ドラマル

『BG2 身辺警護人』7話(最終回)のネタバレ!劉光明(仲村トオル)は本気でまゆを好きだった!

2020年7月30日に放送されたドラマ『BG~身辺警護人~2』7話(最終回)のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

遂に最終回、高梨の反対を押し退け、島崎が劉光明の逃亡の警護をすることに!
果たして、劉の国内逃亡を許さない桑田議員の刺客から、島崎は劉を守りきれるのか…。

関連記事

『BG~身辺警護人~2』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『BG~身辺警護人~2』7話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『BG~身辺警護人~2』7話(最終回)のあらすじネタバレ

劉光明(仲村トオル)から警護の依頼を受けた島崎章(木村拓哉)。
とりあえず話を聞くべく待ち合わせの公園に向かいますが、既に警察が待ち構えており、取り囲まれてしまいます。それをなんとか撒いて、逃走。
劉とはあらためて明日の早朝、待ち合わせすることに。

劉から、事の経緯を聞きます。
そもそも、章の周辺をうろついていた加藤一馬(中村織央)という男は、劉の手先ではなく、桑田の手先だという。警護課の警察官時代に不祥事を起こした加藤を桑田が拾い、以後、加藤は汚れ仕事を任されているとか。
また、桑田は警察にも顔が利くため、逮捕されたら、おそらく正当な扱いは受けないだろうという劉。そのため、海外逃亡を考えたとのこと。知人にロスへの中継用小型機を用意してもらったので、その飛行場まで章に護ってほしいということでした。
無事に飛行場まで護ってくれたなら、海外に着いた後、警護情報を桑田に渡していた不正を世間に公表すると、劉は約束。章はそれを信じて、命の危険が迫った劉の警護を引き受けることに。

一方その頃、章の息子・瞬(田中奏生)が「島崎警備」の事務所に顔を出しました。
というのも、今朝の章の様子に違和感を感じ、心配になったから。しかし事務所に章の姿は無く、高梨雅也(斎藤工)がいました。
高梨は、劉の警護を猛反対し「もし引き受けるのなら辞めます!」とまで啖呵を切ったのですが、やはり章のことが心配で事務所に来ていました。その高梨に、今回の任務のリスクはどの程度かと尋ねる瞬。
高梨から極めて高いと聞くと、章といい関係になりつつある笠松多佳子(市川実日子)のもとへ行き、「今回、親父は危険な仕事をしていて、死ぬかもしれない。もし親父のことが好きなら、止めたほうがいい」と伝えました。

章は、劉を大きな箱に忍ばせ、飛行場まで車を走らせます。
その道中、警察の検問に引っ掛かってしまいます。警察から箱の中身を見せるよう迫られた章は、精密医療機器が入っていると説明。それを医師である多佳子に証明してもらうため、章はイチかバチかで電話することに。瞬から「今、危険な仕事に携わっている」と聞いていた多佳子は、なんとなく状況を察し、うまく話を合わせます。おかげで章は難を逃れることができました。

車を乗り捨て、山道を歩く章と劉。
そこへナイフを持った加藤が現れ、襲い掛かってきます。
加藤に圧され、絶体絶命のピンチとなる章でしたが、高梨が駆けつけ、助けてくれました。

高梨は相変わらず「逃亡に手を貸すべきではない」「劉社長を出頭させるべきだ」と訴え続けます。それを鬱陶しく感じた劉は「高梨を処理してくれ」と章に指示。
すると章は「では消えたことにしましょう」と言って、高梨と劉の入れ替わりを提案しました。

劉と高梨は衣服を交換。
「高梨雅也」として山道に残された劉は、連絡を受けた菅沼まゆ(菜々緒)と沢口正太郎(間宮祥太朗)にキャッチアップされました。

その後、章たちは飛行場で合流。
高梨や沢口は、いまだに逃亡ほう助について釈然としない態度をみせ、海外に渡った後に罪を告白するという劉の言葉にも嫌疑をかけます。
それでも章は「信じて護る」というスタンスを崩しません。そんな揺るぎない章の姿勢をみた劉は考えを改めます。海外に逃げるのではなく、正々堂々、桑田と対峙して罪を認めさせる、と。

かくして、劉たちは桑田の自宅へ向かうことに。
桑田の自宅には「KICKSガード」のほかに警察も警備についていました。がしかし、まずは章がインターホンで訪問を告げると、桑田は警察を引き払わせました。
桑田は、劉の逮捕ではなく死を望んでおり、加藤や小俣健三(勝村政信)にそれとなく殺人を示唆していたのです。

地下駐車場に車を止め、車から出ようとしたところ、またしても加藤から襲撃されます。
章は、拳銃を手にした加藤に左足の太ももを撃たれ、その場に崩れ落ちてしまいます。が、それは気を失ったフリで、油断して近づいてきた加藤を取り押さえることに成功。

