ドラマル

2021年10月11日

『アバランチ』ネタバレ!ドラマ最終回までのあらすじ・結末考察

ドラマ『アバランチ』の1話から最終回までのあらすじを、ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

綾野剛さん主演の連続ドラマ『アバランチ』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※最新話のネタバレは、リアタイ(視聴)後に追加します。

見逃し配信をチェック

当記事には、『アバランチ』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「FODプレミアム」で第1話から最新話までの放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『アバランチ』の基本情報

概要(見どころ)

『アバランチ』は、『向かいのバズる家族』『日本ボロ宿紀行』『箱庭のレミング』を手掛けた藤井道人によるオリジナルのピカレスク・エンターテイメントドラマです。

アバランチメンバーの主人公・羽生誠一(綾野剛)が、特別犯罪対策企画室室長・山守美智代(木村佳乃)らと共に、正義の名のもとに悪党たちを退治していく姿を描いた物語です。

アバランチとは英語で雪崩の意味。 ピカレスクとはスペイン語で悪党、ごろつきの意味です。

キャスト一覧

  • 羽生誠一(はぶ・せいいち):綾野剛
    主人公、アバランチのメンバー
  • 山守美智代(やまもり・みちよ):木村佳乃
    警視庁特別犯罪対策企画室・室長、左遷された元エリート
  • 西城英輔(さいじょう・えいすけ):福士蒼汰
    特別犯罪対策企画室へ左遷された警察官、警察幹部の父を持つ
  • 明石リナ(あかし・りな):高橋メアリージュン
    元自衛官
  • 打本鉄治(うちもと・てつじ):田中要次
    元所轄刑事
  • 牧原大志(まきはら・たいし):千葉雄大
    天才ハッカー、優秀なデイトレーダー、アバランチのメンバー
  • 郷原栄作(ごうばら・えいさく):利重剛
    内閣総理大臣
  • 大山健吾(おおやま・けんご):渡部篤郎
    内閣官房副長官
  • 福本優美(ふくもと・ゆみ):堀田茜
    大山の秘書

1話ゲスト

  • 六車泰次郎:板尾創路
    経営者財界では力を握る存在、テレビ番組コメンテーター
  • 藤田高志:駿河太郎
    羽生の過去を知る人物
  • 六車和也:磯村勇斗
    泰次郎の息子
  • 風間道明:安井順平
    大規模都市開発プロジェクトのリーダー

2話ゲスト

  • 夏川洋子:中島亜梨沙
    半年前に転落死した女性
  • 永井慎吾:久保田悠来
    ジャーナリスト
  • 桐島雄司:山中崇
    内閣情報調査室のエース

スタッフ一覧

  • 原作:なし
  • 監 督:藤井道人
  • 音楽:堤裕介
  • 主題歌
    曲名:AVALANCHE
    歌手:UVERworld
    レーベル:ソニー・ミュージックレーベルズ
  • プロデューサー:安藤和久、岡光寛子、笠置高弘、濵弘大
  • 演出:藤井道人、三宅喜重、山口健人
  • 制作:カンテレ、トライストーン・ピクチャーズ

各話の視聴率

『アバランチ』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※視聴率はビデオリサーチ調べ

各話放送日視聴率
1話10月18日10.3%
2話10月25日
3話11月1日
4話11月8日
5話11月15日
6話11月22日
7話11月29日
8話12月6日
9話12月13日
10話・最終回(仮)12月20日

『アバランチ』の最終回ネタバレ・結末考察

現状の公式発表からは結末はおろか、どんなドラマになるのかも想像が難しいです。

分かっているのは、特別犯罪対策企画室には左遷されたごろつきが集まっているということ。そして、山守美智代(木村佳乃)をリーダーに、彼らが国家を揺るがす凶悪事件に立ち向かうであろうことです。

○特別犯罪対策企画室(アバランチ)メンバー一覧

  1. 羽生誠一(綾野剛)
  2. 山守美智代(木村佳乃)
  3. 西城英輔(福士蒼汰)
  4. 明石リナ(高橋メアリージュン)
  5. 打本鉄治(田中要次)
  6. 牧原大志(千葉雄大)

物語はアバランチメンバーの6人が雪崩のごとく毎話、事件を解決していく展開になります。その中で、それぞれいわくつきの過去を持つアバランチメンバーの正体が明らかになっていきます。

また日本の中枢で悪事を働く大山健吾(渡部篤郎)と、アバランチは対峙していきます。回を重ねる毎に、大山の悪事も明らかに。

最終回では、内閣総理大臣・牧原大志(利重剛)をも裏で操るまでにのし上がった大山。そんな大山の不正をアバランチが暴き引導を渡すという結末になると予想します。

『アバランチ』各話のあらすじ

2021年10月18日からカンテレ・フジテレビ系にて放送開始された綾野剛さん主演の連続ドラマ『アバランチ』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話のあらすじネタバレ

