ドラマル

『美食探偵 明智五郎』6話のネタバレ感想!ソーシャルディスタンスの撮影に明智と苺の今を感じる!

2020年5月17日に放送されたドラマ『美食探偵 明智五郎』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、寿々栄の段取りで、明智が弟の六郎と一緒にお見合いをすることに!
お見合い当日、お相手の社長令嬢・紗英(北原里英)が突然苦しみだして急死し…。

関連記事

『美食探偵 明智五郎』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『美食探偵 明智五郎』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『美食探偵 明智五郎』6話のあらすじネタバレ

フランス・ニース、1ヶ月前。
ホテルの中庭に咲く水仙に足を止めるマリア(小池栄子)に伊達恭也(小市慢太郎)が声をかけ、襟の扇屋百貨店の社章にマリアは気がつきました。
ロゼワインとニース風サラダ(サラド・ニソワーズ)を楽しむと、伊達はマリアをホテルの部屋に誘います。

ベッドにスーツ姿で横たわる伊達、マリアは睡眠薬の瓶を手にしていました。
誘われた時、好きな人でもと問われ居ないと答えたマリアでしたが、横たわる伊達に愛している人は居ると答えます。
伊達のノートパソコンを開くと、「五郎の見合いの件」というタイトルのメールをマリアは見つけました。

新メニューの試食をして貰いに江戸川探偵事務所を訪れた小林苺(小芝風花)、胸が高鳴りドアの前で躊躇します。
そこへ、ジェラートを手土産に明智五郎(中村倫也)に会いに来た捜査一課の刑事・高橋達臣(佐藤寛太)が嫉妬に狂い苺を口撃、騒いでいると明智が顔を出します。

事務所には先客の明智の母・寿々栄( 財前直見)と弟・六郎(草川拓弥)、そして執事・小松崎(モロ師岡)が居ました。
扇屋百貨店の将来を案じ、寿々栄は小早川物産の社長令嬢・小早川紗英(北原里英)との見合いを勧めます。
明智が断ると、突如寿々栄が閃きます。
明智と六郎が共に見合いに出席、どちらかを紗英に選択してもらうことに決めます。
断る明智に小松崎が見合いの場所は料亭『宮鷹』と口添え、一転して明智は見合いをすることに決めます。

東京の夜景を望む屋上で、マリア、伊藤 (武田真治)、そして古川茜(志田未来)は赤ワインが注がれたグラスを交わします。
マリアの帰国の目的は明智の見合い、相手を殺しに来たのです。

見合い当日、いちごデリのキッチンカーで、明智は宮鷹に現れます。
ところが、六郎はまだ到着しておらず、寿々栄が再び閃きます。

宮鷹の一室にテーブルを挟み小早川家と明智家が会し、その中に男装した苺が六郎に扮し紛れていました。
隣の部屋には警部・上遠野透(北村有起哉)と高橋、壁にコップを当て聞き耳を立てます。
そこへ、仲居に扮したマリアがお茶を持って現れました。

季節の前菜に寿々栄がソースをたっぷりかけます。
明智が前菜を口に運び「悪くない」と絶賛、何故か紗英が褒められたと勘違いします。
嫉妬した苺が明智を揶揄すると、明智は六郎がボイスパーカッションを習得したと反撃します。
上遠野と高橋が廊下から障子に穴をあけ覗く中、苺は出来もしないボイスパーカッションを披露、全く受けず部屋から逃げ出しました。

厨房では伊藤が御膳の椀にしるしを乗せます。
仲居に扮した茜がしるしを取り去り明智に配膳、椀の蓋を取り違和感を覚え、明智は匂いをかぎます。
明智が仲居を呼び止めると、本物の六郎が現れ、そこへ苺が戻ります。
すると、障子が倒れ上遠野と高橋が乱入、見合いは台無しになり、紗英は出て行きます。

