ドラマル

『BG2 身辺警護人』4話のネタバレ!多佳子先生を食事に誘うも、秒で断られる島崎(キムタク)が新鮮!

2020年7月9日に放送されたドラマ『BG~身辺警護人~2』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、20年間ほぼ家から出ていない引き籠り生田大輔を警護することに!
島崎と高梨は、誰かに狙われているという大輔に警護同行して、小学校に向かうが…。

関連記事

『BG~身辺警護人~2』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『BG~身辺警護人~2』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『BG~身辺警護人~2』4話のあらすじネタバレ

島崎章(木村拓哉)が事務所を構えた雑居ビル1階にあるカフェ「ジャンクション」でアルバイトをしている大学生・中島小次郎(道枝駿佑/なにわ男子)に、「島崎警備」のホームページを作ってもらいました。

すると出来て早々、「至急!警護乞う!」というただならぬ様子の依頼メールが届きました。
依頼人の名は生田大輔(岡田義徳)。文面によると「誰かに狙われていて身動きがとれない。ただし警察には知らせないで」とのこと。

急ぎ、メールに記載された住所へ向かう章と高梨雅也(斎藤工)。
けれどそこは大輔が両親と暮らしている自宅で、文面にあったような切羽詰まった状況ではありませんでした。
「至急」と銘打って依頼したのは、手っ取り早く来てもらうための大輔のウソだったのです。

大輔は、高校2年生の夏休み以来、20年もの間引き籠ってニート生活を続けているアラフォー男性。
近々、出身小学校の同窓会が開かれ、そこでタイムカプセル開封会が催されるという。けれど大輔は、自分のタイムカプセル(手紙)を皆の前で読まれたくなくて、事前に先生に頼みに行きたいという。そこで、学校へ行くまでの間、警護してほしいとのことでした。
というのも、大輔曰く「誰かに狙われている」というのは本当で、20歳くらいのときに自転車のタイヤが何者かにいたずらされてパンクし、30歳くらいのときに踏切で背中を押されたとのこと。
けれど大輔の父・洋次(平泉成)は「馬鹿馬鹿しい。きっと外に出たくない言い訳だろう」と一蹴。大輔の話を信じようとはしません。高梨も同様でした。
一方、母・三枝子(梅沢昌代)は大輔を信じ、外に出れば何か変われるのではないかと期待して、章たちに「費用はわたしが払いますから」と警護をお願いします。
章も大輔の言葉を信じ、依頼を引き受けることに。ただし、クライアントはあくまで大輔ということで、費用は大輔からもらうと約束しました。

事務所に戻ると、沢口正太郎(間宮祥太朗)がやってきます。
沢口は、高梨と付き合っていた菅沼まゆ(菜々緒)がKICKSガードの執行役員になったこと、その役職に引き上げた社長の劉光明(仲村トオル)と男女の関係があるんじゃないかと噂されていることなどを章たちに話します。これを聞いた高梨は、思わず動揺してしまいます。

一方その頃、劉と食事をしていたまゆ。
劉は、警備業界に興味を抱いたキッカケを明かしました。
5年前、ロスの自宅に強盗が押し入り、婚約者が銃殺されたという。当時、BGを雇っていたにも関わらず、全く役に立たなかったと話す劉。これにより劉は「BGは、たとえクライアントを護れなくても責任を取らなくてもいい」ということを知り、これはいい商売になると確信したのでした。

翌日、大輔の警護へ向かう道中、章の息子・瞬(田中奏生)が怪我をしたと担任から連絡が入ります。ひじを打撲したとのこと。
章は、念のため、自身が世話になっている整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)の病院で診てもらうよう促しました。

章は、外出用に大輔のスーツを用意。けれど大輔は「このままでいい!」と言い張り、ボロボロの部屋着のまま外出することに。
大輔は、周りの視線を気にしながら、おどおど歩きます。
そんな中、同級生の谷口守治(丸山智己)に出くわし、気さくに声を掛けられました。けれど大輔は、笑顔を向ける谷口に背を向け、そそくさと逃げ出してしまいます。
逃げた大輔は、妻子を連れて見るからに勝ち組な様子の谷口に嫉妬し、「急に友達ぶりやがって」と毒づきました。