複数の黒い服を着た人達に連れて行かれる男性。
古びた建物の一室に座らされ拘束されます。
その様子を車から伺う人物。
拘束された人物は情報提供者だと知らせると、了解と答える羽生誠一(綾野剛)。

車で待機する羽生達。
そこに藤田高志(駿河太郎)が乗り込み、SATの突入を要請した、動くのはそれからだと伝えます。
けれど「あいつは情報提供者ですよ?俺達が助けなきゃ。あいつのおかげでどれだけ助かったか」と言います。
その時、連絡が入り情報提供者がガソリンを掛けられていて危ないと。
羽生は「藤田さん。俺行きます」と車から降りて行きました。

銃を構え建物に侵入。
藤田と目で合図をし、扉を開け進んで行きます。

居るはずの部屋には誰もいません。
羽生が窓からそっと下を見ると情報提供者が何かスイッチの様な物を手に持ち、ニヤッと笑いました。
藤田は驚き、情報提供者はボタンを押します。
その瞬間、藤田は伏せろと叫び近くにあった爆弾を遠くに投げました。
爆弾は空中で爆破。

うなされ目を覚ます羽生。
羽生の体には傷痕が沢山ありました。

警察官の西城英輔(福士蒼汰)がダンボールを抱え階段を降り地下へと歩きます。
暗い廊下の先にある部屋。中に入り挨拶をします。
その部署の上司、山守美智代(木村佳乃)が運転出来るわよね?と口を開きます。
行きましょうと歩き出し訳も分からずついて行く西城。

建物の前で車を止め、待つ様に指示をする山守。
西城は気になり後を追います。
ポストにあるAが逆さまになっているマークが気になり見ていると羽生が声を掛けました。
立ち去ろうとする西城に「ねぇ、君、西城君?超イケメンじゃん。西城英輔、27歳。巡査部長。父親は神奈川県警刑事部の部長で捜査畑エリートだっけ?なのに、あれだろ?君、捜査一課の上司ぶん殴っちゃったんだろ?それで左遷。出世コースは台無しになって警察官としての未来は暗そうだな」と言います。
何故、知っているのかと聞く西城に「知ってるよ。俺は何だって知っている…なんてな」と言い歩いて行きました。

全員が揃い会議を始める山守。
都市開発研究所、所長の風間道明48歳。
彼が失踪した事件。
アバランチのメンバー打本鉄治(田中要次)がニュースで取り上げられていたと話します。
大きな都市開発のプロジェクトを任されていた風間。
けれど風間が居なくなり新たなプロジェクトを打ち出したのが六車泰次郎(板尾創路)。
テレビでコメンテーターを務める彼の息子は人材派遣会社を経営していますが、性的暴行などで何度も逮捕されていました。
けれど、全てが不起訴になり、六車が警察に頼んだかもしれないと話します。
そして、風間が死んでいるか生きているか?
生きているなら何処にいるかを調べるのが今回の仕事。
と、その時、羽生が西城に気付きました。

何も聞いていないと言う西城に「アウト」と言う羽生。
西城は拘束されてしまいました。
山守は羽生、打本、明石リナ(高橋メアリージュン)、牧原大志(千葉雄大)達、アバランチのメンバーに「よろしくね。これから始まるの」と言うと皆んなは頷きました。

風間の自宅を訪ねる羽生と明石。
居なくなった当日、息子の誕生日で駅前でケーキを買ったと連絡があったのに帰ってこなかったと話す妻。
風間の仕事部屋に入り、牧原と電話で話す羽生。
牧原はパソコンを開く様に言い、データをダウンロードし出します

六車は内閣官房副長官の大山健吾(渡部篤郎)と話します。
やはり息子の事件の揉み消しを六車は大山に頼んでいました。

牧原は防犯カメラを管理している会社のパソコンに侵入し、映像を入手。
西城がトイレに行きたいと拘束を解いてもらい、全て話しは聞いたと、それは警察の仕事だから、見逃す事は出来ないと言い出しました。
そして、自分は柔道2段だから、あなた達を1分で床にねじ伏せる事が出来ると手錠を持ちながら言います。
羽生は「悪い事は言わない。今すぐその言葉取り消した方が良い」と言うと明石が西城の前に立ちます。
「彼女、リナは元コヨーテだから。自衛隊の元特殊部隊。やりま?」と言う羽生。
「せん」と言う西城。
牧原が風間の車を見つけたと言い、誰かに連れ去られる所が映っていました。
「警察がこの映像を見ていない筈がない、捜査が進展していないのが何故か分かるか?」と西城に聞きます。
「捜査をする気がない」と答える西城に「警察は頼りにならない。隠蔽しようとする者もいる。そんな時はどうしたら良い?誰かがやらなきゃいけない。俺達が相手にしているのはそう言う奴等だ」と羽生は言いました。

