ドラマル

『CHEAT(チート)』10話(最終回)のネタバレ感想!安斎の逃亡により続編確定?

2019年12月5日に放送されたドラマ『CHEAT(チート)』10話(最終回)のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

遂に最終回、沙希の逮捕を受け、チートが解散。ジュエル☆トリコも解散が決定!
安斎に嵌められて、ナミオカとして逮捕され絶体絶命の沙希に逆転の奇策はあるのか…。

関連記事

『CHEAT(チート)』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『CHEAT(チート)』10話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『CHEAT(チート)』最終回のあらすじネタバレ

星野沙希(本田翼)が、警察に捕まり、蓮見将暉(桐山蓮)に取り調べを受けています。「お前が波岡だろう?この詐欺師め!」と言われますが、沙希は、ずっと否認しています。沙希の口座には大金が振り込まれており、詐欺師と組んでいたといわれてもおかしくない状況です。しかし、沙希は否認し続けます。

一方チートでは、加茂悠斗(金子大地)が、パニックになっています。「なんで沙希さんが?なんで沙希さんが逮捕されなきゃいけないんですか。でも、なんであんなところに警察がいるんですか」と怒っています。
丸山美月(福原遥)と根岸俊(上杉柊平)は、荒れ狂っている加茂を見ながら、「そんなん決まってるでしょ?誰かが警察に情報を漏らしたんじゃん」と言います。加茂は、ふと沙希の言っていた言葉を思い出します。「あの日最後に残っていたのは?」そこで美月の顔をじっと見ますが、美月に「何?」と怪訝そうに言われ「なんでもない」と言います。
根岸が、「もうチートやめようか」と言い出します。美月も、「そうだねー。なんか飽きちゃったし」と言います。そして、2人は、「チート解散」と言って去って行きます。

一人になった加茂は、一人でやけ酒をします。
ベロンベロンに酔いながらフラフラと公園を歩いていると、占い師がいます。そして、「彷徨っていますね。本物を見つけることです。」と言われ、胸を押され、後ろに倒れます。
翌日、気づくと、そこにはもう誰も何もありません。ポケットには地面師で使われている土地の本物の持ち主の名前と住所、老人ホームが記されていました。

根岸は、冤罪詐偽の女性の後を尾行します。
盗聴もし、情報収拾をします。翌日、家から後をつけ、コインロッカーにかばんを入れているところを目撃します。女性が立ち去った後、根岸がコインロッカーを開け、中を確認します。かばんの中にはカードが入っています。見ると、「ハズレ」と書かれていました。悔しがる根岸、その様子を安斎和毅(風間俊介)がカメラで見ています。

その後、美月から連絡があり、会います。
美月は、チートの捜査情報の入ったUSBを高値で安斎に売ります。安斎が受け取り、PCに差し込みます。差し込んだ途端、美月のPCに居場所が表示されます。美月が慌てて行くと、PCの画面には、「ハズレ」の文字があります。美月は悔しがり、「遊ばれてんじゃん」とぼそっと言います。その様子もカメラから安斎が見ています。

取調室では、沙希が蓮見に、「私じゃない。やったのは安斎だ」と言います。そして、安斎が地面師を企てている事を言います。
安斎の部下・大谷光司(岩本照)が、「本当なのか裏を取ってきます。嘘は一つ一つ潰したほうがいいでしょう」と言って、出ていきます。戻ってくると、「土地契約売買の予定はありませんでした」と報告します。

ジュエル☆トリコでは、沙希の情報が拡散され、解散の聞きに陥っています。そして、とうとう、沙希が逮捕されたという報道を目にします。
マネージャーの中込真治(清原翔)は、上からの指示で、ジュエル☆トリコは解散すると告げます。ユナ(横田真悠)とマイ(富田望生)はショックを隠せません。ユナがモモ(本田翼)のロッカーから、モモの衣装と置き手紙を見つけて来ます。「お世話になりました。モモ」ユナは、「モモさんこうなることわかってたんだよ」と言って悲しそうにします。中込に渡すと、中込はその手紙をぐしゃぐしゃっと握り潰します。