寿々栄に言われ、明智は紗英の跡を追います。
庭園を望む廊下に俯き座る紗英に明智は謝罪、すると仲居に扮したマリアが庭園を横切ります。
マリアの顔が浮かび明智が仲居の跡を追おうとしたその時、明智の腕を掴み紗英が苦しみだしたのです。
明智は救急車の手配を駆けつけた仲居に頼み、上遠野と高橋に料亭の封鎖を指示します。

紗英は死亡、その症状はフグ毒のテトロドトキシンによるものでした。
明智は事故死に見せかけた殺人と主張します。
料亭では一般的にフグの皮刺しにはトラフグが用いられます。
しかし、宮鷹では毒の部分を取り除いたシロサバフグの身欠きを九州からわざわざ仕入れていました。

現場検証中の鑑識に椀の料理の成分分析を指示し、その足で明智は厨房に向かいます。
厨房のゴミ箱には、フグの内蔵もヒレもなく身欠きであったことを確認します。
皮刺しを調理した伊藤も仲居に扮した茜も既に居ませんでした。

事件であることは間違いありませんでしたが、事故とも言えました。
フグ料理の御膳には海老真薯の椀がありましたが、紗英の椀は烏賊真薯でした。
明智は海老アレルギーで、家族が料亭に伝え忘れるはずがなく、犯人の狙いは明智だったのです。
同じく見合いで宮鷹に居た桃子(富田望生)に、明智は苺を送るよう頼みます。
一旦は宮鷹を出た苺でしたが、何かに気づき宮鷹に戻ります。
そして、渡り廊下を歩く明智をマリアが呼び止めました。

マリアは明智を殺そうとしたことは否定します。
ふたりの様子を見ていた苺は、マリアが崖から身を投げた依頼人の主婦だったと気づきます。
立ち去ったマリアの前に、苺が立ちはだかります。
忠告を無視し明智の周りを彷徨く苺にマリアは威圧、そんなマリアに苺は明智の助手と言ってのけます。
明智を守れと苺の耳元で囁き、マリアは立ち去るのでした。

苺は外で見た伊達と秘書の会話を明智に報告。
そこへ六郎が駆け寄り、フグ毒による死亡記事の紗英の画像を明智に見せます。
派手なメイクで一見すると紗英には見えませんでしたが確かに紗英で、伊達と通じていたのです。

その夜、明智が決定的な証拠を掴んだと苺と桃子が伊達に聞こえるように大声で話します。
伊達は通りかかった明智を呼び止め、お茶に誘います。
そして、明智は事件の真相を関係者の前で明かします。

「仲居と板前が裏切った」
秘書に話す伊達を苺が目撃。
六郎は紗英とデートする伊達を度々目撃していました。
六郎が見合いに参加することになり、伊達は六郎を酔わせ紗英と会わせないようにしました。
居なくなった伊藤と茜を買収、椀に毒を入れ明智を殺そうとしました。
そして、六郎を社長にし裏から操ろうとしたのです。
言いがかりという伊達に、今しがた明智に淹れたコーヒーを、明智は伊達に差し出しましたが、その手を振り払い伊達は逃げ出します。
上遠野と高橋が追い、明智は苺に戻るよう指示してから部屋を出ます。
廊下で伊達の秘書に挟まれ、明智は後頭部を殴打されました。

気がつくと明智は納屋の柱に縛られていました。
ガソリンの携行缶を持って伊達が納屋に現れ、携行缶を蹴倒しガソリンを床に撒きます。
伊達は使用人のように扱う同族経営の扇屋に嫌気がさしていました。
明智が幼い頃には毎日送り迎えさせられ、今回は見合い相手を探させられたのです。
伊達はガソリンに火をつけます。
明智は幼稚園の帰り、カツ丼食べるならトンカツ屋より蕎麦屋と伊達に連れて行って貰ったのを覚えていました。
「どうだ悪くないだろ」
そう言って笑う伊達が、明智には格好良く見えました。
伊達は明智を残し、納屋を後にします。

