ドラマル

『僕はまだ君を愛さないことができる』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』の1話から最終回までのあらすじを、ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

足立梨花・白洲迅さん主演の連続ドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※最新話のネタバレは、リアタイ(視聴)後に追加します。

見逃し配信をチェック

当記事には、『僕はまだ君を愛さないことができる』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「FODプレミアム」で第1話から最新話(テレビ放送に先行して第16話・最終回まで視聴可能)までの放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『僕はまだ君を愛さないことができる』の基本情報

概要(見どころ)

『僕はまだ君を愛さないことができる』は、台湾のドラマ『我可能不會愛你(イタズラな恋愛白書)』を原作とする恋愛ドラマ。
主人公の御手洗陽(足立梨花)は靴メーカーに勤務する29歳で、同い年の親友である石田蓮(白洲迅)には何でも打ち明けられる関係を築いています。
そんな二人が30歳の最後の日までに最初に結婚した方が、30万円のご祝儀を贈るという賭けをします。その賭けをきっかけに陽と蓮の関係や会社の同僚との関係に恋の予感がしてくるというストーリー展開です。

キャスト一覧

  • 御手洗 陽:足立梨花
    29歳、靴メーカー勤務、商品開発部・主任
  • 石田 蓮:白洲 迅
    29歳、デベロッパー勤務、タウンマネジメント課・主任
  • 水沢竜星:浅香航大
    陽の元彼・ベンチャー企業社長
  • 河野麻希:松本妃代
    派遣社員・蓮の部下
  • 鳴海 悠:佐久間 悠
    陽のアシスタント
  • 御手洗 学:永野宗典
    陽の兄
  • 石田真琴:早織
    蓮の姉
  • 石田静香:中村久美
    蓮の母親
  • 御手洗隼人:廣川三憲
    陽の父親
  • 御手洗 春:かとうかず子
    陽の母親
  • 城 崇生:中林大樹
    2年前に別れた陽の元彼、課長
  • 奥平:山田由梨
    城の元カノ
  • 麻希の従兄弟:川久保拓司
    麻希が陽に紹介したお見合い相手

スタッフ一覧

  • 原作:我可能不會愛你(イタズラな恋愛白書)
    作者:シュー・ユーティン
    著作:Gala Television Corporation cThree Phoenixes Production Co., Ltd.
  • 監 督:熊坂 出、玉澤恭平、山田卓司
  • 助監督:玉澤恭平
  • 脚本:新井友香、古賀文恵、今奈良孝行
  • 音楽:堀口純香
  • オープニングテーマ
    曲名:君に贈るうた
    歌手:板野友美
    作詞 : Tomomi Itano
    作曲 : Tomomi Itano/HIROMI/Kyoko Osako
    編曲 : G-ROW
    レーベル:KING RECORDS
  • 挿入曲
    曲名:小粋なバイバイ
    歌手:indigo la End
    作詞・作曲・編曲:川谷絵音
    レーベル:TACO RECORDS / Warner Music Japan
  • エンディング曲
    曲名:結び様
    歌手:indigo la End
    作詞・作曲・編曲:川谷絵音
    レーベル:TACO RECORDS / Warner Music Japan
  • プロデュース:櫻井由紀、東 康之、代情明彦、伊藤太一
  • アソシエイトプロデューサー:矢野直枝、岡村祥子
  • 協力プロデューサー:熊谷喜一
  • 技術プロデューサー:豊里泰宏
  • 制作:香月淑晴、大辻健一郎、潮田 一
  • 制作プロダクション:AOI Pro.
  • 制作協力:ヘッドクォーター
  • 製作著作:2019「僕はまだ君を愛さないことができる」製作委員会
    (エスピーオー/フジテレビジョン/AOI Pro.)

