ドラマル

『駐在刑事 Season2』5話のネタバレ感想!本宮泰風の推し絶賛!連続殺人犯の葛城に涙する回

2020年2月21日に放送されたドラマ『駐在刑事 Season2』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、殺人容疑で裁判中の葛城(本宮泰風)が警察病院から逃走し奥多摩へ!
そんな中、奥多摩で玉井敬一の変死体が発見され、元妻・羽川に疑惑の目が向けられる…。

関連記事

『駐在刑事 Season2』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『駐在刑事 Season2』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「ひかりTV」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『駐在刑事 Season2』5話のあらすじネタバレ

奥多摩で子供たちが大きな岩を発見します。動かせないと言っているところへ駐在の江波敦史(寺島進)が来て、てこの原理を使って、動かし方を教えます。

一躍人気者になった江波は、池原美也子(市毛良枝)の店でも子供たちが江波の話しをしていたと話題になります。そこへ、水根の山奥でしいたけ農家をしている羽川由香里(真飛聖)と桐山天舞音(浅川梨奈)が来て、江波に挨拶をします。天舞音は調理師の勉強をしたいと言って、専門学校に通いながら、こども食堂を手伝っていると話します。

平成最後のフィクサー大曾根(伊東四朗)の元部下の葛城竜蔵(本宮泰風)が逃亡したという連絡が入ります。
江波もしっかりと見回りを強化し、パトロールに励みます。ニュースでも話題になり、奥多摩の住民全員逃亡犯の顔を知ることになります。

次に、男性の変死体が発見されたと連絡が入ります。男性は、玉井敬一(少路勇介)でした。
江波が現場に行くと、警視庁捜査一課管理官の加倉井国広(北村有起哉)、警視庁捜査一課の刑事、穴水虎夫(徳井優)がいました。江波を見て、邪魔者扱いをします。

追いやられた江波は、かつて平成のピクサーと呼ばれた大曾根の屋敷へ向います。そこへ葛城が来て、見回りの刑事と江波は襲われます。怪我もなく二人は無事ですみますが、葛城を逃してしまいます。
葛城は医師から余命宣告をされていて、自暴自棄になっている可能性があるから気をつけるようにと加倉井から言われていた江波は、葛城は何かのために動いているのだと考えます。

警察では、玉井の交友関係を調べ、元妻の存在を知ります。元妻は、羽川でした。江波と話しているところへ警察が来て、アリバイを聞かれます。羽川は19時頃は公民館にいたと言います。
その時公民館に居た人に聞いて回りますが、よく人が出入りするので、時間までは覚えていないと言います。

江波は内田遼子(苗木優子)に羽川の忘れ物だと言って傘を渡されます。今度会った時にでも返しておくと言って、江波は傘を持って帰ります。

逃亡犯の葛城が山奥へ逃げたとの通報を受け、池原孝夫(鈴之助)が人員を引き連れて山狩りしますが、手掛りになるようなことはなく、収穫ゼロだったと江波に報告します。

家に帰り、江波は羽川の傘を広げてみます。傘は濡れていました。江波は孝夫に雨は何時に降っていたのか聞きます。

後日羽川の元へ行きます。羽川はちょうど誰かにお弁当を届けようとしている時でした。江波は、傘を忘れていった事を伝え、傘が濡れていたが、使ったのかと聞きます。
羽川は、公民館に着いたら急に降ってきたといいます。江波は、公民館に着いたのは何時か聞きます。19時頃だったと羽川は答えますが、江波は「なぜ嘘をつくんですか?葛城におどされているんですか?19時に奥多摩で雨は降っていません。降ってきたのは20時頃です。」と、言います。
羽川は葛城に会った時すごく苦しそうだったと話します。逃亡犯だと知っていたと言います。不思議と怖さもなかったと言います。家で休んでもらおうとしたところに元夫の玉井が来ていたと言います。お金をもらいに来ていて、羽川が帰ってほしいと言ってもしつこかったと話します。
そこで葛城が出てきて、威嚇したら、玉井はその時は引き下がったと話します。
しかし、その日の19時頃にまたやってきて、今度はしつこく絡んできたと言います。すぐに暴力を振るう癖があったから包丁を構えたと話します。しかしそれでも来るので無我夢中で抵抗していたら刺してしまったと言います。そこへ葛城が来て、罪を被ってくれたと話します。
そして、羽川は、葛城は子供に会いたいのだと話します。ずっと赤ちゃんの写真を見ているから、会いたい気持ちがよくわかると話します。

羽川も以前は老舗旅館で働いていて、そこの若旦那、玉井と結婚、子供が出来たが旦那の浮気癖が治らず、我慢できずに旅館を継がずに出て来ていました。子供も男の子だったため、引き離され、ずっと会いたいと思っていると言います。

