ドラマル

『美食探偵 明智五郎』特別編(シェフ・伊藤とれいぞう子・桐谷みどりの(秘)裏メニュー)のネタバレ感想!どんぐりさんの存在感が強烈

2020年5月31日に放送されたドラマ『美食探偵 明智五郎』特別編のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

特別編第2弾では、シェフ・伊藤(武田真治)にギャルソン・野中(赤楚衛二)が打ち明けた驚愕の秘密と、れいぞう子こと主婦・みどり(仲里依紗)を追い込んだキッチン・ハラスメントの実態が明らかに!

関連記事

『美食探偵 明智五郎』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『美食探偵 明智五郎』特別編第2弾のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『美食探偵 明智五郎』特別編第2弾のあらすじネタバレ

シェフの(秘)裏メニュー

江戸川探偵事務所でノートパソコンに向う明智五郎(中村倫也)。
そこへ、小林苺(小芝風花)がいつもの弁当を持って大慌てで入って来ました。
フレンチレストラン『メゾン・ヴェリテ』が閉店したのです。
苺は明智と食べたロッシーニが忘れられず、この味が引き継がれることを望みます。
しかし、味を継ぐのは簡単ではないと明智は否定するのでした。

フレンチレストラン殺人事件の数日後、メゾン・ヴェリテは最後の営業を終え、ギャルソン・野中(赤楚衛二)が遅くまで掃除をしていました。
シェフ・伊藤(武田真治)は与えられた最後の仕事として、看板メニューのロッシーニの作り方を野中に教えます。
野中が料理人に憧れ、隠れてロッシーニを練習しているのを伊藤は知っていました。

店で伊藤から学びたいと思っていた野中は、ぐるめ大名ことグルメサイトのレビュワー・岩本康(中村靖日)が死に清々していました。
フォンを火にかける野中は、伊藤が岩本を手にかけたことを知っていたと明かします。
伊藤も明智に犯行を暴かれた時、野中が知っていると気づいていました。

伊藤がパソコンで通話し珍しく弱音を吐く姿を野中は見ていました。
この時、伊藤が岩本に恨みを抱いていることを、野中は知ったのでした。

事件当日、岩本がパン・ド・カンパーニュを喉に詰まらせ、伊藤が水を飲ませようとしていないことに野中は気づいていましたが黙っていました。
岩本が死ぬべきだと思っていたのです。
その夜、厨房に隠されていたプラスチック製のトリックグラスを破壊し、野中はゴミ箱に捨てます。
その破片が明智に見つかっていたと知り、野中は動揺するのでした。

焼いた子牛のフィレをアルミホイルに包み寝かせると、野中に仕上げさせようとする伊藤。
しかし、ソースを味見して自身で仕上げることにし、野中にはテーブルのセッティングをさせます。

伊藤が子牛のフィレとフォアグラのロッシーニ風をテーブルに並べ、野中と椅子に座ります。
ひと口食べようとした手を止め、伊藤がマリア(小池栄子)のもとへ行くなら連れて行って欲しいと言う野中。
そんな野中に「共犯の合作」を食べようと伊藤はロッシーニを勧めます。
笑みを浮かべ、ひと口食べた野中は喉を掻きむしり床に倒れました。

野中にとって伊藤は弟子でしたが、信じられるのはマリアだけでした。
「ユダはいつか、あなたを裏切るわ」
マリアから伊藤にメールが届いていました。

江戸川探偵事務所のパソコンには、グルメサイト『食べリポ』のメゾン・ヴェリテの口コミが表示され、美食家の探偵が最高の晩餐に感謝していました。

れいぞう子の(秘)裏メニュー

江戸川探偵事務所のソファーで眠る明智五郎(中村倫也)。
大声で明智の名を呼び、冷蔵庫を借りに小林苺(小芝風花)が駆け込みます。
常連客からメロンを貰ったのです。
同級生の桐谷和宏(落合モトキ)が殺害され落ち込む明智は反応しません。
そんな明智を励まそうと、苺はメロンと生ハムをバゲットに乗せたブルスケッタ風を作ろうとします。
しかし、明智は食欲がないと断りました。

