ドラマル

2021年7月4日

『ボクの殺意が恋をした』犯人・黒幕・謎をネタバレ考察!葵が丈一郎を殺した?

中川大志さん主演の連続ドラマ『ボクの殺意が恋をした』の伏線と考察をまとめました。

犯人・黒幕・謎・事件の真相についてのネタバレ考察を、1話から最終回まで随時更新してお届けしていきます。

関連記事

『ボクの殺意が恋をした』ネタバレ!最終回までのあらすじと結末考察

見逃し配信をチェック

この記事には、『ボクの殺意が恋をした』1話から最新話までのネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『ボクの殺意が恋をした』考察のポイント

物語の進展により増える可能性がありますが、第1話で浮上した大きな謎は以下の5点です。

  1. 美月の正体→柊の初恋の相手・葵(2話判明)
  2. 丈一郎の死の真相
  3. 柊の両親の死亡理由
  4. 八乙女の依頼者
  5. テロ組織とは

これらの点を踏まえ、以下に重要と思われるポイントとその根拠について考察していきます。

『ボクの殺意が恋をした』ネタバレ考察

『ボクの殺意が恋をした』の伏線と結末ネタバレ考察を、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話考察

丈一郎を殺したのは美月?

これは確実に綿谷詩織(水野美紀)が作った合成映像でしょうね。殺し屋である男虎丈一郎(藤木直人)を返り討ちにできる美月が、ボディーガードとして、男虎柊(中川大志)を雇うわけがありません。

水野美紀が黒幕

1話を見た限りでは、詩織が、男虎丈一郎(藤木直人)を殺した犯人という臭いが漂っていましたね。
組織の秘密を知る丈一郎を生かしておくわけにはいかないとも考えられますが、それじゃあ単純すぎるし、柊にわざわざ身バレする必要性がわかりません。

デス・プリンスの依頼者がテロ組織?

詩織が美月はテロ組織と繋がってると言っていましたが、デス・プリンスに美月殺害を依頼しているのは誰なのでしょうか?
まだ確定情報はありませんが、デス・プリンスこと八乙女流星、かっこいいのにどこかダサい…鈴木伸之さんはダサくありませんが、嵌り役です。

1話から黒幕を予想

結論から言うと、丈一郎は死んでいません!
すべては、テロ組織の主犯格である、まだ登場していない柊の両親をおびき出すためなのです。
つまり、柊の両親は生きています。

よって、鳴宮美月(新木優子)は丈一郎を殺害した犯人ではありません。
それどころか、美月もSOSのトップエージェントです。

1話で美月が電話で連絡をとっているのは詩織。
間の悪い柊はきっと美月を殺せないと判断した丈一郎。自分が美月を守れない間、柊に守らせようと計画しました。
ちなみに、美月は柊の初恋の相手・葵でしょう。

ではなぜ美月が狙われているかと言うと、美月がテロ組織にとって重要な秘密を知っているからです。それを世の中に公表されては困る。
そのため、組織のスパイであるフッ軽な女・水瀬千景(田中みな実)から美月が世間に出てきたことを知った組織は、デス・プリンスに殺害させようとしています。

ということで、物語の結末は黒幕である柊の両親と丈一郎&柊の対決。
丈一郎は結局そこで命を落としますが、全てが終わり柊は葵(美月)の秘書兼雑用係として、幸せな日々を送ります。

2話考察

鳴宮美月=葵

ラスト、美月の母と思われる女性・京子(榊原郁恵)が、美月のことを葵と呼んでいたので、柊の初恋の相手・葵=鳴宮美月はほぼ確定。
でも、実は双子の姉?妹?とがいて、そっちが葵で、丈一郎を殺したのがなんと葵で、美月はだから知らないという展開も予想できますね。

フッ軽な女はスパイ?

フッ軽な女・水瀬千景(田中みな実)は、完全に美月をデス・プリンスに殺させようとしている一味側に見えてきました。
美月を通じて、フッ軽な女は葵を探しているんでしょうかね…。

2話から黒幕を考察

丈一郎を殺した犯人候補として、美月と同じ顔の双子・葵の存在が浮上してきました。
テロ組織と繋がっているのは美月ではなく葵でしょう。美月は葵が闇の組織と繋がっていることを知っているが、秘密にしており、命を狙われる理由として葵が関係していることを感づいていそうですね。

そんなことは全くしらない柊。おそらく、今後少しずつ美月のことを好きになっていくのでしょう。そして、柊が美月に完全に恋に落ちた時、姉妹である葵が姿を現す展開が待っていそうです。その時、柊は美月と葵のどちらを選ぶのか?
また、丈一郎を殺害した葵を殺すことはできるのか?
あくまで予想ですが、段々面白い展開になって生きそうですね。

3話考察

柊(中川大志)の服が任天堂Switchに見えたことはさておき、3話にて早くも柊が美月=葵だと気づきました。また、4話では、デスプリンスも美月に恋に落ちそう…なかなかに予想外の展開へと進んでいきそうです。

鳴宮美月はペンネーム?

美月の母は葉山京子(榊原郁恵)。つまり、もし美月が本当の娘ならば、ペンネームまたは偽名であることになります。
筆者は、やはり美月は葵ではないと予想します。

2話の終わりにわざわざ京子に葵ちゃんと言わせたこと、3話終わりに絵から柊が葵と確信したこと、美月=葵と匂わせていると、感じて仕方ありません。
きっと、美月は葵から絵を教わったのでしょう。

丈一郎は美月を知っている?

詩織から美月の写真を見せられた丈一郎。明らかに何か思っていました。
筆者は美月と詩織が繋がっていると予想していましたが、どうやら丈一郎と美月に繋がりがあるようです。

果たして、丈一郎が知っていたのは、葵なのか?鳴宮美月なのか?
現段階では全くわかりません。

3話から黒幕を考察

柊は美月=葵と感じ、4話からは完全にボディーガード化しそうです。またデスプリンスも美月に恋して味方になる?となると、美月の命を狙うのは、詩織とデスプリンスに殺害依頼した人物になりそうです。

よく分からないのが千景(田中みな実)。怪しい雰囲気を匂わせながら、柊の素性を探っていましたが、どうも探偵に依頼しただけのよう。なかなか本性が見えてきません。

新たな謎も生まれましたが、3話で少しずつ方向性が見えてきましたね。

4話考察

『ボクの殺意が恋をした』3話の考察は、2021年7月25日(日)22:30の放送後こちらに追加します。今しばらくお待ちくださいませ。