ドラマル

『BG2 身辺警護人』2話のネタバレ!恵麻(川栄李奈)が島崎の顔を確認!惚れた?

2020年6月25日に放送されたドラマ『BG~身辺警護人~2』2話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

2話では、目の不自由な天才ピアニスト・守尾恵麻(川栄李奈)を警護することに!
恵麻を守る島崎の身体を張った警護と、役作りに猛特訓した川栄李奈さんの演技に注目です。

関連記事

『BG~身辺警護人~2』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『BG~身辺警護人~2』2話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『BG~身辺警護人~2』2話のあらすじネタバレ

私設ボディーガードになった島崎章(木村拓哉)のもとへ高梨雅也(斎藤工)が押しかけ、「KICKSガード」を辞めて島崎の個人事務所「島崎警備」に入ることに決めたと、一方的に宣言。
けれど章は「一時的な感情で動くな」と諭し、とりあえず帰らせます。

章に言われて仕方なく会社に戻る高梨でしたが、無断欠勤して断りもなく章の手伝いをしたことを課長の小俣健三(勝村政信)に叱られ、契約解除を言い渡されてしまいます。しかしこれは高梨にとって渡りに船で、堂々とまた章のもとへ押しかけました。
章としても、行き場のない高梨を無下にすることもできず、また息子の瞬(田中奏生)が意外にも高梨を気に入っており、なし崩し的に受け入れることに。

章が個人事務所を立ち上げたと聞きつけたカフェ「ジャンクション」でアルバイトしている大学生・中島小次郎(道枝駿佑/なにわ男子)は、大学で情報工学を専攻しているからと、もしホームページ作りたくなったら依頼してほしいと売り込みました。

章の事務所に、元同僚の沢口正太郎(間宮祥太朗)がやってきます。
なんでも、「全盲のピアニスト」として脚光を浴びている守尾恵麻(川栄李奈)の身辺警護の仕事を持ってきたという。そもそも恵麻の警護はVIP扱いでKICKSが担当していたのですが、「ある理由」のため途中で辞退。その後、他の警備会社も恵麻の警備は拒否しているとのこと。
その「ある理由」についてはクライアント本人に確認してほしいとし、沢口からは明かしませんでした。

とりあえず話を聞くため、恵麻が所属している事務所へ。
恵麻の姉で事務所社長でもある守尾美和(谷村美月)から話を聞きます。
恵麻は、悲願の夢だった国際コンクールへの出場権をつかみ、さあこれからというときに、自殺行為に走るようになってしまったという。つまり、自分を殺そうとする恵麻自身から恵麻を護ってほしいという依頼でした。
これを聞いた高梨は「自分で自分を傷つける人は守れない」と難色を示しますが、章は「敵から護ることには変わりはない」と警護を引き受けることに。

恵麻の警護を章の事務所が引き受けたことを、小俣はKICKSグループの社長・劉光明(仲村トオル)に報告。
KICKSで恵麻の担当をしていた菅沼まゆ(菜々緒)は「契約満了まで守り抜く自信はあった。最後までやり遂げたかった」と零します。これに「君たちの未来を護るために辞退を決断したんだ」と説明する劉。「ビジネスに大事なのはリスクを回避すること。危険な仕事は下請けに投げてやればいい」と自身の信条を述べました。

恵麻の警護を開始した章と高梨。
この日の恵麻のスケジュールは、大学でレッスン、その後、夜に開催される壮行会へ出席。
恵麻は章たちに心を開かず、手も借りようとせず、不愛想に接し続けます。

大学では「全盲を売りにして実力もないのにいい気になってる」といった陰口がささやかれ、その気配を察した恵麻は、ピアノも弾かずに大学を出てしまいます。
その後、渋谷で買い物をし、亡くなった母とよく一緒に行っていたというレストランへ。
そこで恵麻は、美和への不満を漏らしました。
今は姉と妹という関係ではなく、社長とただの所属アーティストといったドライな関係だという。また「全盲」をメディアにアピールし出したのが姉で、自分はそれを武器にしたくない、全盲だから弾けるわけじゃない、と不本意な気持ちを吐き出しました。

