ドラマル

『CHEAT(チート)』9話のネタバレ感想!視聴者混乱?最終回を目前に全く訳が分からない!

2019年11月28日に放送されたドラマ『CHEAT(チート)』9話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

9話では、星野稔がトスカ詐欺の真相を蓮見に話し始め、ナミオカの正体が明らかに!
加茂は裏切り者なのか?そして警察を辞めた安斎の目的とは…。

関連記事

『CHEAT(チート)』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『CHEAT(チート)』9話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『CHEAT(チート)』9話のあらすじネタバレ

蓮見将暉(桐山蓮)の元にチートが詐欺師だというメールが届きます。そして、波岡は星野沙希(本田翼)とも書かれています。

蓮見は、星野稔(池内万作)の取り調べで、話しやすいように蓮見と星野稔と2人になります。蓮見は星野にチートについて聞きます。そして、時分の両親は星野稔が起こしたTOSUKA(トスカ)詐偽の被害者だと言います。
だんまりだった星野稔ですが、昔話を始めます。18年前に、ある男性と会ったと話します。その男はとても嘘つきだと話します。興味があり、話していくうちに仲良くなり、一緒に仕事をするようになったと言います。TOSUKA詐偽もその男が考えたのだと言います。しかし、自分はその男に裏切られたと言います。通帳のお金が全部引き落とされていました。
そして電話があり、沙希を人質に取ったと話します。沙希を守るために逃げるしかなかったという星野。その男の名前は、安斎和毅(風間俊介)だと言います。

蓮見は信じられないという感じで話を聞いています。
星野稔は、協力して安斎を捕まえようと言います。安斎はでかい詐偽をすると話します。協力する代わりに沙希に会わせてほしいと言います。しかし、蓮見はやはり信じられないのでその話を呑むことはできません。

蓮見は自分の机に戻ると、安斎の手下で部下の大谷浩司(岩本照)が来て安斎が警察を辞めたと伝えます。半信半疑で、沙希に本当のことを聞こうと呼び出します。
呼び出された沙希は、蓮見にチートについて聞かれます。頼まれた詐欺師達は誰一人として逮捕されておらず、起訴もされていないと聞かされます。そして、安斎は警察も辞めたと聞かされます。沙希は、安斎に連絡をしますが、すでに連絡がとれなくなっていました。

警察各所にチートが詐欺師だというメールが拡散されます。
蓮見は、安斎を追いかけ、星野稔から聞いた話をします。安斎は、「一流の嘘つきは嘘の中に少しだけ本当を混ぜる。お前に本当が見分けられるかな」と意味深なことを言って立ち去ります。

チートでは、加茂悠斗(金子大地)が夜にチートの事務所に行きます。そこには丸山美月(福原遥)がいました。加茂を見て少しびっくりしたような感じで、「加茂ちゃん?どうしたの?」と聞きます。加茂は、「あ、忘れ物」と言います。
美月が出て行った後、PCのデータを消そうと中身を見ようとしますがパスワードがかかっていて開けられません。何回も試していますが全然開きません。とうとう加茂はPCを壊そうとします。そこへ根岸俊(上杉柊平)が止めに入ります。美月と沙希もいました。壊そうとしたところを3人に見られ、加茂は3人に問い詰められます。
加茂が口を開こうとうとした時、沙希が、「頼まれたんでしょ?」と聞きます。安斎について加茂はいろいろ聞かされます。そして、チートが捕まえた詐欺師たちが誰一人逮捕されていないこと、事件にすらなっていないことを聞かされます。加茂はびっくりします。

加茂は、自分は痴漢の冤罪被害にあったと話し始めます。
偶然安斎さんがいて助けてくれた。それで、チートの仕事を手伝うように言われたと話します。そして、自分は警察官じゃないこと。しかし、加茂が警察官じゃないことはみんな知っていたみたいで、「そんなの知ってたよ」と美月が言います。

痴漢の冤罪というのに引っかかりを持った美月は、痴漢冤罪で調べ、写真を見せると加茂が「あ、この人です!」と言います。その女性は痴漢冤罪詐偽師でした。
「加茂ちゃん、はじめっからカモだったじゃん」と嘆く美月。安斎の居場所はわからないまま、連絡も取れないままなので、捕まえた詐欺師たちの周辺を調べることにします。

調べれば調べるほど今まで捕まえてきた詐欺師が集まっていました。そして、詐欺師達が地面師を企んでいるところまでわかります。

沙希は、加茂と2人になったときに、「PCのデータが消えた夜、誰がいた?」と聞きます。加茂は「美月さんです」と言います。沙希は、「ふーん」と言います。
加茂は、「美月さんを疑ってるんですか?いやですよ。仲間を疑うなんて」と言います。沙希はそんな加茂を遮り「茶入れて。ルイボスティー」と言ってお茶を入れさせます。

