ドラマル

『BG2 身辺警護人』5話のネタバレ!黒幕は課長?小俣は桑田議員と繋がっていた!

2020年7月16日に放送されたドラマ『BG~身辺警護人~2』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、沢口の恋人で、劉光明のサブ秘書として働く角田凪子を警護することに!
しかし、ストーカーに狙われているという凪子に、島崎と高梨は疑問を感じる…。

関連記事

『BG~身辺警護人~2』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『BG~身辺警護人~2』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『BG~身辺警護人~2』5話のあらすじネタバレ

KICKSグループの社長・劉光明(仲村トオル)のサブ秘書をしている角田凪子(成海璃子)が、夜道で何者かに襲われ怪我を負いました。
連絡を受けた恋人の沢口正太郎(間宮祥太朗)は、島崎章(木村拓哉)の口利きでかかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)に緊急処置を頼みました。
幸い凪子は軽傷で、沢口たちは胸を撫で下ろします。
ただ、診察中、凪子が防犯ブザーを複数持っていることに気付いた多佳子は、ストーカー被害に遭っているのではないかと懸念。
そこで、章が凪子に問い質すと、言い淀みながらも、3か月ほど前からストーカーに狙われていると明かしました。けれど、相手は誰かわからないという。
今までストーカー被害について黙っていたのは、沢口に心配をかけたくいという凪子の想いからでした。

沢口は凪子の身を案じるも、自身は夜間にも警護勤務があるため、章と高梨雅也(斎藤工)に身辺警護を依頼。
「犯人を突き止めて、凪子が安心して暮らせるようにしてあげてほしい」と頼みました。

凪子の警護を開始して間もなく、凪子の自宅マンションのエントランスで、作業員に変装した不審者を捕まえます。
正体は、なんとKICKSガードの小俣健三(勝村政信)課長。章や高梨のかつての上司でした。
けれど、小俣はストーカー行為を否認。不遜な態度で章たちに接します。
凪子までも、小俣はストーカーではないと否定。
被害者が違うと主張する以上、「誤認」と認めざるを得ず、章は小俣に拘束したことを謝罪しました。

凪子の言動から、本当はストーカーの犯人を知っているのではないかと察した章は、あらためて問い質しました。
観念した凪子は、ストーカー犯は上司である第一秘書・岩田一也(三宅弘城)であると告白。
岩田は劉が特別に目をかけている有能秘書。穏やかな人柄で周りからの信頼も厚い人物でした。
けれど、岩田から食事に誘われ、それを断ってから、態度が豹変したという。やたらと付きまとうようになり、自宅にまで侵入。無理やりキスをされて、「もし口外したら恋人の沢口にキスしたことをバラす」とまで脅されました。もしキスしたことがバレたら、それ以上もやったのではないか…と思われるのが恐くて、誰にも言えなかったという凪子。
そんな震える凪子に、章は「しっかり闘おう」と奮い立たせました。

かくして、岩田と話をつけるべく凪子たちは「KICKSガード」へ。
事前に、岩田にミーティングルームに来るよう伝えたのですが、時間になっても来ません。
痺れを切らし、章のほうから出向こうとしたとき、社長室へ招かれました。

社長室には、当事者の凪子と岩田、凪子を警護する章と高梨、そして岩田や劉の警護役として菅沼まゆ(菜々緒)と沢口が集められました。
劉は、岩田のストーカー行為を「卑劣だ」と責め、秘書の解任を言い渡します。
すると岩田が激昂。
「社長の命令で証拠隠滅しようと凪子の自宅に侵入したんだ!ストーカーはカモフラージュするための、ただの”フリ”。彼女に特別な感情なんてない!」と暴露しました。
劉が衆議院議員の桑田宗司(小木茂光)に政界関係者の警備データを渡した証拠となるデータが、凪子へ渡した資料データの中に紛れ込んでしまったのだという。岩田は、あくまで社長のためだったと主張。そして、自分を切り捨てようとする劉にコーヒーをぶっかけ、凪子には「こんなヤボったいガキに本気になるわけないだろ!」と叫んで暴れ出しました。
それを取り押さえた章。
劉は「もしこれがコーヒーじゃなくて化学薬品の類だったら俺は死んでいた。…まぁ、BGなんて、こんなものだよな」と皮肉を零します。
劉は章たちに、BGへの不信感を募らせるキッカケとなった過去の事件を話しました。
自宅に強盗が押し入り、婚約者が銃撃されて死亡。そのとき、婚約者を護っていた屈強なBGは逃げ出した、と。
劉は章に指鉄砲を突きつけ「本当に銃を向けられたとしても、盾になれるのか?」と詰め寄りました。これに臆することなく、覚悟をみせる章。
しかし劉は「できもしないのに『体を張る』『盾になる』と言い切る奴が大嫌いなんだ」と言い放ちました。