レストランを出た後、何者かに襲撃される恵麻。
長い階段を降りようとしたところをスリングショットで狙われ、恐怖と混乱に陥った恵麻は足を踏み外してしまいます。その恵麻を章は抱きかかえ、そのまま背中で階段から落ちてしまいました。
その間、高梨が犯人を確保。警察へ引き渡します。
犯人は、前に恵麻のピアノ指導をしていた先生で、美和の恋人だった桜井裕司(阿部祥平)でした。

恵麻に目立った外傷はなかったものの、念のため、病院で診てもらうことに。
「日ノ出警備」に所属していた頃から契約担当医として世話になっていた笠松多佳子(市川実日子)に診てもらいます。
ピアニストの命である指に何の損傷もなかったと診断した多佳子は、章がその身を挺して庇ったおかげだと労いました。おかげで章の背中はひどい打撲を負いましたが、自分の治療は警護が終わってからと断りを入れ、病院を後にしました。

この後は壮行会へ向かう予定でしたが、恵麻が「壮行会には行かない。コンサートにも出ない。…みんなが不幸になるから」と言い出します。
というのも、襲撃した桜井は以前はとてもいい人だったという。けれど、桜井が指導をやめた途端成功しだしたのが、彼にとって面白くなかったのだろうと推察する恵麻。そしてもうひとつ。桜井が美和と結婚できなかったのは自分のせいだったから、とも。
桜井がプロポーズした際、美和は「恵麻の夢を叶えるためには人並みの結婚生活はできない」と言って断ったのでした。

恵麻は、自分が桜井や美和の幸せを阻む障害になっていることに心を痛めていました。そこで章は、姉妹の心の溝を埋めるべく、ある行動に出ることに。
なんと誘拐の真似事をして、壮行会で恵麻を待つ美和を教会へと呼び出したのです。
その教会は、子供の頃、姉妹がよく一緒にピアノを弾いていた思い出の場所。
恵麻は、美和に「社長を退いてほしい。自分のために幸せを犠牲にして働くのはやめてほしい」と要求。この要求を飲んでくれれば、予定通りコンサートに出ると約束します。
けれど美和は、健常者ではないのだから絶対に支えが必要だと、要求を受け入れようとしません。そして、恵麻を支えること、恵麻の夢を叶えることこそが、自分の幸せだと訴える美和。才能がないと自覚しピアノを諦めた時、惨めで死にたいとさえ思ったけれど、それを生きる希望に変えてくれたのが恵麻だ、と。

美和の想いを知り、さらに章からも「見えないことが特別なことじゃないと本気で思うなら、堂々と誰かの力を借りて夢を叶えてもいいんじゃないですか」と後押しされ、恵麻は、あらためて姉とともに歩むことを決意したのでした。

一件落着し、章は高梨に、本当に自分と組んで仕事をしたいのかと意志を確認します。
これに迷わず「はい」と答える高梨。
章は、KICKSを辞めた本当の理由を明かしました。
先日の、桑田宗司(小木茂光)議員の後援会パーティー襲撃事件は、劉が仕組んだヤラセで、それを知って劉本人に辞めると宣言。そして、それ以降、劉が雇っていた襲撃犯・加藤が章の身辺をうろついており、狙われている可能性があることを明かしました。
そんな危険な状況でも気持ちは変わらないかと、あらためて高梨に問う章。
高梨は再び迷わず「はい」と答えます。
二人は固く握手を交わし、章は正式に高梨を受け入れたのでした。

一方その頃。
劉はまゆを呼び出し、二人で食事していました。
まゆに「経営に携わってみませんか?役員として迎えたい」と誘い入れます。さらには「できればプライベートでも助けてほしい」と付け加えました。

その頃、職場に残っていた沢口は、劉に関する不穏なネットニュースを見つけます。
「IT長者・劉の自宅に強盗が侵入。その際、婚約者カミーラ・ベラが銃撃され入院。その3か月後に死亡」という記事でした。

