ドラマル

『CHEAT(チート)』4話のネタバレ感想!加茂(カモっち)の前職が不動産屋と判明?

2019年10月24日に放送されたドラマ『CHEAT(チート)』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、ブラック経営と噂される化粧品会社の社長・東堂真理亜の悪質な詐欺を暴く!
加茂は社員として潜入、そして沙希はスポーツクラブで偶然を装い真理亜に近付き…。

関連記事

『CHEAT(チート)』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『CHEAT(チート)』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『CHEAT(チート)』4話のあらすじネタバレ

ある女性(伊藤修子)が体験エステを受けています。月額19,800円で通い放題、1年後には見違えるほど綺麗になれると言われ、契約しようとします。そこへ星野沙希(本田翼)が「はい!そこまで」と割って入ってきます。「19,800円て安い!?みんな言ってるよー。ここのエステは3ヶ月先までいっぱいで予約が取れないって」と実情を言いあげます。
後ろから、体験エステをしに来た丸山美月(福原遥)も、「この体験エステ500円なら予約出来るんだけどねー」と、チラシを散らつかせて言います。
「安い体験エステで釣って、本契約をさせたら予約がいっぱいといって予約を断るんでしょ」と沙希が突っ込みます。女性は、騙されていることに気づき怒ります。沙希は、女性にも「騙される方も悪いんだけどねー」と言います。女性と店員はあっけにとられてしまいます。

チートの事務所。今回のターゲットが美容詐欺をやっているという東堂真理亜(芦名星)に決まります。
騙されたという依頼人に話を聞きます。最初は化粧品のモニターで商品代金も支払われていたが、ある日、東堂の知り合いと名乗る山根から電話があったと話します。そして、50万円の美顔器をモニターしてほしいと進められ、50万円を振り込んでも商品は一行に届かず、連絡もできなくなったと言います。東堂に話すと、知らないと言われたと話します。
話を聞き終えると、沙希はすぐに帰ります。沙希はアイドル活動に入ります。ジュエル☆トリコのライブをすることが决定したので毎日練習です。
チラシを配りをして、人を集めます。もも(本田翼)と、マイ(富田望生)は一生懸命チラシを配りますが、ユナ(横田真悠)は、スマホをいじりながらやる気がありません。ももがユナに近づいて声を掛けると、「こんなのインスタでいいじゃん」と言ってチラシ配りを放棄します。
頑張ってるマイを見て、スマホを見ているユナを見て、ももはどうしたらいいのかわからなくなります。

その後、沙希は、蓮見将暉(桐山漣)に会い、「父親は偽名を使って日本に戻ってきている。父親に会っていないか?」と聞かれます。無視をする沙希。蓮見が、「絶対に捕まえてやる。そして償わせてやる。父親も、お前も。」と言います。
黙っていた沙希は、「私には関係ない」と一言言って去ります。遠くで安斎和毅(風間俊介)が怖い顔で見ていました。

チートの事務所では、沙希が加茂悠斗(金子大地)に、面接の本を読ませます。美容グッズメーカー、マリアンヌが求人を出しているので加茂に行くように言います。
面接に行くと加茂は、翌日までに10件契約を取ってくるよう言われます。途方になりながらも自力で契約に取り付けようとします。

加茂は疲れ果てて寝ていたようで、気がつくと沙希が加茂を起こしていました。そして、10件契約の書類を渡されます。契約書を事務所で用意されていたのでした。
加茂はチートの事務所に行き、文句を言います。今回もまた自分だけが知らされていませんでした。
10件契約出来たので、マリアンヌに就職して潜入捜査です。マリアンヌの顧客リストを見つけます。社長秘書の御子柴(村井良大)にいろいろ聞いて、様子を伺いながら業務をこなします。