山守が戻り、結果を報告。
映っていた車の登録者は六車の息子の会社と判明。
打本が息子の会社を張り込んでいると指定暴力団が出入りしていたと言い、暴力団を使い六車が風間を拉致させたと推測。
証拠を掴む為、捜査を始めます。

明石は息子が通う店に行き飲みの席に加わります。
暴力団と歩く写メを息子に送り「逃げられないよ」とメッセージを送り暴力団について教えて欲しいとメッセージを送ります。

外に出る2人を羽生達が待ち構えていました。
襲いかかる息子を一撃で倒す羽生。

その様子を事務所から見ていた西城は山守に羽生は何者かと聞きます。
「羽生は誰でもない。誰でもないし何者にもなれない男」と山守は答えました。

拘束した息子に話しを聞く羽生達。
風間の誘拐を聞きますが、証拠がないと言う息子。
羽生は証拠を出しても、揉み消されるなら警察には頼らないと、自分達のやり方で。
「お前に相応しい罰を与える。風間道明を殺害したのと同等の罰をな」と言うと、明石が銃を突き付けます。
怖くなり話し出す息子は風間は死んでいないと言います。
暴力団の事務所に監禁されていて、六車から電話があり今夜、海の上で殺されるのだと、自分は関係ないと言いました。
ありがとうと言い息子の頭を撫でる羽生。
打本は「あんた、今自分の口で父親が主犯だと言ったんだよ。それが聞きたかった」と言いました。

羽生は山守に今から向かうと言うと、後処理は牧原に任せてと指示。
呆然と立ち尽くす西城に「見てたんだろ?警察に突き出すか?」と羽生が聞くと、西城は車に乗り込みました。

暴力団の事務所に到着し、乗り込む羽生達。
羽生と明石が次々と暴力団を倒し、階段を登って行きます。

部屋に入ると風間の姿が。
暴力団は日本刀を振り羽生を攻撃します。
羽生は首を掴み一撃で倒し、風間を救出。

風間に六車を裁く協力をして欲しいと頼みました。

山守を大山が訪ねます。
優秀な人材を失ったと山守の左遷を残念がる大山。
山守はここに飛ばされて良かったと言いました。

六車は必死に風間を探します。
息子に電話を掛け罵っていると羽生が「息子はここには居ないよ。パソコンに送った映像見てくれた?」と聞きます。
パソコンを見る六車は拘束されている息子の映像を目にします。
息子を返して欲しければ2億円を持って指定の場所に来る様にと言います。

六車は大山に相談し、警備をつけるから2億円用意する様にと指示。
警察が息子が拘束されている場所に向かいますが誰もいません。
その壁にはAが逆さまになっているマークが。

六車は報道番組の収録があると大山に全てを任せます。
六車が来なければ最悪の事態になると大山は言いますが、自分には留学している息子がもう1人いるからと言いました。

スタッフが六車をスタジオに誘導します。
そのスタジオは薄暗く誰もいません。
スタッフに扮していたのは明石。
そして仮面をつけた羽生と打本が現れ、息子が話した映像を見せます。
息子に風間の誘拐を指示するメールも見せますが、六車は開き直り、全て揉み消せると、誘拐をしたのは息子だと言います。

息子を助けに向かわなかった六車に証拠を握っているから消そうとしたのか?と羽生は聞きます。
自分には跡継ぎに相応しい息子がもう1人いるからと。
すると「おい、聞いたか?」と振り返る羽生。
そこには仮面をつけた息子がいました。
息子に「お前はもういらない」と言う六車。
息子は「告発するなら俺が証言してやるよ」と言いますが「告発なんて俺らはしない。ここでのやり取りはこのカメラを通して全世界に生配信されている」と言います。

それを車から見ている西城と牧原。
「起きてるよ。雪崩」と牧原は言いました。

止めろと騒ぐ六車にスマホを渡す羽生。
「お前ら一体何者だ?」と聞く六車に「俺達がやるのはここまでだ。お前がどう裁かれるべきか?この配信を見ている人達に委ねる。それが俺達アバランチだ」と羽生は言いました。

六車の逮捕は回避出来ないと大山に知らせが入ります。

風間は無事に帰宅。
都市開発のプロジェクトも今まで通りだと山守は皆んなにお礼を言いました。

屋上で話す羽生と西城。
西城が上司を殴った理由、代議士のひき逃げを揉み消そうとしたのが許せず殴った?と聞きます。
「だから山守さんはお前を引き取った。もう一度信じてみないか?正義の力を」と羽生は言います。
「最後まで見させて貰います。警察官としてあなた達が何者か判断する必要がある」と西城は言いました。

山守は「あの時、わざと事務所の鍵を掛けなかった、西城が入ってくると分かっていたから」と羽生に言います。

山守の自宅。
一枚の写真を見つめます。
そこには山守と映る藤田がいました。

2話のあらすじネタバレ

『アバランチ』2話のあらすじネタバレは、2021年10月25日(月)22:00の放送後こちらに追加します。今しばらくお待ちくださいませ。