明智と連絡つかず心配になった苺は、捜しに出ます。
伊達を見かけ、苺は追わずに伊達が出て来た方に向かいます。
納屋が燃え、明智の携帯が落ちていました。
納屋の窓から中を覗くと、炎が燃え広がる中、明智が居ました。
納屋の扉を開けましたが、苺は泣き叫ぶだけで何も出来ません。
するとマリアが現れ、納屋に入って行きました。
マリアは明智の頬に手を触れ明智もマリアの頬に触れると、ふたりはキスを交わします。
ふたりを見て、苺は呆然と立ち尽くします。
マリアは明智を連れ出し、明智を横たわらせます。
そして、苺の頭を撫で立ち去りました。

ホテルの一室にマリアと伊達が居ました。
以前に貰った名刺の番号に、マリアが連絡したのです。
マリアが伊達に思い出のニース風サラダを食べさせると、伊達は床に倒れ込みます。
その伊達の顔をマリアはヒールで踏みつけるのでした。
愛する明智を殺そうとした伊達が、許せなかったのです。

後日、死ぬのが怖くて明智を助けられず、苺はマリアとの差を思い知りました。
明智の助手ではなく単なる料理人であると、苺は悟ったのです。
泣きじゃくる苺に、明智は苺にしかない存在理由があると慰め、美味しい料理を作る人に傍に居て欲しいと告げるのでした。

スポンサーリンク

『美食探偵 明智五郎』6話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

小池栄子がやばい。
明智以外の人と接する時には、どことなく狂気を感じますが、明智と接している時には狂気はなく愛情しか感じません。
狂気と愛情の両方を醸し出す演技には、凄いとしか言いようがありません。

今年の始めあたりに、五輪前の春ドラマは、かなり力を入れているというような記事を読みましたが、噂通り今季は良質のドラマが多いです。
残念ながら何本かは放送に至っていませんが、放送できた中では、美食探偵は頭一つ抜けています。

警察がマリアを捕まえようとする気配が全く無いので、シリーズ化が前提でしょうか。
もしそうなら嬉しいのですが、それよりも撮影が再開できる環境が整うことが先ですね。

ソーシャルディスタンスの撮影に明智と苺の今を感じる!

ラストのコロナ対策によるソーシャルディスタンスの撮影が話題を集めましたね。

ソーシャルディスタンスの距離感が、まるで明智と苺のすれ違う心の距離を暗に示していると感じ、自然に見てしまいました(後から密対策だと知りました…)。

『君には君にしかない存在理由がある 美味しい料理を作れる人にはそばにいてほしい』という明智。
おそらく、苺には明智母が言うように恋愛感情はないんでしょうね。

前回の「僕が守る」という言葉も、美味しい料理を作れる人にはそばにいてほしいからなのかな?苺の好意には全く気付いてなさそう。
でも、泣く苺を見て心配そうな顔はしてるんだよな…。

好きな人にあんなこと言われたら苺も踏ん切りつかない!
マリアより苺とくっついて欲しいと思っているのですが、そんな恋愛ドラマ的な展開は期待できないのかな?

『美食探偵 明智五郎』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『美食探偵 明智五郎』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

地下アイドル“爆音エンジェルズ”のメンバーとして活動する友人・ココ(武田玲奈)からストーカー被害の相談を受けた苺(小芝風花)は、“助手”ではなく“料理人”として距離を置きつつも明智(中村倫也)のもとへ。

ストーカー化したファン・田畑(森永悠希)が家まで押しかけると聞き、明智はボディガードとして“ドルオタ”が熱狂するライブに同行。

すっかり明智を気に入ったメンバーたちも加わり明智の事務所で共同生活が始まる中、明智はココが摂食障害に苦しんでいることに気づく……。

一方、ココのSNSにはマリア(小池栄子)から意味深なDMが届き……。忍び寄るマリアの影が、再び明智を窮地に追い込もうとしていた!

出典:https://www.ntv.co.jp/bishoku/story/