ドラマル

『CHEAT(チート)』7話のネタバレ感想!美月の年齢詐称が発覚!波岡は経歴詐称の根岸?

2019年11月14日に放送されたドラマ『CHEAT(チート)』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、占いサイトで詐欺に遭ったという昌枝の依頼を受け、チートが動き出す!
美月が占いサイトに関係する店を突き止め、加茂が潜入するが…。

関連記事

『CHEAT(チート)』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『CHEAT(チート)』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『CHEAT(チート)』7話のあらすじネタバレ

ジュエル☆トリコのマネージャー中込真治(清原翔)がモモ(本田翼)に秘密を知っていると言います。黙るモモに、「黙っていないでなんとか言ってください。隠しても無駄ですよ。僕、見ちゃったんですよ。」と言って携帯から写メを見せます。
そこには、モモこと星野沙希(本田翼)と加茂悠斗(金子大地)が一緒にいるところが写っています。中込は、「彼氏なんでしょ?下手な変装までして」と言います。「それに、この人、ライブにも来てましたよね?ユナ推しで。ユナと三角関係ですか?まさか、ユナがこなくなってるのって…」と言うと、モモは完全否定します。
そして、加茂の事を兄と言い出します。なんとか中込に一緒にいるのは兄ということで話しを通します。モモは、ユナ(横田真悠)にメールを送りますが、返信はありません。

一方警察署では、蓮見将暉(桐山蓮)が幼い沙希とその父親・星野稔(池内万作)が一緒に写っている写真を見ています。星野稔の腕には、沙希が見せたブレスレットがありました。
そこへ部下が報告に来ます。「ラミシステムのデーターがどこにもありません。倒産してからラミシステムに関するデーターが消されています。」と言います。蓮見は、「ラミシステムは安斎和毅(風間俊介)が調べていたな」と聞きます。安斎に対する不信感が募る蓮見。

沙希がメールをしているところに蓮見が来て、沙希が見せたブレスレットは父の星野稔がつけていたんだなと言います。「どこで見つけた?」と聞きますが、沙希は何も言いません。「ラミシステムか?」と聞きますが、沙希は何も答えません。
蓮見は、「どうしてあったんだ?」と聞きます。沙希は、「そんなに知りたいんなら、勢野(笹原秀幸)に聞けばいいでしょ!?」と言います。蓮見は、「勢野はラミシステムが倒産してから行方がわからない」と言います。不審に思う沙希でしたが、黙って行ってしまいます。

チートに行くと、安斎が依頼人・野呂昌枝(木崎ゆりあ)を連れてきました。占いの詐偽にあったと言います。最初は無料占いというところから入り、アクセスしたと話します。
最初は無料ということで気軽に個人情報を入力して、送信したらすぐに返事が来たと話します。その後、有料サイトに誘導され、そのまま有料サイトでやり取りをしていたら、ある日高額なポイントを買ったら連絡が取れなくなったと言います。
調べたら、同じように占いで騙された人のブログを見つけ、詐偽だと気づいたと話します。被害額は300万円。クレジットの明細には1ヶ月で20万円の請求がきていました。やめようとすると、脅迫めいたメールが届いてやめれなかったと話します。
加茂はいつものように、「任せてください!絶対に捕まえてやります!」と意気込みを見せます。サイトを調べていくと、占いが運営している会社は、ペーパーカンパニーであることがわかってきます。
そして、既存の占いの店舗を見つけ、行くと、占い詐偽とは全く無関係の所でした。勝手に住所を使っていたようで、丸山美月(福原遥)と根岸俊(上杉柊平)は振り出しに戻ったと途方に暮れます。

ジュエル☆トリコでは、中込が、新しい女性のマネージャーを連れてきます。
そして、人気アイドルのシャチとの仕事が入った事を伝えます。モモとマイ(富田望生)は大喜びです。しかし、ユナは音信不通で姿も現しません。マイが、「ユナは絶対くると思う」と言ってユナが来ることを信じます。
ユナがシャチのラジオを聞きに行っているところまで行き、ユナを説得します。しかし、ユナは頑なに拒否します。

沙希は安斎を呼出して、ブレスレットを見せます。「勢野の取り調べは順調?」と聞きます。安斎は「あぁ、順調」と言います。沙希は安斎に「勢野にこのブレスレットの事を聞いておいて」と言って安斎にブレスレットを渡します。

