ドラマル

『CHEAT(チート)』5話のネタバレ感想!大谷刑事の露出多めにファン歓喜!

2019年10月31日に放送されたドラマ『CHEAT(チート)』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、仮想通貨詐欺の相談を聞き、沙希たちチートは元締めの勢野をターゲットに動く!
勢野の背後には波岡の影が。そして、チートの作戦は順調に進むかと思われたが…。

関連記事

『CHEAT(チート)』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『CHEAT(チート)』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『CHEAT(チート)』5話のあらすじネタバレ

星野稔(池内万作)は星野沙希(本田翼)の父親であり、指名手配犯でもあります。星野稔の記事の載った新聞記事を広げながらダーツをして何かを考えている沙希。
星野稔は、2001年にTOSUKAというオンラインショップを立ち上げます。そこでしか使えない仮想通貨TOSKAカードを使い、オンラインショップができるようにします。
配当金やキャッシュバックが結構いいと評判になり、5万人以上の会員が集まります。しかし、途中で配当金が支払われなくなり、破綻してしまいます。
被害総額が1千億円という大規模な詐欺として、運営していた星野稔が指名手配されます。指名手配された星野稔は海外へ逃亡し、現在は日本へ戻ってきていると言われています。
沙希は、父親の事を思いながらダーツを打ちます。

チートの事務所では、仮想通貨による詐欺について水越という男性が相談をしに来ていました。水越は、友人からラミシステムという仮想通貨の話しを持ちかけられます。ラミシステムは、将来リゾート地になる海外の土地を1口20万円で買い、共同所有という形で所有できると説明されます。
そして、配当金として、ラミコインという仮想通貨で支払われ、現金にも変えられると言われます。その話を信じて、セミナーなどにも参加したところ、知っている有名人もいてみんなどんどん1口20万円で購入していったと話します。
水越もつられて購入します。しばらくは配当金も支払われていましたが、ある日突然システムエラーになり、配当金が支払われなくなります。怖くなって相談しに来たと話します。話しを聞き終えた沙希は、さっさとその場を去ります。

事務所では、丸山美月(福原遥)がラミシステムについて調べていました。ラミシステムは、3年前にロサンゼルスの実業家が設立した仮想通貨ビジネスでした。
日本の代表者が、勢野勇一(笹原秀幸)です。
そして、ラミシステムの仕組みがとても功名な詐欺だと確信します。

加茂悠斗(金子大地)はついていけず、一人留守番をします。
根岸俊(上杉柊平)は、ラミシステムの本社へ面接に行きます。
美月は、勢野の行きつけのお店に潜入します。

根岸が面接に行くと、翌日、勢野が本当に存在するのかどうかを確認しに根岸の履歴書にあった会社へ行きます。そこを目撃した根岸は急いでチートへ連絡します。
沙希は「撤収!!」と言うと、根岸は慌てて逃げ出します。それに気づいた勢野は部下に追うように言います。逃げる時に、勢野が、「追いかけろ、後、波岡さんにも連絡して」と言っているのを聞きます。逃げ切った根岸はチートの事務所へ逃げ帰ります。沙希に波岡の名前が出たことを報告します。

一方、美月の方は順調かと思えましたが、勢野が席を立った隙に、勢野のスマホを見ます。開いた瞬間、美月の顔が写真に撮られます。焦った美月はもう一度開こうとしますが開きません。勢野はニヤリとして放っておきます。悔しがりながら美月も逃げ帰ります。

美月と根岸が失敗してしまったので、加茂は他人事のように笑っています。
お手上げ状態だと、これからどうするのか話していると、「加茂ちゃんがやればいいじゃん」と美月が言います。
急に振られたので加茂は「無理無理無理」と断りますが、沙希に言われ、やることになります。

加茂は、勢野と同じ服を着て同じ格好で勢野がよく行く場所で待ち構えます。
勢野が加茂に気づき、全く自分と同じ服装、格好をしている加茂を見て少し驚きます。
そして、加茂は勢野と仲良くなります。チートの事務所に帰り、自分の設定について文句を言います。そこへ、沙希が、「後20口購入しといて」と言います。沙希の言うことには逆らえない加茂は沙希の言うとおりにします。