各話の視聴率

『僕はまだ君を愛さないことができる』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※『僕はまだ君を愛さないことができる』は、ビデオリサーチによる視聴率の発表がないため、SNS(Twitterつぶやき数など)の反響をもとに、視聴熱を5段階(★)で発表します。

各話放送日視聴率
1話7月15日★★
2話7月22日★★
3話7月29日★★
4話8月5日★★
5話8月12日★★
6話8月19日★★
7話9月2日★★
8話9月9日★★
9話10月14日
10話10月21日
11話10月28日
12話11月4日
13話11月11日
14話11月18日
15話11月25日
16話・最終回12月2日

スポンサーリンク

『僕はまだ君を愛さないことができる』の最終回ネタバレ(予想)

『僕はまだ君を愛さないことができる』には原作が存在し、台湾で大ヒットしたドラマ『我可能不會愛你(イタズラな恋愛白書)』というドラマが原作です。脚本はシュー・ユーティンで、台湾のドラマを日本でリメイクするのはこれが初めての作品となります。

『僕はまだ君を愛さないことができる』の原作である『我可能不會愛你(イタズラな恋愛白書)』のドラマ最終回の結末は、主人公であるヨウチン(日本版の御手洗陽)とダーレン(日本版の石田蓮)の親友二人は、親友という関係から発展して恋人になって遠距離恋愛をすることになります。
どんなに短時間しか会えなくても愛を確かめ合い、仕事に熱意を燃やすヨウチンをダーレンは応援しており、離れ離れではなく、ずっと一緒に居たいからと会社に異動願いを出すことを決めます。
コインで台湾へ共に異動することになり、異動願いの申請の際にダーレンは結婚をすることを理由に台湾へ異動し、ヨウチンとダーレンは晴れて結婚式を挙げ夫婦となることになり、ハッピーエンドを迎えるという内容になっています。

原作のドラマがハッピーエンドで終わることから、『僕はまだ君を愛さないことができる』の結末もハッピーエンドで終わるのではないかと予想されます。

『僕はまだ君を愛さないことができる』の結末を予想すると、陽の会社の後輩や元カレからのアピールによって、心が揺れ動く陽でしたが、結局仕事のことや自分の性格を全て理解してくれる蓮をパートナーとして選びます。
遠距離恋愛を経て結婚をして、賭けていた30万円は2人で使うことになるという結末になるのではないかと予想します。
しかし、台湾ドラマとは違って、ハッピーエンドにはならない結末もあり得ると思いますので、ドラマの放送開始から最終回まで目が離せない展開となりそうです。

『僕はまだ君を愛さないことができる』各話のあらすじ

2019年7月15日からフジテレビ系にて放送開始された足立梨花・白洲迅さん主演の連続ドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話のあらすじネタバレ

御手洗陽(足立梨花)は靴メーカー勤務のキャリアウーマン。仕事ではやりがいも感じ順調にキャリアを積んできているが、恋愛面は失恋ばかりで最近はあまりうまくいっていない。陽の高校・大学時代の同級生で、都市の再開発などを手掛けるデベロッパー勤務の石田蓮(白洲迅)は、そんな陽の一番の理解者でもあり、陽が唯一本音を打ち明けられる大親友。そんな陽と蓮は、陽の29歳の誕生日に“30歳最後の日までに先に結婚した方に30万円のご祝儀を贈る”という賭けをする。自分たちが互いに恋をすることはあり得ないと断言する2人だったが、その賭けがきっかけとなり、蓮の会社の後輩の積極的なアプローチや、陽の会社の後輩の急接近、そして陽の元カレとの再会など、その“親友”関係は徐々に変化していき…。

出典:http://www.cinemart.co.jp/dc/j/bokumada.html

1話の見どころは、陽(足立梨花)と蓮(白洲 迅)ふたりの出会いです。
ふたりの出会いは12年前、蓮の通う高校に陽が転校して来ました。イジメグループが、陽を偽のラブレターでからかいます。
蓮は、傷ついた陽を家の前まで追いかけます。恋愛感情と誤解されずに、陽を尊敬する気持ちをうまく伝えられず、つい「好きにはならないから」と口走ってしまいました。

関連記事

『僕はまだ君を愛さないことができる』1話のネタバレ感想!白洲迅(蓮)に惚れるドラマ?

2話のあらすじネタバレ

2話の見どころは、陽(足立梨花)がイケメン王子様(佐久間 悠)に出会います。
そして、陽が恋愛成就のお守りを受けた鳩森八幡神社は、パワースポットで有名な都内最古の富士塚があり、将棋にも縁がある実在する神社です。

婚活で3件のデートをハシゴする日の朝、通りかかったイケメン王子様が転びかけた陽を助けます。
結婚する友人に鳩森八幡神社のお守りが、恋愛にご利益があることを教わり、お守りを受けに(白洲 迅)と神社を参拝します。
ある日、陽が出社する前にカフェに寄ると、イケメン王子様に再会します。

関連記事

『僕はまだ君を愛さないことができる』2話のネタバレ感想!結末は陽と蓮の交際ゼロ日婚?