蓮見は安斎に対する不信感が募ります。そこで、安斎の引き出しを見ます。しかし、引き出しには何も入っていませんでした。
安斎は蓮見が引き出しを開けた事に気づき、蓮見に話しかけます。蓮見は、「波岡は本当に存在するのか?」「星野稔が波岡なんじゃないのか?だから星野の娘に関わってるんじゃにのか」と聞きます。
安斎は「俺の興味があるのは波岡だ。」「詐欺師はいなくならない。お前が星野の娘に悪意を向けるのは検討違いだ。星野を捕まえたところで詐欺師はなくならない。騙されるやつらがいるからな。」と言って、「引き出しは開けたら閉める、教わらなかったか」と言って思い切り引き出しを閉めます。

その頃、加茂が一人でチートにいると、下から誰かが上がってくる音がします。上がってきたのは野呂です。全身ずぶ濡れで、お財布をなくし、携帯の充電も切れて困っていると話します。加茂は、事務所へと案内してしまいます。
そして、タオルと温かいお茶を出します。野呂は、充電器を貸してほしいと言います。加茂は美月や上杉の事をペラペラ話します。野呂から、黙っていたことがあると打ち明けられます。もう一つの占いサイトでも高額なお金を支払っていたと言います。

後日、根岸と美月に話し、美月が調べます。もう一つの占いのサイトも書いてあるのはペーパーカンパニーでした。そして、既存の占いの住所があることを言うと、加茂が真っ先に「俺が行ってきます」と行ってはりきって出ていきます。住所に行ってみたところ、そこは、加茂が占い師と会っていた公園でした。
チートに戻り、その事を伝えると、沙希が食いついてきました。そして、何かを感じたのか盗聴器を発見します。
沙希を始めみんな外に出ます。屋上で、沙希は加茂に、「誰を部屋に入れた?」と聞きます。加茂は野呂だと言います。しかし、何がなんだかわかっていません。野呂に盗聴器を仕掛けられた事を話します。加茂は信じられないと言って、野呂に連絡します。野呂は出ません。根岸と美月は、メインバンクさえわかればなーとつぶやきます。沙希はメインバンクが見つけられるかもと提案します。

事務所に戻り、加茂に、「加茂ちゃんのおかげだよ!」「メインバンクがわかったの。とても簡単に割り出せたよ。凍結完了!」と美月。

話しを盗聴器で聞いていた野呂は、焦ってPCを触っています。そこへ、インターホンが鳴り、出ると沙希でした。部屋に上がり込み、「はい、そこまで。二人の会話に騙された?凍結したと聞かされたら犯人は慌ててメインバンクにアクセスすると思ったから、本当にすぐにアクセスしたからすぐにIPアドレス調べてたどり着いたのがこの部屋。そしてここにはあんたがいた。占い詐偽はあんただ。」と言います。
野呂は、「はい、よくできました。」と言って自分が詐欺師だと認めます。そして、「もっと頭のキレるやつかと思ったけど、たいしたことないね。星野稔の娘っていうんでどんな子かと思ったんだけど。たいしたことなかった。居場所知りたい?何?会いたい?」と言って高笑いをします。
その後、電話をかけて自首を申し出ます。

事件は解決したかのように見えましたが、事務所で話している時、加茂が野呂に充電器を貸したということを話します。3人は驚き、美月は慌てて充電器を取りに行きます。
「私のじゃない!私のはここにMって書いてあるもん」と言って充電器を見せます。野呂によってすり替えられていました。その充電器は個人情報を抜き取る細工がされていて、PCには美月の個人情報、充電器を借りた根岸の個人情報が出されていました。美月は加茂に17歳と言っていたのが本当は21歳だとばれ、根岸は元探偵と言っていたのが職歴なしということがばれ、加茂に責められます。二人はショックを受けます。

翌朝、加茂がチートに向かう途中、信号待ちしていると、隣に星野稔が来ます。星野は加茂のポケットにこっそり紙を忍ばせます。そして、加茂が信号を渡り終えると、何かを感じ、加茂が振り返ります。キーンという金属音を聞いて、占い師だとわかります。車が通り過ぎると、いなくなっていました。
加茂は、沙希に来る途中で占い師に会ったと言います。すぐいなくなったことも伝えます。そして、ポケットからスマホを取り出すと紙を落とします。美月が見つけて「加茂ちゃん落ちたよ?」と言うと、加茂が拾って中身を見ます。鴨の絵が書かれています。「加茂ちゃんなだけに鴨!?」と話していると、沙希が取り上げ、「ネズミがいる」と言います。「ネズミ?この中に裏切り者がいるってこと?」と大騒ぎになります。
加茂は、何かを決心したみたいに「みなさん、実はみなさんに隠していたことがあります。僕は…僕は…」と何かを言おうとします。

安斎と野呂が白い謎の部屋で話しをしています。
「案外簡単だった。言われたとおりやってあげたわよ。お望み通り、ダメージ与えときましたよ。」と野呂が言います。安斎は「そうか」と言います。「ダメージを与えてくれればいい」とつぶやきます。
何かを企んでいる様子の安斎。野呂が安斎に迫ろうとすると、「一人にしてくれないか?」と言って野呂を部屋から追い出します。

