ドラマル

『少年寅次郎』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ドラマ『少年寅次郎』の1話から最終回までのあらすじを、原作ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

井上真央さん主演の連続ドラマ『少年寅次郎』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※『少年寅次郎』全話ネタバレ完了済み(2019年11月16日)。

見逃し配信をチェック

当記事には、『少年寅次郎』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「U-NEXT」で第1話から最終回までの放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『少年寅次郎』の基本情報

概要(見どころ)

「フーテンの寅さん」で有名な映画、『男はつらいよ』。その主人公、車寅次郎の幼少期を描いたドラマが、この『少年寅次郎』です。

昭和11年の冬、とある団子屋の軒下に捨てられた赤ん坊は、この家の子どもとして育てられることになりました。戦争のさなか、悪ガキとしてたくましく育ちながらも、腹違いの妹・さくらへの愛情や、育ての母への気持ちなど、のちの「フーテンの寅さん」に通じる様々なエピソードがユーモアを交えて描かれています。

誰もが一度は「こうありたい」と思う、破天荒ながらも理屈や損得では行動しない、永遠の少年のような憎めない大人、「フーテンの寅さん」の原点が描かれた作品です。

キャスト一覧

  • 車光子:井上真央
    車寅次郎・育ての母、くるまやを営む車家の長男に嫁いだしっかり者
  • 車寅次郎:藤原颯音→井上優吏
    父は苦手だが、母の光子が大好き
  • 車平造:毎熊克哉
    光子の夫、ぐうたらな父
  • 車正吉:きたろう
    平造の父、寅次郎の祖父
  • 車昭一郎:村山陽央→山時聡真
    寅次郎の兄、光子と平造夫婦の長男、秀才だが病弱
  • 車さくら:落井実結子→野澤しおり
    寅次郎の妹
  • 車竜造:泉澤祐希
    おいちゃん(平造の弟)、上野の和菓子屋の職人で働き者
  • 車つね:岸井ゆきの
    おばちゃん(竜造の妻)
  • 御前様:石丸幹二
    帝釈天住職、寅次郎の名付け親
  • 冬子:荒井美羽
    御前様の娘
  • お菊:山田真歩
    寅次郎の産みの母
  • さとこ:森七菜
    朝日印刷女工、寅次郎は彼女にメロメロ
  • 坪内散歩:岸谷五朗
    寅次郎の担任の英語教師
  • 夏子:井頭愛海
    散歩先生の娘
  • 千吉:尾上右近
    鰻屋

スタッフ一覧

  • 原作:悪童(わるがき)小説寅次郎の告白
    作者:山田洋次
    出版社:講談社
  • 脚本:岡田惠和
  • 語り:原由子
  • 音楽:馬飼野康二
  • 演出:本木一博、船谷純矢、岡崎 栄
  • 制作統括:小松昌代(NHKエンタープライズ)、髙橋練(NHK)

各話の視聴率

『少年寅次郎』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※視聴率はビデオリサーチ調べ

各話放送日視聴率
1話10月19日8.7%
2話10月26日7.3%
3話11月2日9.4%
4話11月9日6.7%
5話・最終回11月16日8.8%

スポンサーリンク

『少年寅次郎』の最終回ネタバレ(予想)

物語は戦前の昭和11年の冬、柴又の帝釈天の団子屋の店先からスタートします。
寒空の下、大きな声で泣き声を上げる赤ん坊は、この団子屋の息子として育てられることになりました。

名前は「車寅次郎」。腹違いの妹さくらとともに、すくすくとたくましく成長していきますが、この少年は元気だけがとりえの悪ガキとして、その名を地元に広く知られることになります。

破天荒な少年に世間の常識は通用せず、周囲の大人や子どもを巻き込んでの大騒動をくりひろげます。

周囲に謝罪に回るのは、育ての母(井上真央)と妹のさくら。でも、迷惑をかけられながらも愛情を失わずにいられるのは、寅次郎には悪気はなく、損得や理屈で動く子どもではないということを分かっていたから。

そんな中、第二次世界大戦が勃発。だんだんと戦況が厳しくなっていく中、寅次郎の住む柴又にも空襲の危機が迫ります。
父が出征する中、寅次郎は母とさくらとともになんとか生き抜いていきます。

そして戦後、14才になった寅次郎は葛飾・柴又から旅に出ることになります。
妹さくらに見送られて旅立つ寅次郎の後ろ姿が少しずつ遠ざかります。そして、そんな寅次郎とさくらを、物陰からそっと見守る母(井上真央)の姿も…。
幼少期は大笑いするようなエピソードがちりばめられ、中盤から後半にかけてはハラハラドキドキしながらもホロリと泣かせる様な演出が盛りだくさんのドラマになると予想します。

『少年寅次郎』各話のあらすじ

2019年10月19日からNHK総合にて放送開始される井上真央さん主演の連続ドラマ『少年寅次郎』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話のあらすじネタバレ

1話の見どころは、寅次郎の悪ガキぶりと母光子への大好きぶりです。

関連記事

『少年寅次郎』1話のネタバレ感想!大絶賛の初回!井上真央にもらい泣き

2話のあらすじネタバレ

2話の見どころは、母ちゃんこと光子が父ちゃん・平造のことを深く愛している様子です。

関連記事

『少年寅次郎』2話のネタバレ感想!光子の愛を感じる!赤紙招集令状・兄の昭一郎の死に大号泣必至

3話のあらすじネタバレ

3話の見どころは、寅次郎の祖父・車正吉(きたろう)の死に際の平造への言葉です。
戦争によって傷つき、暗い顔をして生きている息子への最後の言葉です。息子と、その家族のその後の人生を思い遣っての言葉の一つ一つが愛に溢れていました。

関連記事

『少年寅次郎』3話のネタバレ感想!さすが日本一の妹?さくらを演じる子役が可愛いと話題!

4話のあらすじネタバレ

4話の見どころは、大人に近づいていく自慢の息子・寅次郎の成長です。
複雑な思いに動揺する中、実母・お菊の思いを受け止めてあげる寅次郎の優しさに感動します。お菊(自分)を捨てた平造、夏子を悪く言う平造にたまらず怒りをぶつけてしまう寅次郎に、父に対する葛藤を感じます。

関連記事

『少年寅次郎』4話のネタバレ感想!お菊への寅次郎の優しさに感動!でも母は光子だけ?

5話(最終回)のあらすじネタバレ

5話(最終回)の見どころは、光子が「あんたがいないと、さびしいよ。」と、家を出て行った寅次郎に言葉をかけるシーンです。
光子の寅次郎に対する深い愛情と、光子を実母のように慕う寅次郎の姿に感動します。

関連記事

『少年寅次郎』5話(最終回)のネタバレ感想!光子と平造の愛情たっぷりの病室シーンに号泣!