その頃、沙希は東堂の通うジムへ行き、東堂を監視します。そして、カバンをすり替え、東堂に近づきます。
別の日に、東堂に挨拶をしてから隣でスマホを置きながらトレーニングをします。東堂が、「インスタ?」と聞くと、「ブログをやってるんですよ。美容ブログ。モニターとか頼まれちゃうんですよね。」と、モニターをやっていることをアピールします。モニターと聞いて、東堂が飛びつきます。自分の化粧品もモニターしてほしいと言います。快く引き受ける沙希。どんどん東堂と仲良くなります。

一方の加茂は、顧客リストを探します。
一番大事な顧客リストは社長が持っていると御子柴が言います。そこで、加茂は東堂と御子柴が部屋を出た隙に、こっそり東堂の引き出しを見ます。中には怪しいUSBがありました。
見つけたと思った瞬間、東堂が戻ってきます。そして、「何してるの?」と聞かれ、「ストレッチ」と苦しい言い訳を言います。しかし、東堂は「足が違う」と言って正しいやり方を教えます。「やるならしっかりやってちょうだい」と言って帰ってしまいます。

チートの事務所に戻り、根岸俊(上杉柊平)に、USBがあったことを伝えます。加茂と根岸で夜にこっそり忍び込み、USBをコピーします。コピーし終わって、立ち去るところを誰かに見られていました。

その頃、沙希はアイドル活動に励んでいました。3人で踊りの練習をシている時に、センターがマイになったことを気に入らないユナ。マネージャーの中込真治(清原翔)が見ていない隙に、ユナはマイにわざとぶつかります。その拍子に、ユナとマイが倒れてしまいます。
ユナは中込に「いたーい」とアピールしますが、中込は、ユナには目もくれず、マイの方へ飛んでいきます。面白くないユナはむすっとします。ももは、どうしていいのかわからずおろおろします。

マリアンヌでは、新作のクリーム、ハウメアクリームのサンプルが届いたと御子柴が持ってきて、東堂に試させます。東堂の許可が降りると、「販売できますね」と言って早速売り込む準備にかかります。
ハウメアクリームの人気は絶大で、問い合わせや注文の電話が殺到します。美月が顧客となり、社長直々に話を聞きたいと言います。それを聞いた東堂はすぐに行くといい、アポを取り付けます。美月と東堂が会い、ハウメアクリームを購入します。

加茂は、倉庫で新発売のハウメアクリームを探します。そしてこっそり持ち帰ります。チートの事務所に戻り、ハウメアクリームを美月に渡し、成分を調べてもらいます。

沙希の方は、東堂から試してほしいと新発売のハウメアクリームのサンプルを渡されます。そして、美顔器のパンフレットを見せられます。

ハウメアクリームの成分がわかり、表示されている成分とは違う成分が検出されます。それを見た加茂は「これを見せて僕があの女社長に問い詰めます」とはりきります。

ももが朝にスタジオに行くと、すでにマイが練習を始めていました。
ももは、「100人集まらなかったら終わっちゃうんだよ」と言います。マイは、「1枚5000円だよ。汗水流して頑張ったお金でチケットを買って見に来てくれる人がいるなんて、すごいと思わない?そんな人達のために精一杯頑張りたいの」と思いを語ります。

数日後、根岸が弁護士に扮してマリアンヌにやってきます。美月からの依頼だと言い、マスクをつけた美月もやってきます。
ハウメアクリームでアレルギーを起こしたと言って、マスクを外します。それを見た東堂は驚きます。そこへ加茂が来て、沙希のマネをして「はい、そこまでー」と言って成分表を見せます。しかし、東堂はその成分表は間違いだと言います。加茂はよくわかっていないようでとまどいます。そこへ、沙希が入ってきて、「はい、そこまで」といい、御子柴が出ようとするのを制します。
そして、詐欺を働いていたのは御子柴だと言います。全部御子柴がしたことであり、東堂は何も知らないと言います。

サンプルのハウメアクリームの成分と、加茂が持ち帰ったハウメアクリームの成分は全くことなりました。サンプルには記載された通りの成分が入っていました。なぜ、サンプルのために本物の成分を使う必要があったのか、東堂を騙すためだったと沙希が言います。
山根という名前で電話をしたのも御子柴だと言います。