沙希が出かける時、線路の反対側で蓮見将暉(桐山蓮)が、「父親に会ったんだろう?俺にも会わせてくれよ。星野稔、いや、今は波岡かな?」と言って、電車が通過した後、姿が消えています。怖い顔をしながら沙希は歩きます。

その頃、ジュエル☆トリコのライブの練習をしていたマイ(富田望生)とユナ(横田真悠)の元へ、マネージャーの中込真治(清原翔)が来て、「ライブのチケットのノルマ100枚以上達成しました!!」と報告します。2人は大喜びです。そこへ遅れてきたモモ(本田翼)が合流して3人で大喜びして飛び回ります。

チートでは、沙希は宝石商として勢野に近づき、料亭でダイヤの原石を見せて価値を話します。しかし、勢野は、「そんなすごい価値のあるダイヤをなぜガードもつけずにカバンの中に入れて出せるの?」と突っ込みます。
沙希は、「このお店はセキュリティ万全で人を選んでいるから」と言います。

美月と根岸が外国人に写真をお願いしてたくさん撮っています。その写真を使ってSNSのアカウントを作り、SNSで勢野にメッセージを送っていました。全員加茂の友達ということで、勢野にアクセスしていました。
そして、ラミコインを次々に購入していきます。すごい額で売れていることを喜んでいる勢野。入金は全員翌日の設定で、笑いが止まらなくなる勢野。そんな時に、配当金を支払われていない会員がおしかけてきて講義をしています。
勢野が直々に会うと言い、翌々日には支払うと約束します。

しかし、入金日になっても誰一人支払いはなく、勢野は焦り、怒り狂います。
そして、どこかへ電話をし、「スイス銀行へ100万ドル送金して」と言いますが、「できません」と返ってきます。電話を切られ、どうすればいいか考える勢野。隠し扉を開け、大量の現金を見て、沙希に電話をします。ダイヤに換えたいと申し出、沙希は快く承諾します。そして、料亭へ呼び出します。
沙希は鑑定士付きで訪れ、勢野にダイヤを見せます。勢野はアタッシュケースに1億2千万円あると行って大量のお金を見せます。
鑑定士に説明をさせて、「なぜ今になってダイヤに換えようするんですか?」と聞きます。勢野は、言葉をにごします。「銀行に預けられなくなったとか?」と言って、隣の部屋を見ます。
隣の部屋から金髪の女性が現れます。勢野と取引している銀行員の女性でした。勢野は驚いて、なぜ送金できないのか聞くと、「そのお金は不正なお金だからです」と答えます。「そのお金のせいで私の銀行員としてのキャリアを無駄にしたくありません」と言ってその場を去ります。
沙希があらかじめその女性に「このまま放っておいたら、あなた終わるよ。見てみぬふりをしてるのも同罪だからね」と話をしていたのでした。
勢野はバツが悪くなり帰ろうとします。そこへ沙希が、「はい!そこまで。まだわかんない?あんた、自分で詐欺師だって言ってんだよ」と言います。そして。ラミシステムのHPを見せます。写真に載っている男性が目の前にいるのに気づきます。
沙希が、「ラミシステムの創業者がフリー写真のモデルだとわねー」と言い、鑑定書の真ん中に入れてあるペンを指して、「これカメラなの。会員に配信されてる」と言います。
勢野は怒り、「騙したな!」と逆ギレします。沙希も、「騙した?よくそんなことが言えるわね!」と勢野に対して怒ります。そして、「波岡知ってるんでしょ」と聞きますが、勢野は何も語ろうとしません。

その頃、安斎和毅(風間俊介)が勢野の事務所にいました。そこで星野稔の記事が追いてあるケースを手にします。
ライブ会場では、モモを待つユナとマイがいました。刻一刻と出番の時間が迫る中、なかなかモモが現れません。2人は気が気ではありません。