3話のあらすじネタバレ

3話の見どころは、陽(足立梨花)がイケメン王子様と再び再会、恋の種をまかれます。

陽の新しいアシスタント・鳴海(佐久間 悠)は、先日、カフェで再会したイケメン王子様でした。
鳴海は勤務外に下の名前で呼ぶことを陽に確認します。
「下の名前をさり気なく呼ぶ」は、蓮(白洲 迅)の姉・真琴(早織)に教わった『恋の種まき』の1つでした。
恋の種をまかれ喜ぶ陽は、下の名前で呼ぶことを快諾します。

関連記事

『僕はまだ君を愛さないことができる』3話のネタバレ感想!メガネ姿の蓮に視聴者くぎ付け?

4話のあらすじネタバレ

4話の見どころは、陽(足立梨花)と蓮(白洲 迅)、それぞれの恋が動き始めます。

蓮は麻希(松本妃代)に告白され、お試しで交際することになります。
一方、陽はアシスタント・鳴海(佐久間 悠)を名古屋出張に連れて行き、その夜、鳴海を部屋に招くことにします。

関連記事

『僕はまだ君を愛さないことができる』4話のネタバレ感想!鳴海の裏の顔が明らかに!

5話のあらすじネタバレ

5話の見どころは、名古屋の夜をきっかけに、陽(足立梨花)は蓮(白洲 迅)を異性として強く意識してしまうところです。

陽のやけ酒に付き合っていた蓮でしたが、寝てしまいます。陽もいつの間にか寝てしまい、翌朝目覚めると蓮に腕枕をされていました。以来、蓮を意識するようになった陽は、避けるようになります。

関連記事

『僕はまだ君を愛さないことができる』5話のネタバレ感想!電話しながらバレずに名古屋に来る蓮に胸キュン!

6話のあらすじネタバレ

6話の見どころは、蓮(白洲 迅)との結婚に向け障害となる陽(足立梨花)を排除しようと麻希(松本妃代)が画策する中、蓮は因縁のある陽の元カレと再会したシーンです。

蓮と陽の仲に嫉妬する麻希は、陽に彼氏を紹介しようと蓮に提案するも拒否されます。
そんな中、蓮が手がける渋谷ウォーターテラスのアンカーテナントになり得るベンチャー企業の社長を紹介されます。
蓮の目の前に現れた社長は、陽の元カレ・水沢(浅香航大)でした。

関連記事

『僕はまだ君を愛さないことができる』6話のネタバレ感想!「僕はまだ」という蓮に、もうくっついての声!

7話のあらすじネタバレ

7話の見どころは、陽(足立梨花)が元カレ・竜星(浅香航大)と、最悪の再会を果たします。
蓮(白洲迅)に竜星と再会した話を聞き、完璧な状態で再会したいと考える陽は、メイクに服それと靴に普段以上に気を遣います。
ところが、メイクもせず部屋着のままスルメの下足を咥え、ゴミを捨ている時に竜星と再会します。

関連記事

『僕はまだ君を愛さないことができる』7話のネタバレ感想!結婚に整形を要求するヤバ男で爆笑!

8話のあらすじネタバレ

8話の見どころは、逆勝負パンツです。
陽(足立梨花)が勤めるダイアナ株式会社は、陽の元カレ・竜星(浅香航大)が起業した株式会社ミーティアと業務提携を結びます。
仕事上のトラブルで竜星に借りが出来た陽。
2人きりで食事をすることになり、逆勝負パンツを穿き自らを戒めます。

関連記事

『僕はまだ君を愛さないことができる』8話のネタバレ感想!陽が逆勝負パンツで竜星を迎え撃つ?

9話のあらすじネタバレ

『僕はまだ君を愛さないことができる』9話のあらすじネタバレは、2019年10月14日(月)深夜の放送後こちらに追加します。今しばらくお待ちくださいませ。