ドラマル

『CHEAT(チート)』3話のネタバレ感想!沙希と加茂のやり取りが面白い!本田翼の演技も病みつきに?

2019年10月17日に放送されたドラマ『CHEAT(チート)』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、チートのオフィスに詐欺被害者の朋子が訪れる!
チートは人の夢を食い物にする麻美ことLALAを標的に行動を開始、加茂がまさかの作家に…。

関連記事

『CHEAT(チート)』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『CHEAT(チート)』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『CHEAT(チート)』3話のあらすじネタバレ

大学の食堂で学生達に、特許管理師の資格を持っていれば将来億単位で稼げるという話しをする男性(狩野絹成)。学生達は億単位と聞いて目の色が変わります。
そして、講習を受けたいと言い出し、契約書に書こうとしたところで、「はい!そこまで」と言って、星野沙希(本田翼)が出てきて止めます。
特許管理師が特許の仕事にはつけないこと、特許管理師になっても何も意味がないことをズバズバ言うので、詐欺師は慌てて逃げ出しました。
学生たちは危うく騙されるところだったので沙希に感謝します。しかし、沙希は、騙されそうになっていた学生たちにカツを入れて去って行きます。

チートの事務所に行くところに、加茂悠斗(金子大地)が、ジュエル☆トリコの投票をしようとしているところへ遭遇します。加茂がユナ(横田真悠)に投票しようとしているところを沙希に邪魔されます。その邪魔を振り切って加茂はユナに投票します。沙希は、「キモッ!キーモッ」と言って加茂を攻めます。

事務所に着くと、安斎和毅(風間俊介)に会います。安斎が、「めずらしいね、2人一緒に出勤なんて」と言って、「俺の沙希にちょっかい出すなよ」と加茂に言います。そして、新しい依頼人が来ている事を伝えます。

今回の依頼人、朋子(遠海まりこ)は、SNSを通じて、イラストが趣味でSNSに出していたところ、共通の趣味を持つ麻美(映美くらら)と知り合い、一緒に絵本を出そうと言う話になり、150万円出資したところで、連絡が取れなくなったと話します。
その詐欺について調査をし、望月涼子(映美くらら)と大貫雅和(飯田基祐)の2人がやっている事を掴みます。

今回は加茂が小説家になり、2人に近づきます。
本を出版するという話が出て、出版するためにはお金が必要だと持ちかけられます。沙希は、加茂に出資金を釣り上げるよう言います。加茂は、出資金を500万円にします。そして、2回に分けて振り込むことを条件として契約を結びます。
1回目の入金の時に、本の表紙のデザインを見せてもらいます。加茂はとても気に入り、その画像をメールで送ってもらうよう言います。お土産と言って、涼子が加茂にお菓子を渡しますが、加茂はそのお菓子を見ても何のお菓子かわかりません。そのお菓子は、加茂が地元だと言った熱海で有名なお菓子だったのです。お菓子を知らなかったことに対して、涼子と大貫は不審に思います。

涼子と大貫が2人でお酒を飲んでいると、ある人物からワインの差し入れが届きます。バーテンダーから紙を受け取り、その紙を見た涼子はとてもうれしそうにワインを「いただくわ」と言って飲みます。

事務所に帰った加茂は沙希に怒られます。怪しまれているとも言われます。

次の日、大貫は加茂のことを確かめるために熱海に行きます。
通りがかった本屋で、加茂の本が出版されていることを知ります。大慌てで涼子に連絡し、帰ります。涼子は加茂に連絡して呼び出します。

加茂は何がなんだかわからない状態でしたが、丸山美月(福原遥)と一緒に出向きます。涼子と大貫が怒っているので、2人でひたすら謝り続け、このまま、涼子と大貫の出版社に本を引き取ってもらうという方向で説得します。
その数500部。一晩で完売してしまいます。一晩で完売になったので大貫と涼子はすごいお金になるんじゃないかと話をしています。もう少し待てば後250万円は入ります。
大貫と涼子は欲を出して残金250万円を受け取る日を待ちます。

本がたくさん売れて有頂天の加茂は、アイスを食べながら謎の占い師(池内万作)に話します。そして、ルンルンで歩いていると、突然車が止まり、拉致されました。

250万円の入金日の朝。
涼子と大貫は250万の振り込みを待っています。なかなか振り込まれないことにイライラしています。
そこへ、弁護士に扮した沙希が現れ、加茂の本はスティーブ・ゲラーの丸パクリの本だと言って告訴すると言います。パクリだとは思っていなかった涼子と大貫は焦ります。そして、沙希を追い出そうとします。沙希は、スティーブ・ゲラーはマフィアの小説を書いているからマフィアの友達がいると言い、涼子達の身が危険だということを匂わせて出ていきます。