そして、「御子柴が証拠もないくせに」と言います。沙希は、「証拠?証拠ならここに」と、御子柴の声で電話してきたときの録音を聞かせました。
沙希が東堂に近づいた時に使った名前は、「安倍順子(あんべよりこ)」です。山根が電話した時に言った名前は、「あべじゅんこさん」です。東堂はずっと「よりこさん」と言っていました。
そして、顧客の名前を間違えて教えないと言い切ります。後ろから続々と御子柴に騙された女性が入ってきて、御子柴の声に間違いないと言います。逃げられなくなった御子柴は観念します。

何も知らされていなかった加茂は「なんで教えてくれなかったんですか」と嘆きます。

加茂は占い師に話を聞いてもらいます。
占い師は、嘘をついているからと言います。加茂は、「嘘をつくことはそんなにわるいことじゃないような気がしてるんです」と言います。占い師は、「その発想は大変危険」と言います。

沙希は、父親の新聞記事を広げ、怖い顔でダーツに集中します。

御子柴はと言うと、安斎と話をします。そして、「あの有名な伝説の詐欺師・波岡に近づけた」と話します。

『CHEAT(チート)』4話のネタバレ感想

40代女性

ちゃんりー

今回は、社長ではなく、秘書が勝手にしたことだったので、何も知らずに販売していた東堂が可愛そうに思えました。純粋に良い製品を使ってもらって綺麗になって喜んでもらいたかったんだと思います。

美月の特殊メイク、肌荒れがすごくリアルでした。クレンジングで拭き取ったら綺麗になったのですごいと思いました。

それから、安斎の沙希に対する思い、何か気になります。蓮見と沙希が会話しているところを見ていた安斎の顔、波岡の話を出した時の安斎の顔、怖かったです。
安斎も波岡に何か思い入れがあるのかと思うほどとても意味深でした。どんな展開になっていくのか次回も楽しみです。

加茂(カモっち)の前職が不動産屋と判明?

カモっちこと加茂悠斗(金子大地)の、前職は不動産の営業で業績一位という発言に、「おっさんずラブのマロじゃん」と突っ込む声が殺到しました。

1話でもニセ不動産に成りすましたし、ちょいちょい栗林歌麻呂を匂わせてきますね 笑。

今回もチートメンバーの中で一人置いていかれがちな可愛い・いじられキャラの加茂ちゃん。
チートのカモ担として役割をこなしていますが、成長したカッコいいカモっちの姿も見てみたい!

『CHEAT(チート)』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『CHEAT(チート)』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

沙希(本田翼)たちチートは、仮想通貨による詐欺について相談に来た水越の話を聞く。水越は、友人から“ラミシステム”という仮想通貨の会社を勧められた。ラミシステムとは、将来リゾート地になる海外の土地を1口20万円で買って共同所有し、その配当がラミコインという仮想通貨で支払われるという仕組みだった。
水越は、ラミシステムが開催するイベントに参加した。有名なモデルやスポーツ選手も招かれる派手なイベントで、ラミシステム日本法人代表を務める勢野のスピーチに参加者は熱狂。勢いにのまれた水越は、ラミシステムに20万円を支払った。

美月(福原遥)の調べによると、ラミシステムは3年前にロサンゼルスの実業家が立ち上げた仮想通貨ビジネスとされているものの、巧妙な詐欺の可能性が高かった。
元締めの勢野をターゲットに、沙希、美月、根岸(上杉柊平)はチーム戦で動き始める。3人の迅速な行動についていけない加茂(金子大地)は、取り残されてしまう。

沙希は勢野をマークする一方、モモとしてジュエル☆トリコのライブに向けてレッスンに励んでいた。しかし、マイ(富田望生)とユナ(横田真悠)がもめてばかりで、間に立つモモは困惑するばかり。

根岸は、ラミシステム日本法人の採用面接を受けて内部への潜入を試みる。美月は、女性目当てでクラブに来た勢野に近付く。チートの作戦は順調に進むかと思われたが…。

出典:https://www.ytv.co.jp/cheat/story/