章たちは、無事に劉を桑田の面前に導きます。
劉は、自分と桑田の罪を洗いざらい警察に告白すると伝え、桑田にも罪を認めるよう促しました。

かくして、劉と桑田は逮捕。
桑田は記者懇親会襲撃事件の首謀のほかにも、政治資金規正法違反など関与していた全ての罪を認め、議員辞職しました。
劉はマスコミに向けて「今回の件で、命を懸けて体を張って依頼人を護るBGがいることを知ることができた。彼らに感謝の言葉を伝えたい」とコメントしたのでした。

章は、銃撃を受けた傷で一時気を失うも、幸い、弾が大腿動脈から逸れてくれたおかげて、一命を取り留めます。もし1センチでもずれていたら、出血多量で死んでいたという。
多佳子は、電話で「無茶はやめて」と止めたにも関わらず、やっぱり無茶をした章にあきれつつ、その生き様に理解を示します。そして二人は、退院したらまた寿司に行こうと約束しました。

小俣は「KICKSガード」を辞め、他の警備会社へ転職。
まゆと沢口は「KICKSガード」に残りました。

高梨も「島崎警備」に残ることに。
まゆとの結婚を考え始めた高梨は「身を固めるには収入が大事」と、大手企業との連携など、仕事の拡大を提案。これは、島崎警備に出入りしているカフェ「ジャンクション」の店員・中島小次郎(道枝駿佑/なにわ男子)の「彼女から収入が不安定なら別れるって言われた。だから一部上場企業への就職目指してカフェ辞めます」発言に多少触発されたもの。

以後、歌舞伎界のスター・市川海老蔵といったVIPクライアントを「KICKSガード」と合同警護するなど間口を広げ、まゆや沢口たちと仕事をする機会も増えた章たちでした。

スポンサーリンク

『BG~身辺警護人~2』7話(最終回)のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

第一シーズンで左大腿部を撃たれ、亡くなってしまった日ノ出警備の村田五郎(上川隆也)課長。
村田課長は、まさに「理想の上司」と言える穏やかで優しい人で、その死が惜しまれました。その村田課長と同じところを島崎が撃たれ、息を飲みました。
一命をとりとめてくれてよかったです。これで第3シーズンへの希望がもてます!

第一シーズンを思い起こさせたシーンは他にも。
かつての日ノ出警備のメンバーが飛行場に合流して、4人で腕時計を突き合わせながら「誤差なし!」と掛け声。第一シーズンからのファンとしては胸がアツくなる瞬間でした!
その場にうっすらと村田課長の姿も私の目には映りました。

島崎に「もう付き合ってられない!」宣言をした高梨が、それでも手助けしようとちゃんと準備して事務所待機していたところにキュン。
宿敵である劉の逃亡に手を貸すことへの怒りよりも、島崎を死なせたくない!という想いがありありと伝わってきました。にもかかわらず、島崎には「勝手に死ね!」と言い放っちゃう可愛いツンデレっぷり。最高です!

木村拓哉さんのアクションが、ほんっとカッコ良かったです!
2年ほど前に発売されたPS4ゲーム『JUDGE EYES(ジャッジアイズ):死神の遺言』の華麗アクションを彷彿とさせました。
このゲームでは、木村拓哉さんをモデルとした主人公「八神隆之」が、爽快にバッタバッタと敵をなぎ倒したり、チェイスしたり。その迫力満載のアクションを、ご本人そのまんまの姿で見られて、テンション上がりました。痺れました!

コロナの影響か、たったの7回で終わってしまったのは残念。
目玉と言われていた東京オリンピックネタがボツになってしまったのも残念。
ぜひ第3シーズンもやってほしいです!それこそ、延期となった東京オリンピックに合わせて来年の夏とか。…ちょっと準備期間が足りないかな?
とりあえず、BGロスを埋めるために『JUDGE EYES:死神の遺言』をまたプレイしようかしら。

劉光明(仲村トオル)は本気でまゆを好きだった!

劉光明社長(仲村トオル)は、何かビジネス的な意図で菅沼まゆ(菜々緒)に近づいていると思っていたのですが、本気で好きだったんですね…。
完全に劉のことを勘違いしていました。

劉やな奴~と思っていましたが、なんだかカッコいい…。
最終回、仲村トオルさんの存在・魅力に心を持っていかれましたね。

まとめ

とにかく短かった!
最終回、納得の面白さでしたが、欲を言えば、ここに向かうにあたりもう何回かあれば、劉光明の菅沼まゆへの想い、まゆの高梨への想い、バラバラになった4人が再び揃う流れをより納得・感動する形で見れた感じがします。

ともあれ、やっぱりBGカッコいいし、まだまだ話し続けられそうなので、来年も続編を作って欲しいですね。