言い残して姿を消す。一方、森の行方も分からないままだった。

晴美、加奈子(りょう)、茜(岡本玲)は、文江(夏木マリ)が入院する病院に呼び出される。文江は晴美たちに、“なぜ恭平は3億円を3人の女性に残したのか?”という課題を与える。森を逮捕させるためだと答える晴美に、加奈子と茜は反論。晴美は、恭平が指輪を買っていたことに特別な意味があるに違いないと言い出す。その“特別な意味”を知られたくない何者かが恭平の殺害現場から指輪を持ち去ったと晴美は推理。文江は、最初に出した課題と“なぜ恭平は指輪を買ったのか?”という2つのうち、どちらかの答えを2日以内に見つけ出すようにと晴美たちに告げる。

晴美は、恭平が指輪を買った理由を考えるものの、まったく思い浮かばない。加奈子は、恭平が生前、3人に3億円を残した理由のヒントになることを言っていたと気付く。しかし、恭平が何を言ったのか、肝心の内容を忘れていた。加奈子は、ふとしたハプニングから、それを思い出す。
加奈子は晴美たちに、自分が導き出した答えを伝える。しかし、加奈子の出した答えに納得できない晴美は、彼女と言い争いになり…。

出典:https://www.ytv.co.jp/danshare/story/