ストーカー事案が解決し、凪子は会社を辞めることを決意。
章へ「私の決意を護ってくれてありがとう」と感謝しました。
そして、今回の件で沢口との信頼関係が崩れたように感じた凪子は「一度、距離を置きましょう」と切り出しました。

その後、沢口も劉にKICKSガードを辞めると申し出ます。が、劉が引き止めました。

息子の瞬(田中奏生)から多佳子との仲を煽られ、その気になってきた章は、多佳子を食事に誘うことに。
けれど、そこで思いもよらない告白を受けます。
じつは警察官だった夫がいて、結婚3か月目に死別してしまったというのです。
この衝撃の告白を受けている道中、また章を付きまとう謎の男(中村織央)の姿を目にします。
男を追って揉み合いになる章。その男を見た多佳子は「あの人、どこかで見たことがある」と呟きました。

スポンサーリンク

『BG~身辺警護人~2』5話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

これまでもその存在がちらほらと仄めかされていた沢口の彼女が、ついに登場!
凪子は純粋で真面目で、実直な沢口とお似合いのカップルだなあと思っていたので、破局を匂わせる結末にちょっと切なくなりました。
沢口の立場を守りたかった、心配をかけたくなかった、という気持ちもわかるんですけどね。でももうちょっと沢口に頼ってもよかったんじゃないかなと思ってしまいました。沢口はド新人だった第1シーズンの頃と比べて、随分たくましくなりましたし!

多佳子先生から語られた、じつは結婚していたという話にびっくり。
「島崎よりもカッコ良くて強い」という旦那さま。一体どんな人なんでしょう?
恋の盲目補正がかかってるかもしれませんが、めちゃくちゃ気になります!
だって、あの木村拓哉よりカッコ良いなんて!…あ、すみません、あくまで「島崎よりも」でしたね。つい気になりすぎてコーフンしてしまいました。

ところで、島崎に付きまとっている謎の男に見覚えがあるという多佳子。
これもどんな接点があるのか、気になるところです。

黒幕は課長?小俣は桑田議員と繋がっていた!

今シーズンの黒幕(ラスボス)は、課長の小俣健三(勝村政信)なんでしょうか?
どうやら、小俣は劉の忠実な部下ではなく、議員の桑田宗司と密な関係のようです。

ひょっとして、今日の劉光明(仲村トオル)との銃話のやり取りは布石では?
最終回は、島崎が劉の盾になって、ヒゲ男(中村織央)に撃たれる展開になるような気がしてきました。

『BG~身辺警護人~2』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『BG~身辺警護人~2』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 島崎章(木村拓哉)と高梨雅也(斎藤工)のもとへ、商店街でカレー食堂を営む佐久間華絵(名取裕子)から“厄介な警護依頼”が舞い込んだ。この40年間、夫と二人三脚で店を切り盛りし、カレーを作り続けてきたという華絵。だが、懇意にしていた大家が亡くなった途端、相続した息子・玉井充(永沼伊久也)が立ち退きを要求! 裁判を起こされた上に、ガラの悪い連中に嫌がらせまで受け、追い詰められた夫は発作を起こして亡くなってしまったという…。充との交渉の場に立ち会い、夫が命を懸けて守ろうとした店とカレーを護ってほしい、と訴える華絵。だが、法律的には大家側に理があり、下手に介入すれば、章たちも法律違反に問われてしまう。この現状を鑑み、高梨は逡巡するが…。

 そんな中、立ち退きの断行日がやって来た。充は立ち退きのために強引な手段に出るが、華絵は諦めず、籠城を開始! 華絵の依頼で、章と高梨も立てこもりに付き合うが、店内を見渡した章はふと華絵の意図に違和感を覚え…!?

 時を同じくして、章のかかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)の脳裏には、章を付け回す謎の男(中村織央)と以前会ったときの記憶がよみがえる! 章の身を心配し、男の正体を調べようとする多佳子。一方、総裁特別補佐に就任した桑田宗司(小木茂光)の記者懇親会を警護していた菅沼まゆ(菜々緒)と沢口正太郎(間宮祥太朗)は、会場に紛れ込んでいる謎の男を発見し…! 男の正体と目的とは一体何なのか!? ますます謎が深まる中、やがて桑田や謎の男と裏でつながる「KICKS CORP.」の社長・劉光明(仲村トオル)を“窮地”に追い込む事態が発生してしまう――。

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/bg2/story/0006/