屋上で考えているとジュエル☆トリコのマネージャー・中込真治(清原翔)から電話が入ります。出ると、「モモさん、大変なことになってます。ネットですごいことになってるんで一度事務所に来てもらえませんか?」という内容でした。
急いでネットを開いてみると、「ジュエル☆トリコのモモは詐欺師の娘」と書かれていました。頭を抱える沙希。

美月は、ホテルの関係者であろう男性と接触し、携帯のデータを盗んでいました。

警察署では、大谷は沙希や美月が詐欺師たちに会っている写真を安斎の机から見つけたと蓮見に渡します。しかし、蓮見は、「決め手にかける」と言って突き返します。

地面師決行当日、根岸はホテルマンに変装し、加茂と美月は遠くで見ています。根岸が隠しカメラをセットし、美月達と合流します。そこへ沙希が来ます。
しかし、沙希がホテルへ入るとたくさんの警官に取り囲まれ、沙希を逮捕します。蓮見は、「やっぱりお前が波岡だったのか」と言います。

遠くで沙希が捕まる様子を見ていた安斎。ニヤリとしながら、「はいそこまで」と言います。

スポンサーリンク

『CHEAT(チート)』9話のネタバレ感想

40代女性

ちゃんりー

どんどん、安斎の悪事が明らかになっています。そして、美月が裏切り者のネズミなのか。加茂が来た時の慌てようは怪しいです。

加茂が隠していたことは、痴漢の冤罪をきせられていた事と警察官じゃないことでした。全然どうでもいいことだと思ったのですが、その暴露したおかげで冤罪詐偽師も仲間に加わっていることがわかりました。

意外だったのが、安斎が詐欺師だったということです。警察に入っているからもっと違う企みがあったのかと思っていました。
安斎の狙いは、大きな有能な詐欺集団を使っての大金を狙った計画だったんですね。

地面師は、知能犯、実行犯がいないと成立しません。しかもとても頭のよい詐欺師でないとばれてしまうので、かなり大掛かりな詐偽です。しかし、騙すお金も大金です。そこに手を出そうとしている安斎大物詐欺師を狙っているのか。

黒幕を知ってからは、安斎の話すこと全てが嘘にしか思えなくなりました。そして、波岡の正体は安斎。もしかしたら、安斎こそが史上最高の大嘘つきなのかもしれません。沙希が捕まってしまいましたが、次回最終回、沙希の逆転勝ちはあるのか、とても楽しみです。

視聴者混乱?最終回を目前に全く訳が分からない!

とにかく何が何だかわからない!
これに尽きます。

沙希が捕まり、「はいそこまで!」という安斎。
沙希を誘ってチートを作り、壊し、沙希をナミオカに仕立て上げて、警察に捕まえさせて目的完了?
全く目的が分かりません…。

最終回、薄っぺらく考えると、安斎の罠にわざとかかっている沙希たち(チート)が大逆転すると予想できますが、きっとそんな落ちじゃありませんよね?

どうも大谷刑事もまだ裏があるようだし、安斎もひょっとしたらホンボシをあぶり出すために壮大な騙しをしているような気も…(深読みしすぎ?)。
全く読めない最終回、楽しみですね。

『CHEAT(チート)』10話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『CHEAT(チート)』10話(最終回)のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

伝説の詐欺師・ナミオカとして逮捕された沙希(本田翼)。彼女は蓮見(桐山漣)の取調べを受け、詐欺師と共謀していたという身に覚えのない証拠を突き付けられる。
沙希が逮捕されたのは、チートの中に裏切り者がいた可能性が高かった。沙希を救うために一致団結しようと主張する加茂(金子大地)に対し、美月(福原遥)と根岸(上杉柊平)はチートをやめると言い出す。多数決でチートの解散が決まる。その様子を、安斎(風間俊介)が隠しカメラを通じて見ていた。

ジュエル☆トリコのモモが詐欺師の娘ではないかという噂が広まり、中込(清原翔)は対応に追われていた。モモは姿を消したままで、不安になるマイ(富田望生)とユナ(横田真悠)。中込たちは、モモこと沙希が詐欺容疑で逮捕されたことをニュースで知る。
沙希が容疑を否認したまま、取調べは続いていた。
沙希の逮捕で混乱するジュエル☆トリコは、事務所の方針で解散が決定する。

一方、1人になった加茂は、沙希を助けたいと思いながら何もできず、途方に暮れるばかり。沙希は厳しい取調べを受け、疲れも限界に達していた。チートはバラバラになり、巨額詐欺を狙う安斎の企みは着々と進行する。
安斎との最後の戦い、絶体絶命の状況まで追い込まれた沙希に逆転のチャンスはあるのか!?

出典:https://www.ytv.co.jp/cheat/story/