気を取り直して小学校へ向かっていると、章が怪しい人影を認めます。
章が追うと、人影は逃亡。その姿を見て、以前より章の周辺をうろついている謎の男(中村織央)だと気付く章でした。

自分が狙われているのだと勘違いした大輔は、すっかり怯え、小学校へ行くことを断念。
警護依頼も取り下げると言い出し、また部屋に閉じ籠ってしまいます。
その様子を見て、呆れかえる洋次。どうしようもない奴だと、大輔を見限ろうとします。
章は、同じ「息子を持つ父」として、親子関係が崩壊しかかっている大輔と洋次を放ってはおけず、なんとかその溝を埋めようと、敢えて洋次に、大輔に面と向かって罵る言葉を浴びせるよう促しました。すると、反骨精神を刺激された大輔は、再び部屋を出て、小学校へ向かったのでした。

小学校へ着くと、そこでまた谷口に声をかけられ「あの頃よく遊んでいた理科室へ一緒に行こう」と誘われます。
章たちもそれについて行こうとしますが、谷口が友達同士水入らずで…と仄めかし、大輔も「仕事はもう終わり」と章たちの付き添いを拒みました。

谷口と大輔、二人が理科室に入ると、谷口の態度が急変。
大輔から受けた過去のトラウマを口にします。

当時、力関係が谷口より上だった大輔は、戯れに「理科室から塩酸を盗め」と要求。
逆らえなかった谷口が素直に言うことを聞いて盗むと、それが警察沙汰にまで発展して大騒ぎ。
けれど大輔は、自分が指示したとは名乗り出ませんでした。
そのせいで谷口は、これまで懸命に励んできた中学受験を失敗。母親は心を病んで自殺。
以降、谷口自身も人のことが信用できなくなって、人生がままならないという。先ほどの妻子も、じつは1年前に離婚しており、ちょうど子供との面会日というだけでした。

「お前のせいで人生壊れたんだ」と大輔を責め立てる谷口。
けれど当の大輔は、そのことをすっかり忘れており戸惑うばかり。それがさらに谷口の癪に障り、大輔に手を上げようとします。
がその時、章と高梨が止めに入りました。
章は「人が信じられなくなったのは、あなた自身の問題です」と谷口を諫め、逆上した谷口を拘束します。すると大輔が「やめて!」と止めに入り、谷口の人生を狂わせてしまったことを心の底から詫びました。そして大輔は谷口の怒りのパンチを甘んじて受け、二人はわだかまりを解消したのでした。

二人は同窓会へ。
当時、大輔は明るい目立ちたがり屋なキャラだったため、今のすっかり変わり果てたみすぼらしい姿に、皆がざわめきます。その視線に怖気付いた大輔は、なかなか輪の中に入れません。
すると谷口が「なんだよその恰好、ウケ狙いかよ」とフォロー。皆は「なんだウケ狙いのためか」と納得の表情を浮かべ、おかげで大輔は輪の中に溶け込むことができました。

「25年後のぼくへ」と題した手紙を受け取った大輔。
そこには「ぼくはお父さんの電車をみるのが大好きです。将来は、お父さんのような電車の運転士になりたいです」と、父へのリスペクトが綴られていました。
章はこれをそっと洋次に渡します。
洋次は、自身が親の都合で進学できなかったため、息子にはちゃんと進学させてあげて、いい会社に入って、人を動かすような仕事に就いてほしいと願っていました。けれどその願いこそが大輔を苦しめていたのだと気付き、大輔に詫びました。
そして大輔に、実家を出て独り立ちするよう促す洋次。
洋次の想いを受け止めた大輔は、スーツを着て、就職活動をはじめる決意をします。
章に、貯めていたお年玉で警護料をきちんと払い、「俺の記憶を護ってくれてありがとう」と感謝したのでした。

