ドラマル

『僕はまだ君を愛さないことができる』11話のネタバレ感想!結び様の通り!告白を隠し親友のままを選ぶ蓮が切ない

2019年11月5日に放送されたドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』11話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

11話では、陽からの告白の返事がこないことに戸惑う蓮!
帰国後、陽から竜星とヨリを戻したことを聞きショックを受けた蓮は…。

関連記事

『僕はまだ君を愛さないことができる』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『僕はまだ君を愛さないことができる』11話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『僕はまだ君を愛さないことができる』11話のあらすじネタバレ

上海に出張中の石田蓮(白洲迅)は、留守番電話に残した告白の御手洗陽(足立梨花)の返事をスマホを気にしながら待っていました。
クライアントの商談中、陽からやっと連絡が来ましたが、土曜日に同級生を招いて開くホームパーティーへの誘いでした。
2日前に残した留守番電話を陽は知らず、履歴にすら残っていなかったのです。

同級生とのパーティーの最中、水沢竜星(浅香航大)から急な呼び出しがありましたが、陽はパーティーを優先します。
竜星は蓮の存在を気にしていました。
その夜、陽は帰宅した竜星と口論になります。
蓮とは会って欲しくないと竜星に言われ、会いたい陽は即答を避け帰ることにします。

自室のベッドに横になる陽に、蓮から電話がかかって来ます。
話をするうち、蓮の将来の妻になる女性のために、メイクの落とし方をレクチャーすることになります。
レクチャーしていると蓮にメイクを落としてもらっているような錯覚を覚え、疲れていた陽は、いつの間にか寝てしまいます。

寝坊した陽が起きると、1階から大きな物音がします。
慌てて階段に向かうと、母・春(かとうかず子)が階段を踏み外し倒れていました。
救急車を呼ぼうとした時、昨夜の約束通り竜星が迎えに現れます。
頭を打った春でしたが、幸い大事には至らず家に帰ることができました。
ずっと付き添ってきた竜星でしたが、駆けつけた兄・学(永野宗典)に、こんな時はいつも蓮だったと言われ、蓮と折り合いをつけることに決めます。

帰国した蓮をレストランに呼び出した陽は、竜星とやり直したことを告げます。
竜星も合流し3人で食事をしていましたが、思わず感情的になった蓮は、陽と留守番電話のことで口論になってしまいます。
店を出た陽は、後を追ってきた竜星に蓮を批判され憤ります。
竜星は、留守番電話を聞き削除したことを漏らしてしまいます。
しかし、悪びれることもなく、隠れて蓮と連絡を取り合うことを逆に非難します。

竜星をバーに呼び出した蓮は、昨夜のことを謝罪する一方、陽の聞き役に徹するようアドバイスを贈ります。
そんな上から目線の蓮に憤慨する竜星は、つまみの入ったグラスをカウンターに叩きつけて割り、留守番電話の告白を罵倒します。
そして、その勢いで陽と結婚すると吐き捨てます。
蓮は、竜星が留守番電話を消したと知ります。

陽とよく飲みに行く『酒場 まるしぇ』で、蓮が1人ビールを飲んでいると陽が現れます。
留守番電話のことを謝罪した蓮は、陽に何を残したのか尋ねられ、告白のことは言わず嘘をつきます。
竜星のことを本気と知り、蓮は一生親友でいるために「僕はまだ君を愛さないでいることができるはずだ」と自らを言い聞かせるのでした。

スポンサーリンク

『僕はまだ君を愛さないことができる』11話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

陽のいない場所での竜星の言動はともかく、気持ちは理解できます。
異性の親友を許容するのは、なかなか難しいのではないでしょうか。

結婚して血縁関係にある相手の親族と付き合うことでさえ、難しいこともあります。
状況を問わず、竜星を牽制する陽の兄・学が良い例です。
赤の他人となったら尚更です。

竜星と結婚した時、陽は蓮とどう付き合って行くつもりなのでしょうか。
蓮が結婚して家族ぐるみで付き合うのが理想でしょうが、蓮が生涯独身を貫くとしたら。
そう考えると、親友として付き合うのは無理がある気がします。

結び様の通り!告白を隠し親友のままを選ぶ蓮が切ない

ネットでつぶやかれている通り、本当にエンディング「結び様」の歌詞そのまま。
あの歌は蓮そのもの?

なんだかようやく蓮という人物の行動パターン・性格が分かってきたような気がします。
ラスト陽から留守電の内容を聞かれるシーンには、「やっぱりか~」と唸ってしまいました。

今回のタイトル「届かなかった“愛してる”」。
まさにその通り!
いや~ためてきますよね?

蓮も相当に切なく辛いだろうけど、見ている視聴者も爆発寸前!
愛してるが届いた時にはどんだけスッキリするんだろう…。
2019年最高のスッキリ感を味わえるかな?

『僕はまだ君を愛さないことができる』12話のあらすじ

公式サイトが発表している『僕はまだ君を愛さないことができる』12話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

陽(足立梨花)は竜星(浅香航大)から誘われて、ミーティアの創業2周年パーティーに参加する。竜星はそこで陽にサプライズプロポーズをしようとしていたが、そんなことをまったく知らない陽は、居心地の悪さからその場を抜け出し、蓮(白洲迅)と電話をしていた。竜星は花束を抱え、陽がいるはずの個室の前で公開プロポーズをするが、そこに陽はいなかった。プロポーズを邪魔された竜星から電話で怒りをぶつけられた蓮は、陽と離れることを考え始め・・・・・・。

出典:http://www.cinemart.co.jp/dc/j/bokumada.html