そして、蓮見の元には、星野稔が出頭してきたと報告が入るのでした。

『CHEAT(チート)』7話のネタバレ感想

40代女性

ちゃんりー

まさかの依頼者が詐欺師だったとは思いませんでした。
途中から怪しいとは思っていましたが。そして、加茂のばかっぷり。事務所には誰もいれてはいけないと確か最初に言われていたのにと思って見ていました。案の定、いろいろ仕掛けられていました。

加茂が、何も知らない感じで騙されたり盗聴器とか仕掛けられたりするのは、わざと?それとも素?なのかとだんだん不審に思えてきました。そして、安斎の不敵な笑い、怪しすぎてすごく気になります。

沙希の父親も、なぜ加茂の周りをウロウロしているのか、加茂に何を訴えてるのか気になるところです。
ねずみは加茂なのか安斎なのか、安斎もすごく怪しいです。加茂も安斎が連れてきているので、何を企んでいるのかとても気になります。

今回は今までにはない、詐欺師ではなく被害者がまさかの詐欺師でひっかけられました。ゲスト出演から今回は怪しいです。いつもゲストは詐欺師の方なのに今回は被害者でした。すでにそこから被害者の皮を被った詐欺師だったのかと思いました。

美月の年齢詐称が発覚!波岡は経歴詐称の根岸?

美月の年齢詐称が発覚!
何回か「17歳ではない?」というフラグはありましたが、実年齢21歳だったとは。結構サバ読みましたね。
そして「JKってなんか楽だし何でも許されそうじゃん!」というのが年齢詐称の理由。
美月らしい可愛い理由でしたね。

根岸に至っては元探偵ではなく、一度も定職についていないずっと無職。
「元探偵」確かに何か裏がありそうでカッコいいですよね。

さて、どうやらチートのメンバーの中に「ねずみ」がいることが、沙希の父・星野稔のメッセージでわかりました。
単純に考えれば、メッセージ(紙)を受け取った「加茂=ねずみ」と考えられそうですが、わたしは根岸がねずみであり、波岡なのではないかと予想。

つまり、安斎は波岡ではない!
安斎はチートに紛れ込んでいる波岡を捕まえるため、加茂を潜入させていると考えます。

根岸が「ねずみで波岡」とする理由は、根岸が無職であったということ。
さらに、世界一周していたということからです。

ちょっと弱い理由ですが…
無職だったわりに詐欺が手慣れていますし、世界一周というのが何とも怪しい!
野呂昌枝(木﨑ゆりあ)の発言からも、今回一番ダメージを受けたのは根岸のような気もしますし、チートメンバーから消去法でねずみを割り出すと、根岸が一番しっくりきます。

果たして真相は?来週、いよいよ安斎が動き出しそうですし楽しみですね。

『CHEAT(チート)』8話のあらすじ

公式サイトが発表している『CHEAT(チート)』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

ジュエル☆トリコがゲスト出演する人気アイドルのライブが近付き、沙希(本田翼)はマイ(富田望生)とともにレッスンに励んでいた。しかし、ユナ(横田真悠)は、まだ戻ってきていなかった。ユナが戻ってこなければ、ジュエル☆トリコは2人でライブに出なければならない。

そんな中、チケット詐欺の被害者・内山がチートを訪れる。内山は加茂(金子大地)のアイドルオタク仲間。彼はジュエル☆トリコの先輩である人気アイドルのプレミアライブのチケットを手に入れたものの、仕事で行けなくなってしまった。彼はチケットを無駄にしないようにと、ファンサイトを使って定価で他のファンに譲ろうとした。

すると、【ミライ】と名乗る人物から、チケットを買いたいという連絡が来る。内山はミライにチケット代を銀行口座に振り込んでもらい、入金を確認してチケットをミライの指定する住所に発送した。その後、井上という人物が、内山からチケットを買ったのに送られてこないと警察に通報。内山はチケット詐欺の容疑をかけられて、何度も取調べを受けることに。しかし、彼は無実を訴えていた。
内山と井上は、ミライが仕組んだ巧妙な詐欺によってチケットと金を騙し取られたのだった。加茂は、ミライを捜すことに。沙希は、チケット詐欺を通報した井上の名に思い当たることがあった。

美月(福原遥)はミライをおびき出すため、人気アイドルのライブチケットを偽造して“チケットを譲りたい”とファンサイトに投稿。すると、今度はシンジという人物から、チケットを買いたいと連絡が来て…。

出典:https://www.ytv.co.jp/cheat/story/