ドラマル

『決してマネしないでください。』6話のネタバレ感想!テレスがMr.マリックに!ラウールの年齢配慮?

2019年11月30日に放送されたドラマ『決してマネしないでください。』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、夜の屋上で有栖の誕生日会をすることに!
誕生日会で、飯島さんとのツーショット写真を撮りたい掛田くんだったが…。

関連記事

『決してマネしないでください。』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『決してマネしないでください。』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『決してマネしないでください。』6話のあらすじネタバレ

17時。
校舎の屋上で、医学部教授・白石(マキタスポーツ)がギターを弾き、『ハッピーバースデー』を歌います。
理工学部の学生・有栖伊音(今井悠貴)の誕生日会でした。
始まって早々、急な会議で理工学部教授・高科(石黒賢)が、屋上の鍵を有栖に預け戻ります。
18時。
白石が差し入れた酒で、みんなで乾杯。

掛田理(小瀧望)と有栖が屋上で目を覚まし、二日酔いで乾杯から記憶がなくスマホの画像を確認。
掛田念願の飯島さん(馬場ふみか)とのツーショット写真はピンボケでした。

昨日の19時。
バースデーケーキを持ってMr.マリック(本人)が登場。
大ファンの有栖のため、テレス(ラウール)がマリックに扮したサプライズでした。

クオリティの高さに未だにテレスと思えない掛田と有栖。
テレスに白石、そして飯島さんに連絡しましたがつながらず、ゾンビちゃんの連絡先は分かりません。
掛田の手は土で汚れ、左手のひらには「zombie427」と書かれ、そして土のついたシャベルもありました。
有栖は、掛田がゾンビちゃんを埋めたと疑います。

昨日の20時。
バーベキューには、じゃがバターが欠かせないゾンビちゃん。
じゃがいもがなく、一緒に買いに行こうと掛田がゾンビちゃんを無理強い、ならじゃがいもは要らないと言わせてしまいます。

記憶が曖昧で自身が信じられず、掛田はゾンビちゃんを埋めたと有栖に告白。
キャンパスの雑木林には掘り起こした跡があり、ゾンビちゃんのリボンが落ちていました。
掛田は罪悪感から、邪な思いで誕生日会を開いたことを有栖に白状。
誕生日会を口実に、飯島さんとツーショット写真を撮りたかったのです。
そんな掛田に、逆に有栖が謝罪、実は掛田に誕生日会を開くよう仕向けていたのです。
数週間前から、サブリミナル的に有栖が囁き、思惑通り掛田は誕生日会をセッティングします。
誕生日を友達と祝ったことがなく、有栖は恥ずかしくて素直に言えませんでした。
掛田と有栖が互いに反省しハグした後、有栖がうっかり斜面を転げ落ちます。
落ちていたじゃがいもを見て、掛田は全ての記憶が甦ります。

昨日の23時。
テレスが腹を空かせ、有栖が高科の噂を思い出します。
屋上からテニスのラケットでじゃがいもを雑木林に撃ち込み、勝手に育っているというのです。
すると、ゾンビちゃんは、じゃがいもを食べたいと言います。
有栖とテレス、そして掛田の3人は、雑木林でじゃがいもを掘り起こします。
収穫したじゃがいもを持って校舎に戻ると、オートロックで入れません。
屋上のゾンビちゃんに頼みましたが、屋上から出られません。
白石が最後に出た際に鍵をかけ、鍵は掛田が持っていました。
有栖は、雨樋とチャッカマン、そして虫除けスプレーでバズーカ砲を作ります。
屋上の鍵を刺したじゃがいもを打ち上げ、ゾンビちゃんに届けます。
そして、4人はじゃがバターにして食べました。
この時、「zombie427」とゾンビちゃんが掛田の手のひらに連絡先を書いたのです。

有栖が捕り損ね、じゃがいもが階段を転げ落ちます。
校舎に入ろうとするロリータファッションの女が拾い、有栖に手渡します。
そこへ、ゾンビちゃんから二日酔いの原因を説明するメールが掛田に届きます。
2人が振り向くと、ロリータファッションの女がスマホを手に去ります。
すると、飯島さんからもメールが届き、掛田とのツーショット写真が添付してありました。

掛田と有栖が研究室に戻ると、テレスが宙に浮いて寝ています。
昨夜、屋上から先に戻り、最後のマジックを見せるつもりで、2人を待っていました。
2人は顔をを見合わせ、笑うのでした。

スポンサーリンク

『決してマネしないでください。』6話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

掛田と有栖の2人とも記憶が曖昧で、掛田の回想では小鹿のゾンビちゃんに何かあったような感じはありました。
ところが、現実には、誰が見ても着ぐるみを洗濯して干しているだけです。
いくら二日酔いとはいえ、有栖が掛田を疑う、あるいは掛田が自身を疑うには無理があり過ぎます。

せめて、着ぐるみやシャベルに血痕らしきものでも付着していれば、リアリティーがありました。
前日がパーティーだったなので、ワインでも何でも言い訳はどうとでもなったはずです。
その上、着ぐるみの頭部と胴体が屋上に散乱しているような状況なら、緊張感もあり本当に面白かったと思います。

如何にも掛田らしい思い込みのストーリーで、面白くなくはなかったです。
ただ、ゾンビちゃんを掛田が埋めたとするには、根拠が希薄過ぎて若干残念でした。

テレスがMr.マリックに!ラウールの年齢配慮?

テレスを演じるラウールの年齢が16歳(2019年現在)であることへの配慮だったのか?ラウールさん演じるテレスがMr.マリックに変身!

完全に見た目Mr.マリックだし、超魔術(ハンドパワー)やってるんだけど、「テレスです」と書かれた白T来てるから、まあテレスなんでしょう。

そして笑っちゃったのが、なぜかスマホ撮影した姿はマリックテレス!
Mr.マリックというより、マトリックスでしたね。

『決してマネしないでください。』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『決してマネしないでください。』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

掛田くん(小瀧望)は飯島さん(馬場ふみか)のことをデートに誘えずにいた。しかし科学の話題になると掛田くんは口調も滑らかに、自然に飯島さんのことを科学施設に誘うことができるのだった!それがデートであるという意識は掛田くんにはまったくないのだが…。テレス(ラウール)や有栖(今井悠貴)やゾンビちゃんたちから飯島さんのクリスマスの予定を聞くように言われる掛田くんだが、ショッキングな展開が待っていて…!

出典:https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/ketsumane/html_ketsumane_story.html