ドラマル

『向かいのバズる家族』6話のネタバレ感想!笠松将が綾野剛に激似と話題に!

2019年5月9日に放送されたドラマ『向かいのバズる家族』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、元カレに秘密の弱みを握られるあかりが最悪の過去バレを恐れ再会!
両親はW不倫!弟は家庭教師先の教え子と…。どうなる篝家!

関連記事

『向かいのバズる家族』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『向かいのバズる家族』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『向かいのバズる家族』6話のあらすじネタバレ

日曜日。あかり(内田理央)は涼太(白洲迅)、祖父・清史(小野武彦)と一緒にショッピングモールへ来ていました。母・緋奈子(高岡早紀)の誕生日プレゼントを購入するために店を回っていたあかりでしたが、先日電話をかけてきた男からまたも着信があり、「今からあの喫茶店に来い」という留守電メッセージを聞き、困惑します。
あかりの異変に気づいていた涼太は、何か気がかりなことがあるのなら片付けて来て、と話します。意を決したあかりは、男の待つ場所へ足を向けました。

緋奈子は自身の生誕祭という名目でオフ会を開き、集まった男性ファンに囲まれていました。以前からのファンであり、あかりと一緒のカフェで働く伊勢谷(永野宗典)の他に、元バイト仲間の迫滝(前田公輝)も参加していました。伊勢谷から紹介されてからファンになった迫滝は、緋奈子の動画とナマハゲチョップに何か通じるものを感じる、と話します。
オフ会終了間際。緋奈子と直接会話をしていた迫滝は、この後一緒にどこか行きませんか?と誘います。その言葉を聞いた緋奈子は、微笑んでOKし、一緒にショッピングモールへ出掛けました。
そんな二人を尾行する怪しい存在…。サングラスをかけ、オフ会中からずっと緋奈子を見つめている男が居ました。

あかりは喫茶店で、電話の男である鍋島(笠松将)と会いました。学生時代、誰にも見せたくない姿を鍋島に撮影された過去があるあかりは、ナマハゲチョップの正体をバラされることの他に、『あの動画』を完全に削除したかどうかを危惧していました。
不気味な笑みを浮かべ、状況を楽しんでいる素振りを見せる鍋島。鍋島の態度に怒って店を出ていくあかりを見送る鍋島は、「やっぱりいい女だ」と呟きました。

店を出たあかりは、心配して探し回ってくれていた涼太と一緒に、再びショッピングモールへ行きます。
そこで、緋奈子と迫滝が一緒に居るところを見かけます。驚くあかりは、こっそり二人を追いかけることに。

弟・薪人(那智)もまた、家庭教師先の教え子である朱里(桜田ひより)と一緒にショッピングモールを訪れていました。朱里に勝手に連れ回されていた薪人でしたが、若い男と一緒の緋奈子の姿と、それを尾行するあかりの姿を目撃します。戸惑いながらも、あかりの後ろにつき、一連の動向を監視することに。

ほどなくして、父・篤史(木下隆行)が部下の鴇田(藤井武美)と一緒に居るところも目撃することになります。楽しそうにしている二人の姿を見かけた緋奈子でしたが、迫滝を連れたまま走り去ります。あかり、薪人も篤史の姿を目撃し、驚きますが、緋奈子同様、声をかけることはありませんでした。

緋奈子を見失ってしまったサングラスの男に、迫滝が背後から話しかけます。ここ最近の奇妙なコメントをする謎の男が、オフ会にも参加していることに気づいていた緋奈子。ボディーガードとして迫滝と一緒にいることを思いつき、こっそりと帰っていました。緋奈子に拒絶された男は、悔しそうにその場を立ち去ります。

その夜、篝家では緋奈子の誕生日パーティーが開かれました。清史がプレゼントを渡し、あかりが生まれた日のことを懐かしそうに語りますが、皆はそれぞれに昼間見たことを思い出しています。清史の居る手前、笑顔を取り繕いますが、あかりの胸はざわめいていました。

『向かいのバズる家族』6話のネタバレ感想

20代女性

sao30

前回でもう見られないと勘違いしていた迫滝が、チョイ役どころじゃないくらいにバンバン出ていました。緋奈子のファンになっている上に、不倫もアリな考えを持っていて、そんなキャラだったのか!と驚きの連続でした。
妙に勘が鋭いし、迫滝の動向は今後も楽しみです。

篤史は部下と不倫?
今まで全くそんな素振りを見せなかったのに。しかも家族全員に見られてしまっているし…。緋奈子も何故なにも言わないのでしょうか。ショッピングモールでの篝家一行は慌ただしすぎてちょっと昭和のコントみたいでした。

学生時代、あかりの動画を撮影していた男は元彼かな?
すごく執着心のありそうな感じです。これも何を撮っていたのか気になります。

笠松将が綾野剛に激似と話題に!

鍋島剛を演じる笠松将さんが綾野剛さんに似ていると話題を集めました。狙っているのか…鍋島「剛」って名前も連想させちゃいますよね。

それにしても、笠松将さんが演じる鍋島剛はやな奴でしたね。放送後、怒りのつぶやきが殺到しました。まあそれだけ笠松将さんの演技が上手かったということでもあるのですが、本当に最低男でした。

あかりは着拒して警察に脅されているとして通報しちゃった方がいいですねこれは。
一体どんな黒歴史を知っているんでしょうか?

あかりがナマハゲチョップを生誕させるきっかけを作った男。そして、あかりがナマハゲチョップ以外で秘密にしたい唯一の過去を知る人物。本当見ているだけで腹が立つので、あまり登場して欲しくありませんが、あかりを崩壊させる決定打は鍋島剛(笠松将)が放つのでしょうね。

『向かいのバズる家族』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『向かいのバズる家族』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

篝(かがり)家の長女・あかり(内田理央)、母・緋奈子(高岡早紀)、弟・薪人(那智)が父・篤史(木下隆行)の秘密を見てしまってから一夜。依然として緊迫した空気が漂う篝(かがり)家。そんな折、きゃりーぱみゅぱみゅが“いいね”くれたことで緋奈子がついにバズる。篤史も『少年スナイパー 新平!』がテコ入れにより人気を確立し始め、“神プロデューサー”に……
2人は、まるでスーパースターにでもなったかのような幻想の中、歌い踊り出す。
やがて、ほんの些細なきっかけで、あかりと緋奈子、篤史が親子であり、篝(かがり)一家が『バズる家族』だとネットで噂に――
ドミノ倒しのように加速する噂は、もはや誰の手にも負えなくなってしまい――!?
そして、恋人・皆戸涼太(白洲迅)の前でさえ、いつしかあかりの笑顔は消えていて――

出典:https://www.ytv.co.jp/buzz/story/