ドラマル

『BG2 身辺警護人』3話のネタバレ!笠松を起こす島崎にドキドキ!

2020年7月2日に放送されたドラマ『BG~身辺警護人~2』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、投資詐欺容疑で逮捕、釈放された道岡三郎(豊原功補)を警護することに!
「クライアントを選びたくない」という島崎は、道岡を恨む者を警戒するが…。

関連記事

『BG~身辺警護人~2』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『BG~身辺警護人~2』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『BG~身辺警護人~2』3話のあらすじネタバレ

かかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)から「とても危ない仕事」と前置きされた上で、ある人物の警護依頼をされた島崎章(木村拓哉)。
その警護対象者は、数々の投資詐欺で逮捕されるも、証拠不十分で不起訴となり釈放された実業家・道岡三郎(豊原功補)。いわゆる「悪党」でした。
多くの人から恨まれている道岡は、釈放直後の帰宅途中に被害者から襲撃され、アキレス腱断裂で入院。多佳子がその手術を任されることに。
しかし、一旦は道岡を受け入れた病院でしたが、「道岡を助ける医者は許さない。処刑する」といった脅迫状が届くようになり、もしまた入院中に襲われでもしたら…と及び腰になって道岡を追い出そうとします。けれど多佳子は「たとえ悪人であっても患者であることにかわりはない。治療を全うすべき」と毅然とした態度で言明。その多佳子の強い意志に折れるかたちで、病院上層部は「退院までしっかりと警護をつけること」を条件に道岡の治療を承諾しました。
けれど、KICKSをはじめ様々な警備会社に道岡の警護を打診したのですが、道岡は態度が悪く、被害者を敢えて挑発するような男。どの警備会社も「危険度最高レベルの案件」と忌み嫌い、引き受けてくれません。そこで多佳子は、島崎へ依頼したのでした。

これを聞いた高梨雅也(斎藤工)は「引き受けるべきじゃない」と意見しますが、章はいつものように「依頼人を選びたくはない」と断言。道岡の警護を引き受けることに。
警護を開始したその日に、鈴木と名乗る不審な男が見舞いにやって来ます。
道岡は、警護していた高梨を部屋から出るよう指示し、臆することなく鈴木を通しました。
鈴木は、道岡が密かに資金調達に協力していた有力議員・脇永の番犬。鈴木は、脇永が詐欺事件とは無関係のスタンスを貫くことを示唆し、道岡が下手なことをしゃべらないよう、傷口を強く握って圧力をかけました。このとき道岡の悲鳴が短く上がり、廊下にいた高梨が駆けつけ、鈴木と取っ組み合いに。そこへ章がやってきて、興奮して殴り掛かろうとする高梨を取り押さえ「BGが攻撃するな」と宥めました。

手術当日。
オペ室に向かう多佳子は、仮面をかぶった何者かに襲撃されます。が、間一髪のところで章が駆けつけ、事なきを得ました。

オペ中に、かつての同僚・沢口正太郎(間宮祥太朗)から電話がきます。
「KICKSを辞めた本当の理由が知りたい」と問われ、章は「担当医が襲われて緊迫した状況だからそれどころではない」と返します。すると、道岡についての資料を提供すると申し出る沢口。しかし、それを沢口の上司・小俣健三(勝村政信)が聞きつけ、「守秘義務だ」とけん制。勝手に沢口の携帯を取り上げて電話を切ってしまいました。

オペは無事に終了。
道岡の秘書・小暮(長谷川朝晴)が、病室で道岡が目覚めるのを見守っていました。けれど目覚めた道岡は、小暮の姿を認めた途端、「来るなって言ったろ!ポンコツ」などと悪態をつきます。翌日も、心配して様子を見に来た小暮に「辞めろ、ポンコツ!」と怒鳴りつけ、「もし辞めたくないのなら、俺が『今一番欲しいもの』をここに持って来い」と要求して追い出しました。
その様子を見た高梨は、多佳子を襲った犯人は道岡に邪険に扱われている小暮なのではないかと推測。

高梨の推測が気になった章は、道岡の警護を高梨に任せ、小暮から話を聞くことに。
小暮が道岡のもとで働き始めたのは11年前。当時、会社の人間関係に悩んでいた小暮は、道岡の投資セミナーに参加して人生観が変わったのだという。
道岡の堂々とした人柄に惚れ込み、自ら傍で働かせてほしいと志願。そのことに後悔はしていないと、はっきりと述べる小暮でした。

するとその時、沢口が道岡に関する資料を手にやってきました。
そこには道岡の投資詐欺を苦に自殺した被害者やその遺族の名前が記されており、道岡のリハビリ担当の理学療法士・湯川匡彦(木村了)や、病院の売店員・住野凛子(宮地雅子)の名前がありました。