スポンサーリンク

『BG~身辺警護人~2』2話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

押し掛け女房よろしく、島崎と一緒に仕事がしたいと猛アピールをした高梨。
前シリーズの出会って間もない頃は「この人と一緒に仕事するくらいなら、BGやめて元の現金輸送警備に戻る!」とまで豪語していたのに…それを考えると、今の状況は感慨深いです。…あ、でも当時も、島崎を敵視するあまり過剰に突っかかったり、ストーカーのように島崎の過去を調べ抜いたりして、逆に好き好きオーラがだだ洩れしてましたね。笑
「不愛想な奴は雇わない」と島崎に言われて、慣れない作り笑いを顔に張り付かせていた高梨が可愛いかったです。

冒頭の、盲目の天才ピアニスト演じる川栄李奈さんのピアノ演奏シーン、圧巻でした!
なんでも、ピアノ経験ゼロから撮影にあたり猛特訓したそうで。とてもそうとは見えず、元からプロ級の腕前をもっていたんじゃないかと思えるほど。
目が見えていない様子もものすごくリアリティがあって、あらためて川栄さんの素晴らしい演技力に唸りました。

最後にもうひとつ。
恵麻をお姫様抱っこする島崎が、超絶カッコ良かったです!
やっぱり木村拓哉さんは、こういう王子様な行為がちゃんと様になる!キュンときました。

恵麻(川栄李奈)が島崎の顔を確認!惚れた?


https://twitter.com/K29906610/status/1276142462399066113

島崎の身を挺して恵麻を守る姿がカッコ良かった!
あんな警護を受けたらときめいちゃいますよね。

最後のお姫様だっこが決定打かな?
警護終了時に島崎の顔を手で確認した恵麻。間違いなく島崎に惚れましたね。

また2話は、ネットでも数多くの賞賛があがっていますが、目の不自由な天才ピアニスト役を演じた川栄李奈さんの演技に魅了されました。

今回の役を演じるにあたって猛特訓をしたという川栄李奈さん。その努力が多くの視聴者に感じられる素晴らしい演技でしたね。

『BG~身辺警護人~2』3話のあらすじ

公式サイトが発表している『BG~身辺警護人~2』3話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 島崎章(木村拓哉)のもとに、かかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)から「危ない仕事」の依頼が舞い込んだ。警護対象者は、数々の投資詐欺で甘い汁を吸い尽くしてきた実業家・道岡三郎(豊原功補)。詐欺で儲けた金を政治家にバラまいた疑惑まである“悪党”だった!

 実は道岡、逮捕されるも不起訴で釈放。その直後、恨みを持つ男に襲われてアキレス腱断裂の重傷を負い、多佳子の勤務する病院に極秘入院していた。ところが、入院中にまた襲われでもしたら病院のイメージに傷がつく…と、急に上層部が尻込み。執刀医の多佳子が手術放棄を拒んだため、「退院までしっかりと警護をつけること」を交換条件に、渋々承諾したというのだ。だが、道岡は襲われてもなお、相手を挑発するような男…。警護の脅威レベルが明らかに最高であることから、章と高梨雅也(斎藤工)が辞めた「KICKSガード」を含め、大手警備会社には軒並み断られる有様だった。

 実際、道岡は章と高梨に対しても不遜な態度を取るばかりか、自らの悪事も何食わぬ顔で認め、「いつ殺されてもおかしくない」と豪語。根っからの悪党ぶりを目の当たりにした高梨は、彼を警護することに疑問を感じる。しかし、章は「クライアントを選びたくない」と断言し…!

 そんな中、病院に「道岡を助ける医者は許さない。処刑する」との脅迫状が届く。しかも予告通りに手術直前、病院内で多佳子が何者かに襲撃されてしまったのだ…! 絶体絶命の窮地に立たされる多佳子。章と高梨、さらには病院関係者や防犯カメラの目までもかいくぐり、彼女を襲ったのは一体誰なのか!? 章たちは“見えない敵”を突き止めようとするが、道岡に恨みを持つ者はごまんといて…!?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/bg2/story/0003/