ドラマル

『少年寅次郎』3話のネタバレ感想!さすが日本一の妹?さくらを演じる子役が可愛いと話題!

2019年11月2日に放送されたドラマ『少年寅次郎』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、平造が戦争から帰って来るが、何かに怯えさくらを拒否してしまう!
一方、中学生になった寅次郎は、裏の朝日印刷の工員・さとこに恋心を抱いていて…。

関連記事

『少年寅次郎』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『少年寅次郎』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『少年寅次郎』3話のあらすじネタバレ

寅次郎(藤原颯音)の母・光子(井上真央)が店の入り口に布団を敷いて寝ていた夜、平造(毎熊克哉)が戦争から帰ってきました。

遊び人でチャランポランだった平造が、何かに怯え、夜うなされ、あんなに可愛がっていたさくら(落井実結子)と触れ合うことを避けていました。

さくらも父を怖がり、寅次郎はさくらとままごとをしながら、どうすれば父が元にもどるか考えていました。
祖父・正吉(きたろう)は、戦争でさくらくらいの子供を殺めたのではないかと推測します。光子はそんな夫を影ながら見守り案じるのでした。

正吉が病いにかかり床についた折、平造が戦争でしたことは自分が持って天に召されるから「元に戻れ」と慰められました。その後、少しずつ 元に戻り始めた平造はさくらと共に、豆選びを行えるようになりました。

中学生になった寅次郎(井上優吏)は、裏の朝日印刷の工員で山形出身のさとこ(森七菜)に思いを寄せ始めました。台風の夜、くるまやの2階に避難してきたさとこが雷に怯え、しがみつかれたとき寅次郎はニヤニヤです。

一方、さとこは鰻屋の色男・千吉(尾上右近)が好きでした。見栄えのいい千吉には別にユキコという女がいて、さとこは捨てられてしまいました。傷ついたさとこは故郷に帰る事を決めました。『男はつらいよ』寅次郎の失恋の始まりであります。

おいちゃん(泉澤祐希)とおばちゃん(岸井ゆきの)はこの寅次郎の恋に気づき、失恋した寅次郎を心配致しましたが、母親である光子は後からその事を聞き、母ちゃん母ちゃんと自分を思っていた寅次郎が、そんな年になったのかと驚き、少し淋しくもあるのでした。

寅次郎はさとこを傷つけた千吉をギャフンと言わせるため、河原でつかまえた蛇を千吉がさばくうなぎのタライに忍び込ませました。千吉は沢山の女子の前で、さばくはずだった鰻ではなく蛇が腕にからみつき、逃げ出しました。満足顔の寅次郎です。

ある日、さくら(野澤しおり)が寅次郎が母の実子ではないことを知り、泣いて帰ってきました。寅次郎は土手でさくらに家族なのだから大丈夫な旨を伝えるのでした。

スポンサーリンク

『少年寅次郎』3話のネタバレ感想

50代女性

たくりん

毎熊克哉さんの演技が凄く上手でした。復員して怯える様子も、元に戻っときにさくらを見つめる優しい笑顔も、よかったです。
特に帝釈天に膝まづいて手を合わせるときなど、ジーンとしてしまいました。

寅次郎を演じる二人もいいですね。藤原颯音くんの笑顔から、井上優吏くんの眉のあたりから、どことなく渥美清さんを思い出してしまいます。

さくらちゃん、二人とも可愛いです!
まだ賠償さんは想像できませんが、いいです!守ってあげたくなります!

50代女性

紅緒

作品ごとに何回、いえ何十回と『男はつらいよ』という映画を見続けて来た者にとっては複雑な気持ちもあるのです。渥美清のいない寅さんなんて、という思いです。が、見始めると、今まで断片的に映画の中に出てきた寅次郎の生い立ちが描かれていて引き込まれていきます。

寅ちゃんの失恋も映画の中の寅ちゃんを彷彿とさせます。
寅次郎役は井上優吏君が藤原颯音君よりこの回から引き継ぎましたが、二人とも寅ちゃんだ。間違いない。素晴らしいキャスティングです。

寅次郎の育ての母、車光子(井上真央)の存在も光ります。寅ちゃんが大好きだったお母ちゃんはあなたでしたか!と握手したい気持ちになります。さくらと寅次郎の関係がこの母ありきなのだという事もようやく理解できました。
あの寅ちゃんは、この母に育てられたのですね。

改めて映画を頭から見直したくなりました。そして「男はつらいよ 奮闘篇」ミヤコ蝶々さん演じる実母お菊と寅次郎の再会を観たくなりました。

さすが日本一の妹?さくらを演じる子役が可愛いと話題!

寅次郎が「日本一の妹がいる」というだけあって、トラちゃんの妹・さくらを演じる落井実結子ちゃんと野澤しおりちゃんが可愛いと話題を集めています。

ていうか、井上真央さんを筆頭に、岸井ゆきのさん夫婦も可愛いし、寅次郎が恋したさとこ役を演じた森七菜ちゃんも可愛い!

それにしても、ドラマ『少年寅次郎』面白いですよね?
キャストが良いのはもちろん、話の流れが本当に面白い!
トラちゃんは本当にいい子で、恋の応援したくなっちゃいます。

今回はなんといっても、お父さんの平造(毎熊克哉)が、戦争で人が変わってしまい、さくらを拒絶していたが、少しずつ家族と向き合っていく様子を描いたところが実に素晴らしかった。さくらが平造に寄り添ってお仕事を手伝う姿にジンと来てしまいました。

さくらは、トラちゃんに負けず劣らずのいい子ですね。
寅次郎が腹違いの子だと知って涙していたとは…こっちも泣けてきました。

『少年寅次郎』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『少年寅次郎』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

寅次郎(井上優吏)は中学2年になり、平造(毎熊克哉)に批判的な視線を投げることを、光子(井上真央)は心配する。勉強はからきしだが、担任の散歩先生(岸谷五朗)の英語の授業だけは理解はできないけど好き。ある日、散歩先生に呼ばれた寅次郎を待っていたのは、13年前くるまやの前に寅次郎を置いて消えた産みの母お菊だった…

出典:https://www.nhk.or.jp/drama/dodra/torajiro/html_torajiro_story.html