ドラマル

『向かいのバズる家族』4話のネタバレ感想!ももちゃんは良い子?悪い子?目的は何?

2019年4月25日に放送されたドラマ『向かいのバズる家族』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、あかり(内田理央)と涼太(白洲迅)が甘すぎるロングキス!
そして、ついにナマハゲチョップがバレる?

関連記事

『向かいのバズる家族』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『向かいのバズる家族』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「hulu」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『向かいのバズる家族』4話のあらすじネタバレ

生配信でナマハゲチョップの話をしてしまったあかり(内田理央)は、翌日、不安に思いながらも出勤します。店では桃(小川紗良)と伊勢谷(永野宗典)からナマハゲチョップの話題を持ち出され、ナマハゲチョップの動画に映る背景から、常連のカラオケボックスの店舗が既に特定されている事を知ります。

一方、現在制作中のドラマに関しての謝罪文を公開した父・篤史(木下隆行)は、エゴサーチをしていました。容赦ない言葉を浴びせられて肩を落とす篤史は、スタッフに促されて見せられた動画で、娘のあかりの姿を目にします。驚愕し、いてもたってもいられなくなった篤史は、あかりの勤務するカフェへ向かいました。

忙しい店内でいつも通りの仕事をしていたあかりでしたが、自撮りしながら生配信を行う母・緋奈子(高岡早紀)が来店し、笑顔がひきつります。自由な母の行動に苛立ち、店のガラスにへばりついて観察していた父の姿も目撃し、もう何が何だか分からない!と、次第にあかりはパニックに陥ります。
さらに、来店してきた涼太(白洲迅)を前にして動揺し、不注意により指を怪我してしまいます。

さまざまなことにストレスを感じ、爆発寸前のあかり。「あえて何も変えない方が良い。ボロは出ないだろう」と考え、そのまま常連のカラオケボックスへ入り、ナマハゲチョップに扮した動画を投稿しました。
ところが、その動画を見た桃があることに気付いてしまいます。

告白したものの、返事を保留にされている涼太は、ここ最近のあかりの態度に悩み、心に引っ掛かりを感じていました。これまでの自分の言動を省みて、ひょっとしたらずっと迷惑をかけていたのでは…と思い込んでしまった涼太は、あかりに会って謝罪し、「今までのことを忘れます」と告げて、あかりの前から走り去ります。

いきなりフラれ、ショックを受けたあかりは、この感情を吐き出したい…と、またカラオケボックスに足を運びました。
するとそこへ、桃が姿を現します。
「ナマハゲチョップって店長だったんですね」と近付く桃に、絶句するあかり。動画に映っていた指先に巻かれた絆創膏から正体が判明したのです。
涼太の事を聞いてくる桃に対し、「もうフラれた。もう何もかも諦める」と話すあかりでしたが、桃がいたずらにナマハゲチョップの正体をバラそうとすると、「涼太さんにだけは嫌われたくない!」と本音が出てしまいます。
それを聞いた桃は「だったら、簡単に終わりにしてはいけないですよ」と、あかりをたしなめます。
あかりの心のバランスを保つためナマハゲチョップが必要なことを理解していた桃は、最初から誰にもバラすつもりはなく、あかりの恋を本気で応援していることを明かします。
桃の言葉を聞いてホッとしたあかりは、どこか心晴れやかな気持ちでカラオケボックスを後にしました。

翌日。遅刻してきた桃の言動を不審に思うあかり。
なんと桃は、あかりが持ち帰るのを忘れたナマハゲチョップの衣装を勝手に使い、自らの顔を晒す動画を投稿してしまっていたのです。何を勝手なことを…と慌てるあかりに対し、「これからは私がナマハゲチョップの影武者になります!」と笑顔で話す桃。日頃のお礼がしたくてやった行動だと言われたあかりは、その気持ちを無下に出来ず、それ以上何も言えなくなってしまうのでした。

桃から送られてきた動画を見た涼太は、再びあかりの元へ。桃がナマハゲチョップであり、あかりは桃の行動を応援しようとしていたのだ、と解釈している涼太に、あかりはそのまま話を合わせてしまいます。
そして、良い雰囲気に包まれた二人。涼太からの突然のキスを受け入れ、あかりはそっと目を閉じました。

スポンサーリンク

『向かいのバズる家族』4話のネタバレ感想

20代女性

sao30

桃にバレたらもっと大騒ぎになるかと思いきや、予想のはるか斜め上の展開でした。「信じてくれる人に信じて貰えれば良い」って言ってましたが、何かの伏線でしょうか。

母・緋奈子がどんどん調子に乗っていますね。篤史に怒られたらやめるのかなとも思いましたが、篝家では篤史の威厳はほとんど無い、という事が今回よく分かりました。水道管ゲームで「家族で足の引っ張りあいだな」と呟く篤史が、何だか哀れです。お父さんの気持ちに誰かもっと寄り添ってあげてほしいところです。

あかりは涼太と交際がスタートとなりますが、嘘に嘘を重ねてしまっているため、どんどん後に引けなくなってしまってます。この2人は、まだまだうまくまとまらない感じですね。

4話で最も話題になった出来事

ももちゃんは良い子?悪い子?目的は何?

ももちゃんこと盛田桃(紗良)が何を考えているのか、わかりませんでしたね。ネットでもももちゃんは良い子か?悪い子か?と論議されています。

わたしの見解としては、ももちゃんは白洲迅に特別気がある訳でなく、ただ、自分もバズりたいという欲求が行動の源だと思います。だから、現代っ子で少しお馬鹿なところがあるだけで、悪い子じゃないと考えます。

『向かいのバズる家族』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『向かいのバズる家族』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

篝(かがり)家の長女・あかり(内田理央)が皆戸涼太(白洲迅)と交際を始めて数日。カフェ「コロナ」には新人アルバイト・迫滝(前田公輝)が加わった。
そんなある日、何者かによってネット上にあかりの卒業アルバムの写真が晒され、あかりは世の中から全てを見透かされているような幻覚と幻聴に陥る――なぜなら、あかりにはナマハゲチョップの他にもう一つ“誰にも知られたくない過去”があった……
同じ頃、母・緋奈子(高岡早紀)にも、セーラー服姿で投稿した動画に『久しぶり。セーラー服姿、変わってないな』という、過去を匂わせるコメントが届いていて……
不敵な笑みであかりを見つめる迫滝。はたして迫滝がカフェ「コロナ」にやってきた本当の目的は……そして、もう一つの“誰にも知られたくない過去”とは――?

出典:https://www.ytv.co.jp/buzz/story/