ドラマル

『わたし旦那をシェアしてた』5話のネタバレ感想!森雄作が怖すぎ!無痛症にキュンとする?

2019年8月1日に放送されたドラマ『わたし旦那をシェアしてた』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、ついにシェアハウスに凶悪犯・森雄作が襲来!
森は加藤と名乗り、言葉巧みに晴美たちの心をつかんでいき、ある提案をする…。

関連記事

『わたし旦那をシェアしてた』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『わたし旦那をシェアしてた』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『わたし旦那をシェアしてた』5話のあらすじネタバレ

恭平(平山浩行)殺害の実行犯・森(黒木啓司)がシェアハウスに現れます。森は晴美(小池栄子)達の前では加藤と名乗り、「恭平の友人だ」と嘘をつきます。さらに、「晴美さん達の相談役になってほしい、と恭平さんから頼まれていた」と話します。
文江(夏木マリ)が以前は外科医だったことや、秀明(赤楚衛二)に窃盗の前科があることを言い当てて、晴美(小池栄子)、加奈子(りょう)、茜(岡本玲)達に自分の存在を強く印象づけます。
森が目の前に現れたことで、同じく恭平殺害の実行犯である秀明はひそかに動揺していました。
次第に森を信用するようになっていく晴美達を見て、焦った秀明は、文江に「森に近づくのを止めた方がいい」と耳打ちします。そんな秀明を文江は軽くあしらってしまいます。
婚約指輪の鑑定書を秀明が持っていたと聞いた森は、鑑定書を自分に見せるよう秀明に話しますが、秀明はそれを拒みます。
様子がおかしい秀明を見て、晴美達は秀明を怪しむようになります。
そして文江は、「秀明と恭平の本当の関係は何か?」と課題を与えます。

心療内科医の経歴を持っている、と嘘の経歴を語る森に、すっかり騙されてしまっている晴美達は、森に愚痴や不満を吐き出して、相談に乗ってもらいます。
そのうち、「3億円を手に入れたとしても、誰かに狙われるのでは…」と不安になった3人に、森は「3億円を争う戦いはやめて、全額寄付したらどうか」と話します。
寄付する話を聞いた文江が反対しようとしますが、森がうまく言いくるめてしまいます。3人はそのまま、寄付の話を進めてしまいました。

その後、3人は遺産を寄付する予定である、慈善団体の パーティーに出席します。そこで3人は、恭平が以前から行っていたという、慈善活動の写真を見て、ふいに違和感を覚え始めます。
恭平はこんな聖人のような人じゃなかった…もっと現実的な人だった…以前、恭平は「お金は近くにいる大切な人のために使いたい」と話していた…
3人は、直前まで反対していた文江の姿を思い浮かべます。

恭平の写真は、森の仲間である佐伯(渋谷謙人)が作成した偽物でした。森と佐伯の会話を聞いていた文江に、佐伯が襲いかかります。

晴美達は文江と相談がしたい、と思うようになっていました。寄付を取り止めようとする3人に、苛立った森が本性を現します。命の危険を感じ、逃げようとする3人でしたが、森が追いかけます。
大ピンチの中、突如現れた秀明が3人を助けます。秀明は森から暴行を受けますが、刑事の塚本(渡辺真起子)が現れたことで、命を取りとめます。
文江を襲っていた佐伯が塚本に捕まったと聞き、森は不敵な笑みを浮かべます。
「俺が北神谷町殺人事件の犯人だ」と話し、さらに、横たわる秀明を指して「こいつは俺の仲間だ」と言い残して逃げて行きました。

森が逃げた後、秀明は晴美達に、自分と恭平は加害者と被害者の関係だと告白します。文江は「あなたが直接、恭平を殺したわけではない。あなたを許す。その代わり、3人を命がけで守って」と話しました。秀明はその言葉に頷きます。

怪我をしたため、病院に搬送される文江は、晴美達に自分の本当の名前が『天谷文江』であることを明かします。文江は外科医であり、シングルマザーであり、恭平の母親だったのです。