7年前、当時新婚だった桐谷家。
夫・和宏は会社員から個人投資家に転身、家に居ることが多くなりました。
しかし、1日3食の食事を作ることは、料理好きのみどり(仲里依紗)には苦ではありません。
食卓を囲むみどりと和宏、和宏は生ハムとメロンのサラダに醤油をドバドバかけます。
濃い味付けで育った和宏は、色のない薄味のみどりの料理が好みではありませんでした。
高校の頃、母・シゲコ(どんぐり)が寮に送ってくれた惣菜を詰めただけの弁当をひと口食べ絶賛した明智の話を持ち出し、和宏は料理上手とシゲコを褒めます。
そんな和宏のため、好みの料理を作りたい、そう思って言ったみどりのひと言が地獄のキッチンハラスメントの始まりだったのです。

みどりはシゲコから料理を習うことになりましたが、2人前の料理に醤油大さじ6など、驚くほど濃い味付けでした。
みどりはすっかり料理下手な嫁と思われ、シゲコが和宏の好きな惣菜を送って来るようになったのです。

この日の夕飯に送られたうま煮を出すと、和宏は「もっとないの」とおかわりを要求、そんなこを言われたことがなく、みどりはショックを受けます。

ある日、シゲコのレシピで煮物を作ろうとしたみどりは、和宏の健康のため醤油や砂糖の量を減らします。
和宏に味見をしてもらうと、味が薄いと言われました。

次の日も料理をするみどりは、シゲコのアドバイスが耳から離れず、思うように料理が作れません。
パニックに陥り、みどりは目障りなシゲコのうま煮をフードプロセッサーにかけます。

夕飯にうま煮をアレンジしたハンバーグを出すと、和宏は「うまい」と言い、シゲコの料理に似て来たと褒めました。
みどりはショックを受け、頭の中ではシゲコのアドバイスの数々が響き、そして遂にはシゲコの幻想が見えるようになってしまったのです。
みどりは逃げるように、バスルームに駆け込みました。
ただ和宏のために美味しい料理を作りたかっただけのみどり、心の中で助けを呼ぶのでした。

江戸川探偵事務所。
苺は風邪の時、母がしてくれたようにメロンを切って明智に出します。
苺にとってのおふくろの味でした。
おふくろの味がないと言っていた明智に、自身の作る弁当をおふくろの味と思っても良いと苺は言います。
まるで逆プロポーズようで焦る苺でしたが、メロンを食べた明智は「悪くない」と呟くのてした。

関連記事

『美食探偵 明智五郎』2話のネタバレ感想!志田未来 感動系ドラマ?志田未来の演技に泣く!

スポンサーリンク

『美食探偵 明智五郎』特別編第2弾のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

フレンチレストラン殺人事件のその後に、まさか野中まで殺されていたとは。
それにしても、伊藤に対して師弟以上の感情が野中にはあるように見えましたが気のせいでしょうか。
頼まれもせず、犯行の証拠であるグラスを隠蔽、マリアに対する嫉妬と思われるような言動、正しく愛です。

一方のキッチンハラスメント殺人事件は、夫婦間の味覚が問題。
味覚を変えさせるのは大変なことです。
みどり自身、料理に相当な拘りがあったのでしょうが、うま煮をアレンジしたハンバーグのように、徐々に味を移行することが出来なかったのでしょうか。

本編では重要ではない、でも気になる部分を裏メニューは上手く補っています。
フレンチレストラン殺人事件では野中は絶対知っていると思っていたし、キッチンハラスメント殺人事件では、そんなに惣菜送って来るのかと疑問でした。
痒いところに手が届く感じで、裏メニューは面白いです。

どんぐりさんの存在感が強烈

https://twitter.com/nalcnalc/status/1267098586006745088


https://twitter.com/vPseEd5yP8Lje6Z/status/1267099949537259520

(秘)裏メニューを見ることで、れいぞう子こと・桐谷みどり(仲里依紗)のキッチンハラスメントで壊れていく様が良く分かり、本編での殺人にもわずかながら納得ができました。

あの方言によるどんぐりさんの呪い…いや料理アドバイスを毎日のように聞いていたら、そりゃ頭おかしくなる。

視聴者からも、呪いのためか…「どんぐりさんが夢に出て来そう」と呟く人もチラホラ。最後にチラッと出てきただけなのに、どんぐりさんが圧倒的な存在感を放ちましたね。