江波はその話を聞いてその話しを警察に話すように説得します。
そして葛城には自分が子供に会わせると約束し、お弁当を持って葛城のところへ行きます。
葛城は江波を見て逃げようとしますが、江波が引き止めます。そして、子供を探すと言って、葛城から写真を預かります。
写真の裏には天舞音と書かれてありました。この名前に見覚えのある江波は、早速、軽部翔平(佐藤寛太)に頼み、子供を探してもらいます。

江波は服を持って葛城のところへ行きます。子供に会いに行くから着替えるよう言います。その時軽部から連絡が入り、葛城の子供は今は母方の姓を名乗っていて、桐山天舞音になっていると言います。江波はやっぱりなと言って確信します。子ども食堂にいる天舞音です。

江波は、こども食堂に行き、天舞音に葛城の事を話します。しかし、自分と母親を捨てた父親を許せず、会いたくないと怒ります。しかし、江波の話が気になって仕事が手につきません。

そして、江波は葛城を連れて軽部と一緒にこども食堂でご飯を食べます。天舞音と一緒に働いている大島佳代(大島蓉子)が、天舞音に、「変なお客さん」と耳打ちします。天舞音が見ると、そこには葛城がいました。びっくりした天舞音は後ろを向きます。
しばらくして振り返ると、葛城は食べ終わった食器を見つめ悲しそうにしていました。その時、軽部に加倉井から電話が入ります。葛城の目撃情報があったため、向かっていると言います。
軽部は、加倉井が来ると江波に言うと、江波は「加倉井管理官は自分が止めておく」と言って出ていきます。そして、加倉井に、葛城は人生で一番大事な食事をしているから5分だけ待ってほしいと頼みます。
加倉井は「一番大事な食事?」と言って、少し考えて5分だけ待つ事を許します。

江波が戻ると、葛城は「もうそろそろか」と行こうとします。しかし、江波は「まだ余裕がある」と言い、席に座ります。
天舞音が卵を溶き始めます。5分がたとうとし、行こうとした時に「待ってください」と天舞音が呼び止め、卵焼きを出して「これも食べてください」と言います。葛城は、ゆっくりと玉切焼きを食べると、「あいつの味だ」と言います。天舞音は、「お母さんの味覚えていてくれたんだ」と言って涙ぐみます。葛城は涙をこらえながら卵焼きを完食します。天舞音は、「また来てください」と言って見送ります。
江波は葛城を連れて外に出ます。天舞音は、一人かがんで号泣します。

警察署で、江波は羽川に葛城が無事に子供に会えたことを伝えると、涙を流しながら喜びました。江波は、次は羽川にも子供に会える日が必ず来ると言い、それにはしっかりと罪を償って水根に戻ってきてほしいと言って見送ります。

『駐在刑事 Season2』5話のネタバレ感想

40代女性

ちゃんりー

葛城は実はいい人なのかもしれないと思いました。大曾根に雇われて殺人を犯してきたのは決して許されることではありません。が、心は優しいのかなと思いました。
人の罪を被ったり、江波を信じたり、たくさんの殺人を犯してきたにも関わらず良心がないと信じることも庇う事も出来ないと思います。

天舞音も会いたくないと言いながら気にしていて、やっぱり父親に会いたかったのかなと思いました。悲しげな父の様子を見て卵焼きを作った天舞音、すごくいい子ですね。
最後に娘の作った卵焼きが食べられて葛城ももう思い残すことはなさそうだと思いました。

天舞音の「また来てください」の一言が、父親を許したようにも取れました。この場面、涙がとまりませんでした。もう一度、罪を償ってから天舞音のところに行ってほしいと思いました。

加倉井のツンデレ、すごくいいです。なんだかんだ言っても、加倉井は優しい。江波のやることや頼み事、渋い顔をしながらも許してくれるところがまたいいです。

本宮泰風の推し絶賛!連続殺人犯の葛城に涙する回

病で苦しむ自分を気遣ってくれた佳代(大島蓉子)の玉井敬一殺害の罪を被ろうとする葛城(本宮泰風)。
まさに殺しのプロといえる所作や、駐在・江波との格闘シーンは見応えがありましたね。

そして、葛城(本宮泰風)と娘・天舞音(浅川梨奈)との再会に感動しました。
味を覚えてるという繋がりもいいし、あの場面で鈴木雅之さんの「たとえ世界がそっぽ向いても」を流すのズル過ぎる!
『駐在刑事』は、ほっこりと心に沁みるドラマなのがいいですよね。

『駐在刑事 Season2』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『駐在刑事 Season2』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

美也子(市毛良枝)の夫・岩男の13回忌に“奥多摩のクマタカを守る会”のメンバーや岩男の親友・風巻(渡辺裕之)が集まる。江波(寺島進)は、彼らがソーラーパネル建設のための森林伐採計画をめぐり森瀬建設の森瀬社長(相島一之)とトラブルになっていることを知る。翌朝、崖下から森瀬が死体で発見され、血中からは麻薬の成分が!
鍵を握るのは…おにぎりと味噌漬け!? 転落の謎に江波が挑む!山で消えた父、涙の真相とは?

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/chuzaikeiji2/story/