沙希はというと、勢野の事務所へ行きます。事務所に入ると加茂がいました。そして、沙希は星野稔の記事の入ったケースを見つけ、金属バッドで叩き割り、星野稔の物であろうブレスレットを手に取ります。
加茂がその記事を見ると、「あ、この人占い師さんだ」と言います。沙希は、「どこの占い師?」と聞き、加茂が教えると沙希は急いで向かいます。

ライブ会場では、マネージャーの中込もモモに連絡していますが、繋がらないと困っています。そうこうしているうちにとうとうジュエル☆トリコの出番になります。

その頃、警察でも、蓮見に星野稔の居場所がわかったと連絡が来ます。
男性が占いをしている所へ、警察が詰め寄ります。沙希も急いで近づき、警察に抑えられながらも占い師の顔を見ます。
帽子を取られた占い師の顔は星野稔ではありませんでした。沙希は悔しそうにうずくまります。占い師は警察に連行されます。遠くから安斎がその様子を伺っています。

スポンサーリンク

『CHEAT(チート)』5話のネタバレ感想

40代女性

ちゃんりー

だんだんと、詐欺師の方も警戒しているように感じました。頭が良くなってきているというか、騙してるので騙されないための警戒なのか、高度になってきているように思いました。だから、今回根岸や美月が失敗してしまったのではと思います。

沙希には叶わなかったのですが、探りを入れる言動はあったので沙希もばれるんじゃないかとドキドキして見ていました。

前々から思っていた謎の占い師、やっぱり沙希の父親だったとちょっとスッキリしました。そして新たな疑問が出てきました。もしかしたら安斎が一枚かんでるのでは?と。
安斎がもしかしたら波岡をかくまっているのか情報を流しているのか、とても怪しく思います。

勢野の事務所で星野稔の記事のケースを手にしていたのは、ブレスレットを入れていたんじゃないかと思えるほど怪しいです。安斎と星野稔の繋がり、とても気になります。

大谷刑事の露出多めにファン歓喜!波岡の正体は沙希の父親?

岩本照さん演じる大谷刑事の登場シーンにファンから喜びの声があがっています。

岩本照さんは、背が高いし、『Tarzan』表紙を飾るほどのマッチョだし、スーツがよく似合いますよね?

でもそんな岩本照さん演じる大谷刑事を吹っ飛ばす沙希。
父親に対する執着のパワーが凄い!

さて、波岡の正体は沙希の父親・星野稔で確定なんでしょうかね。

次回予告からは、蓮見将暉(桐山漣)はどうやら家族が稔に騙されたことを恨んでいるとわかりました。が、安斎(風間俊介)に関してはもっと根深い恨みを稔ではなく、沙希に持っているような…。
ひょっとして、安斎が波岡で、星野稔は正義なのかな?

『CHEAT(チート)』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『CHEAT(チート)』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

街の占い師になりすましていた星野稔(池内万作)は、国際指名手配犯として警察に追われる伝説の詐欺師であり、沙希(本田翼)の父親でもあった。そして、チートが追う数々の詐欺事件には正体不明の詐欺師・ナミオカの影がちらつく。沙希は安斎(風間俊介)から、星野稔とナミオカの関係について聞かれる。

ジュエル☆トリコのライブは、沙希がすっぽかしてしまったために失敗に終わった。沙希は、中込(清原翔)とマイ(富田望生)に謝る。ユナ(横田真悠)はショックを受け、姿を消していた。

そんな中、フィッシング詐欺の被害者が次々とチートに押しかけてくる。
加茂(金子大地)は被害者の話を聞いて、自分もフィッシング詐欺の被害に遭っていたと気付く。加茂がクレジットカード会社に確認すると、知らないうちにオンラインショップで50万円の時計が購入されていた。

加茂の被害状況を聞いた美月(福原遥)は、“マン・イン・ザ・ブラウザ”というサイバー攻撃を受けた可能性が高いと指摘。
美月と根岸(上杉柊平)から、このままではすべての個人情報を抜かれてしまうと言われて、加茂はパニックに。
フィッシングサイトを探っていた美月は、鳶のシルエットが画面に浮かび上がるサイトを見つける。

出典:https://www.ytv.co.jp/cheat/story/