加茂は、老人ホームに行き、本物の土地の持ち主に会います。そして、警察に連絡し、安斎が地面師をすることを伝えます。いつやるか、場所はどこかと聞かれ困っていると、美月と根岸が代わりに話します。ようやく3人揃います。
沙希は星野稔(池内万作)に会いたいと言います。1分だけという約束で、星野稔に会います。

大谷は安斎に、沙希と詐欺師が会っていた写真を蓮見に見せたら信じたと話します。安斎は、「聞かれなかったか?どこで見つけたか」そう言われた大谷は、「安斎さんのデスクの中から見つけたと伝えておきました」と言います。その一言で安斎の顔色が変わり、「浅いな。お前の嘘は浅い。失格だ」と言って去ります。
大谷は署に戻ろうとした時、蓮見が部下を連れて車から降りて来ます。そして「公文書偽造罪で逮捕する」と言って、大谷を逮捕します。蓮見が、「安斎のデスクの中を見たことがあるか?空っぽだったんだよ。捜査なんてひとつもしていない」と言い、「残念だ」と言って背を向けます。

いよいよ地面師決行の日。
安斎は取引のやり取りをカメラで見ています。加茂は当日に来たのに、誰もいないので文句を言います。いくら待っても誰も来ないので取引をしている部屋に乗り込みます。すると、入った瞬間足にコードをひっかけてしまいます。安斎が見ている画像が乱れます。それを見た瞬間、安斎は波岡了祐(高橋努)に電話をかけ、「お前今どこにいる?」と聞きます。「どこって…」と言おうとした時、画面が変わり、沙希が現れ、「はい、そこまで」と言います。
波岡はすでに捕まり、詐欺グループ全員捕まっていました。安斎は、自分が騙されたのに気づき、悔しがり、「騙されるのもいいもんだ」と言います。

加茂は、根岸と美月に説明を聞きます。全部沙希の指示だったと。沙希の計画で、あえて沙希が捕まり、蓮見を味方にして動いていました。そして、安斎の声をAIで分析させ、安斎の声を作ります。その声で波岡に電話をかけ、日程変更を伝えます。
波岡は、電話に出て、「あ、波岡さん、わかりました。みんなに連絡しておきます」と言って電話を切ります。そして、全てが順調に前日に終わり、逮捕もその日のうちに終わっていたと言います。安斎に見せるために、録画しておいたカメラを流していたと話します。何も知らされていなかった加茂は悔しがります。

屋上に、安斎が来ます。沙希に「80点だ。俺が波岡だという証拠はどこにもない」と言います。沙希は、ニヤリと笑って、「あんたが私にしたこと覚えてる?チートの振り込み口座、あんたが私にしたことそっくりそのまま返すよ」と言います。
安斎が確認すると、安斎の口座に50億振り込まれています。「そのお金、地面師の額とピッタリ合うから言い逃れ出来ない」と言います。安斎は、ニヤリと笑って「100点だ」と言います。沙希が、「なにがしたかったの?」と聞くと、安斎は、「ゲームがしたかったんだ。だが、ゲームは一人じゃ面白くない。そんな時お前の親父に会った。面白かった。だが、だんだんとつまらなくなってきたんだ」と話します。「それで捨てたんだ」と沙希。「すぐにわかったよ。沙希。お前は俺と同じだってね。お前と遊んでみたかったんだ。お前達の勝ちだ。最高に面白いゲームだったよ。」と言います。
沙希は、安斎の胸ぐらを掴み、「バカじゃないの?人の人生をなんだと思ってる?人を巻き込むな!人の人生をおもちゃにするな!」と激怒します。安斎は逮捕されます。しかし、安斎が乗り込んだ車に、見覚えのある顔が沙希の頭をよぎります。カイト(福崎那由他)でした。慌てて蓮見に「追いかけて!」と言いますが、追いつかず、安斎は手錠を外し車から降りてきます。そして、「次のゲームはいつにする?」と言い残し、安斎は姿を消します。