7年間恭平と会っていなかった自分には、恭平の母親を名乗る資格はない、と語る文江は、さらに言葉を続けます。
「余命宣告されていた恭平が、なぜ殺されなければいけなかったの?私の息子はどんな人間だったの?」

文江の悲痛な叫びが晴美達の胸に重くのし掛かります。涙を浮かべながら、3人はじっと文江を見つめていました。

スポンサーリンク

『わたし旦那をシェアしてた』5話のネタバレ感想

20代女性

sao30

晴美達を騙すため、次から次へと言葉が出てくる森を見て、犯罪のプロだなと思いました。騙すための知識や技術が凄いですね。こんな人を敵に回すのはさぞかし怖いでしょうに。体を張って晴美達を守った秀明を褒めてやりたいです。

佐伯に襲われて、必死で抵抗する文江のシーンが結構長かったし、かなり殴られていたので、ハラハラしました。助かって良かったです。

真相を知るために、今までずっと恭平の母親であることを隠し続けて、ひそかに恭平の死を嘆き悲しんでいたのかと思うと、文江が一番可哀想です。恭平の殺害を依頼した犯人が誰なのか、より一層知りたくなりました!

森雄作が怖すぎ!無痛症にキュンとする?

子どもたちにランニングマンを披露しちゃったりしてるから、結構お茶目で可愛い性格と思いきや…。完全に凶悪犯罪者そのものでしたね。

森 雄作(黒木 啓司)の「俺無通症なんだよね」という発言や、ニンマリしながらズンズン迫ってくる姿は、晴美たちからしたら本当に恐怖だったでしょう。

刑事の塚本 美保(渡辺 真起子)も一瞬で倒し、松田 秀明 (赤楚 衛二)に容赦のない攻撃をする姿は、森という犯罪者の恐ろしさを視聴者に見事に見せつけました。

今までの少し和やかだった雰囲気が一変、いつ晴美たちが森に襲われるのか、視聴者もハラハラする展開となりそうですね。

『わたし旦那をシェアしてた』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『わたし旦那をシェアしてた』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

森(黒木啓司)らに襲われて重傷を負った文江(夏木マリ)は意識を取り戻したものの、秀明(赤楚衛二)は昏睡状態のままだった。
晴美(小池栄子)と加奈子(りょう)が病院に付き添い、茜(岡本玲)がシングシングハウスで子供たちの面倒を見ていた。逃亡中の森がまた現れるかもしれず、晴美たちは気が気ではない。
美保(渡辺真起子)は晴美と加奈子に、恭平から森のことを聞いていないかと尋ねる。晴美と加奈子は、まったく何も知らなかった。美保に「なんで恭平があなたたちを選んだか分からない」と言われた晴美は、恭平との出会いについて語り始める。

晴美と恭平が出会ったのは6年前、思い余った晴美が走る車の前に飛び出そうとした時だった。晴美は恭平のお蔭で自殺を思いとどまる。その後、飲みに行った2人はお互いの境遇を話し、心を通わせるように。
加奈子も、恭平の思い出を語る。5年前、スポーツジムのトレーナーとして働いていた加奈子は、そこで恭平と知り合った。加奈子がパーソナルトレーナーになったのは、恭平から「もっと良い職場を紹介する」と勧められたことがきっかけだった。
晴美と加奈子は恭平の思い出を語り合ううち、恭平のかかりつけ医だった笠浦(升毅)の存在に気付く。

一方、茜は沙紀(平澤宏々路)と透(牧純矢)から、恭平がどんな人間だったのかと聞かれて恭平との出会いを語る。4年前、スーパーで荷物を抱えながら買い物をしていた茜は、手首を痛めてしまった。その時、恭平が茜に声をかけ、笠浦のクリニックへ連れて行ったのだった。
恭平の信頼していた笠浦が、謎を解くカギを握っているのではないか? 晴美は笠浦に会いに行く――。

出典:https://www.ytv.co.jp/danshare/story/