そして今まさに、湯川のリハビリを受けていた道岡。
章は急いで高梨へ危険を報せ、道岡のもとへ向かいました。
案の定、湯川と凛子から襲撃を受けましたが、なんとか取り押さえて事なきを得ます。
じつは道岡は既に、湯川と凛子が被害者遺族であることを知っていたという。にもかかわらず、敢えて煽るような言動をしていた道岡に、章は「まるで死にたがっているみたいだ」と指摘。
そこへ小暮もやってきて「社長は、誰かに止めてほしかったんだと思います」と、道岡の気持ちを代弁。小暮は、道岡が要求していた『今一番欲しいもの』を持ってきました。それは脇永議員の関与も記された投資詐欺についての証拠でした。

道岡は、真実を洗いざらい打ち明けるため、警察に出頭することを決意。
最後の警護として「警察まで送ってほしい」と章に依頼します。
ただ、自分の全財産は被害者の債務に充てられることになるから、警護費用の支払いは罪を償った後になると話す道岡。必ず、もう一度這い上がって出世払いするから、と約束します。そして、わざと被害者遺族を煽って自棄になっていた自分を護ってくれた章に「俺の野心を護ってくれてありがとう」と感謝したのでした。

道岡を送る道中、最近やたらと周辺をうろついている「やらせ襲撃事件」に加担していた謎の男・加藤一馬(中村織央)の姿を、また目にします。
章は、雇い主であろうKICKSグループの社長・劉光明(仲村トオル)に面会し、「悪事を公表しない代わりに、二度とボディーガードの命を弄ぶようなことはしないと約束したはずだ」と迫ります。が、劉は関与を否定し、シラを切り通しました。

劉から「役員に迎え入れたい」と誘われていた菅沼まゆ(菜々緒)は、「お受けします」と返事しました。

スポンサーリンク

『BG~身辺警護人~2』3話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

世間から厳しく非難されている悪党でも、「クライアントを護る」「患者を護る」という信念を貫き通した島崎と多佳子。
わたしだったら、世間と同じように「悪党を護るなんて…」と抵抗を感じてしまいそう。もし引き受けたとしても、普段通りのモチベーションを保てるかどうか…。けれど二人は、分け隔てなく護り抜きました。その実直さと真心が、道岡の奥底にある良心を目覚めさせ、自棄になっていた心を鎮めて、自首へと導いたのかもしれませんね。二人ともカッコ良かったです!

TELASA(テラサ)のクオカードプレゼントクイズに出題された島崎親子の朝食シーン。
「もう子供じゃないんだから」とオムレツにケチャップはかけないと言い放った瞬(田中奏生)に対して、「俺はかける。47だけど」と言ってケチャップをぺろりと舐めとった章が微笑ましかったです。
わたしも40代のいい年した大人ですが、オムレツにケチャップかけちゃう派。ケチャップの濃厚なトマト味がないと、なんか物足りない気分になっちゃうんですよねぇ。

笠松を起こす島崎にドキドキ!

先週に続き、島崎のカッコ良すぎる行動にドキドキさせられという声が殺到しました。

二の腕をギュッとされて笠松(市川実日子)さん少し痛くないのかな?と心配になりましたが、その時に力強いところも島崎のカッコ良いところですかね。

『BG~身辺警護人~2』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『BG~身辺警護人~2』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 「至急! 警護乞う!」と、ただごとではない様子で訴えるメールが、「島崎警備」のホームページに届いた。島崎章(木村拓哉)と高梨雅也(斎藤工)は直ちに送信者・生田大輔(岡田義徳)に電話。なんと大輔は監禁され、今も見張られているという! ところが…。教えられた住所へ急行すると、そこは大輔と両親が暮らす自宅。実は監禁というのは、すぐ来てもらうためについたウソで、本当の依頼は別にあったのだ――。

 20年もの間、ニート生活を続けるアラフォーの大輔。そんな折、出身小学校のクラス会開催の知らせが届き、“将来の夢”を書いた色紙を保管していたタイムカプセルを開ける行事も予定されていることが分かったという。だが、この行事に拒絶反応を示した大輔は、自分の色紙だけ先に回収してもらうよう、教師に頼みに行こうと決意。外出には不安があるため、身辺警護を依頼したのだという。というのも大輔は、自分が常日頃より誰かに狙われている、と信じて疑っていなかったからだ!

 にわかに信じがたい大輔の話…。一向に働こうとしない大輔に常々苛立っていた父・生田洋次(平泉成)も「バカバカしい」と一蹴するが、章は「クライアントを信じる」と決め、高梨と共に大輔を警護。いざ小学校へと向かう。ところが道中、大輔は“ある場所”まで来ると、なぜか遠回りになる道を選択。さらに、偶然出くわした同級生・谷口守治(丸山智己)の優しい言葉にも、完全に背を向けて…!?

 そんな中、怪しい人影が後をつけてくるという、不穏な事態も発生! 大輔は急に小学校へ行くのを断念し、警護依頼も取り下げると言い出す。そんな息子にあきれ果て、見限ろうとする洋次。だが、自らも“息子を持つ父”である章は、すれ違う大輔と洋次を放っておけず…。

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/bg2/story/0004/