章が帰宅すると、多佳子から手当てをしてもらった瞬から「(多佳子が章のことを)結構意識していると思う」とからかわれます。
すると章もつい意識してしまい、ちょうどその時かかってきた多佳子からの電話に「今度一緒に飯でも…」と、たどたどしく食事に誘う言葉を口にしてしまう章でした。

スポンサーリンク

『BG~身辺警護人~2』4話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

「息子を殺して自分も死のうと思ったことがある」と言うほどまでに、引きこもりの息子に思い悩んでいた洋次。そこまで破綻しかかっていた親子関係を、クライアントの本心を見抜き信じ抜いた島崎が修復してくれました。
たしかに、20年もろくに家の外に出ていなかったら、実際に命が狙われているいないに関わらず、外に出ること自体にとてつもない恐怖を感じてしまいそう。その気持ちを理解し、真摯に警護する姿勢を貫いた島崎に、また今日も惚れ込んじゃいました。
身に迫る危険だけじゃなく、壊れかけた心をも護ってくれるBG。素敵ですね!

理科室で谷口と対峙したときの、大輔演じる岡田義徳さんの熱演に、心が震えました。
ボロボロに泣き崩れる大輔と、大輔のせいで人生が狂わされたと嘆く谷口の感情のぶつかり合い。その迫力が凄まじかったです。
だからこそ、感情をぶつけあった後の、同級生の輪に入っていけない大輔を優しくフォローした谷口にカタルシスを感じました。
今度こそ二人は、本当の親友として歩んでいけそうですね。

島崎と多佳子、なにやらいい雰囲気になってきましたね。
どぎまぎしながら多佳子を食事に誘う島崎が、かわいらしかったです。

多佳子先生を食事に誘うも、秒で断られる島崎が新鮮!

なんと島崎章(木村拓哉)が、多佳子先生(市川実日子)に対して、恋愛感情を抱いていたとは、ビックリしました。
秒で断れてしまいましたが、島崎(キムタク)が多佳子先生をおどおどと食事に誘う感じが良かったですよね。

木村拓哉と市川実日子という組み合わせは意外ですが、なんかいい感じで推せる。
多佳子先生もまんざらじゃない感じですし、島崎にはめげずに多佳子先生にアプローチを続けていってもらいたいですね。

『BG~身辺警護人~2』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『BG~身辺警護人~2』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 「KICKS CORP.」の社長・劉光明(仲村トオル)が目をかけている第一秘書・岩田一也(三宅弘城)の下で、サブ秘書として働いている角田凪子(成海璃子)が、夜道で引ったくりにスマホを盗まれ、ケガを負った。実は、凪子は子会社「KICKSガード」のボディーガード・沢口正太郎(間宮祥太朗)の恋人。連絡を受けた沢口は、元同僚・島崎章(木村拓哉)の口利きで、かかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)に緊急処置を頼む。幸い凪子は軽症で、胸をなでおろす沢口。ところが…診察中、なぜか凪子が防犯ブザーを複数所持していることが発覚。章が問いただすと、凪子が「少し前からストーカーに狙われている」と告白したのだ!

 相手は誰か分からず、沢口にも心配をかけたくなくて黙っていた、という凪子。彼女の身が心配でならない沢口は、島崎と高梨雅也(斎藤工)に身辺警護を依頼する。ところが警護中、2人は凪子が無意識に取る些細な行動に、釈然としないものを感じ…!?

 その矢先、島崎と高梨はストーカーを取り押さえることに成功する。ところが…その正体はどうにも信じがたい“意外な人物”! しかも背後には、ほかでもない劉が率いる「KICKS CORP.」の影がちらついて…!?

 これは、単純なストーカー事件ではない――。凪子と共にストーカーと真正面から闘い、封じられた真相に光を当てようと立ち上がる島崎と高梨。だが、行く手には“とんでもない盾”を構えた劉が泰然と立ちはだかる! しかもあろうことか、その向こう側には「KICKS CORP.」の急所ともいうべき“致命的な秘密”が隠れていて…!? 章と劉がついに直接対決へ…物語は急展開で最終局面へ突入!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/bg2/story/0005/