ドラマル

『わたし旦那をシェアしてた』2話のネタバレ感想!晴美のモラハラ元旦那がサイテー過ぎ!

2019年7月11日に放送されたドラマ『わたし旦那をシェアしてた』2話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

2話では、晴美の元旦那・室井正樹(安井順平)が登場!
モラハラ夫だった室井の目的は、娘の沙紀(平澤宏々路)なのか?それとも3億円…。

関連記事

『わたし旦那をシェアしてた』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『わたし旦那をシェアしてた』2話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『わたし旦那をシェアしてた』2話のあらすじネタバレ

塚本(渡辺真起子)から「恭平(平山浩行)の殺害を依頼した犯人が、あの3人の中に居る」と警告を受けた文江(夏木マリ)は、晴美(小池栄子)、加奈子(りょう)、茜(岡本玲)に課題を与えます。
「恭平がなぜシングルマザー専用のシェアハウスを運営し始めたのか考えて、3日以内に答えを出しなさい」
課題の答えに悩む晴美のもとに、元夫・室井(安井順平)が現れます。娘の沙紀(平澤宏々路)は恭平が死んでからの出来事を誰にも相談できず、実父である室井に連絡をとって愚痴を吐き出していました。
事情を知り、晴美達が心配だと話す室井。離婚してからは会うことを避けていた晴美は、室井と連絡をとった沙紀を叱りました。母親の都合で振り回されていると感じている沙紀は、反抗的な態度を見せます。

文江に目をつけられた秀明(赤楚衛二)は、「3人の中に恭平殺害を依頼した犯人が居るか探すように」と命じられ、シェアハウスの警備員兼雑用係として働かされることになります。

恭平殺害の実行犯でありながらシェアハウスに身を置く秀明を、監視する存在がありました。
同じく恭平殺害に関わる森雄作(黒木啓司)は、秀明の行動を面白がる一方で、恭平が持っていた指輪の行方を探ろうとします。

後日、晴美のもとに再び室井が現れ、沙紀の様子がおかしいことを話します。室井とのメッセージのやり取りで、沙紀は「死にたい」と呟くようになっていました。
母親として未熟だと非難する室井に、晴美は過去に受けていたモラルハラスメントの記憶がよみがえり、苦しみます。

沙紀とのことで悩む晴美は、プレゼントを渡して距離を縮めようと思いつきます。沙紀がいつも身に付けているブレスレットに合うイヤリングを贈ろうとする晴美でしたが、沙紀は反発します。
口論になり、外へ飛び出した沙紀を追いかけた晴美は、室井と沙紀が一緒に居るところを目撃。
駆けつけた晴美を母親失格だと罵る室井は、「俺が沙紀の面倒を見る」と言い出します。
「遺産が入ったら沙紀に全部渡すよう約束しろ」と話す室井と、自分から離れようとする沙紀の姿を見て、言葉が出ない晴美。

そこへ、加奈子と茜が現れます。
晴美達のやり取りを見ていた加奈子達は、室井を批判します。
「子供の前で母親を侮辱するなんて最低」
「本当は自分が遺産を貰いたいだけ」
問い詰められた室井は、態度を一変。金目当てで沙紀を引き取ろうとしていたことを白状します。
室井の本性を知り、沙紀はもう二度と連絡をしないことを決意します。

晴美は加奈子達にお礼を言い、皆そろって帰宅。
沙紀はいつも身に付けている、恭平から貰ったブレスレットに込められた意味を語り出します。

晴美は以前、精神的に追い詰められていて、自殺を考えていた過去がありました。道路へ飛び出そうとする晴美を助けたのが、恭平だったのです。

恭平が沙紀にプレゼントしたブレスレットは「交通安全のお守り」で、「お母さんが道路に飛び出そうになったら、沙紀が守ってあげてね」という約束の証でした。

晴美は、文江から与えられた課題の答えを導き出します。
「シングルマザー専用シェアハウスが出来たのは、寂しさや痛みをシェアすることで、生きていきやすくするため。実際に、私は痛みを皆にシェアしてもらっている」
晴美の答えは3人で出したものとして捉えられるものの、正解だ、と文江は笑みを浮かべます。

その後、文江は恭平のまだ明かされていなかった秘密を伝えます。恭平は実は重い病を抱えていて、3ヶ月前には既に余命半年だと宣告されていたのです。
何も知らなかった晴美達は、激しく動揺しました。

スポンサーリンク

『わたし旦那をシェアしてた』2話のネタバレ感想

20代女性

sao30

「興味があるから」という理由で大人しくシェアハウスに身を置いている秀明ですが、本当はもっと別の理由があるのでは?と気になっています。塚本が捜査資料の中に幼い頃の秀明の写真を見つけていたし、秀明はこの物語の重要なポジションのようです。

加奈子と茜が晴美を助けてあげている場面を見て、スカッとしました。わりと早く3人の距離が縮まったなと思いましたが、いろんな人間の思惑が複雑に渦巻いていることも分かり、次回からの展開がますます楽しみになりました。

晴美のモラハラ元旦那がサイテー過ぎ!

森下 晴美(小池 栄子)に対する元旦那・室井正樹(安井順平)のモラハラが強烈すぎましたね。

「サキとお金はセットだから」って、思ってても実の娘に言うことじゃないでしょ!
沙紀 (平澤 宏々路)ちゃんがトラウマにならなければいいけど…。

それにしても、沙紀は何故あんな男(父)を慕っていたんだろう?
晴美が罵倒されているとこを見たことなかったのか、それが不思議でしたね。

『わたし旦那をシェアしてた』3話のあらすじ

公式サイトが発表している『わたし旦那をシェアしてた』3話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

入居希望の女性・絵里(松井玲奈)がシングシングハウスにやってくる。彼女は、恭平(平山浩行)の妻だと名乗り、彼の子を妊娠しているという。第4の妻の出現に、晴美(小池栄子)、加奈子(りょう)、茜(岡本玲)は動揺。絵里は、すぐにシングシングハウスでの暮らしに溶け込む。一方、晴美は、恭平に一番愛されてはいなかったのだと思い、シングシングハウスを出ていくと言い出す。そして、文江(夏木マリ)が “この中から1人、追放者を決める投票をする”という課題を言い渡すが…。

出典:https://www.ytv.co.jp/danshare/story/