ジュエル☆トリコでは、モモがファンを前に謝罪をします。一連の報道について、詐欺師の娘であること、全てを打ち明け、責任を取ってジュエル☆トリコを辞めると言います。
加茂が、「モモさんは悪くない!」と叫びます。根岸と美月も駆けつけていて、「あの子はみんなには嘘つかないと思うよ。俺たちが保証する」と言って、モモを援護します。みんながモモの名前を呼んでモモコールが響き渡ります。マイとユナもモモに近寄り、無言でうなづきます。

その後、歩道橋の上で根岸と美月は自分の過去の話をします。根岸は、人間不信になったことがあり、一人の方が楽だったと言います。「でも、加茂っち見てて思ったんだ。加茂っちみたいに誰かのために頑張るのも悪くないかもってね」と言います。
美月は、PCオタクで引きこもっていた時期があったと話します。「加茂ちゃんといると楽しい」と言います。加茂は2人に言われ照れます。

沙希の方に行くと、「うざい、やっぱりあんた失格」と言われます。ショックを受けている加茂を見て笑っている沙希、根岸と美月もそれを見て笑うのでした。

スポンサーリンク

『CHEAT(チート)』最終回のネタバレ感想

40代女性

ちゃんりー

やっぱり、波岡と名乗っていたのは安斎でした。安斎は本当何を考えているのだろうと思いました。やっぱり頭のいい人って歪んでいるのかなとも思いました。詐偽をゲームって、詐偽は人生そのものを奪う行為なのでそれをゲームとして楽しむとか、ばかじゃないの?と思いました。沙希が最後に言ってるとおり、本当そのとおりです。

安斎は何がしたかったのでしょう。単なるゲーム、暇つぶし、それでたくさんの人を巻き込んで、本当何様?って感じです。

逮捕されたかと思ったら逃げるし、なんだか、次回作があるような終わり方でした。沙希が捕まるなんておかしいとは思っていました。何か裏があるのではと思っていましたが、やっぱり沙希の計画だったんですね。

全てが安斎を騙すための作戦。美月も裏切り者かと思ったけれど、沙希を助けるためにわざと安斎の味方のふりをしていたみたいですね。なんだか、これで本当に終わり?となんだかしっくりこない最終回でした。

安斎が捕まっていないのがどうも納得出来ません。次回作、いつかやってくれるといいなと思います。

安斎の逃亡により続編確定?

かまってちゃん安斎和毅(風間俊介)の逃亡や最後のチートメンバーを見つめる視線から、『CHEAT(チート)』続編を期待する声が集まっています。

このままでは、安斎に振込まれた50億は取り返せず泣き寝入りになりそうですし、ジュエル☆トリコの成長・活躍をもっと見たいし、『CHEAT(チート)2』ありえますよね?

まとめ

大どんでん返しのオチはなく、「安斎=ナミオカ」ということでの最終回となりましたね。かもっちが、根岸がナミオカなんていう展開を予想していましたが、外れてしまいました…汗。

逃げたかまってちゃん安斎は、今後(続編)も沙希にちょっかいを出してきそう。
沙希も「はい、そこまで」といって捉えたのに、安斎が沙希の能力を信じて、自分が捕まる絵まで描いていたとなると、一本取られたことになるので、このままでは終われないでしょう。
実際、沙希も少し安斎との騙し合いの続きを楽しみにしてそうでしたよね。

最終回、少し残念だったのは、大谷刑事が安斎についた理由の回収。
蓮見を裏切り安斎についた訳を知りたかったです。何か恨みでもあったのでしょうか?

昨今多い詐欺ドラマですが、詐欺師が詐欺師を捕まえるという騙し合いの構図は、非常に面白いと感じました。
是非、『CHEAT(チート)』続編では、より視聴者をハラハラドキドキさせる作品を作ってもらいたいですね。