焦った涼子達は、お金を持って逃げようとします。そこへ根岸俊(上杉柊平)がマフィア風に変装して待ち構えていました。ポケットにはニセモノの拳銃を忍ばせてちらっと見せ、2人を地下へ連れていきます。
怖がる2人、そこへ沙希が現れ、12万ドル払うよう言います。自分たちは加茂に騙されたと言い出します。沙希は加茂が縛られている動画を見せます。加茂は涼子たちに言われて書いたと泣きながら訴えています。涼子達は違うと言い張りますが、証拠はありません。
熱海の印刷会社の名前も言いますが、沙希はそんな名前の印刷所なんて熱海にはないと言います。残っていたのは250万円を受領した涼子達の出版社の領収書だけです。証拠だけを見れば、涼子達が本を出したという証拠になります。本の裏には大貫の名前と出版社の名前が書かれています。言い逃れ出来ない状況です。
何を言っても信じてもらえないので、涼子はとうとう自分から「私達は詐欺師、ただの詐欺師なのよー!」と叫びだします。「はい!そこまで」と沙希が言います。全部録音していたことを言います。2人は肩を落とし、自分たちがはめられたことを悟ります。

警察署では、蓮見将暉(桐山漣)と安斎が廊下でばったり会い、安斎が「俺の沙希にちょっかいだすなよ」と言って通り過ぎます。

チートの事務所では、本は販売終了になり、加茂に本が売れた経緯を種明かししていました。全部、美月と根岸達の自作自演でした。

安斎の白い謎の部屋に涼子と大貫がいました。涼子は、「これで私も立派な詐欺師ね。あの人に認めてもらえるかしら」と嬉しそうに話しています。安斎が「あの人って?」と聞くと、回想シーンに入り、バーでもらった紙に、波岡の名前がかかれてあった事が出てきます。

一方、蓮見のところへは、沙希の父が1ヶ月前に日本へ入国していたという知らせが入ります。

ジュエル☆トリコのセンター投票ですが、もも(本田翼)が最下位で、マイ(富田望生)が1位を獲得。センターに決定しました。ユナが納得いかない様子で文句を言います。
マネージャーの中込真治(清原翔)は、「2人がSNSで投票してほしいとやっている間、マイは路上で毎日歌っていたんだ」とマイが毎日努力していたことを話します。
マイの努力が実った結果でした。

スポンサーリンク

『CHEAT(チート)』3話のネタバレ感想

40代女性

ちゃんりー

今回は人の夢につけこんだ詐欺の手口、夢を実現したい人は騙されてしまいますね。

詐欺の手口は、「うまい話」が共通しています。おだてられ、夢が実現しそうなら、胡散臭い話しでも信じてしまうかもと思いながら見ていました。

でも、その上を行く沙希の作戦、欲をかかなければ、怪しんだ時点で逃げていれば捕まることもなかったんじゃないのかなと思いました。
詐欺師なので、欲が強いからそれを見越して沙希が動いてるのが詐欺師の裏をかいてるなと思いました。
そして、ここでも波岡の存在が出てきました。波岡との繋がりも気になります。

2話くらいから何かと気になっている安斎と沙希と蓮見ですが、今回、安斎が「俺の沙希に」と何回か言っているので余計に気になりました。
また、謎の占い師・沙希の父親?という疑問が悶々としています。この謎だらけの展開、次回もとても楽しみです。

沙希と加茂のやり取りが面白い!本田翼の演技も病みつきに?

主人公・星野沙希を演じる本田翼さんの演技に、ドラマ初回には巷がざわつきましたが、わたしはここに来て沙希と加茂のやりとりが非常に面白く感じてきました(効果音が絶妙)。

また、本田翼さんの演技って何か良くも悪くも残るものがあるから、病みつきになってきたかも?
沙希とモモのギャップが凄くて振り切った感じも嵌る要素?
必ず1回は起こる加茂のバカさにぶちぎれるシーンもいいですね。

ドラマ自体も謎の占い師(池内万作)が沙希の父?
ナミオカの正体は誰?
という謎があり、面白くなってきました。

「俺の沙希取んなよ」と脅す安斎和毅(風間俊介)と加茂の沙希を巡る三角関係?がどうなっていくのかも楽しみですね。

『CHEAT(チート)』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『CHEAT(チート)』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

チートが次に狙うターゲットは、化粧品会社の社長・東堂真理亜。沙希(本田翼)たちは、真理亜に金を騙し取られたという大学生・絵里から事情を聞く。
絵里は、真理亜の会社で出している化粧品のモニターになり、SNSでの宣伝を引き受けた。
絵里が真理亜から宣伝を頼まれた商品をいったん買い取り、写真をSNSに投稿したと確認されれば返金。それに加え、宣伝した商品の値段の10%の報酬が絵里に支払われることになっていた。

一方、ジュエル☆トリコのライブが迫り、沙希はモモとしてライブの宣伝活動に励む。ファン投票でセンターに選ばれたマイ(富田望生)も、懸命に頑張っていた。しかし、ユナ(横田真悠)はセンターになれなかったことにふてくされて、モモとマイに協力しない。
チートは、真理亜を追い込むために動き出す。加茂(金子大地)は面接必勝法の本を読まされ、リクルートスーツを着せられる。自分が何をするのか分からない加茂の鈍感さに沙希はイライラ、根岸(上杉柊平)と美月(福原遥)もあきれるばかり。

加茂は真理亜の会社の採用試験を受け、社員として潜入する。真理亜は加茂に、翌日までに契約を10件取ってくるように命じる。加茂は真理亜のパワハラを受けながら働くハメになり…。
一方、沙希は、真理亜が通うスポーツクラブで偶然を装って彼女に近付き、罠を仕掛ける。
ブラック経営と噂される化粧品会社社長による悪質な詐欺の真相とは!?

出典:https://www.ytv.co.jp/cheat/story/