ドラマル

『僕はまだ君を愛さないことができる』14話のネタバレ感想!陽が竜星との結婚を決断?蓮の寂しそうな後ろ姿に号泣!

2019年11月26日に放送されたドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』14話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

14話では、些細な事で竜星とギクシャクした陽が、蓮の携帯にメッセージを吹き込む!
一方の蓮は、出すことのない絵ハガキに陽への気持ちを綴り…。

関連記事

『僕はまだ君を愛さないことができる』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『僕はまだ君を愛さないことができる』14話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『僕はまだ君を愛さないことができる』14話のあらすじネタバレ

石田蓮(白洲迅)のいない生活に慣れず、御手洗陽(足立梨花)は猛烈に声が聞きたくなります。
一方の蓮も、陽と同じ気持ちでした。

ミーティア内のダイアナのトップページの画像が勝手に差し替えられ、ミーティアの取締役・トクラと陽は対立します。
ミーティアの社長・水沢竜星(浅香航大)が折れることで、問題は一見解決したかに見えました。
陽を嫌っていた商品開発部・青江は、陽の仕事ぶりを評価し見直します。
そんな中、以前訪れたクレーマーが再び来店、陽を指名しましたが上手く対応できませんでした。

仕事の愚痴を聞いてもらいたかった陽ですが、竜星には聞いてもらえず蓮と無性に話したくなります。
そして、中国ではつながらないスマホに連絡しメッセージを残します。
蓮も陽に宛てて手紙を認めていましたが、書き終えると引き出しにしまいます。

ある日、ミーティア内のダイアナのサイトから勝手に商品が外され、陽はトクラと再び対立。
そんな靴を売る仕事を大切にする陽は、仕事か竜星か迫られ竜星とケンカになります。
竜星は1週間の中国出張の間に、答えを出すよう陽に言い残し去ります。

陽が残業していると、和解した青江に声をかけられます。
結婚がイメージできず、陽は青江に離婚の原因を尋ねました。
そこへ、竜星の秘書・風間理沙から連絡があり、竜星が蘇州で事故にあったと知ります。
ネットで検索しても事故のニュースはなく、ダイアナの上海支社に連絡しましたが誰も出ません。
竜星に電話しましたが連絡がつかず、メッセージを送ることにします。
「仕事よりも、何よりも、誰よりも、陽を優先する。」
届いていたメッセージを読み、陽は竜星の真意を知り涙が溢れます。
泣いても困惑するだけと、動揺する陽を青江が叱咤。
陽は蓮に連絡すると、蘇州へ向かいます。
蓮は、ヤンとシュレイの協力を仰ぎ、警察や病院に問い合わせ、蘇州の天使医院に搬送されたことを突き止めます。
蓮は陽に連絡すると、ヤンとシュレイと共に天使医院に向かいます。

ベッドに横たわる竜星を見て、蓮は助かったことを感謝します。
駆けつけた陽が見舞うと、「直ぐに結婚してくれ」と竜星は告げ、「うん」と陽は頷きます。
陽の返事を聞き、蓮は病室を後にし仕事のため帰ります。
面と向かって伝えられず、中国ではつながらない蓮のスマホに電話し、陽は竜星と結婚するとメッセージを残すのでした。

スポンサーリンク

『僕はまだ君を愛さないことができる』14話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

竜星の行動は、蓮に対する不安の裏返しです。
陽に何かを犠牲にさせることで、どれだけ愛されているのか試しているのでしょう。
陽から仕事を奪いたい訳ではないはずです。
その証拠に、無理な要求をしつつ、直ぐに陽にメッセージを送っています。

結婚という契約をすれば、竜星の蓮に対する不安が消えるとは思えません。
例え、蓮が誰かと結婚したとしても、その不安は消えないのではないでしょうか。
何故なら、蓮が目の前からいなくなっても、竜星の不安は解消されていません。

竜星の本心がどうあれ、これからも竜星の要求はどんどんエスカレートして行くでしょう。
陽と竜星の結婚には、蓮は永遠の障害になるはずです。
ふたりが、その障害を乗り越えられるか、正直疑問です。

それにしても、あのトクラの言動は、毎回見ていて腹が立ちます。

陽が竜星との結婚を決断?蓮の寂しそうな後ろ姿に号泣!

陽はなぜ立ち止まって自分の気持ちを整理しないんだろうと考えてしまいますね。

竜星や蓮が何かをする度、気持ちが揺れ動いて行ったり来たり、それでは幸せになれないような気がする。

自分の今までの人生、そしてこれからの人生において誰と生涯一緒に暮らしていくことが一番の幸せであるかを、まずは自分と向き合って考えて欲しいですね。

ていうか、本当はもう答え出ていそうだけど…
竜星の交通事故という悲劇によって、気持ちが動転しちゃったのかな?

さて、「竜星と結婚する!」宣言しちゃいましたが、陽は蓮への依存を吹っ切れたのでしょうか?
蓮の後ろ姿が寂しそうでしたね…泣。

『僕はまだ君を愛さないことができる』15話のあらすじ

公式サイトが発表している『僕はまだ君を愛さないことができる』15話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

中国出張中の交通事故で一命を取り留めた竜星(浅香航大)から、改めてプロポーズされた陽(足立梨花)は結婚を決意する。その場に居合わせた蓮(白洲迅)は、失意のどん底で病院を後にする。3週間後、陽と竜星は家族からも認められ、急ピッチで結婚式の準備を進めていた。ところが、何を決めるにも意見が合わない陽と竜星。一方蓮は、上海に遊びに来た麻希(松本妃代)から、蓮の気持ちが陽に伝わっていることを聞いてしまう。そんなとき、陽の結婚祝いを兼ねた高校の同窓会が開催され・・・・・・。

出典:http://www.cinemart.co.jp/dc/j/bokumada.html